アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC8とIC-SLDC7の特徴の違いと価格

アイリスオーヤマ IC-SLDC8 IC-SLDC7 スティッククリーナー
くじらこ
くじらこ

あらやだ

IC-SLDC8とIC-SLDC7って似すぎていてどっちがいいのか迷うわ!

くじらの長老
くじらの長老

商品名が同じ、品番は数字が違うだけ、見た目も同じ

こりゃわからんのぅ・・・

アイリスオーヤマは極細軽量スティッククリーナーを主軸に製品がラインナップされています。

今回はその中で似ている極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC8とIC-SLDC7の違いをみていきましょう。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナーのラインナップ

始めに極細軽量スティッククリーナーのラインナップをみていきましょう。

  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SBA6
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC8
  • 極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDC7
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC7
  • 極細軽量スティッククリーナー スリム IC-SB4-WPG
  • 極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDCP6
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDCP6
  • 極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDCP5
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC5
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-S2
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC4
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SKDC4-WPG
  • 極細軽量スティッククリーナー ラクティ KIC-SDC3
  • 極細軽量スティッククリーナー スリム IC-SB1-S

(2019年9月現在アイリスオーヤマより)

極細軽量スティッククリーナーだけでもこれだけあります。多すぎて、品番だけではどう違うのかわかりません。

今日はこの中からIC-SLDC8とIC-SLDC7の違いをみていきます。

他の極細軽量スティッククリーナーの違いを比較した記事があります。

アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC8とIC-SLDC7の仕様の違い

アイリスオーヤマ IC-SLDC8 IC-SLDC7
IC-SLDC8IC-SLDC7
サイズ幅23.6x奥行16.2x高さ100.3cm 幅23.6x奥行16.2x高さ100.3cm
重さ約1.2kg 約1.2kg
集じん方法
集じん容量
紙パック式
約0.3L
紙パック式
約0.3L
ヘッドサイクロンストリームヘッドサイクロンストリームヘッド
使用モード
使用時間
標準 約20分
ターボ 約9分
自動 約30分
標準 約20分
ターボ 約9分
自動 約30分
充電時間
充電可能回数
約3時間
約500回
約3時間
約500回
付属品充電アダプター
使い捨てダストバック(25枚)
すきまノズル
充電アダプター
延長パイプ
フロアヘッド
使い捨てダストバック(25枚)
壁置きパーツ
予備粘着シート
ねじx2ヶ
カラーホワイトホワイト
ピンク
ブラック

仕様からわかるのは

  • 付属品の多さ
  • カラー

2つの違いがあります。詳しくは次の特徴の違いでみていきます。

\詳細・購入はこちらから/

IC-SLDC8とIC-SLDC7の特徴の違い

次は特徴をみていきますが、簡単にそれぞれの特徴をまとめてみました。

IC-SLDC8の特徴
  • サイクロンストリームヘッド
  • ヘッドの接続部が縦90度、横180度可動
  • ヘッド幅23.6cm
  • ほこり感知センサー搭載
  • かんたんゴミ捨て
  • 立て掛け収納/滑り止めゴム付き
IC-SLDC7の特徴
  • サイクロンストリームヘッド
  • ヘッドの接続部が縦90度、横180度の可動
  • ヘッド幅23.6cm
  • 2WAYすきまノズル付き
  • ホコリん感知センサー
  • かんたんゴミ捨て
  • 壁掛け収納/マグネットで固定

並べると分かりやすいですね。IC-SLDC8とIC-SLDC7の特徴の違いは

  • すきまノズルの有無
  • 壁掛け収納のパーツの有無

の2つです。これにカラーの違いを合わせると3つの違いがあることが分かりました。

ではここから、違いをもう少し詳しくみていきましょう。

まずはカラーから。

アイリスオーヤマ IC-SLDC8

IC-SLDC8

アイリスオーヤマ IC-SLDC7 カラー

IC-SLDC7

(画像をクリックすると拡大します)

IC-SLDC8はホワイトのみ、IC-SLDC7はホワイト・ピンク・ブラックと3色になります。

IC-SLDC7のピンクはピンクというよりワインレッドに近いような色合いです。他の機種のようなかわいいピンクというより、カッコイイ系のピンクなので、購入時に気を付けないといけませんね。

アイリスオーヤマ IC-SLDC8 ブラシノズル

本体のブラシ

IC-SLDC8より

アイリスオーヤマ IC-SLDC7 すきまノズル

IC-SLDC7付属の

2WAYすきまノズル

アイリスオーヤマ IC-SLDC7 すきまノズル

IC-SLDC7付属の

すきまノズル

(画像をクリックすると拡大します)

IC-SLDC8、IC-SLDC7ともに本体の延長パイプを外し、くるっと回転させてブラシノズルとして使えるようになっています。

IC-SLDC7ではさらに付属で2WAYすきまノズルがあり、少し長めなのですきまの奥までとどくようになりました。パイプの先にも付けられるので高い所や奥まで掃除できます。

アイリスオーヤマ IC-SLDC8 収納

IC-SLDC8

アイリスオーヤマ IC-SLDC7 収納

IC-SLDC7

(画像をクリックすると拡大します)

IC-SLDC8には壁掛けパーツが付属していません。本体の裏側に滑り止めのゴムがあるので、立て掛けるだけです。

IC-SLDC7は壁掛けパーツがあり、マグネット仕様になっているので磁石で固定します。

賃貸などで壁に穴をあけることができない場合はいいのですが、IC-SLDC8は立て掛けるだけなので、安定が悪いと倒れてしまわないか不安ですね。

そんな場合はスタンドを使用します。

アイリスプラザでも販売しています。購入はこちらから。

IC-SLDC8とIC-SLDC7の共通の特徴

IC-SLDC8とIC-SLDC7の違いはすきまノズル・壁掛けパーツの有無、カラーの3つの違いでした。

ここからは共通の特徴をいくつか紹介します。

アイリスオーヤマ IC-SLDC8 ヘッド

IC-SLDC8より

サイクロンストリームヘッド

アイリスオーヤマ IC-SLDC8 ヘッド

IC-SLDC8より

(画像をクリックすると拡大します)

IC-SLDC8、IC-SLDC7のヘッドは「サイクロンストリームヘッド」です。

サイクロンストリームヘッドとは

縦のサイクロン気流でゴミを吸いだし、横のサイクロン気流でゴミを吸い上げるアイリスオーヤマ独自のヘッド。

フローリングなどの平らな面が得意。ヘッド自体は軽く扱いやすい。

サイクロンストリームヘッドはブラシなどがなく、コンパクトで軽く小回りがききます。リビングなどを手早く楽に掃除したいときに、本来の特徴を生かせます。

カーペットなど毛足の長い床面では苦手なので、ブラシがある「サイクロンパワーブラシ」「自走式パワーブラシ」のクリーナーをおすすめします。

アイリスオーヤマ IC-SLDC8 ほこり感知センサー

IC-SLDC8、IC-SLDC7には「ほこり感知センサー」がついています。

ほこりやゴミやあれば、手元のランプが赤く光り、キレイになると緑のランプになります。

小さなお子さんやアレルギーの方がいるのならば、ホコリ感知センサーがあれば部屋をキレイに掃除できるのでゴミを残すことなくキレイにできるので安心です。

スティッククリーナーの機能の説明はこちら

IC-SLDC8とIC-SLDC7のバッテリーやダストバックについて

仕様や特徴をみていきましたが、購入後についてもお話しておきます。

購入後には消耗品を追加購入していかなければいけません。

  • バッテリー
  • ダストバック

この2点はいつかはなくなるので、予備を持っておいた方が安心です。

バッテリーは充電可能回数が約500回です。毎日充電すると1年半ほどで寿命がきます。環境や使用状況により充電可能回数は変わります。

吸込みが悪くなったり、使用時間が短くなったらバッテリーの交換をしてください。

通販サイトでも購入できます。

ダストバックは25枚入り。2週間に1回の交換目安として約1年分です。ゴミが溜まったり、破けたりしたら交換してください。

通販サイトでも購入できます。

通販サイトは在庫切れや価格が高騰する場合があるので購入時に確認してください。

【アイリスオーヤマ公式オンラインショップ】アイリスプラザ での購入がおすすめです。

IC-SLDC8とIC-SLDC7の価格

最後にIC-SLDC8、IC-SLDC7の価格をみていきましょう。

IC-SLDC8IC-SLDC7
アイリスプラザ(税抜価格)12,800円14,800円
Amazon9,094円13,050円
楽天市場9,900円12,800円
Yahoo!ショッピング9,900円12,800円

※2019年9月23日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

すきまノズルや壁掛けパーツなど付属品が多いIC-SLDC7の方が価格が少し高めとなっています。

壁掛け収納をせずにスタンドを使って収納するならIC-SLDC8で十分だと思います。スタンド台がプラスされますが・・・。

本体自体に差はないので、必要性を感じる方を選択するのがよいですね。

\詳細・購入はこちらから/

通販サイトでも購入できます。

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

いつも適当に立て掛けるからスタンドはいらないかなぁ

くじらの長老
くじらの長老

立て掛け収納できるとしても、ふとした時に倒れて破損でもすれば悲しくなるから、きちんと壁に固定するかスタンドに立てておくんじゃぞぃ

スティッククリーナーが倒れて壊れてしまって使えなくなったとしたら残念すぎますね。

収納まできちんと考慮して検討してみてください。