アイリスオーヤマのオイルヒーターの機能と選び方

アイリスオーヤマ オイルヒーター 特集・機能と選び方

暖房器具には色々な種類があります。セラミックファンヒーター、ストーブ、ホットカーペット・・・など、それぞれの暖め方が違い、選ぶのに迷ってしまうほど。

今回はオイルヒーターの機能を紹介しますが、馴染みのない人も多いと思います。

くじらこ
くじらこ

寒いから、もうめちゃくちゃ早く暖まりたいのよ!

暖を取る家電が多い中、速さを求める人も多いです。

そうなるとオイルヒーターは少し不利ですが、早さを求めずにじっくりゆっくり暖まりたい人にはおすすめできます。

今日はアイリスオーヤマのオイルヒーターの機能と選び方を紹介します。

スポンサーリンク




セラミックファンヒーター、ストーブ、オイルヒーターの違い

始めにセラミックファンヒーター、ストーブ、オイルヒーターの違いを簡単に説明します。

セラミックファンヒーターストーブオイルヒーター
温風で暖める遠赤外線で暖める(一部を除く)輻射熱ふくしゃねつで暖める
すぐに暖まる
部屋全体を暖める
局所的に暖める
軽い
ニオイがない
ヤケドしない
すぐに暖まる
局所的に暖まる
軽い
体の芯から暖まる
部屋全体が暖まる
静か
火を使わない・安全
空気がキレイ
ヤケドしない
表面的な暖かさ周囲に注意する必要がある
ヤケドする
暖まるには時間がかかる
サイズが大きい
重い

オイルヒーターは他のセラミックファンヒーター、ストーブに対してデメリットが多いです。

暖まるまでの時間が掛かるというのは非常にデメリットとしては大きいです。

しかし、暖まれば部屋全体が暖かく、どこにいても暖かいというのはいいですね。

特に家事をする時にはセラミックファンヒーター、ストーブは各所に配置するか持って移動させるかという手間があるので、オイルヒーターを使うと部屋内の暖かさが変わらないので動きやすいです。

それぞれの暖房器具にはメリットとデメリットがあるので、どういう使い方をするのか、そういう生活するのかで選び方が変わってきます。

セラミックファンヒーター、ストーブ、オイルヒーターの詳しい違いはこちらの記事にもあります。

アイリスオーヤマのオイルヒーターの機能一覧

オイルヒーターの機能を表にまとめました。

メカ式
マイコン式
操作の違い
メカ式:ダイヤルで操作する
マイコン式:ボタンで操作する
適用床面積どのくらいの広さの部屋を暖めることができるかの目安
フィンの種類中にオイルが入っているパネル部分
ストレートフィン、ウェーブフィン、S型フィンなどがある
フィンの枚数フィンの枚数が多ければ暖かくなる
広さや時間などに関係してくる
消費電力どのくらいの電力を消費するかの目安
温度調節部屋の暖め温度を調整する
ヒーター切替強・弱・エコなどがある
エコモードに設定すると部屋の温度に合わせて出力を調整する
タイマー入/切タイマーの設定
切タイマー機能のみなどがある
1時間刻みで設定可能
転倒時自動OFF機能オイルヒーター本体が倒れた時に自動で電源が切れる
過熱防止機能本体が熱くなりすぎると電源が切れる
タオルハンガー付き本体の横にハンガーが付属していて、タオルをかけて乾かすことができる
持ち手重たいオイルヒーターを移動するために持ち手が付いている
キャスター重たいオイルヒーターを移動させるためにキャスターが付いている

機能は機種ごとに違うので、各機種ごとにご確認ください。

ストレートフィン、ウェーブフィンの違い

アイリスオーヤマ POH-1210KS-W

オイルヒーターはフィンというパネルの中のオイルを暖め、その放熱で部屋を暖めます。

勘のいい人は気づいていますよね。

  • フィンが大きいと暖かい
  • フィンの枚数が多いと暖かい
  • フィンの面積が大きいと暖かい

ということになります。

フィンが大きくなると、表面積が大きくなり暖かくなりますが、本体が大きくなるとスペースを取りデメリットとなります。

ならば、フィンの枚数を増やす、1枚のフィンの表面積を増やすこととなります。

1枚の表面積を増やすには直線ではなく、波状にすれば小さなサイズでも表面積は増えます。そんな理由で、フィンにはウェーブ形状があります。

アイリスオーヤマ オイルヒーター フィンの違い

引用 アイリスプラザ

ストレートフィン、ウェーブフィンのメリット・デメリットを表にまとめました。

ストレートフィンウェーブフィン
メリット見た目がすっきり
お手入れがしやすい
見た目がおしゃれ
効率的に暖まる
デメリット暖房効率が普通お手入れがほんの少ししにくい

劇的に大きく変わるというほどではありませんが、消費電力や暖める効率を考えるとウェーブフィンがおすすめです。

メカ式、マイコン式の違い

セラミックファンヒーター、扇風機、サーキュレーター、タワーファンなどにも当てはまりますが、「メカ式」「マイコン式」のどちらかに分けられます。

違いは簡単です。下の画像を見てください。

アイリスオーヤマ IWH2-1208D-W

メカ式 (IWH2-1208D-W)

アイリスオーヤマ IWH2-208M-W

マイコン式 (IWH2-1208M-W)

メカ式:ダイヤル操作

マイコン式:ボタン操作

操作方法の違いになります。さらに付け加えると、

メカ式:シンプルな機能

マイコン式:複雑な機能

になります。オイルヒーターではメカ式は温度調節とヒーターの切り替えが主な機能になりますが、マイコン式ではタイマーやチャイルドロックなどの細かい機能が付いています。

機能が多いと価格にも反映してきます。

メカ式とマイコン式では、

  • 操作方法
  • 機能の多さ
  • 価格

と大きな差があるので、使い方や環境によって選び方が変わってきます。

オイルヒーターのメリット・デメリット

セラミックファンヒーター、ストーブ、オイルヒーターの違いで、すでにメリット・デメリットを上げましたが、再度ここでもまとめておきます。

メリットデメリット
部屋全体を暖まる
静か
火を使わない・安全
空気がキレイ
ヤケドしない
乾燥しない
暖まるには時間がかかる
サイズが大きい
重い

寒い冬は乾燥します。エアコンやセラミックファンヒーターなど温風が出て暖める家電は空気が乾燥しがちです。だから加湿器などの併用が必要となってくる場合も。

オイルヒーターは輻射熱で暖めるので、空気が乾燥しません。さらに、風でほこりが舞うこともなく、さらに静かです。

暖まるには30分~1時間と少し時間が必要ですが、乾燥や空気の動きが気になるならオイルヒーターがおすすめです。

オイルヒーターの選び方

オイルヒーターを選ぶ際には

  • 適用床面積
  • フィンの種類や枚数
  • メカ式・マイコン式
  • 必要な機能(切タイマーなど)

上記の4つのポイントを決めてから探すと、自分に合った機種を見つけやすいです。

適用床面積をオーバーすると、暖まりにくいので必ず確認してください。

アイリスオーヤマのオイルヒーターのラインナップ

アイリスオーヤマのオイルヒーターの一覧です。

ストレートフィンのミニオイルヒーター。トイレや洗面所、デスクの足元などに。

ストレートフィンのオイルヒーター。初心者におすすめです。

ブラックのオイルヒーターはこちら。

8枚フィンのオイルヒーター。狭い場所に置きたい時のサイズ。

10枚フィンの効率の良いオイルヒーター。設置スペースのある部屋にどうぞ。

12枚フィンでタオルハンガー付きのオイルヒーター。設置スペースのある部屋にどうぞ。