アイリスオーヤマの超音波式加湿器 UHM-280B、UHM-280Cの特徴の違い

アイリスオーヤマ UHM-280B UHM-280C 加湿器
くじらこ
くじらこ

加湿器を置くスペースがないからスリムなのが欲しいの

でもおしゃれなのじゃなきゃイヤ

くじらの長老
くじらの長老

じゃったら縦型の加湿器がよいぞぃ

  • 加湿器を置きたいけど、置くスペースがない
  • 加湿器の周りが湿気しっけが心配

などの心配をする人には、スリムな樽型・チムニー型の加湿器はいかがでしょうか。

今回はアイリスオーヤマの超音波式加湿器 UHM-280B、UHM-280C-W、UHM-280CM-Tを紹介します。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマの加湿器のラインナップ

まずはアイリスオーヤマの加湿器の一覧をみてください。

  • 加熱式加湿器 SHM-100U
  • 加熱式加湿器 120D SHM-120R1
  • 加熱式加湿器 SHM-260D
  • 加熱式加湿器 SHM-260R1
  • 加熱式加湿器 SHM-4LU-G
  • 空気清浄機機能付き加湿器 SHA-400A
  • 超音波式加湿器 樽型 UHM-280B
  • 超音波式加湿器 チムニー型 UHM-280C-W
  • 超音波式加湿器 チムニー型 木目調 UHM-280CM-T
  • 超音波式加湿器 PH-U40
  • 超音波ハイブリット式加湿器 UHM-450D
  • サーキュレーター加湿器 HCK-5519
  • サーキュレーター加湿器 RCK-5519
  • 気化ハイブリット式加湿器 ARK-500-U/ARK-500Z-N
  • 気化ハイブリット式加湿器 ARK-700-U/ARK-700Z-N
  • 強力ハイブリット式加湿器 SPK-750-U/SPK-750Z-N
  • 強力ハイブリット式加湿器 SPK-1000-U/SPK-1000Z-N
  • 強力ハイブリット式加湿器 SPK-1500-U/SPK-1500Z-N

全18機種あります(2020年1月現在)。売り切れの機種も多くなってきました。

加湿器は加湿方式でグループ分けできます(加湿方式についてはこちら)。

超音波式は

  • 超音波式加湿器 樽型 UHM-280B
  • 超音波式加湿器 チムニー型 UHM-280C-W
  • 超音波式加湿器 チムニー型 木目調 UHM-280CM-T
  • 超音波式加湿器 PH-U40

4機種あります。

品番も似ている3機種。樽型・チムニー型も聞き慣れません。では早速見てきましょう。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

UHM-280B、UHM-280Cの仕様

アイリスオーヤマ UHM-280B UHM-280C
UHM-280BUHM-280C
加湿方式超音波式超音波式
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
17.5×17.5×35.3cm17.5×17.5×75.5cm
重さ約1.3kg約1.3kg
コード約1.2m約1.2m
消費電力強 22W
中 18W
弱 14W
強 22W
中 18W
弱 14W
最大加湿量
(1時間あたり)
強 280ml
中 180ml
弱 120ml
強 280ml
中 180ml
弱 120ml
タンク容量約3.0L約3.0L
連続加湿時間強 約11時間
弱 約30時間
強 約11時間
弱 約30時間
その他機能LEDライト付き
タッチセンサー
Ag+抗菌
タンクに取っ手付き
LEDライト付き
タッチセンサー
Ag+抗菌
タンクに取っ手付き
リモコン付き
カラーホワイト
ピンク
ブルー
ブラウン(木目調)
ホワイト
ブラウン(木目調)

適用床面積

UHM-280BUHM-280C
木造4.5畳(7㎡)4.5畳(7㎡)
プレハブ洋室7.5畳(12㎡)7.5畳(12㎡)

UHM-280C-WとUHM-280CM-Tは同じ仕様となり、カラーのみ違うので「UHM-280C」として一つの品番としてまとめます。

UHM-280B、UHM-280Cの仕様から

  • 樽型・チムニー型の違い
  • サイズ・色
  • リモコンの有無

3つの違いがあるのがわかりました。詳しくは特徴でみていきましょう。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

UHM-280B、UHM-280C-Wの特徴の違い

仕様では

  • 樽型・チムニー型の違い
  • サイズ・色
  • リモコンの有無

3つの違いがありました。

アイリスオーヤマ UHM-280B UHM-280C

まずは形状についてですが

  • 樽型:円筒状
  • チムニー型:円筒状の本体の上に吹き出し口の煙突パイプがあるデザイン

樽型は本体の上部の吹き出し口から蒸気が出てきますが、チムニー型は75cmほどの高さから蒸気が噴出してきます。

高い位置からの蒸気の吹き出しなので、より広く加湿できます。

樽型は本体のみ、チムニー型は煙突で高さのある加湿器と覚えればいいですね。煙突がある分サイズが違ってきます。

アイリスオーヤマ UHM-280C

UHM-280B、UHM-280Cの一番の大きな違いは「リモコンの有無」です。

UHM-280BUHM-280C
リモコンあり

チムニー型のUHM-280Cはリモコンが付いています。

離れたところからでも、モードの切り替えや運転入/切ができるので、とても楽で便利です。

超音波式加湿器のメリット・デメリット

UHM-280B、UHM-280Cは「超音波式」ですが、ここでメリットとデメリットをお話しておきましょう。

超音波式加湿器のメリット・デメリット

メリットデメリット
熱を持たない
音が静か
運転モードが多い
コンパクト
デザイン性が高い
電気料金が安い
雑菌が繁殖しやすい
こまめなお手入れが必要
フィルター交換が必要

音が静かで運転モードも多く、おしゃれなデザインが多い超音波式はいい所だらけですが、反面雑菌が繁殖しやすいのでこまめなお手入れが必要となってきます。

超音波式は超音波の震動で、水分を微粒子にて加湿していきます。

加熱式のように沸騰しないので、雑菌せずに加湿するため、お手入れをおこたると雑菌を振りまいている状態になります。

熱を発生させないのでヤケドの心配がなく、赤ちゃんやペットがいる家庭では扱いやすいですが、雑菌面においては注意が必要です。

さらに、フィルターの購入や交換が必要となり、横着をして交換せずに使うとカビや雑菌を加湿器によって繁殖させることになります。

大げさに書いていると思われるかもしれませんが、風邪・インフルエンザ予防に加湿器を使っているのに、雑菌を増やしている状況になると本末転倒になるので、注意してください。

アイリスオーヤマの加湿器の機能やラインナップはこちら。

交換フィルターや別売品について

交換フィルターなどは【アイリスオーヤマ公式オンラインショップ】アイリスプラザ で販売しています。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

2020年1月アイリスプラザへフィルター交換の目安を問い合わせたところ、使用環境等により明確な記載はできないと返答がありました。

フィルター交換は、自分で判断するしかありません。

フィルターの汚れやカビ、破れ、目詰まりなど気が付いたら交換しましょう。

UHM-280B、UHM-280C-Wの電気代はどのくらい?

冬は暖房器具やら家電を使い、電気料金がパコン!と跳ね上がる時期です。当然電気料金を抑えたいのが本音。

加湿器はどのくらいの電気なのでしょうか。

電気料金はっ消費電力と使用時間で計算できます。

運転モード/消費電力1時間使用8時間使用1日8時間
30日使用
強 22W
中 18W
弱 14W
0.59円
0.49円
0.38円
4.75円
2.89円
3.02円
142.56円
116.64円
90.72円

地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

加熱式やハイブリット式に比べるとかなり電気料金は安くなります。

こまめにお手入れをできるのならば、超音波式はかなりコスパのいい家電になります。

UHM-280B、UHM-280C-Wの価格

最後に気になる価格をみていきましょう。

UHM-280BUHM-280C
アイリスプラザ
(税抜価格)
(カラー)4,480円
(木目調)4,980円
(ホワイト)5,980円
(木目調)6,980円
Amazon3,280円(ホワイト)4,980円
(木目調)5,980円
楽天市場2,981円4,980円
Yahoo!ショッピング2,980円4,980円

※2020年1月15日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

3000~7000円くらいで購入できます。もちろんリモコン付きのチムニー型の方が価格が高くなっていますが、便利さを取るならリモコンが付いている方がいいではないしょうか。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

通販サイトでも購入できます。

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

私のようにスリムなチムニー型はどこに置いてもおしゃれじゃな~い!

くじらの長老
くじらの長老

おしゃれもいいが、きちんとこまめなお手入れを忘れるでないぞぃ

フィルター交換やお手入れをきちんとすれば、とても扱いやすい超音波加湿器。

検討してみてください。

その他の超音波式加湿器はこちら。

加熱式加湿器はこちら。