HCK-5519とRCK-5519違いを比較 サーキュレーター加湿器

アイリスオーヤマ HCK-5519 RCK-5519加湿器

この記事はアイリスオーヤマのサーキュレーター加湿器HCK-5519とRCK-5519の違いを比較しています。

加湿器にサーキュレーターをつけて、1台2役のサーキュレーター加湿器。

くじらこ
くじらこ

サーキュレーターと加湿器が1つになった「サーキュレーター加湿器」

そのままの名前やん

サーキュレーターがミストをより遠くまで送って、効率よく加湿します。

効率アップ+省スペースの魅力的な家電です。

HCK-5519とRCK-5519の違いは

  • マイナスイオン発生装置の有無
  • カラーの違い
  • 価格の違い

3点です。

違いは本文でまとめています。参考になれな幸いです^^

\HCK-5519はこちら/

※RCK-5519は販売終了しました。

HCK-5519とRCK-5519の違いを比較

HCK-5519とRCK-5519の違いをくわしくみていきましょう。

  • マイナスイオン発生装置の有無
  • カラーの違い
  • 価格の違い

違いは3点です。

①RCK-5519にはマイナスイオン発生装置搭載

アイリスオーヤマ RCK-5519
アイリスプラザより RCK-5519

RCK-5519にはマイナスイオン発生機能がついています。

②カラーの違い

本体はホワイトですが、一部カラーの違いあります。

アイリスオーヤマ HCK-5519 RCK-5519

HCK-5519は全体がホワイトです。

RCK-5519は天面がブラックです。

操作パネル部分やサーキュレーターの色違いで見合分けしやすいです。

HCK-5519とRCK-5519の価格の違い

サーキュレーターと加湿器の2つの機能が一つになったHCK-5519、RCK-5519の価格はどのくらいなのでしょうか。

HCK-5519RCK-5519
アイリスプラザ19,580円25,080円
Amazon11,800円
楽天市場16,900円19,800円
Yahoo!ショッピング19,676円16,800円

※2021年2月4日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

2つの機能が1つになっているので、価格は10000円以上になっています。他の加湿器に比べると、ちょっとお高いな・・・と感じますが、サーキュレーター機能のみ使うこともできるので、使い方によってはかなり便利になります。

エアコンなどの暖房器具をつけ、サーキュレーター加湿器で部屋の空気を循環させることもできるので、価格以上の便利さがあると思います。

アイリスプラザで在庫切れ・販売終了になると通販サイトでは価格が高騰します。購入前に必ずご確認ください。

\通販サイトでの購入はこちら/

※RCK-5519は販売終了しています。

ハイブリット式(加熱式+超音波式)のメリット・デメリット

HCK-5519、RCK-5519は加熱式+超音波式のハイブリットとなっています。

サーキュレーターの機能が目立ってしますが、加熱式+超音波式のメリット・デメリットをお話しておきましょう。

メリットデメリット
雑菌が繁殖しにくい
パワフル
蒸気が熱くない
静か
電気料金が安い
サイズが大きめ
こまめなお手入れが必要

加熱して超音波で加湿するので、雑菌が繁殖しにくいです。出てくる蒸気は熱くないのでヤケドの心配もありません。

加熱式と超音波式のいいとこ取りをしているのがハイブリット式となります。

ここで注意なのが、加熱しているからお手入れが減らせる・・・という訳ではありません。

蒸気は加熱しているので除菌効果はありますが、加湿器本体は汚れてきます。ほこりをかぶったり、水のぬめりが発生するので、こまめなお手入れは加湿方式に関係なく必要です。

HCK-5519とRCK-5519の電気代はどのくらい?

冬は暖房器具を使うので電気料金が上がる時期です。サーキュレーター加湿器はサーキュレーターと加湿器を使うので、電気料金は心配になります。

電気料金は消費電力と使用時間で計算できます。

消費電力1時間使用6時間使用1日6時間
30日使用
50Hz/160W
60Hz/155W
4.32円
4.18円
25.92円
25.11円
777.6円
753.3円

※1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。連続加湿時間をもとに計算しています。

1か月で1000円以下となっています。10時間使ったとしても1500円以下です。これなら安心して使えますね。

HCK-5519とRCK-5519のスペック表

HCK-5519RCK-5519
加湿方式加熱式+超音波式加熱式+超音波式
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
32.2×22.0x39.5cm32.2×22.0x39.5cm
重さ(水含まず)約5.3kg約5.3kg
コード約1.5m約1.5m
定格電圧AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
消費電力50Hz/160W
60Hz/155W
50Hz/160W
60Hz/155W
適用床面積
 木造和室
 プレハブ洋室

9畳
15畳

9畳
15畳
最大加湿量
(1時間あたり)
(うるおい・連続)
550ml
(うるおい・連続)
550ml
タンク容量約3.7L約3.7L
連続加湿時間約6.7時間約6.7時間
モード(自動運転モード)
弱 湿度50%
中 湿度60%
強 連続
おやすみモード
(自動運転モード)
弱 湿度50%
中 湿度60%
強 連続
おやすみモード
サーキュレーター
首振り
左右 30°(自動)
上下 2段階(手動)
左右 30°(自動)
上下 2段階(手動)
サーキュレーター
風量
静音

静音

タイマー2・4時間2・4時間
その他機能現在の湿度をデジタル表示現在の湿度をデジタル表示
マイナスイオン発生機能搭載
お手入れ排水はカップがあるので捨てるだけ排水はカップがあるので捨てるだけ
付属品スポイト
ブラシ
加湿カップ(予備)
スポイト
ブラシ
加湿カップ(予備)
カラーホワイトブラック/ホワイト
\HCK-5519はこちら/

※RCK-5519は販売終了しています。

HCK-5519とRCK-5519違いを比較 サーキュレーター加湿器のまとめ

部屋でかたよった加湿になったり、早く加湿したい場合はサーキュレーター加湿器で効率よくサーキュレーターでミストを送ると快適空間になります。

広い部屋だと遠くまでミスを送るので、加湿されているのが実感できますね。