PC-EMA3-W、KPC-EMA3-Bの違いを比較!12種類の自動メニューでシンプル操作 アイリスオーヤマ 電気圧力鍋

アイリスオーヤマ PC-EMA3-W KPC-EMA3-B 電気圧力鍋
くじらこ
くじらこ

電気圧力鍋の容量3.0LでPC-EMA3-WとKPC-EMA3-Bの2機種あるけど、何が違うのかな?

くじらの長老
くじらの長老

機能の違いはなくてカラーのみ違うんじゃ

しかし価格も変わってくるから気を付けるんじゃぞぃ

3.0Lの電気圧力鍋は調理容量2.0Lで3~4人家族向けタイプです。

アイリスオーヤマの電気圧力鍋で「EMA(数字)」と「E」のある品番は自動メニュー数が少ないシンプル機能が特徴です。

PC-EMA3-WとKPC-EMA3-Bは自動メニュー数が12種類です。

白米、カレー、無水カレー、豚角煮、煮付け、筑前煮、おでん、ポトフ、ゆで野菜(葉野菜・根野菜)、ヨーグルト、ケーキ。

基本的なメニューから、低温調理まで幅広いメニューを楽しめます。

チェックしておきたいのが

  • 自動メニューは12種類と少なめ
  • 手動メニューは圧力調理・温度調理(低温/発酵)・無水調理
  • レシピブックなし
  • レシピサイトに記載なし

電気圧力鍋でいろいろなメニューにチャレンジしたい人には不向きです。

自動メニューの中にあるメニューのみ作るならおすすめです。

いろんなメニューを作りたいならPC-MA3、KPC-MA3をおすすめします。

 → ヘルシープラス+のKPC-MA3、PC-MA3の違いを比較!レシピや口コミを調査!電気圧力鍋 アイリスオーヤマ

PC-EMA3-WとKPC-EMA3-Bの違いは

  • カラー

のみとなります。

けれど、価格が違うのでカラーにこだわりがなければ安いほうを買うほうがお得です。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

電気圧力鍋 3.0L ホワイト PC-EMA3-W

電気圧力鍋 3.0L ブラック KPC-EMA3-B

\通販サイトでの購入はこちら/

ホワイトのPC-EMA3-Wはこちら▼

ブラックのKPC-EMA3-Bはこちら▼

電気圧力鍋の機能、ラインナップ、比較記事一覧のまとめはこちら↓

電気圧力鍋の消耗品・交換部品はこちら↓

他の容量の電気圧力鍋の比較記事はこちら↓

容量3.0Lはほかにもあります。

容量4.0Lや2.0Lもあります。

PC-EMA3-W、KPC-EMA3-Bの違いはカラーのみ

アイリスオーヤマ PC-EMA3-W KPC-EMA3-B

PC-EMA3-Wはホワイト+シルバー、KPC-EMA3-Bはブラック+シルバーの本体となっています。

デザインや操作パネルのボタンの配置などは全く同じです。

スペック表

サイズ
(幅x奥行x高さcm)
29.3×27.6×28.4cm
重さ約3.7kg
コード長さ約1.0m
消費電力700W
炊飯容量3合
最高圧力70kPa
調理容量2.0L
満水容量3.0L
自動メニュー12種類
白米
カレー無水カレー
豚角煮
煮付け
筑前煮
おでん
ポトフ
ゆで野菜(葉野菜・根菜)
ヨーグルト
ケーキ
手動メニュー圧力調理
温度調理
無水調理
温度調理30~100℃
(5℃単位)
予約時間
予約メニュー
12時間
白米
カレー
無水カレー
豚角煮
煮付け
筑前煮
おでん
ポトフ
保温時間12時間
付属品白米用計量カップ(1合)

価格

PC-EMA3-WKPC-EMA3-B
アイリスプラザ10,980円16,280円
Amazon7,980円
楽天市場8,280円9,980円
Yahoo!ショッピング7,980円10,800円

※2021年2月25日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

カラーの違いだけですが、PC-EMA3-WとKPC-EMA3-Bでは価格差があります。

これはPC-EMA3-Wの方がお買い得かなと個人的には思います。

口コミをチェック!

次は口コミをみていきましょう。

PC-EMA3-Wの口コミ

早速豚の角煮を作りました。もっと多くの料理が書かれたレシピ本が欲しいです。

アイリスプラザ

初めての圧力鍋なのでシンプルなものを選択しました。手動メニューのレシピブックがついていたら、なお良かったです。

アイリスプラザ

角煮はやわらかくできました。ロールキャベツはメニューにないのでポトフのメニューで作りましたがエラーナンバーが出ました。E03の意味が説明書に書いてないのでネットで別の圧力鍋の説明書で調べました。手動の設定が詳しく説明あるともっと使いやすい。

アイリスプラザ

今までガス調理の圧力鍋を使用していました。ただ単に時短ということなら、正直、ガスの方が早いです。ただ、電気の方は、側についていなくてもよい、時間予約ができる、保温ができる、というメリットが大きく、ほんの数分の出来上がり時間の差なんて気になりません。

アイリスプラザ

KPC-EMA3-Bの口コミ

ずっと電気圧力鍋が欲しくて購入を悩んでいましたがレシピ通りに筑前煮を作りました。とても美味しくできました根菜がとても柔らかくて家族に高評価でした。もっとレシピがあればいいのになと思いました

アイリスプラザ

レシピ本は、手動モードに必要では?自動モードは使いやすかった。短時間でしっかり煮込まれていた。レパートリーが増えそう。

アイリスプラザ

本当に簡単!買って最初に肉じゃがに挑戦。材料とだし汁を入れて、設定してスイッチON。ショッピングに出かけて帰ってきたら肉じゃが完成。ジャガイモホクホク、にんじんも味がしみこんでGOOD。牛肉の切り落としも普通のお鍋で作ったときよりやわらかく美味しく煮あがってます。

アイリスプラザ

口コミのまとめ

材料を鍋に入れてボタンを押すだけで時間になれば出来上がっていること、さらにおいしいことで高評価になっています。

気になる意見は

  • レシピの説明が不十分

というのがありました。

取扱説明書を確認すると、自動メニュー(12種類)のクッキングガイドが掲載されていました。

その12種類というのは、ポークカレー/無水カレー/豚の角煮/魚の煮付け/筑前煮/おでん/ポトフ/ヨーグルト/ゆで野菜(葉野菜)/ゆで野菜(根菜)/ケーキでした。

自動メニューの作り方もわからない人がいるので必要ですが、もっと色々な手動でできる応用のレシピが欲しいですね。

自分で試行錯誤してレシピを作り出すのを楽しむか、ネットでレシピを探すしか、今の楽しみ方はなさそうです。次回発売の圧力電気鍋にはもっとレシピが付属することを期待しましょう!

そのためには購入した人はレビューなどで「もっとレシピが欲しい!」と書き込んでおきましょう。

デメリットは?

デメリットはどうなのでしょうか。

  • 自動メニュー数が少ない
  • レシピブックがない

自動メニューのみで使うなら問題ないですが、いろんなメニューを作りたいならPC-EMA3WとKPC-EMA3-Bは初心者には不向きです。

おすすめはどっち?

機能は同じでカラーのみ違うので、お好みのほうを選んだらいいでしょう。

と言いたいところですが、PC-EMA3-Wが価格が安いです。

KPC-EMA3-Bは価格が高いですが、通販サイトでは1万円前後で購入できます。

価格が安いPC-EMA3-Wがお得ですね。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

電気圧力鍋 3.0L ホワイト PC-EMA3-W

電気圧力鍋 3.0L ブラック KPC-EMA3-B

\通販サイトでの購入はこちら/

ホワイトのPC-EMA3-Wはこちら▼

ブラックのKPC-EMA3-Bはこちら▼

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

PC-MA2-W、KPC-MA2-Bの方がレシピが沢山あっていいわね・・・

くじらの長老
くじらの長老

12種類の自動メニューだけを作るのなら問題ないぞぃ

2.2LのPC-MA2-W、KPC-MA2-Bは6種類の自動メニューと65種類のレシピブックが付属しています。

それと比較するとPC-EMA3-W、KPC-EMA3-Bは12種類の自動メニューのみで少々物足らなさがあるかもしれません。

しかし、PC-EMA3-W、KPC-EMA3-Bも手動メニューが使えるので、レシピを開発していく楽しみもあるのではないでしょうか。

時短のために購入した電気圧力鍋で、レシピを見つけ出していくという時間の掛かる楽しみ方を見つけつつ、3.0Lの大容量の電気圧力鍋は大家族のごはんを作るにはとても便利です。

検討してみてください。

他の容量の電気圧力鍋の比較記事はこちら↓

容量3.0Lはほかにもあります。

容量4.0Lや2.0Lもあります。

コメント