アイリスオーヤマ デザインケトル IKE-D1000、IKE-D1000T-Bの特徴の違い

アイリスオーヤマ IKE-D1000 IKE-D1000T-B 電気ケトル・ポット
くじらこ
くじらこ

2020年新生活シリーズのデザインケトルだけど、シンプルな機能すぎて、もっとお湯の温度をしたいのよね

くじらの長老
くじらの長老

デザインケトルで温度調節ができる機種があるぞぃ

以前新生活シリーズのホワイトレーベル、ブラックレーベルの電気ケトルを紹介しました。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

IKE-D1000とBLIKE-D1000-Bの違いはカラーでした。

今回はアイリスオーヤマのデザインケトル IKE-D1000、IKE-D1000T-Bを紹介します。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマの電気ケトルのラインナップ

まずはアイリスオーヤマの電気ケトルの一覧をみてください。

  • デザインケトル IKE-D1000
  • デザインケトル 温度調節付 IKE-D1000T-B
  • ドリップケトル IKE-C600-W
  • ドリップケトル 温度調節付 IKE-C600T-B
  • 電気ケトル BLIKE-D1000-B
  • 電気ケトル(ガラス) 温度調節付 IKE-G1500T-B
  • ケトル ベーシックタイプ IKEB-800-W
  • ricopa 電気ケトル IKE-R800

2020年7月現在8機種あります。

アイリスオーヤマ デザインケトル IKE-D1000、BLIKE-D1000-Bの特徴の違い」では新生活シリーズのくくりで特徴を違いを紹介しましたが、一覧をみてみると、IKE-D1000に似た品番のIKE-D1000T-Bがあることに気が付きました。

さてさて、IKE-D1000とIKE-D1000T-Bと違いはあるのでしょうか。

ちなみに、IKE-D1000とBLIKE-D1000-Bの違いがカラーだけなのでBLIKE-D1000-Bは省いて、シンプルにIKE-D1000とIKE-D1000T-Bの違いをみていくことにしました。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

IKE-D1000、IKE-D1000T-Bの仕様

アイリスオーヤマ IKE-D1000 IKE-D1000T-B
IKE-D1000IKE-D1000T-B
サイズ(幅x奥行x高さcm)
電源プレート含む
電源プレート含まず

21.5×13.6×20.0cm
21.5×13.6×18.5cm

22.5×22.3×22.5cm
21.5×13.6×19.0cm
重さ
電源プレート含む
電源プレート含まず

約0.8kg
約0.6kg

約1.3kg
約0.6kg
コード長さ1.3m1.2m
消費電力1200W1200W
湯沸かし容量約1.0L約1.0L
メニュー
温度
沸とう 100℃
コーヒー 90℃
日本茶 70℃
温度調節60~100℃(5℃刻み)
保温60~95℃(5℃刻み)
安全機能自動電源OFF機能
空だき防止機能
自動電源OFF機能
空だき防止機能
その他機能水位確認窓付き
コードホルダー付き
フィルター取り外し可能
水位確認窓付き
フィルター取り外し可能
湯沸かし完了後スタートボタン点灯、ブザーが3回鳴る
付属品
カラー-W ホワイト
-B ブラック
ブラック
発売年2019年2019年

仕様からわかる違いは

  • サイズ・重さ・カラー
  • コードの長さ・収納の有無
  • メニューの有無
  • 温度調整の有無
  • 湯沸かし完了後のブザーの有無
  • 保温の有無

たくさんの違いがありました。詳しくは特徴の違いでみてきましょう。

IKE-D1000、IKE-D1000T-Bの特徴の違い

仕様からたくさんの違いがわかりました。

  • サイズ・重さ・カラー
  • コードの長さ・収納の有無
  • メニューの有無
  • 温度調整の有無
  • 湯沸かし完了後のブザーの有無
  • 保温の有無

IKE-D1000T-Bの方が機能が多いです。詳しくみていきましょう。

アイリスオーヤマの電気ケトル、ジャーポットの機能の説明とラインナップはこちら。

サイズ・重さ・カラーの違い

アイリスオーヤマ IKE-D1000 IKE-D1000T-B
IKE-D1000IKE-D1000T-B
サイズ
電源プレート含む
電源プレート含まず

21.5×13.6×20.0cm
21.5×13.6×18.5cm

22.5×22.3×22.5cm
21.5×13.6×19.0cm
重さ
電源プレート含む
電源プレート含まず

約0.8kg
約0.6kg

約1.3kg
約0.6kg
カラー-W ホワイト
-B ブラック
ブラック

IKE-D1000T-Bは電源プレートが大きく、IKE-D1000とはサイズ・重さが異なってきます。

置き場所を十分に確保したいですね。

IKE-D1000は2カラー展開となっています。アイリスオーヤマは1品番1カラーの設定が多いので、1品番に2カラーがある数少ないうちの1つです。

コードの長さ・収納有無の違い

アイリスオーヤマ IKE-D1000

(画像はクリックすると拡大します/IKE-D1000より)

IKE-D1000IKE-D1000T-B
コード長さ1.3m1.2m
コードホルダーありなし

IKE-D1000にはコードホルダーがあります。電源プレートの下面ですね。

収納する時にとても便利です。

IKE-D1000T-Bにはコードホルダーはありません。

メニューの有無の違い

アイリスオーヤマ IKE-D1000T-B

(画像はクリックすると拡大します/IKE-D1000T-Bより)

IKE-D1000IKE-D1000T-B
メニュー
設定温度
沸とう 100℃
コーヒー 90℃
日本茶 70℃

IKE-D1000T-Bにはメニューがあります。3つあり、それぞれの使う飲み物で温度設定が違います。

コーヒーやお茶、紅茶などは適温に合わせて飲むのがおいしいです。

飲み物の味にこだわりたい人におすすめです。

IKE-D1000にはメニューはありません。

温度調整の有無の違い

アイリスオーヤマ IKE-D1000T-B

(画像はクリックすると拡大します/IKE-D1000T-Bより)

IKE-D1000IKE-D1000T-B
メニュー
温度設定
60~100℃
5℃刻みで設定可能

IKE-D1000T-Bには3つのメニューがありましたが、好みの温度に設定して沸かすこともできます。

60~100℃の5℃刻みで細かく温度を設定できるので、色々な用途に使えます。

IKE-D1000には温度調節の機能はありません。

湯沸かし完了後の点滅・ブザーの有無の違い

アイリスオーヤマ IKE-D1000T-B

(画像はクリックすると拡大します/IKE-D1000T-Bより)

IKE-D1000IKE-D1000T-B
湯沸かし完了後電源レバーが上がる
電源ランプが消える
スタートボタンが消灯
ブザーが3回鳴る

地味に便利なのが、IKE-D1000T-Bのブザーが3回鳴る機能です。

音が鳴ると離れていても、湯沸かしが終わったのがわかります。

IKE-D1000は音は鳴りません。

保温設定の有無の違い

アイリスオーヤマ IKE-D1000T-B

(画像はクリックすると拡大します/IKE-D1000T-Bより)

IKE-D1000IKE-D1000T-B
保温機能60~95℃
5℃刻みで設定可能

IKE-D1000T-Bは湯沸かし完了後の保温機能があります。

60~95℃の5℃刻みで設定ができます。しばらくお湯を使いたいといった場合には保温機能で温度を保てるので、便利です。

IKE-D1000には保温機能はありません。

IKE-D1000はお湯を沸かすのみの機能。

IKE-D1000T-Bは好みの温度のお湯を沸かし、保温もできると多機能。

  • サイズ・重さ・カラー
  • コードの長さ・収納の有無
  • メニューの有無
  • 温度調整の有無
  • 湯沸かし完了後のブザーの有無
  • 保温の有無

IKE-D1000とIKE-D1000T-Bは使い勝手が全く違うので、よく検討する必要があります。

IKE-D1000、IKE-D1000T-Bの価格

仕様、特徴の違いをみてきて、気になるのは価格ですね。

IKE-D1000IKE-D1000T-B
アイリスプラザ
(税抜価格)
3,480円7,980円
Amazon3,260円5,921円
楽天市場3,300円5,980円
Yahoo!ショッピング3,280円5,980円

※2020年7月3日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

機能の多さが違うので、IKE-D1000T-Bが高くなります。

IKE-D1000はシンプルな最低限のお湯を沸かすだけの機能なので3000円台で購入できます。

価格に惑わされないで、機能が必要かどうか要検討してください。

\通販サイトでの購入はこちら/

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

コーヒーやお茶を淹れたり、赤ちゃんのミルクを作るならIKE-D1000T-Bが超便利よね!

くじらの長老
くじらの長老

ワシはあっつ~いお茶をズズズッと飲みたいんじゃ!

好みや使い方で選ぶ機種が変わってきます。検討してみてください。

アイリスオーヤマの電気ケトルは他にもあります。