気化ハイブリット式加湿器 HVH-700R1、KHV-700RA-Wの特徴の違い

アイリスオーヤマ HVH-700R1 KHV-700RA-W 加湿器
くじらこ
くじらこ

ほら、私って暑がりだから、熱くならない加湿器ってないかしら?

くじらの長老
くじらの長老

加湿器では加熱式が熱くなるんじゃ

気化式と超音波式は熱くならないからヤケドの心配は減るのぅ

加湿器は加湿方式があり「加熱式」「超音波式」「気化式」「ハイブリット式」の4つの分かれます。

アイリスオーヤマの加湿器では加熱式・超音波式・ハイブリット式の3つの方式のラインナップがあります。

お子さんやペットがいる家庭では加熱式より超音波式を選ぶ方がよいですね。

今回紹介するHVH-700R1、KHV-700RA-Wは「気化ハイブリット式」で、熱くなりません。

詳しくは特徴の章で説明します。

今回はアイリスオーヤマの気化ハイブリット式加湿器 HVH-700R1、KHV-700RA-Wを紹介します。

アイリスオーヤマの加湿器のラインナップ

まずはアイリスオーヤマの加湿器の一覧をみてみましょう。

  • 加熱式加湿器 SHM-4LU-G
  • 加熱式加湿器 120D SHM-120R1
  • 加熱式加湿器 260D SHM-260R1
  • 加熱式加湿器 100ml SHM-100U
  • 加熱式加湿器 SHM-260D
  • 空気清浄機能付き加湿器 SHA-400A
  • 加湿空気清浄機 10畳 RHF-253-W
  • 加湿空気清浄機 17畳 RHF-404-W
  • 加湿空気清浄機 10畳 HXF-C25-W
  • 加湿空気清浄機 17畳 HXF-C40-W
  • 超音波加湿器 2.8L PH-U28
  • 超音波加湿器 しずく型 2.8L UHM-280S
  • 超音波加湿器 しずく型 2.8L 木目調 UHM-280SM
  • 上給水超音波式加湿器 UTK-230-W
  • 上給水超音波式加湿器 KUTK-230-W
  • サーキュレーター加湿器 HCK-5519
  • サーキュレーター加湿器 RCK-5519
  • ハイブリット式加湿器 HDK-35
  • ハイブリット式加湿器 木目 HDK-35
  • 気化ハイブリット式加湿器 500ml HVH-500R1
  • 気化ハイブリット式加湿器 700ml HVH-700R1
  • 気化ハイブリット式加湿器 500ml KHV-500RA-W
  • 気化ハイブリット式加湿器 700ml KHV-700RA-W

10月に入ると、ぐんとラインナップが増えてきました。

前冬に販売していた加湿器は在庫がなければ表示されていませんでしたが、在庫が補充されるごとに再販売しています。

在庫が無くなれば販売終了の機種があるので、早めに購入することをおすすめします。

今回紹介するのは2020年発売の気化ハイブリット式加湿器 HVH-700R1、KHV-700RA-Wです。

加湿量が700ml/hのタイプです。もう少し小さめの500ml/hはこちらの記事で紹介してます。

8.5畳~14畳の個室などにちょうどいいサイズです。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

HVH-700R1、KHV-700RA-Wの仕様

アイリスオーヤマ HVH-700R1 KHV-700RA-W
HVH-700R1KHV-700RA-W
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
37.5×20.8×37.6cm37.5×20.8×37.6cm
重さ約5.4kg約5.4kg
コード長さ1.5m1.5m
電源AC100V(50/60Hz)AC100V(50/60Hz)
消費電力319/325W319/325W
適用床面積
 木造和室
 プレハブ洋室

12畳
19畳

12畳
19畳
加湿量700ml/h700ml/h
加湿方式温風気化式
自然気化式
温風気化式
自然気化式
連続加湿時間約7.1時間
最大16.7時間
約7.1時間
最大16.7時間
水タンク容量約5L約5L
モード連続(弱(静音)・中・強)
自動(おまかせ・うるおい・おやすみ)
ターボ
ヒーターオフ
連続(弱(静音)・中・強)
自動(おまかせ・うるおい・おやすみ)
ターボ
ヒーターオフ
切タイマー2・4・6時間2・4・6時間
ランプお手入れランプ
リセットボタン
給水ランプ
お手入れランプ
リセットボタン
給水ランプ
イオン発生あり
その他機能静音 約40dB以下
本体が熱くならない(気化式)
現在の湿度(目安)をデジタル表示
お手入れ簡単・加湿気化フィルター水洗いOK
静音 約40dB以下
本体が熱くならない(気化式)
現在の湿度(目安)をデジタル表示
お手入れ簡単・加湿気化フィルター水洗いOK
付属品
カラー-W ホワイト
-T ブラウン
-W ホワイト
発売年2020年2020年

仕様からわかる違いは

  • カラー
  • マイナスイオン発生機能の有無

容量や機能にモードなどに違いはありません。

詳しくは特徴の違いで説明します。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

HVH-700R1、KHV-700RA-Wの特徴の違い

仕様から以下の違いがわかりました。

  • カラー
  • マイナスイオン発生機能の有無

必ず必要な機能ではないので、好みでどちらの機種がいいか決めればいいですね。

カラーの違い

アイリスオーヤマ HVH-700R1

HVH-700R1

アイリスオーヤマ KHV-700RA-W

KHV-700RA-W

(画像はクリックすると拡大します)

HVH-700R1KHV-700RA-W
-W ホワイト
-T ブラウン
-W ホワイト

HVH-700R1はホワイトとブラウンのカラーです。

KHV-700RA-Wはホワイトのみのカラーになっています。

マイナスイオン発生機能の有無の違い

アイリスオーヤマ KHV-700RAW

(画像はクリックすると拡大します/KHV-700RA-Wより)

HVH-700R1KHV-700RA-W
マイナスイオン発生あり

KHV-700RA-Wにはマイナスイオンを発生させる機能がついています。

HVH-700R1にはついていません。

気化ハイブリット式ってどんな加湿方式?

今回のHVH-700R1、KHV-700RA-Wの気化ハイブリット式とはどういった加湿方式なのでしょうか。

アイリスオーヤマ HVH-700R1 KHV-700RA-W

(画像はクリックすると拡大します/HVH-700R1、KHV/700RA-Wより)

気化式はフィルターに水を染み込ませて、風をあてて蒸発させて加湿していきます。

さらに進化させたのが

  • 温風気化式
  • 自然気化式

の2つです。

温風気化式はヒーターを使って暖かい風を送り、加湿量を増やします。めちゃくちゃ乾燥が気になる時に使えばいいですね。

自然気化式はファンで取り込んだ風で加湿するので、省エネで、ゆっくり加湿していきます。

環境や室内の乾燥具合によって、加湿方式を選択できるので、心地よい空間にすることができます。

HVH-700R1、KHV-700RA-Wの価格

仕様や特徴の違いがわかったところで、気になる価格をみていきましょう。

HVH-700R1KHV-700RA-W
アイリスプラザ16,280円19,580円
Amazon14,600円19,580円
楽天市場14,700円19,580円
Yahoo!ショッピング14,800円19,580円

※2020年10月28日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

イオン発生機能があるKHV-700RA-Wが価格が上になっています。

イオン発生機能が必要でなければHVH-700R1でもいいですね。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/
\通販サイトでの購入はこちら/

HVH-700R1、KHV-700RAWの交換フィルターについて

加湿気化フィルターEHH-F2310交換目安:約5年

加湿器は購入後も定期的にお手入れが必要となります。

ニオイや汚れがある時は交換目安に関係なくフィルターの交換をしてください。

こちらのフィルターは洗浄して繰り返し使うことができます。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/
\通販サイトでの購入はこちら/

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

温風気化式は冬に使えそうだし、自然気化式は春や秋に使えそうね!

くじらの長老
くじらの長老

一年中使える加湿器じゃぞぃ

温風気化式は締め切った部屋では温度が上がりますが、自然気化式では室温があがることはありません。

上手に使えば、1年中使える加湿器と言えますね。検討してみてください。

加湿器はいろいろあります。