SCD-140とSCD-141Pの違いを比較!ヘッドの仕様で掃除する場所やキレイさが変わる

アイリスオーヤマ SCD-140-B SCD-141P スティッククリーナー
くじらこ
くじらこ

でもSCD-140-B、SCD-141-Pってデザインが同じで違いがわからないわ

くじらの長老
くじらの長老

よーく見てみるんじゃ

ヘッドの形が違うぞぃ

おしゃれなサイクロンスティッククリーナーが発売されました。

SCD-140-B、SCD-141-Pはデザインが似ていて、イマイチ違いがわかりにくいです。

違いは

  • SCD-140は極薄ヘッド、SCD-141Pはパワーヘッド
  • カラーはSCD-140はブラックのみ、SCD-141Pはブラック・ホワイトの2色
  • サイズ
  • 重さ

ヘッドが違うので、サイズや重さが変わってきます。

SCD-140は回転ブラシのない極薄ヘッドなので

フローリングなど平らな面を掃除する

SCD-141Pは回転ブラシのあるパワーヘッドなので

じゅうたんやラグなど毛足の長い面を掃除する

掃除する床面で使うヘッドが変わってきます。

フローリング、絨毯、ラグなど様々な床を掃除するなら回転ブラシのあるパワーヘッドを選んでください。

フローリングのみの掃除でもパワーヘッドを選ぶとキレイに掃除できます。

選ぶ時の注意は、じゅうたんやラグなどの毛足の長い床面を掃除するのに回転ブラシのない極薄ヘッドを選ぶと毛にからまったゴミが取れにくいのでおすすめできません。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

充電式サイクロンスティッククリーナー ノーマルヘッド SCD-140-B ブラック

充電式サイクロンスティッククリーナー パワーヘッド SCD-141P 全2色

\通販サイトでの購入はこちら/

極薄ヘッドのSCD-140はこちら▼

パワーヘッドのSCD-141Pはこちら▼

ブラック▼

ホワイト▼

スティッククリーナーの機能、ラインナップ、比較記事一覧はこちら↓

SCD-140-B、SCD-141Pの違いは4つ

ここからはSCD-140とSCD-141Pの違いをくわしくみていきましょう。

SCD-140は極薄ヘッド、SCD-141Pはパワーヘッド

アイリスオーヤマ SCD-140-B
アイリスプラザより SCD-140

SCD-140は薄柄ヘッドです。

極薄ヘッドは軽くて掃除しやすいですが、回転ブラシがないためカーペットやラグの毛に絡まったゴミやチリが取れにくいです。

アイリスオーヤマ SCD-141P
アイリスプラザより SCD-141P

SCD-141Pはパワーヘッドです。

パワーヘッドは回転ブラシがカーペットやラグに絡まったゴミなどを掻き取りますが、ヘッド自体が大きく重たくなります。

薄型ヘッドとパワーヘッドの違いやメリット・デメリットを表のまとめました。

SCD-140-BSCD-141P
ヘッド極薄ヘッドパワーヘッド
得意な床フローリング
タイル
平らな面
フローリング
タイル
カーペット
メリット軽い
コンパクト
回転ブラシでゴミを掻き出す
デメリット毛足の長いラグやカーペットは苦手重い
大きい

掃除機を選ぶ際に、上位に入る重要な項目がヘッドの種類になります。

ヘッドにより軽さ、吸込みや部屋がキレイになる加減が全く違ってきます。

重さは我慢がまんできますが、ゴミが取れないのは我慢がまんできません。どこを掃除するかをきちんと確認して、どちらの充電式サイクロンスティッククリーナーがいいか選んでください。

サイズ・重さ・カラーの違い

ヘッドの違いによりサイズや重さが違ってきます。

SCD-140-BSCD-141P
サイズ28.8×27.5×111.3cm27.5×23.5×111.3cm
重さ
 本体のみ
 フロアヘッド・延長パイプを含む

約1.3kg
約1.9kg

約1.3kg
約2.1kg
カラー-B ブラック-B ブラック
-W ホワイト

SCD-140-Bはブラックのみ、SCD-141Pはブラックとホワイトの2カラーです。2機種ともにブラックがありますが、微妙に配色が違います。

アイリスオーヤマ SCD-140-B SCD-141P

SCD-140-Bは延長パイプがシルバー+ブラック、SCD-141Pはブラック+シルバーです。

ダストボックスの中のパーツの色も違います。全体的にブラックですが、部分でカラーが違っています。

共通の基本スペック表

集じん容積
 ごみすてラインまで
 最大容量
サイクロン式
約0.25L
約0.35L
連続使用時間弱 約35分
強 約15分
バッテリー
 容量
 寿命
 定格電圧
 充電時間
リチウムイオン2次電池
2200mAh
約500回
DC18.5V
約4時間
電源電圧
 入力
 出力
(充電アダプター)
AC100V-240V 50/60Hz
DC22V、0.5A
その他機能2段遠心分離サイクロン
ワンタッチで込み捨て
操作パネルは手元で操作しやすい
バッテリー残量表示
立て掛けの滑り止めゴム付き
ダストカップ・回転ブラシは水洗いOK
パーツは取り外し可能
付属品充電アダプター
ブラシノズル
バッテリー
発売年2020年

価格

SCD-140-BSCD-141P
アイリスプラザ10,978円14,080円
Amazon7,155円9,780円
楽天市場7,900円10,980円
Yahoo!ショッピング7,980円10,178円

※2021年11月29日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

パワーヘッドのSCD-141Pの方が価格が上になっています。

パワーヘッドなので価格が上がりますが1万円前後なので、サイクロン式としては買いやすいですね。

口コミをチェック

次は購入者の口コミをチェックしてみましょう。

SCD-140-Bの口コミ

思い付いた時さっと使えるのは便利。

アイリスプラザ

持ち運びが楽で部屋の隅々まで楽に掃除できて本当に買って良かったと思いました。吸った埃も目に見えてわかって捨てるのも楽でこの上ないです。

アイリスプラザ

今までコード付きの掃除機を使用していたので、比べると吸引力は劣りますが、一人暮らしで使う分には十分だと思います。コードレスなので使いやすいです。

アイリスプラザ

今まで普通のコードタイプの掃除機だったせいかちょっと思ったより馬力が足りないです。充電も時間がかかるし、壁においても安定感が足りずすぐ倒れてしまう。

アイリスプラザ

SCD-141Pの口コミ

ホームセンターで現物を見てから価格も変わらないので、保証が長いネット通販で購入しました。いざ使ってみるとホームセンターで比べてみた現物より使用感が重たいです!特にバッテリー部分がこんなに重いとは・・・また設置台が無いタイプだから置場所に困っています吸引力、騒音には満足しています。全体的にもう一つ上のタイプを購入すれば良かったかな?

アイリスプラザ

コード接続のキャニスター型に慣れているせいなのか、吸引力に物足りなさを感じてしまいます。また、手元に重心があるせいか、結構重く感じます。

アイリスプラザ

とにかく買ってよかった!吸い込んだゴミが見えるので、掃除のモチベーションが上がる。軽いのでモップ感覚でさっと掃除ができる。コード無しなので家じゅうササっと掃除ができる。もっと早く出会いたかった。

アイリスプラザ

バッテリーを入れると2,1キロになるとは。使用するときの重量を記載してほしい。排気の風が顔にあたる。

アイリスプラザ

滑り止めゴム…効果ありません。壁に立てかけて充電していると5分とたたずに倒れてキッチンカウンターとフローリングに傷が付いてしまいました。因みに滑りやすい壁ではありません。その他の機能は値段相応だと思います。

アイリスプラザ

口コミのまとめ

評価の低い意見を集めているので、上記のレビューを読むとあまり良くないように感じますが、5点満点★評価の★4.38なので、全体的にはかなり評価が高くて、よいスティッククリーナーと言えるでしょう。

評価を下げているのは、

  • 思ったより重たかった
  • 滑り止めゴムで立て掛けるのは不安または倒れやすい

という意見が多く、吸込みに関しては「よく吸う!」と満足度は高いです。

SCD-141Pはヘッド・延長パイプを付けると約2.1kgになります。管理人くじらこの個人的な感覚ですが、約2㎏を超えると女性では重たく感じます(個人差があります)。

ただしヘッドの質がよくなるほど、本体は重たくなるので選ぶ時にはきちんと理解して購入してください。

本体の軽さを求めると、ノーマルヘッド、極薄ヘッドなど回転ブラシのないヘッドとなり、ゴミの書き取り具合がやや劣ります。

どちらにもメリット・デメリットがあってじれったいですが、仕方がありません。

SCD-140、SCD-141Pどちらもスタンド台は付属していません。壁に立てかけるか、床に倒しておく収納になっています。

床に置くと場所を取るし、サッと取り出したいので立てかける人が多いと思います。

でもバランスを崩すと当然倒れます。倒れると床に傷がついたり、スティッククリーナーの交渉や破損の原因になります。

別売品でスタンド台を購入することをおすすめします。

SCD-140-B、SCD-141Pの別売品について

SCD-140-B、SCD-141Pには別売品が多く揃っています。本体を購入後に必要なら買い足せるのはうれしいですね。

SCD-140-B、SCD-141Pに対応

ハンディ毛取りノズルCEA-HK14購入する
マルチアングルブラシCEA-MB14購入する
フレキシブルホースCEA-FH14購入する
スタンドCEA-ST14購入する
バッテリーCEA-BL14購入する
バッテリー充電台CEA-BC14購入する
フィルターセットCEA-BC14購入する

SCD-141Pに対応

ソフトローラーヘッドCEA-SH14購入する
ミニモーターヘッドCEA-MH14購入する
回転モップヘッドCEA-KMH14購入する
回転モップパッドCEA-M14購入する

立て掛け収納のSCD-140-B、SCD-141Pで不安ならスタンドが別売りにあるので、買い足すと安心です。

他にも使う部品だけ買い足すと、掃除がぐんとやりやすく、部屋もキレイになります。

基本的な本体を購入して、別売品を買い足してカスタマイズするようなイメージかな。

デメリットはある?

ここでデメリットについてまとめておきます。

  • サイクロン式はアレルギーを持っているとおすすめできない
  • 本体は重たい
  • 本体は1万円前後で購入できるが、別売品を買い足すと金額が大きくなる

サイクロン式はダストボックスにたまったゴミをこまめに捨てますが、捨てる時にホコリが舞います。

ホコリアレルギーなどを持っているとちょっとツライですね。アレルギーがヒドイなら紙パック式をおすすめします。

口コミにもありましたが、本体がSCD-140は約1.9kg、SCD-141Pは約2.1kgあります。

くじらこ個人的には2kgを超えると本体が重たく感じ、掃除していると腕が疲れてきます。女性や腕の力が弱い人はよく検討してください。

SCD-140、SCD-141Pの本体価格は1万円前後とかなり安いです。

ブラシノズルのみの付属なので、スタンドやその他ノズルを買い足していくと金額がどんどん上がります。

いろんなノズルが必要なら他のスティッククリーナーやセットの購入を検討するといいですね。

おすすめはどっち?

どちらを購入したらいいかまだ悩んでいる人に、おすすめをまとめてみました。

SCD-140-Bはこんな人におすすめ

  • フローリングを掃除する
  • タイルなど平らな面を掃除する

SCD-141Pはこんな人におすすめ

  • ラグやじゅうたんを掃除する
  • いろいろな床面を掃除する
  • ホコリをキレイに掃除したい

くれぐれも掃除する床面を確認して選んでください。

どんな床面を掃除するか決まっていない、わからないなら、SCD-141Pをおすすめします。

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

フローリングや階段だけの掃除だったらSCD-140-Bでもいいけど、カーペットやラグがある部屋なら断然SCD-141Pだわ!

ノーマルヘッドのIC-SLDC7を使ってるけど、糸とか絡まってとれないもん!

くじらの長老
くじらの長老

SCD-141Pを買っておけば、どこでも掃除ができるからイライラせずに済むのぅ

ノズルなど交換部品が揃っていても使わなければ意味がありません。それなら、必要な交換部品のみ購入して使うのがいいですよね。

検討してみてください。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

充電式サイクロンスティッククリーナー ノーマルヘッド SCD-140-B ブラック

充電式サイクロンスティッククリーナー パワーヘッド SCD-141P 全2色

\通販サイトでの購入はこちら/

極薄ヘッドのSCD-140はこちら▼

パワーヘッドのSCD-141Pはこちら▼

ブラック▼

ホワイト▼