HCK-5520とHCK-5519の違いを比較 サーキュレーター加湿器

アイリスオーヤマ HCK-5520 HCK-5519加湿器

この記事はアイリスオーヤマのサーキュレーター加湿器のHCK-5520とHCK-5519の違いを比較しています。

加湿器にサーキュレーターの機能がついて、より遠くまでミストを送ることができるようになりました。

加湿器の周辺だけしっとりしてる・・・というようなかたよりが減りますよ。

HCK-5520とHCK-5519の違いは

  • 発売年の違い
  • 本体重さ・カラー・デザインの違い
  • 価格の違い

3点です。

HCK-5520は2021年モデル、HCK-5519は2019年モデル。HCK-5519は生産終了で、取り扱っている在庫のみになります。

デザインやカラーが少し違い、HCK-5520はホワイト、HCK-5519は操作パネル部分が薄いグレーで見分けやすいです。

違いは本文でくわしくまとめています。価格も調査しましたので参考になれば幸いです^^

\HCK-5519はこちら/

2021年モデル

\HCK-5519はこちら/

2019年モデル

HCK-5520とHCK-5519の違いを比較

HCK-5520とHCK-5519の違いをくわしくみていきましょう。

  • 発売年の違い
  • 本体重さ・カラー・デザインの違い
  • 価格の違い

違いは3点です。

①発売年の違い

HCK-5520:2021年発売

HCK-5519:2019年発売

HCK-5520は最新型でHCK-5519の後継機種となります。

HCK-5519はアイリスプラザでは販売終了していて、通販サイトで取り扱っている店舗があります。在庫が少なくなってくれば価格が高騰してきますので、早めに購入するといいですね。

②重さ・カラー・デザインの違い

HCK-5520HCK-5519
重さ約5.4kg約5.3kg
カラーホワイト
上部パネル:ホワイト
ホワイト
上部パネル:薄いグレー

約0.1kgだけHCK-5520が重たくなっています。

HCK-5520のカラー

アイリスオーヤマ HCK-5520 カラー
アイリスプラザより HCK-5520

HCK-5520は全体がホワイトです。オウトツがなくすっきりしたデザインになっています。

水位窓がありませんが、給水ランプがあるので水の追加をお知らせしてくれます。

HCK-5519のカラー

アイリスオーヤマ HCK-5519 カラー
アイリスプラザより HCK-5519

HCK-5519は操作お面やサーキュレーター部分が薄いグレーです。

水位窓があり、水の残量が一目でわかります。

HCK-5520とHCK-5519の価格の違い

HCK-5519は生産終了しているので、おはやめに。

HCK-5220の価格

アイリスプラザ:22,800円

Amazon:11,000円前後

楽天市場:9,980円前後

Yahoo!ショッピング:9,980円前後

2022年に入ってから価格が上昇傾向です。これからもまだ上がっていくと予想。

取り扱っている店舗によっても価格に差があるので、購入時に必ず確認してください。

↓最新価格はこちらチェック↓

HCK-5519の価格

アイリスプラザ:販売終了

Amazon:11,500円前後

楽天市場:11,670円前後

Yahoo!ショッピング:10,850円前後

価格は下がってきていますが、高騰したり変動があります。タイミングによっては高騰しているかもしれないので、必ずチェックしてください。

HCK-5519は在庫が少なくってきているので、価格が高騰していく可能性が高いです。もし検討しているなら、価格が安い時期の早めの購入をおすすめします。

↓最新価格はこちらチェック↓

HCK-5520とHCK-5519の共通の特長

ここからはHCK-5520とHCK-5519の共通の特長を紹介します。

サーキュレーターで部屋の隅々まで潤す

アイリスオーヤマ HCK-5520 サーキュレーター加湿
アイリスプラザより HCK-5520

サーキュレーターで遠くまで水を送るので、潤っている空間を広げます。

同じ部屋での湿度の差を無くして快適空間にします。

アイリスオーヤマ HCK-5520 加湿方法
アイリスプラザより HCK-5520

HCK-5520とHCK-5519のハイブリット構造は

ヒーターであたためられた水が超音波振動でミストとなり、サーキュレーターで遠くまで送ります。

抗菌作用のある銀ビーズでキレイなミストで安心です。

超音波式+加熱式のハイブリット加湿

アイリスオーヤマ HCK-5520 ハイブリット加湿
アイリスプラザより HCK-5520

超音波式と加熱式のハイブリット加湿器で効率よく加湿します。

自動運転モードで快適

アイリスオーヤマ HCK-5520 モード

運転モードは強・中・弱の3つ。強は連続、中は湿度60%、弱は湿度50%になるように自動加湿してくれるので操作の手間が減りますね。

サーキュレーターの首振り調整

アイリスオーヤマ HCK-5520 首振り
アイリスプラザより HCK-5520

サーキュレーターは首振りができ、特に乾燥している方向へミストを送れます。

左右自動首振りは約30°、上下は手動で2段階の調節が可能。

サーキュレーターのみを使うこともできるので、お部屋の換気や部屋の室温を均一にするなど1年中使えます。

カンタンお手入れ

アイリスオーヤマ HCK-5520 お手入れ
アイリスプラザより HCK-5520

きゅすいタンクや排水カップなど部品の取り外しができて、お手入れもカンタン。

加湿器は菌の温床になりやすいので、こまめにお手入れすると清潔を保てます。

HCK-5520とHCK-5519のスペック表

HCK-5520HCK-5519
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
32.2×22.0x39.5cm32.2×22.0x39.5cm
重さ約5.4kg約5.4kg
コード長さ1.5m1.5m
加湿方式ハイブリット式(加熱+超音波)ハイブリット式(加熱+超音波)
定格電圧AC100VAC100V
定格周波数50/60Hz50/60Hz
定格消費電力160W/155W160W/155W
適用床面積
 木造和室
 プレハブ洋室

9畳
15畳

9畳
15畳
最大加湿量約550ml/h約550ml/h
連続加湿時間約6.7時間約6.7時間
タンク容量約3.7L約3.7L
運転モード
(自動)
弱 湿度50%になるように加湿
中 湿度60%になるように加湿
強 湿度に関わらず連続加湿
弱 湿度50%になるように加湿
中 湿度60%になるように加湿
強 湿度に関わらず連続加湿
湿度デジタル表示現在の湿度を表示現在の湿度を表示
タイマー2・4時間2・4時間
おやすみモードランプの明るさが減少ランプの明るさが減少
ランプ給水ランプ給水ランプ
サーキュレーター首振り
 左右
 上下

30° 自動
2段階 手動

30° 自動
2段階 手動
サーキュレーター風量静音


サーキュレーターのみ運転可能
静音


サーキュレーターのみ運転可能
その他機能静音 約30dB以下静音 約30dB以下
付属品スポイト
ブラシ
加湿カップ(予備)
スポイト
ブラシ
加湿カップ(予備)
カラーホワイト
上部パネル:ホワイト
ホワイト
上部パネル:薄いグレー
発売年2021年2019年
\HCK-5519はこちら/

2021年モデル

\HCK-5519はこちら/

2019年モデル

HCK-5520とHCK-5519の違いを比較 サーキュレーター加湿器のまとめ

HCK-5520はHCK-5519の後継機種です。機能は同じで、重さやデザインやカラーが少し違うだけ。使う分には影響ありません。

HCK-5519の水位窓があれば便利ですが、給水ランプがあるので給水するタイミングはお知らせしてくるので安心です。

HCK-5519は生産終了しているので、検討しているならお早目の購入をおすすめします。