KIJDC-L50とIJD-I50の違いを比較!口コミは?サーキュレーター衣類乾燥除湿機

アイリスオーヤマ KIJDC-L50 IJD-I50サーキュレーター衣類乾燥除湿機
くじらこ
くじらこ

KIJDC-L50とIJD-I50ってどんな機能がどれだけ違うのかな?

約5L/日の除湿ができることだけはわかるわ・・・

くじらの長老
くじらの長老

KIJDC-L50は除湿モードに「おまかせ」があって、湿度ランプで現在の湿度もわかるんじゃ

この記事はアイリスオーヤマのサーキュレーター衣類乾燥除湿機KIJDC-L50とIJD-I50の違いを比較しています。

KIJDC-L50とIJD-I50は

  • KIJDC-L50は除湿に「おまかせ」モードがある
  • KIJDC-L50は湿度ランプがある
  • 操作パネルのボタン
  • カラー
  • 価格

の違いがあります。除湿能力は約5L/日で同じです。

KIJDC-L50は

除湿設定はおまかせ・強・弱の3つのモードです。おまかせモードは部屋の湿度が約55%以上で除湿、以下では送風に自動で切り替わります。おまかせなので操作の必要がなく楽ちんですね。

湿度ランプは部屋の空気が乾燥しているかをお知らせします。空気中の水分量が青は多い(乾燥していない)、水色はやや多い、緑は少ない(乾燥している)を表します。

湿度ではなく、部屋の空気中の水分量をあらわしているので注意。

IJD-I50は

除湿設定は強・中・弱の3つのモードです。

カラーは天面がブラックとグレーの2色あります。

価格がKIJDC-L50より低価格です。

おまかせで衣類乾燥をしたいのならKIJDC-L50がおすすめです。

予算重視ならIJD-I50がおすすめです。

\KIJDC-L50はこちら/

除湿設定はおまかせモードあり♪湿度ランプで部屋の空気中の水分量がランプのカラーでわかる♪

\IJD-I50はこちら/

予算重視の方におすすめ♪除湿設定は強・中・弱です。

天面ブラック▼

天面グレー▼

サーキュレーター衣類乾燥除湿機50シリーズと80シリーズの比較記事はこちら

KIJDC-L50とIJD-I50の違いを比較

ここからはKIJDC-L50とIJD-I50の違いをくわしくみていきましょう。

  • KIJDC-L50は除湿に「おまかせ」モードがある
  • KIJDC-L50は湿度ランプがある
  • 操作パネルのボタン
  • カラー
  • 価格

違い①KIJDC-L50は除湿に「おまかせ」モードがある

KIJDC-L50は除湿に「おまかせ」モードがあります。

アイリスオーヤマ KIJDC-L50
アイリスプラザより KIJDC-L50

湿度55%を目安に、高い時は除湿し、低い時は送風に自動で切り替わります。

操作の手間が減るので楽ちんです。

それぞれのモードは以下の通りです。

KIJDC-L50IJD-I50
除湿おまかせ



サーキュレーター



除湿のみ、サーキュレーターのみ、除湿+サーキュレーターでも使えます。

ぞれぞれのモードを組み合わせて上手に使いたいですね。

違い②KIJDC-L50は湿度ランプがある

KIJDC-L50には湿度ランプがついています。

アイリスオーヤマ KIJDC-L50
アイリスプラザより IKJDC-L50

湿度ランプは部屋の空気が乾燥しているかをお知らせします。空気中の水分量が青は多い(乾燥していない)、水色はやや多い、緑は少ない(乾燥している)を表します。

湿度ではなく、部屋の空気中の水分量をあらわしているので注意です。

違い③タッチパネル・ボタンの違い

使うのに特に支障はないですが、操作パネルのボタンが違います。

アイリスオーヤマ KIJDC-L50 操作パネル
アイリスプラザより KIJDC-L50

KIJDC-L50はタッチするだけで操作できます。

アイリスオーヤマ IJD-I50 操作パネル
アイリスプラザより IJD-I50

IJD-I50はボタンを押して操作します。

違い④カラーの違い

本体はホワイトで同じです。サーキュレーターの天面のカラーが違います。

アイリスオーヤマ KIJCD-L50 カラー
アイリスプラザより KIJDC-L50

KIJDC-L50は天面がブラックです。

アイリスオーヤマ IJD-I50
アイリスプラザより IJD-I50

IJD-I50は天面がブラックとグレーの2色のカラーバリエーションがあります。

天面がブラックはサイズも見ためも同じなので、間違えないように確認してください。

違い⑤KIJDC-L50とIJD-I50の価格の違い

■KIJDC-L50の価格

アイリスプラザ:30,550円(最新価格をチェック!

Amazon:-円~(最新価格をチェック!

楽天市場:25,800円~(最新価格をチェック!

Yahoo!ショッピング:21,842円~(最新価格をチェック!

■IJD-I50の価格

アイリスプラザ:25,530円(最新価格をチェック!

Amazon:17,800円~(最新価格をチェック!

楽天市場:17,800円~(最新価格をチェック!

Yahoo!ショッピング:17,800円~(最新価格をチェック!

※2022年9月15日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

外干ししたくない花粉シーズン前あたりから価格が上がってくる傾向です。KIJDC-L50は価格が下がってきていますが、2022年は価格が不安定なので購入時に確認してください。

KIJDC-L50の口コミ評判とデメリット

KIJDC-L50はIJD-I50の高機能機種で、IJD-I50の機能で十分が多く、口コミ件数もすくなめです。

2022年9月現在、楽天市場は30件、アイリスプラザは3件の口コミがありました。

KIJDC-L50の悪い口コミ評判とデメリット

■モーターの音はうるさいので夜は消します

■水タンクがもう少し大きいとなお良い

■時間がたつにつれ温風になる

■夏季のリビング等や生活する部屋での除湿には向かない

モーター音など音がうるさい場合は弱モードに設定しておくと軽減します。

除湿機は仕組み上、温度が上がりやすいです。部屋を閉め切らずに窓やドアを少し開けておくといいですね。

KIJDC-L50の良い口コミ評判とメリット

●思ったよりも、コンパクトで持ち運びしやすく、機能も充分で 浴室乾燥機と併用して使用する事で、衣類乾燥の時間が大変早くなり、満足

●洗濯物は直ぐに乾き、室内の除湿も おまかせ設定で問題ありません!

●スポーツをしているため、洗濯物が多く今回の長雨時の乾燥で大変助かりました

サーキュレーターの風と除湿することで、部屋干しの洗濯物がカラッと気持ちよく乾きます。

満足度が高かったです。

IJD-I50のの口コミ評判とデメリット

IJD-I50はこちらの「IJDC-K80とIJD-I50の違いを比較!口コミや電気代も調査 サーキュレーター衣類乾燥除湿機」で口コミ評判をまとめています。

KIJDC-L50とIJD-I50のおすすめはどっち?

ではどちらはおすすめでしょうか。購入の際の参考になれば幸いです。

KIJDC-L50はこんな人におすすめ

  • 除湿はおまかせしたい
  • こまめな設定の操作がメンドウ
  • 現在の空気中の水分量を知ったうえで、設定したい
\KIJDC-L50はこちら/

除湿設定はおまかせモードあり♪湿度ランプで部屋の空気中の水分量がランプのカラーでわかる♪

IJD-I50はこんな人におすすめ

  • 予算を重視したい
  • 除湿とサーキュレーターの設定はこまめに操作する
  • さわやかな天面がグレーのカラーが好み
\IJD-I50はこちら/

予算重視の方におすすめ♪除湿設定は強・中・弱です。

天面ブラック▼

天面グレー▼

KIJDC-L50とIJD-I50の電気代はどのくらい?

くじらこ
くじらこ

部屋干しすることが増えたり、ジメジメ時期に除湿したりしたら電気代ってどのくらいになるのかな?

除湿機を長く使うと電気代が上がっていくかも・・・と心配になります。

電気料金は消費電力と使用時間で計算できます。

電気料金は消費電力と使用時間で計算できます。

590W30日使用した場合
1時間使用15.93円477.9円
2時間使用31.86円955.8円
8時間使用127.44円3,823.2円

1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。

地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

洗濯物を乾かす時は8時間もかからないから、電気代が3800円までいきません。

毎日2時間使用して1か月で約955.8円です。1000円くらいの電気代だったら、部屋干しにどんどん使いたいですね!

KIJDC-L50とIJD-I50の共通の特長

ここからはKIJDC-L50とIJD-I50の共通の特長を紹介します。

  • パワフル送風とデシカント式の強力除湿
  • 1台3役
  • 約29dBと静音
  • タンク容量約2.5Lと大容量
  • 2つの安全機能で安心

特長①パワフル送風とデシカント式の強力除湿

アイリスオーヤマ KIJDC-L50 パワフル送風&強力除湿
アイリスプラザより KIJDC-L50

パワフルな送風で洗濯物を乾かし、強力な除湿で乾燥していきます。

除湿方式はデシカント式です。

デシカント式は秋・冬の除湿におすすめな除湿方式です。音が静かで軽量&コンパクトなのが特長です。デメリットは室温が上がりやすいことです。

締め切った部屋で使うと室温が上がるので、夏など暑い時期には向きません。

特長②1台3役

アイリスオーヤマ KIJDC-L50 1台3役
アイリスプラザより KIJDC-L50

衣類乾燥+除湿機+サーキュレーターの1台3役です。

除湿機のみ、サーキュレーターのみの運転もできるので、1年中使えます。

除湿機とサーキュレーターの2台を置くよりも省スペースです。収納の手間も省けますね。

特長③約29dBと静音

アイリスオーヤマ KIJDC-L50 静音
アイリスプラザより KIJDC-L50

除湿とサーキュレーターが弱モード時、約29dBと静音です。

騒音値の目安として

  • 30dB:郊外の深夜・ささやき声

除湿機は音がうるさいイメージがありますが、ささやき声程度の騒音レベルだと夜間でも安心して使えます。

特長④タンク容量約2.5Lと大容量

アイリスオーヤマ KIJDC-L50 水タンク
アイリスプラザより KIJDC-L50

タンク容量は約2.5Lと大容量です。大きすぎずで持ち運びも簡単にできます。

特長⑤2つの安全機能で安心

アイリスオーヤマ KIJDC-L50 安全機能
アイリスプラザより KIJDC-L50
  • 温度の異常を感知
  • 転倒時に運転停止

2つの安全機能が搭載。

サーキュレーター衣類乾燥除湿機は高さが約64cmあります。ついうっかり倒してしまっても運転停止するので安心です。約7.8kgと重さがあるので少々あたってもすぐに倒れるわけではありません。

KIJDC-L50とIJD-I50のスペック表

違いは赤太字にしています。

KIJDC-L50IJD-I50
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
28.7×23.4x64cm28.7×23.4x64cm
重さ約7.8kg約7.8kg
電源電圧AC100V 50/60HZAC100V 50/60HZ
消費電力590W590W
定格除湿能力約5.0L/日約5.0L/日
除湿可能面積の目安
 木造
 プレハブ
 鉄筋コンクリート

10㎡ 6畳
16㎡ 10畳
21㎡ 13畳

10㎡ 6畳
16㎡ 10畳
21㎡ 13畳
タンク容量約2.5L約2.5L
使用温度0~40°0~40°
コード長さ1.6m1.6m
除湿機能デシカント式デシカント式
首振りモード
 左右
 上下

50・70・90° 自動
90° 手動

50・70・90° 自動
90° 手動
強さ選択
 除湿
 サーキュレーター

おまかせ・強・弱
強・中・弱

強・・弱
強・中・弱
切タイマー2・4・8時間2・4・8時間
湿度ランプ多(青)
やや多(うすい青)
少ない(緑)
安全機能湿度の異常を感知
点灯時に運転停止
湿度の異常を感知
点灯時に運転停止
その他機能静音 29dB
満水ランプ
タッチパネル搭載
静音 29dB
満水ランプ
カラーホワイト(天面ブラック)天面ブラック
-WH 天面グレー
\KIJDC-L50はこちら/

除湿設定はおまかせモードあり♪湿度ランプで部屋の空気中の水分量がランプのカラーでわかる♪

\IJD-I50はこちら/

予算重視の方におすすめ♪除湿設定は強・中・弱です。

天面ブラック▼

天面グレー▼

KIJDC-L50とIJD-I50の違いを比較!おすすめは?電気代は?サーキュレーター衣類乾燥除湿機 アイリスオーヤマのまとめ

くじらこ
くじらこ

リビングで使うならおまかせ機能があるといいわね

除湿機を使って肌がカサカサだわ!ってなったらイヤだもの

くじらの長老
くじらの長老

まあ・・・設定をこまめに変更するのがメンドウならKIJDC-L50がいいのぅ

KKIJDC-L50の除湿のおまかせモードは魅力的です。サーキュレーター衣類乾燥除湿機が自動で調整してくれるのでボタンを押すだけです。切タイマーも設定しておけば放置でもいいくらいです。

検討してみてください。

サーキュレーター衣類乾燥除湿機50シリーズと80シリーズの比較記事はこちら