アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50、IJD-I50の特徴の違い

アイリスオーヤマ KIJDC-L50 IJD-I50 サーキュレーター
くじらこ
くじらこ

天気の悪い日は部屋干ししているけど、洗濯物の乾きがイマイチなのよー

くじらの長老
くじらの長老

外でパリッと干したいのぅ

しかしできん時はサーキュレーター衣類乾燥除湿機を使うんじゃぞぃ

管理人くじらこの体感としては、洗濯物を外で干す期間が年々減っているように思えます。

  • 花粉や黄砂のヒドイ日
  • 梅雨の時期
  • 日差しのキツイ時期(服が焼けやすい)
  • 大雪の時期

地域によってはまだまだあるでしょう。

なんだか、パリッと気持ちよく洗濯物を干せるのが少なり悲しいですね。

乾いているけど湿っているような服を着るのも、気持ちがシャッキリしません。

そんな時は除湿機を使いましょう。

湿気を取り除いて洗濯物を干すと、風をあてて乾かした洗濯物より乾きが早く、衣類もカラッとします。

アイリスオーヤマのサーキュレーター衣類乾燥除湿機は風をあてながら除湿するので、除湿機だけ、サーキュレーターだけを使うより早く乾かす事もできます。

今回はアイリスオーヤマのサーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50、IJD-I50を紹介します。

アイリスオーヤマのサーキュレーター衣類乾燥除湿機のラインナップ

アイリスオーヤマではサーキュレーター衣類乾燥除湿機の種類がかなり増えました。

  • サーキュレーター衣類乾燥除湿機 IJD-I50
  • サーキュレーター付き除湿機 5L KIJDC-L50 ホワイト
  • サーキュレーター衣類乾燥除湿機8L IJDC-K80
  • サーキュレーター付き除湿機 8L KIJDC-K80

2021年4月現在、4機種あります。

50シリーズだけでしたが、容量の大きい80シリーズも加わっています。80シリーズは定格除湿能力が約8.0L/日です。

サーキュレーター衣類乾燥除湿機はサーキュレーターで風を送り洗濯物の乾かし、その湿気を除湿機が取り除きます。

除湿機だけより、サーキュレーターだけより2つを組み合わせることで効率がよくなっています。

それでは50シリーズのKIJDC-L50とIJD-I50の違いをみていきましょう。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

KIJDC-L50、IJD-I50の仕様

アイリスオーヤマ KIJDC-L50 IJD-I50
KIJDC-L50IJD-I50
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
28.7×23.4x64cm28.7×23.4x64cm
重さ約7.8kg約7.8kg
電源電圧AC100V 50/60HZAC100V 50/60HZ
消費電力590W590W
定格除湿能力約5.0L/日約5.0L/日
除湿可能面積の目安
 木造
 プレハブ
 鉄筋コンクリート

10㎡ 6畳
16㎡ 10畳
21㎡ 13畳

10㎡ 6畳
16㎡ 10畳
21㎡ 13畳
タンク容量約2.5L約2.5L
使用温度0~40°0~40°
コード長さ1.6m1.6m
除湿機能デシカント式デシカント式
首振りモード
 左右
 上下

50・70・90° 自動
90° 手動

50・70・90° 自動
90° 手動
強さ選択
 除湿
 サーキュレーター

おまかせ・強・弱
強・中・弱

強・中・弱
強・中・弱
切タイマー2・4・8時間2・4・8時間
湿度ランプ多(青)
やや多(うすい青)
少ない(緑)
安全機能湿度の異常を感知
点灯時に運転停止
湿度の異常を感知
点灯時に運転停止
その他機能静音 29dB
満水ランプ
タッチパネル搭載
静音 29dB
満水ランプ
カラーホワイト(天面ブラック)天面ブラック
-WH 天面グレー

仕様からわかる違いは

  • カラー(天面)
  • 強さ選択
  • 湿度ランプ
  • タッチパネル・ボタンの違い

がありました。

KIJDC-L50には湿度ランプがついて、湿度がおおまかに分かりやすくなりました。

\通販サイトでの購入はこちら/

KIJDC-L50、IJD-I50の特徴の違い

仕様から以下の違いがわかりました。

  • カラー(天面)
  • 強さ選択
  • 湿度ランプ
  • タッチパネル・ボタンの違い

除湿機の機能の説明やラインナップはこちらの記事で。

カラーの違い

アイリスオーヤマ KIJDC-L50 IJD-I50
KIJDC-L50IJD-I50
ホワイト (天面ブラック)天面ブラック
-WH 天面グレー

ちょっとカラーはややこしいですね。

天面ブラックの2機種はほとんど同じで、見ためだけでは違いはとてもわかりにくい!なので

購入時はきちんと品番を確認してください。

強さ選択の違い

アイリスオーヤマ KIJDC-L50

(画像はクリックすると拡大します/KIJDC-L50より)

KIJDC-L50IJD-I50
サーキュレーターおまかせ



除湿機



KIJDC-L50にはおまかせモードがあります。

55%の湿度を基準に除湿してくれるので、リビングの一角に洗濯物を干す場合には快適に過ごせます。

湿度ランプの違い

アイリスオーヤマ KIJDC-L50

(画像はクリックすると拡大します/KIJDC-L50より)

KIJDC-L50IJD-I50
湿度ランプ多(青)
やや多(うすい青)
少ない(緑)

KIJDC-L50には湿度ランプがついています。

ランプの色で湿度の状態が3段階で分かるので、強さを調整しやすいです。

IJD-I50には湿度ランプはありません。

タッチパネル・ボタンの違い

アイリスオーヤマ KIJDC-L50

KIJDC-L50

アイリスオーヤマ IJD-I50

IJD-I50

(画像はクリックすると拡大します)

KIJDC-L50IJD-I50
パネル仕様タッチパネルボタン

KIJDC-L50はタッチパネル、IJD-I50はボタンです。

KIJDC-L50は使っている操作のランプがつくので、どの操作をしてるかわかりやすいです。

操作ボタンの位置は同じですね。

KIJDC-L50、IJD-I50のレビュー

次に購入者のレビューをみていきましょう。

KIJDC-L50は発売したばかりなので、まだレビューはありません。IJD-I50のみになります。

IJD-I50のレビュー 238件

4.5

●人気でなかなか購入できませんでしたが、こまめにチェックしていたところ、買えてラッキーでした。主に洗濯物の乾燥や押し入れの除湿に使っています。サーキュレーターつきで、空気の流れができてカラッと乾きます。

●寒い日で十分に機能します。3畳位の閉めきった干場で、毎日の洗濯で8時間タイマーを使用して、2日毎位で満水となります。前に使用していた大手P社の製品より機能します。低価格で買って良かったです。

●部屋干しをするのに、欠かせません。音はうるさいですが、寝室には置いてないので、問題ありません。素早くしっかりかわくので、一年中大活躍です。

●最高!今まででNo.1除湿機です!北陸に住んでるため、冬場は外に干せず、毎日室内干し、除湿機を使ってます。今までの除湿機は、乾かすのに半日以上くらい時間がかかり、たまに湿っぽいときは、外に乾燥機をかけに行ってました。でも、この除湿機は速い!えっ、もう乾いてる!ビックリするくらいのパワーです。夏場、梅雨の時期は室内が少し熱くなりますが、冬場は全く気になりません。友達にも勧めちゃいました。本当にお勧めです!!

●短時間で冬場の洗濯物も乾きついでに部屋も暖かくなりスゴいのひと言!

●買ってよかった!こんなに早く乾くなんて、びっくりです!脱衣場で使って少し部屋が暖かくなりました。冬はいいですが、梅雨時期は少しむわーんとするかな。でも洗濯の乾き具合はバッチリなので!!首振りヘッドの調整を自分でする事は説明書に書いてなかったので、そこと首振り機能の振動が2階まで聞こえるのがあったので星4つです!でもそこまで気になる音ではないので眠りに支障はありません。タンクも大きくて水も出しやすい!セットしやすい!アイリスさん、いい商品ありがとうございます!

アイリスプラザ

200件以上のレビューで★4.5のは高評価です。

洗濯物の乾きの満足度が高いです。

気になる点は

  • 音が気になる
  • 水タンクが出し入れしにくい

などがありました。

サーキュレーター+除湿が稼働しているので、それなりの音が出ます。就寝中に強モードだとかなり気になるので、弱モードで運転してください。または他の部屋で使うことをおすすめします。

水タンクの容量は2.5Lあり、満水になると重たいです。2Lのペットボトル以上の重さです。

扱いにくいと感じる人もいるでしょう。

多くは★4~5の高評価で、早く買ったらよかった!との声もありました。

洗濯物の悩みは尽きません。ストレスを減らすために、サーキュレーター衣類乾燥除湿機を買うのもいいですね。

KIJDC-L50、IJD-I50の価格

最後に価格をみていきましょう。

KIJDC-L50IJD-I50
アイリスプラザ27,280円21,800円
Amazon20,980円15,596円
楽天市場22,881円16,800円
Yahoo!ショッピング21,500円15,440円

※2021年4月30日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

KIJDC-L50が価格は上ですね、機能が多いので当たり前だけど。

KIJDC-L50とIJD-I50の価格差は1万えんいないで治まっているので、便利さ・快適さを求めるならKIJDC-L50がおすすめです。

洗濯物用の部屋で使うから、おまかせモードが必要ないなら、シンプル機能のIJD-I50でもいいですね。

\通販サイトでの購入はこちら/
\通販サイトでの購入はこちら/

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

リビングで使うならおまかせ機能があるといいわね

除湿機を使って肌がカサカサだわ!ってなったらイヤだもの

くじらの長老
くじらの長老

まあ・・・それはないじゃろうがのぅ

しかし湿度ランプがついていると、現在の湿度がおおよそどのくらいかわかるからいいのぅ

サーキュレーター衣類乾燥除湿機を使う部屋や、湿度ランプやタッチパネルの視認性の良さが選び決め手になりそうです。

検討してみてください。

サーキュレーター衣類乾燥除湿機はいろいろ比較しています。