充電式ハンディファン JHF-01、JHFBL-01の特徴の違い

アイリスオーヤマ JHF-01 JHFBL-01 ハンディファン
くじらこ
くじらこ

充電式のハンディファンだったら、乾電池の入れ替えがないし便利よね

くじらの長老
くじらの長老

スマホやタブレットのバッテリーを共通して使えるし、なんかと便利じゃぞぃ

2020年はハンディファンは1つだけでしたが、2021年はぐんと増えました。

乾電池式、充電式と豊富です。

今回は充電式ハンディファンのJHF-01、JHFBL-01を紹介します。

アイリスオーヤマのハンディファンのラインナップ

まずはアイリスオーヤマのハンディファンの一覧をみてください。

  • 充電式 ハンディファン JHF-01 全4色
  • 充電式 ハンディファン JHFBL-01 全2色
  • 乾電池式ハンディファン KHF-01 全3色
  • 乾電池式ハンディファン KHF-02 全3色
  • 充電式 ネックファン JNF-01 全2色
  • 充電式 卓上・ネック ファン JTNF-01 全2色

2021年5月現在、ネックファンも合わせて6機種あります。

充電式、乾電池式と2つのグループに分けられます。

乾電池式ハンディファンはこちらの記事で紹介しています。

ネックファンはこちらの記事です。

残る充電式ハンディファン JF-01、JHFBL-01の違いをみていきましょう。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

JHF-01、JHFBL-01の仕様

アイリスオーヤマ JHF-01 JHFBL-01
JHF-01JHFBL-01
サイズ(幅x奥行x高さcm)10.9×5.1×23.2cm11.4×4.6×22.9cm
重さ約193g約236g
充電池リチウムイオン2次電池
(3.7V、2200mAh)
リチウムイオン2次電池
(3.7V、2200mAh)
充電池容量2200mAh2200mAh
入力DC5.0V / 1.0ADC5.0V / 1.0A
出力DC5.0V / 1.0A以下
充電時間約4時間約3時間
材質本体:ABS樹脂
羽根:ポリプロピレン
ストラップ:シリコーン
本体:ABS樹脂
羽根:ポリプロピレン
グリップ部:シリコーン
運転時間弱 約6.5時間
中 約5.5時間
強 約3時間
弱 約12時間
中 約5.5時間
強 約3.5時間
付属品USBケーブルUSBケーブル
カラー-W バニラ
-A ソーダ
-Y レモン
-P シェルピンク
-P シェルピンク
-A ソーダ
その他機能電池残表示
首部分を曲げて卓上型に
モバイルバッテリー機能付き
電池残量表示
LEDライト付き(裏面)
発売年2021年2021年

仕様からわかる違いは

  • サイズ・重さ・カラー
  • 出力・モバイルバッテリー機能付きの有無
  • 充電時間
  • 運転時間
  • 首の折り曲げの有無
  • LEDライトの有無

機能の差があり、使い方や使い勝手にも差が出てきそうです。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

JHF-01、JHFBL-01の特徴の違い

仕様から以下の違いがわかりました。

  • サイズ・重さ・カラー
  • 出力・モバイルバッテリー機能付きの有無
  • 充電時間
  • 運転時間
  • 首の折り曲げの有無
  • LEDライトの有無

ハンディファンなんだから、そんなに違いはないだろうと思っていましたが、結構違いがありましたね。

サイズ・重さ・カラーの違い

アイリスオーヤマ JHF-01 JHFBL-01
JHF-01JHFBL-01
サイズ(幅x奥行x高さcm)10.9×5.1×23.2cm11.4×4.6×22.9cm
重さ約193g約236g
カラー-W バニラ
-A ソーダ
-Y レモン
-P シェルピンク
-P シェルピンク
-A ソーダ

サイズや重さが違いますね。

ここでチェックしたいのが、カラーです。カラー名がかわいい!

全部、夏のイメージのカラーですね。

出力・モバイルバッテリー機能付きの有無

アイリスオーヤマ JHFBL-01

(画像はクリックすると拡大します/JHFBL-01より)

JHF-01JHFBL-01
出力DC5.0V / 1.0A
モバイルバッテリー機能

初めて見た時に管理人くじらこはちょっと理解していなかったのですが、ハンディファン自体がモバイルバッテリーとしての機能をしているということです。

スマホの充電が無くなった!→充電ケーブル持ってる→ハンディファンからスマホに充電できる!ということです。

ハンディファンをバッテリー替わりにすることもできます。予備のバッテリーを持ち歩くのにかさばるのはイヤだなと思っていた人には、超便利なアイテムとなりますね!

充電時間の違い

JHF-01JHFBL-01
充電時間約4時間約3時間

充電時間に約1時間の差があります。

1日使い終わって、帰宅して充電・・・となるけど、比較的短時間で充電できるのでうれしいかも。

運転時間の違い

アイリスオーヤマ JHF-01

JHF-01

アイリスオーヤマ JHFBL-01

JHFBL-01

(画像はクリックすると拡大します)

JHF-01JHFBL-01
運転時間弱 約6.5時間
中 約5.5時間
弱 約3時間
弱 約12時間
中 約5.5時間
強 約3.5時間

JHFBL-01は充電時間が短いですが、運転時間は長くなります。

効率がいいですね。

首の折り曲げの有無の違い

アイリスオーヤマ JHF-01

(画像はクリックすると拡大します/JHF-01より)

JHF-01JHFBL-01
卓上型

JHF-01は首部分の角度を変えることができるので、卓上型として使うこともできます。

通学・通勤時がハンディで、学校・職場では卓上型として使えます。

JJHFBL-01は卓上型にできません。ストラップを棒状のものに巻き付けて固定することはできますが、都合よく棒状はないですよね。

LEDライトの有無の違い

アイリスオーヤマ JHFBL-01

(画像はクリックすると拡大します/JHFBL-01より)

JHF-01JHFBL-01
LEDライト裏面にあり

JHFBL-01は裏面にLEDライトが付いています。

後ろにライト?と思いましたが、夜間の外出・帰宅時などにハンディファンを使いつつ、前を照らすんですね。都会なら明るい場所が多いので不要かもしれませんが、暗い道を歩く時には心強いです。

違いが多いので、最後に表にまとめました。

JHF-01JHFBL-01
サイズ(約幅x奥行x高さcm)10.9×5.1×23.2cm11.4×4.6×22.9cm
重さ約193g約236g
カラー-W バニラ
-A ソーダ
-Y レモン
-P シェルピンク
-P シェルピンク
-A ソーダ
出力DC5.0V / 1.0A以下
モバイルバッテリー機能
充電時間約4時間約3時間
運転時間弱 約6.5時間
中 約5.5時間
弱 約3時間
弱 約12時間
中 約5.5時間
強 約3.5時間
首の折り曲げ
LEDライト裏面にあり

圧倒的にJHFBL-01の機能が多いですね。

便利に使いたいならJHFBL-01がおすすめです。

JHF-01、JHFBL-01のレビュー

次は購入者のレビューをみてみましょう。

JHFBL-01はまだレビューがありませんでした。JHF-01のみのレビューチェックになります。

JHF-01のレビュー 5件

4.7

●ちょっと暑い時に使用するのに最適な大きさです。充電式なので電池をわざわざ購入することなく使えるので便利です。

●作りもしっかりしていてとても使いやすいです。手持ちはもちろん置いて使えるとこもイイ!もう少しだけ小さいとカバンに入れやすいかな?でも大満足です。

●ハンディファンは持っていなかったので初ハンディファンですね、夏本番を迎える4月にハンディファンを購入しました、カラーも4色あり私は黄色が好きなのでイエローを購入しました、これからの暑い季節、ハンディファンで乗り切りたいと思います。これから季節のハンディファンは必需品ですね! 

アイリスプラザ

JHF-01も2021年発売ですが、すでにレビューがあるということは・・・よく売れて人気ということですよね。

卓上型にできるのがやはり人気の理由でしょうか。

今のところ、レビュー件数も少ないことから、気になる意見はありませんでした。

JHF-01、JHFBL-01の価格

最後に価格をみていきましょう。

JHF-01JHFBL-01
アイリスプラザ2,580円3,080円
Amazon2,280円2,480円
楽天市場2,480円2,580円
Yahoo!ショッピング2,480円2,780円

※2021年6月1日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

2000~3000円ちょっとくらいで購入できます。モバイルバッテリーやLEDライトなどの機能があるJHFBL-01が価格が上です。

が、気になるほどの価格差ではないので、機能重視で選んだらいいかも。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/
\通販サイトでの購入はこちら/

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

バッテリー機能・LRDライトを取るか・・・

卓上型にできるのを取るか・・・

くじらの長老
くじらの長老

運転時間の確認も忘れるでないぞぃ

大きな違いがあるJHF-01、JHFBL-01でした。

どんな風に使うかをよく検討してみてください。

ハンディファンは他にもあります。