RNSK-300とRNS-300の違いを比較!おすすめはどっち?リンサークリーナー アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ RNSK-300 RNS-300リンサークリーナー
くじらこ
くじらこ

RNSK-300とRNS-300って品番が似てるしデザインも一緒だし、どう違うの?

くじらの長老
くじらの長老

RNSK-300がホースが長いんじゃ

発売もRNSK-300は2021年と新しいのぅ

この記事ではアイリスオーヤマのリンサークリーナーRNSK-300とRNS-300の違いを比較しています。

RNSK-300とRNS-300の違いは

  • 発売年
  • ホース長さ
  • 重さ
  • カラー
  • 価格

となります。

RNSK-300は

2021年発売

ホース長さが直径29mmx長さ1.5m

重さは約2.9kg

カラーはタンクが透明で見やすくなりました。

RNS-300は

2019年発売

ホース長さが直径29mmx長さ1m

重さは約2.7kg

カラーはタンクがグレーです。

RNS-300の後継機種はRNSK-300でホースがより長くなって広い範囲を動けるようになり、タンクは透明になって中の水の容量が見やすくなりました。

発売日が古い、ホース長さが短いのでRNS-300が価格が安いです。

ちょい使いで狭い範囲をキレイにするならRNS-300でも十分ですね。

\2021年発売のRNSK-300はこちら/

ホースが約1.5mと長い♪

\2019年発売のRNS-300はこちら/

ホースが約1mでちょう使いに便利♪

RNSK-300とRNS-300の違いを比較 リンサークリーナー アイリスオーヤマ

ここからはRNSK-300とRNS-300の違いをくわしくみていきましょう。

  • 発売年
  • ホース長さ
  • 重さ
  • カラー
  • 価格

違い①発売年の違い

RNSK-300:2021年

RNS-300:2019年

RNS-300の後継機種がRNSK-300になります。RNSK-300は改良されてより使いやすくなっています。

違い②RNSK-300は約1.5m、RNS-300は約1mのホース長さの違い

アイリスオーヤマ RNSK-300 ホースの長さ
アイリスプラザより RNSK-300

RNSK-300:約1.5m

RNS-300:約1m

ホースが長いと狭い場所や高い場所まで広範囲で動けます。

本体を持ち上げて高い場所を掃除というのは中々重労働です。それが無くなると負担がかなり減りますね。

違い③重さの違い

RNSK-300:約2.9kg

RNS-300:約2.7kg

RNSK-300が約0.2kgほど重たいです。ホースの長さ分が重たくなった感じですね。

違い④カラーの違い

RNSK-300RNS-300
カラーホワイトホワイト
タンクカラー透明グレーがかった透明

タンクとホースのカラーが違います。

タンクはRNSK-300のクリアな透明の方がより見やすいですね。

違い⑤RNSK-300とRNS-300の価格の違い

RNSK-300RNS-300
アイリスプラザ12,000円8,980円
Amazon-円7,182円
楽天市場12,001円7,980円
Yahoo!ショッピング11,880円7,980円

※2022年4月25日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。調査時にセール価格の場合があります。

こちらから最新価格をチェックしてみてください♪

\2021年発売RNSK-300/
\最新価格をチェック!/

→ アイリスプラザで最新価格をみる

→ Amazonで最新価格をみる

→ 楽天市場で最新価格をみる

→ Yahoo!ショッピングで最新価格をみる

\2019年発売のRNS-300/
\最新価格をチェック!/

→ アイリスプラザで最新価格をみる

→ Amazonで最新価格をみる

→ 楽天市場で最新価格をみる

→ Yahoo!ショッピングで最新価格をみる

3000~4000円ほどの価格差があります。価格の推移は落ち着いてきています。

RNSK-300とRNS-300の音はどのくらい?うるさい?

リンサークリーナーで気になるのは音です。

動画があったのでみてみましょう。

動画は音が確認できる50秒くらいから始まります。

RNS-P10ですが参考になると思います。

商品の紹介をしながらなので、声の方が大きいです。それを踏まえて音を聞くと大きいですね。

リンサークリーナーは掃除機です。掃除機はどんな掃除機でも音が大きいです。

水を吸い込むので掃除機より大きく感じるかもしれません。

音に関しては、大きいことを確認しておきましょう。

RNSK-300とRNS-300のおすすめはどっち?

ではどちらがおすすめでしょうか。購入の際の参考になれば幸いです。

RNSK-300はこんな人におすすめ

  • 広場所を掃除する
  • 車を掃除する
  • 高さのあるものを掃除する
  • 新しい機種がいい
\2021年発売のRNSK-300はこちら/

ホースが約1.5mと長い♪

RNS-300はこんな人におすすめ

  • 狭い範囲を掃除する
  • ホースが短くても気にならない
  • 価格重視
\2019年発売のRNS-300はこちら/

ホースが約1mでちょう使いに便利♪

RNSK-300とRNS-300の共通の特長

ここからはRNSK-300とRNS-300の共通の特徴を紹介します。

  • 洗浄剤不要で水だけ汚れが落ちる
  • しつこい汚れは約40℃までの温水で落とす
  • コンパクト&軽量で持ち運びも楽々

特長①洗浄剤不要で水だけ汚れが落ちる

アイリスオーヤマ RNS-300 水だけで汚れを落とす
アイリスプラザより RNS-300

リンサークリーナーは布に水を含ませ吸い込むことで汚れを落とします。

ソファやじゅうたんなど洗えない布製品を洗剤を使わずにキレイにします。

今まで汚れて諦めていた汚れを落とせるようになるので、話題になりテレビでも紹介されてよく売れていますね。

特長②しつこい汚れは約40℃までの温水で落とす

ガンコな汚れは約40℃までのお湯を使って落とすことができます。

アイリスオーヤマ RNSK-300 お湯を使う
アイリスプラザより RNSK-300

お湯を使うと水で落ちなかった汚れが落ちることもあります。

さらにガンコな汚れは重曹やクエン酸などの洗浄剤も使用できます。

リンサークリーナー専用の洗浄液もあります。

強アルカリ電解水で高い洗浄力です。除菌&消臭効果もあり、気になる汚れに試してみてください。

特長③コンパクト&軽量で持ち運びも楽々

アイリスオーヤマ RNS-300
アイリスプラザより RNS-300

約2.7kgの軽量でコンパクトサイズなので、持ち運びも収納もラクラクです。

車内なども持ち運べて、シートをキレイにできますね。

RNSK-300とRNS-300のスペック表

サイズ(約幅x奥行x高さcm)24.8×14.6×31.2cm
電源AC100V 50/60Hz
定格消費電力330W
回収タンク有効容量0.5L
満水タンク容量0.3L
お湯使用温度約40℃まで
電源コード長さ約3m
付属品ハンドツール
バキュームホース
ホルダー
ホースフック
コードフック2個
その他ハンドツールに水タンク
水の噴出はレバー
タンクは取り外しできる

アイリスオーヤマ 取扱説明書 検索

楽天市場 みんなのレビュー RNSK-300 RNS-300

\2021年発売のRNSK-300はこちら/

ホースが約1.5mと長い♪

\2019年発売のRNS-300はこちら/

ホースが約1mでちょう使いに便利♪

家電レンタルで使ってみるのもアリ

使うのは一回でいい、どんなのか使ってみたい、ホントに汚れが落ちるのか不安などいろいろな思うことがあります。

そんな時はレンタルしてみてるのはどうでしょうか。

使ってみてわかることがたくさんあります。

一度使ってみて、気に入ったのなら購入してもいいですよね。

→ カメラ、家電、ガジェットのレンタル【Rentio】

RNS-300は3泊4日5,980円~レンタルできます。

RNSK-300とRNS-300の違いを比較!おすすめはどっち?リンサークリーナー アイリスオーヤマのまとめ

くじらこ
くじらこ

ホースの長さって重要よね

くじらの長老
くじらの長老

あとちょっと届かない!というストレスが軽減されるぞぃ

大きな改良というより、ホースの長さやタンクの色などプチ改良でした。

とはいっても、使いやすさがUPしているので悩む価値はありです。

くじらこ的にはホースが長い方がおすすめです!