PCF-SC15T-ECとPCF-SC15Tの違いを比較!おすすめはどっち?サーキュレーターアイ

サーキュレーター PCF-SC15T-EC PCF-SC15Tサーキュレーター
くじらこ
くじらこ

PCF-DC15T-ECとPCF-SC15Tって品番が似ているわ

違いはカラーだけ?

くじらの長老
くじらの長老

PCF-DC15T-ECは羽根ガードが背面も外して羽根裏までキレイに掃除できるようになったんじゃぞぃ

この記事ではアイリスオーヤマのサーキュレーターアイのPCF-SC15T-ECとPCF-SC15Tの違いを比較しています。

PCF-SC15Tは2018年発売、PCF-SC15T-ECは2022年に発売しました。

PCF-SC15T-ECとPCF-SC15Tは

  • PCF-SC15T-ECは背面ガードが取り外しできて、羽根裏までお手入れできるようになった
  • PCF-SC15T-ECはリモコンが持ち手部分に収納できる
  • 切タイマーの時間設定
  • 適用床面積
  • 消費電力
  • カラー・デザイン
  • サイズ
  • 価格

PCF-SC15T-ECは大幅に進化しました。

PCF-SC15T-ECは

羽根ガードが前面・背面を外すことができて、羽根回りをよりキレイに掃除することができるようになりました。

小さなリモコンは本体の持ち手部分に収納できるようになり、紛失を防ぎます。

切タイマーは2・4・8時間と長くなりました。

カラーはアイボリーでペールトーンカラーのやさしいカラーです。

PCF-SC15Tは

羽根ガードは前面のみ外せることができます。

カラーはホワイトで羽根ガードの一部がブラックです。

PCF-SC15T-ECより価格は安いです。

本文では違いやおすすめを詳しく紹介しています。

PCF-SC15Tの口コミ評判レビューの記事はこちら↓

アイリスオーヤマのサーキュレーターの中でも1位2位を争う人気で、コンパクト・パワフル・快適と高評価でした。

\2022年発売のPCF-SC15T-ECはこちら/

前面・背面の羽根ガードの取り外しができてよりキレイにお手入れができる♪アイボリーがかわいい♪

最新価格はこちらからチェック↓

\2018年発売のPCF-SC15Tはこちら/

ホワイト+ブラックのカラー♪価格が安い♪

最新価格はこちらからチェック↓

PCF-SC15T-ECとPCF-SC15Tの違いを比較

ここからはPCF-SC15T-ECとPCF-SC15Tの違いをくわしくみていきましょう。

  • PCF-SC15T-ECは背面ガードが取り外しできて、羽根裏までお手入れできるようになった
  • PCF-SC15T-ECはリモコンが持ち手部分に収納できる
  • 切タイマーの時間設定
  • 適用床面積
  • 消費電力
  • カラー・デザイン
  • サイズ
  • 価格

違い①PCF-SC15T-ECは背面ガードが取り外しできて、羽根裏までお手入れできるようになった

アイリスオーヤマ PCF-SC15T-EC お手入れ
アイリスプラザより PCF-SC15T-EC

PCF-SC15T-ECは羽根ガードの背面も外せるようになりました。

前面ガードのみだと羽根の後ろのホコリが残ることもありましたが、背面ガードが外せるようになったのでよりキレイに掃除できます。

違い②PCF-SC15T-ECはリモコンが持ち手部分に収納できる

アイリスオーヤマ PCF-SC15T-EC リモコン
アイリスプラザより PCF-SC15T-EC

PCF-SC15T-ECのリモコンは本体の持ち手部分に収納できます。

リモコンは小さいので、使わない時は収納しておくと失くしません。

違い③切タイマーの時間設定の違い

PCF-SC15T-ECとPCF-SC15Tには切タイマー機能が付いていますが、設定時間が違います。

アイリスオーヤマ PCF-SC15T-EC 切タイマー
アイリスプラザより PCF-SC15T-EC

PCF-SC15T-ECの切タイマーは2・4・8時間です。

アイリスオーヤマ PCF-SC15T 切タイマー
アイリスプラザより PCF-SC15T

PCF-SC15Tの切タイマーは1・2・4時間です。

PCF-SC15Tは短め、PCF-SC15T-ECは長めの切タイマーの設定ができます。

違い④適用床面積の違い

PCF-SC15T-ECPCF-SC15T
50Hz 18畳
60Hz 20畳
18畳

ほぼ同じですが、表記が違うのでチェックです。

違い⑤消費電力の違い

PCF-SC15T-ECPCF-SC15T
50Hz 39W
60Hz 37W
50Hz 38W
60Hz 36W

PCF-SC15Tが少しだけ消費電力が低いです。

消費電力は電気代に関係してきます。電気料金は消費電力と使用時間で計算します。

39W
1時間使用1.05円
8時間使用8.42円
1日8時間30日使用252.72円

1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

1か月毎日8時間使っても300円を超えません。2台目、3台目と気兼ねなく使えますね。

違い⑥カラー・デザインの違い

アイリスオーヤマ PCF-SC15T-EC カラー
アイリスプラザより PCF-SC15T-EC

PCF-SC15T-ECはアイボリーのやさしい色合いです。

台座部分が少し厚みがあります。

アイリスオーヤマ PCF-SC15T カラー
アイリスプラザより PCF-SC15T

PCF-SC15Tは本体はホワイト、羽根ガードの一部と操作パネルがブラックのツートーンカラーです。

台座部分がすっきりした形状です。

違い⑦サイズの違い

PCF-SC15T-EC:幅21x奥行21x高さ28.8cm

PCF-SC15T:幅21x奥行21x高さ29cm

高さが0.2cm違いますが、誤差と言っていいほどですね。台座部分のデザインの違いの差ですね。

違い⑧PCF-SC15T-ECとPCF-SC15Tの価格の違い

■PCF-SC15T-ECの価格

アイリスプラザ:12,290円(最新価格をチェック!

Amazon:8,480円~(最新価格をチェック!

楽天市場:9,980円~(最新価格をチェック!

Yahoo!ショッピング:10,800円~(最新価格をチェック!

■PCF-SC15Tの価格

アイリスプラザ:12,290円(最新価格をチェック!

Amazon:7,290円~(最新価格をチェック!

楽天市場:6,480円~(最新価格をチェック!

Yahoo!ショッピング:6,980円~(最新価格をチェック!

※2022年6月28日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

発売して日の浅いPCF-SC15T-ECは価格があまり下がっていません。通販サイトでは発売年の早いPCF-SC15Tは安くなっています。

PCF-SC15T-ECとPCF-SC15Tのおすすめはどっち?

ではどちらがおすすめでしょうか。購入の際の参考になれば幸いです。

PCF-SC15T-ECはこんな人におすすめ

  • 最新モデルがいい
  • アイボリーのカラーが気に入った
  • お手入れ時に背面の羽根ガードが外してキレイに掃除したい
  • 切タイマーは2・4・8時間と長い方がいい
\2022年発売のPCF-SC15T-ECはこちら/

前面・背面の羽根ガードの取り外しができてよりキレイにお手入れができる♪アイボリーがかわいい♪

最新価格はこちらからチェック↓

PCF-SC15Tはこんな人におすすめ

  • 予算を重視したい
  • カラーはホワイトがいい
  • 前ガードが外せるだけでいい
  • 切タイマーは1・2・4時間と短い方がいい
\2018年発売のPCF-SC15Tはこちら/

ホワイト+ブラックのカラー♪価格が安い♪

最新価格はこちらからチェック↓

PCF-SC15T-ECとPCF-SC15Tのスペック表

違いは赤太字にしています。

PCF-SC15T-ECPCF-SC15T
サイズ幅21x奥行21x高さ28.8cm
(電源コード含まず)
幅21x奥行21x高さ29cm
(電源コード含まず)
質量約2.0kg約2.0kg
電源AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
定格消費電力39W/37W38W/36W
適用床面積18畳/20畳18畳
コード長さ約1.4m約1.4m
送風モード連続 5段階
リズム
連続 5段階
リズム
首振り3Dランダム送風
■左右 90° 自動
■上下 75° 自動
3Dランダム送風
■左右 90° 自動
■上下 75° 自動
切タイマー2・4・8時間1・2・4時間
風の到達距離約25m約25m
静音35dB未満(風量1~2)35dB未満(風量1~2)
リモコン〇 (収納あり)〇 (-)
お手入れ前面・背面ガード取り外しOK前面ガードのみ
カラー-EC アイボリーホワイト(一部ブラック)
発売年2022年2018年

アイリスオーヤマ 取扱説明書 サーキュレーター

PCF-SC15T-ECとPCF-SC15Tの違いを比較!おすすめはどっち?サーキュレーターアイ アイリスオーヤマのまとめ

くじらこ
くじらこ

背面ガードが外せると隅々までキレイにホコリが取れてスッキリよ!

くじらの長老
くじらの長老

強制的に風を送るサーキュレーターは羽根やガードにホコリがたまりやすいんじゃ

お手入れがキレイにできるほうがいいの

PCF-SC15T-ECは前面・背面ガードは取り外しできるので、ストレスなくすっきりお手入れできます。

毎日サーキュレーターを使うと1~2週間に1回ほどの頻度でお手入れをします。お手入れの回数が多くなるほどストレスがない方がいいですよね。

検討してみてください。

\2022年発売のPCF-SC15T-ECはこちら/

前面・背面の羽根ガードの取り外しができてよりキレイにお手入れができる♪アイボリーがかわいい♪

最新価格はこちらからチェック↓

\2018年発売のPCF-SC15Tはこちら/

ホワイト+ブラックのカラー♪価格が安い♪

最新価格はこちらからチェック↓