DCE-120とPD-A140の違いを比較!おすすめは?空気清浄機能付き除湿機

アイリスオーヤマ DCE-120 PD-A140除湿機

この記事ではアイリスオーヤマの空気清浄機能付き除湿機のDCE-120とPD-A140の違いを比較しています。

どちらも空気清浄+除湿の1台2役で人気の家電です。

DCE-120とPD-A140は

  • 風量
  • 湿度設定
  • イオン発生の有無
  • 切タイマー
  • 室温表示の有無
  • 空気汚れモニターランプの表示数
  • ハンドルの有無
  • 水タンクの容量や仕様
  • 連続排水のホースの径
  • 定格消費電力
  • サイズ・重さ・コード長さ
  • フィルターの種類
  • 価格

空気清浄と除湿の同じ機能ですが、設定の細かさが違ってきます。DCE-120がより細かい設定ができます。

DCE-120は

風量設定が空清のみ5段階、空清+除は4段階できます。

湿度設定は35~80%と幅広いです。

切タイマーは1~12時間の1時間単位で設定できます。

イオン発生装置が搭載されています。

汚れモニターランプは緑・青・黄・紫・赤の5色で表示されるので、遠くからでも空気のキレイさがわかります。

本体上部にハンドルがあるので、持ち運ぶ際も楽です。

水タンクは約4Lで大容量です。ハンドルが付いているので持ち運びやすいです。

フィルターは集じんフィルターと活性炭フィルターの2種類です。気になるタバコやペットのニオイも取り除きます。

PD-A140は

風量設定が空清のみ4段階、空清+除は2段階できます。

湿度設定は40~80%いです。

切タイマーは1~9時間の1時間単位で設定できます。

汚れモニターランプは緑・青・黄・赤の4色で表示されるので、遠くからでも空気のキレイさがわかります。

本体に持ち手のへこみがあるので、持ち上げて移動します。キャスターも付いているのでうまく使い分けるといいですよ。

水タンクは約3Lの大容量です。持ち手が付いているので水を捨てやすいです。

フィルターはPM2.5、花粉、アレル物質、カビ菌、たばこの煙などに対応している高性能集じんフィルターです。

DCE-120にはイオン発生装置とハンドルが付いていますが、その他の機能は同じです。

設定の範囲が違うだけ。

より細かい設定で快適に使いたい、イオンでくつろぎたいならDCE-120がおすすめです。

カンタンに設定して快適に過ごしたいならPD-A140がおすすめです。

\DCE-120はこちら/

細かい設定で快適空間♪イオン発生装置搭載♪

\PD-A140はこちら/

簡単に設定して快適♪予算がおさえられる

DCE-120とPD-A140の違いを比較! 空気清浄機能付き除湿機

ここからはDCE-120とPD-A140の違いをくわしくみていきましょう。

  • 風量
  • 湿度設定
  • イオン発生の有無
  • 切タイマー
  • 室温表示の有無
  • 空気汚れモニターランプの表示数
  • ハンドルの有無
  • 水タンクの容量や仕様
  • 連続排水のホースの径
  • 定格消費電力
  • サイズ・重さ・コード長さ
  • 価格

①風量設定の段階の違い

DCE-120PD-A140
空気清浄のみ1~51~4
空気清浄+除湿機1~41~2

DCE-120が風量の段階が多く、好みの風量に設定できます。

風の音や風の動きが気になる時に快適な風量を選ぶとストレス減です。

②湿度設定の幅の幅の違い

アイリスオーヤマ DCE-120 湿度設定
アイリスプラザより DCE-120

DCE-120は湿度設定が35~80%の間で設定できます。幅広く設定できるので、好みのカラリとした空間にできます。

アイリスオーヤマ PD-A140 除湿設定
アイリスプラザより PD-A140

PD-A140は40~80%の間で除湿設定できます。低い湿度設定がDCE-120の35%より5%高めです。

人が快適と感じる湿度は40~60%くらいなので、5%を差をこだわらなくてもいいです。

③DCE-120はイオン発生装置搭載

アイリスオーヤマ DCE-120 イオン
アイリスプラザより DCE-120

DCE-120はイオン発生装置が搭載しています。マイナスイオンでより快適空間になります。

④切タイマーの時間設定の違い

DCE-120PD-A140
1~12時間
(1時間単位)
1~9時間
(1時間単位)

切タイマーの最大設定の時間が違います。

DCE-120は最大12時間まで、PD-A140は最大9時間までで3時間の差があります。

切タイマーを使うなら生活スタイルに合わせて設定したいですね。

⑤PD-A140は室温表示がある

アイリスオーヤマ PD-A140 室温表示
アイリスプラザより PD-A140

PD-A140は室温表示機能があります。

現在の室温がわかるので熱中症対策にもなります。

⑥空気汚れモニターランプの表示色数の違い

DCE-120は5色、PD-A140が4色で空気の汚れ具合を表示します。

アイリスオーヤマ DCE-120 見える化
アイリスプラザより DCE-120

DCE-120は緑・青・黄・紫・赤の5色で空気の汚れ具合を表示します。送風口の前にあるので、遠くからでも色で見分けやすいです。

アイリスオーヤマ PD-A140 空気汚れモニターランプ
アイリスプラザより PD-A140

PD-A140は緑・青・黄・赤の4色で空気の汚れ具合を表示します。ランプは本体の中央部あたりで光ります。

⑦DCE-120はハンドル付き

アイリスオーヤマ DCE-120 ハンドル
アイリスプラザより DCE-120

DCE-120はハンドル付きなので、持ち運ぶ際は楽に持ち運びできます。

キャスターもついているので押して移動することもできます。

アイリスオーヤマ PD-A140
アイリスプラザより PD-A140

PD-A140は本体の両サイドに持ち手があります。持ちにくいことはないですが、人によっては重さを感じるかもしれません。

⑧水タンクの容量や仕様の違い

アイリスオーヤマ DCE-120 水タンク
アイリスプラザより DCE-120

DCE-120の水タンク容量は約4Lです。大容量ですが、満水になると排水時に重たいので注意です。

タンクの上部にハンドルが付いているので持ち運びがしやすくなっています。

アイリスオーヤマ PD-A140 水タンク
アイリスプラザより PD-A140

PD-A140の水タンク容量は約3Lです。DCE-120に比べると1Lも小さいので捨てる回数が多くなります。

タンク横に持ち手が付いているので持ちやすいです。

⑨連続排水ホースの内径の違い

DCE-120とPD-A140は連続排水できます。連続排水する時は市販のホースを購入して取り付けます。

DCE-120は内径15mmのホースを使用します(取扱説明書より)。

アイリスオーヤマ PD-A140 連続排水
アイリスプラザより PD-A140

PD-A140は内径12mmのホースを使用します。

近くに排水ができる場所があれば、毎回水タンクの排水作業をしなくていいので楽ですよ。

⑩定格消費電力と電気代の違い

DCE-120PD-A140
空気清浄+除湿(自動)50Hz
60Hz
295W
315W
245W
290W
空気清浄のみ45W45W

定格消費電力が違います。電気代が少しだけ違ってきます。

DCE-120とPD-A140の電気代の比較

電気料金は消費電力と使用時間で計算できます。

DCE-120
50Hz 295W
60Hz 315W
PD-A140
50Hz 245W
60z 290W
1時間使用7.97円
8.51円
6.62円
7.83円
8時間使用63.72円
68.04円
52.92円
62.64円
1日8時間30日使用1,911.6円
2,041.2円
1,587.6円
1,879.2円

1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

地域にもよりますが、1か月毎日8時間使うと400円程度の差が出ます。

とはいっても大きな差ではないので電気代を気にせず除湿機を使えます。

⑪サイズ・重さ・コード長さの違い

DCE-120PD-A140
サイズ幅34.3x奥行30x高さ61.7cm幅36x奥行26.5x高さ56.9cm
重さ約14kg約14.6kg
コード長さ約2.0m約1.8m

PD-A140がやや重たいですが、両機種ともに14kgもあるので、重たいです。基本的に除湿機は重たいので持ち運ぶのはしない方がいいですね。

⑫フィルターの種類の違い

空気清浄機能で使っているフィルターの種類が違います。

アイリスオーヤマ DCE-120 フィルター
アイリスプラザより DCE-120

DCE-120は

  • 集じんフィルター
  • 活性炭フィルター

の2種類です。活性炭フィルターでニオイも取り除きます。

\DCE-120の集じんフィルターはこちら/
\DCE-120の活性炭フィルターはこちら/
アイリスオーヤマ PD-A140 フィルター
アイリスプラザより PD-A140

PD-A140は高性能集じんフィルターのみです。PM2.5や花粉、アレル物質、たばこの煙などに対応しています。

フィルターの数が違うので、消耗品コストに差が出てきます。高性能集じんフィルターのみのPD-A140がコスト低ですね。

⑬DCE-120とPD-A140の価格の違い

■DCE-120の価格

アイリスプラザ:34,800円(最新価格をチェック!

Amazon:24,700円~(最新価格をチェック!

楽天市場:31,801円~(最新価格をチェック!

Yahoo!ショッピング:29,800円~(最新価格をチェック!

■PD-A140の価格

アイリスプラザ:28,890円(最新価格をチェック!

Amazon:23,000円~(最新価格をチェック!

楽天市場:24,800円~(最新価格をチェック!

Yahoo!ショッピング:24,800円~(最新価格をチェック!

※2022年7月14日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

DCE-120が価格が高いです。2022年に入ってから価格が不安定になっています。こまめに価格をチェックしてください。

DCE-120とPD-A140のおすすめはどっち?

ではどちらがおすすめでしょうか。まだ悩んでいる方は購入の際の参考にしてください。

DCE-120はこんな人におすすめ

  • 細かい設定で快適空間を作りたい
  • 切タイマーは長めの設定をしたい
  • イオンで癒されたい
  • ニオイもキレイに取り除きたい
\DCE-120はこちら/

細かい設定で快適空間♪イオン発生装置搭載♪

PD-A140はこんな人におすすめ

  • 予算や消耗品コストをおさえたい
  • シンプルな設定で操作したい
\PD-A140はこちら/

簡単に設定して快適♪予算がおさえられる

DCE-120とPD-A140の共通の特長

ここからはDCE-120とPD-A140の共通の特徴を紹介します。

  • 空気清浄+除湿の1台2役
  • 梅雨や夏に強いコンプレッサー式
  • パワフルな衣類乾燥

特長①空気清浄+除湿の1台2役

アイリスオーヤマ PD-A140 除湿+空気清浄
アイリスプラザより PD-A140

除湿と空気清浄の1台で2つの機能があるので、省スペースで効率よくお部屋の空気を快適キレイにしていきます。

空清のみと空清+除湿の2つのモードがあるので1年を通して使えます。使わない季節はないので収納する手間も省けます。

特長②梅雨や夏に強いコンプレッサー式

アイリスオーヤマ PD-A140 コンプレッサー式
アイリスプラザより PD-A140

コンプレッサー式は電気代が安い特長の他に

  • 梅雨や夏の暑い時期に強い
  • 室温が上がりにくい

のメリットがあります。

コンプレッサー式は暑い時期のジメジメ対策、部屋干しの洗濯物を乾かしたいなどの時に能力を発揮します。

室温は上がりにくいですが、締め切った部屋で長時間使用すると室温が上がります。使い方に注意です。

特長③パワフルな衣類乾燥

アイリスオーヤマ PD-A140 衣類乾燥
アイリスプラザより PD-A140

DCE-120は衣類乾燥、PD-A140は部屋干し(除湿)のモードがあり、洗濯物をパワフルに乾かすことができます。

スイングを上下自動に設定できるので、洗濯物の方向へ風を送りパワフルに効率よく乾かします。

DCE-120とPD-A140のスペック表

違いは赤太字にしています。

DCE-120PD-A140
サイズ幅34.3x奥行30x高さ61.7cm幅36x奥行26.5x高さ56.9cm
重さ約14kg約14.6kg
定格消費電力
 空気清浄+除湿(自動)
 空気清浄のみ

295W/315W
45W

245W/290W
45W
定格除湿能力約12L/日50Hz 約12L/日
60Hz 約14L/日
空気清浄適用床面積の目安約17畳約17畳
除湿可能床面積の目安
 木造
 プレハブ洋室
 鉄筋コンクリート

約15畳(約25m2)
約23畳(約38m2)
約30畳(約50m2)

約15畳(約25m2)
約23畳(約38m2)
約30畳(約50m2)
水タンク容量約4Lで自動停止約3Lで自動停止
コード長さ約2.0m約1.8m
モード自動
手動
弱運転
衣類乾燥
手動
部屋干し(除湿)
おやすみ
自動
切タイマー1~12時間
(1時間単位)
1~9時間
(1時間単位)
風量
 空清のみ
 空清+除湿

1~5段階
1~4段階

1~4段階
1~2段階
湿度設定35~80%40~80%
空気汚れモニターランプ緑・青・黄・紫・赤緑・青・黄・赤
スイング上下 自動上下 自動
イオン発生
室温表示
チャイルドロック
連続排水
市販ホース内径15mm

市販ホース内径12mm
キャスター付き

アイリスオーヤマ 取扱説明書 除湿機

\DCE-120はこちら/

細かい設定で快適空間♪イオン発生装置搭載♪

\PD-A140はこちら/

簡単に設定して快適♪予算がおさえられる

DCE-120とPD-A140の違いを比較!おすすめは?空気清浄機能付き除湿機のまとめ

DCE-120にある機能はイオン発生装置とハンドル、2種類のフィルターです。

PD-A140にある機能は室温表示です。

まずは必要な機能をチェックしていくといいですよ。そして、細かい設定は必要か、価格などと相談して検討してみてください。