アイリスオーヤマのセラミックファンヒーター、オイルヒーター、ストーブの違いと選び方

特集・機能と選び方

暖房器具にはたくさんの種類があります。

アイリスオーヤマでも

  • セラミックファンヒーター
  • オイルヒーター
  • ストーブ

などがありますが、他にも

  • エアコン
  • ホットカーペット

などがあります。

暖める器具の種類は豊富で、どれを購入したらいいのか、悩むこともありますよね。

くじらこ
くじらこ

暖まればどれでもいいんじゃない?

と適当な選び方をする人は少ないと思いますが、セラミックファンヒーター・オイルヒーター・ストーブのこれらを選ぶ時に悩む人は多いと思います。

今日はセラミックファンヒーター、オイルヒーター、ストーブのそれぞれの機能からどれを選んだらいいのか説明していきましょう。

スポンサーリンク




セラミックファンヒーター・オイルヒーター・ストーブの特徴の違い

セラミックファンヒーター、オイルヒーター、ストーブのこれらの共通点は動かせないエアコンとは違い、コンパクトにピンポイントで暖めることができることです。

ヒーター比較表

引用 アイリスプラザ

くじらこ
くじらこ

もう・・・この表が分かりやすいから、比較検証しなくてもいいでしょ・・・

って思うくらい分かりやすいですね。

だけど、もう少し詳しく特徴やメリット・デメリットなどをお話していきましょう。

セラミックファンヒーターストーブオイルヒーター
特徴暖かい風を出す
空気を暖める
遠赤外線が当たった部分が暖かい
ストーブ前を暖める
輻射熱で壁・床・天井の全体を暖める
メリットすぐに暖まる
ニオイがない
換気が不要
手間がない
コンパクト
サイズが豊富
すぐに暖まる
遠赤外線は芯まで暖かい
軽い・コンパクト
価格が安い
火を使わない
空気がキレイ
静か
手間がない
ヤケドしない
デメリット電気代が高い周囲に注意が必要
局所的な暖かさ
ヤケド注意
電気代が高い
すぐに暖まらない
サイズが大きい
電気代が高い

同じ暖房器具でも、特徴に大きな違いがあります。

ここからさらに詳しく説明していきます。

暖まり方の好みで選ぶ

セラミックファンヒーター、オイルヒーター、ストーブでは暖まり方に違いがあります。

先ほどの「ヒーター比較表」にもある通り、

セラミックファンヒーター → 広いお部屋でも大活躍・コーナーなど狭いスペースに最適

ストーブ → 冷えやすい足元もぽかぽかに

オイルヒーター → 体にやさしくじわじわ暖める

表の説明だと

くじらこ
くじらこ

ちょっとイメージが分かりづらい・・・

ということで、もう少し分かりやすくまとめてみました。

セラミックファンヒーターストーブオイルヒーター
温風で暖まる
空気を暖める
室内を暖める
ストーブ前を暖める
遠赤外線で暖める
内側まで暖まる
輻射熱で暖める
全体を暖める
ゆっくり暖める
室内を暖める

セラミックファンヒーターやオイルヒーターは室内を暖めますが、ストーブはストーブ前を暖める局所的な暖房器具になります。

ストーブで室内を暖めることはできないことはないでしょうが、時間が掛かりすぎるので効率的に暖まるにはストーブ前で暖を取ることです。

セラミックファンヒーターとオイルヒーターは部屋を暖めることに向いていますが、暖め方が違います。

セラミックファンヒーターは温風を出し空気を暖め部屋全体の温度を上げていきます。

オイルヒーターは輻射熱で壁や床へ熱を伝えて暖めていきます。セラミックファンヒーターは表面的な温かさですが、オイルヒーターは体の内側から暖めるようなイメージです。

オイルヒーターの方が暖まりますが、熱が伝わるには時間がかかるのがデメリットとなります。

暖め方で選ぶなら以下のようになります。

局所的に暖まるのならストーブ。

室内を暖めるならセラミックファンヒーターやオイルヒーター。

個室・トイレや洗面所を短時間で暖めるならセラミックファンヒーター。

暖まる広さで選ぶ

暖めると言っても、条件があり適応する面積(広さ)です。ストーブは局所的に暖めるのでこの章では省きます。

適応する面積は商品概要に記載されているので必ず確認しましょう。適応面積・適応サイズ以上の場所で使用すると暖房機能が十分に発揮されず、結果寒いままとなります。

サイズが無いものは局所的に暖めるものと考えましょう。

セラミックファンヒーターでも適応面積の記載のない機種は部屋を暖めるサイズではなくトイレや洗面所、キッチンなので短時間で狭い場所で使用することを想定しています。

部屋を暖めたい場合は部屋の大きさに合わせて選んでいきます。

安全性で選ぶ

暖房器具は熱を出します。熱を出すことは危険がともなうということです。

ストーブはヒーター部分が高温となるため、周囲に燃えやすいもの・燃えるものは離します。ストーブ本体が高温となるので、接触は避けなければいけません。

おこさんやペットがいるのならば、ストーブは危険なので、ストーブガードなどを設置する必要があります。

セラミックファンヒーターは暖めた空気を排出する部分のみ触れないようします。

オイルストーブはオイルを暖めるので高温となりにくいため、安全性が高いと言えます。触れてもヤケドしにくいため、お子さんやペットが触れる恐れがあっても安心です。

消費電力と電気代で選ぶ

くじらこ
くじらこ

電気代って思ったより高くなっていること、あるよねー

寒い地域では特に暖房器具を必要として、電気代や燃料代がかさんできます。

くじらの長老
くじらの長老

電気代が気になって暖房器具が使えないじゃ・・・

というのは本末転倒になるので、電気代問題をスッキリさせていきましょう。

セラミックファンヒーター、オイルヒーター、ストーブではどれが電気代が安くてコストパフォーマンスがよいのでしょうか。

電気代は消費電力が低いほど安くなりますが、使用時間が長ければその分電気代は加算されていきます。結局は消費電力が低くければ、使用時間が長くても電気代は抑えられるということですね。

くじらこ
くじらこ

ややこしいわ・・・

はっきりしなさいよ

具体的な数字を出した方がわかりやすいですね。アイリスオーヤマの製品を例に出して説明しましょう。

人感センサー付き 大風量セラミックファンヒーター の場合

モード・消費電力電気料金 1時間電気料金 1日8時間使用電気料金 30日使用
ターボ 1200W
標準 1000W
静音 600W
32.4円
27円
16.2円
259.2円
216円
129.6円
7,776円
6,480円
3,888円

※地域や料金によって変わります。目安として参考にしてください。

電気ストーブ の場合

モード・消費電力電気料金 1時間電気料金 1日8時間使用電気料金 30日使用
強 800W
弱 400W
21.6円
10.8円
172.8円
86.4円
5,184円
2,592円

※地域や料金によって変わります。目安として参考にしてください。

オイルヒーター の場合

モード・消費電力電気料金 1時間電気料金 1日8時間使用電気料金 30日使用
強 1200W
中 700W
弱 500W
32.4円
18.9円
13.5円
259.2円
151.2円
108円
7,776円
4,536円
3,240円

※地域や料金によって変わります。目安として参考にしてください。

消費電力が大きくなるにつれて電気代が高くなります。機種により消費電力が変わるので各機種ごとにご確認ください。

上記例の電気料金では電気ストーブが安くなっていますが、大きく変わるものではありません。電気料金に惑わされずに、自分にあった機種を選んでください。

セラミックファンヒーター、オイルヒーター、ストーブのそれぞれのメリットとデメリット

セラミックファンヒーター、オイルヒーター、ストーブをいくつかの視点から見てきましたが、それぞれに特徴がありおもしろいですね。

くじらこ
くじらこ

結局どれを選べばいいの?

ここでもう一度セラミックファンヒーター、オイルヒーター、ストーブのメリット・デメリットに分けて整理してみましょう。

セラミックファンヒーター

メリットデメリット
すぐに暖まる
無臭
コンパクト
サイズが豊富
表面的な暖かさ

ストーブ

メリットデメリット
すぐに暖まる
軽い
価格が安い
遠赤外線で暖まる
局所的な暖かさ
周囲に注意が必要
ヤケド注意

オイルヒーター

メリットデメリット
安全
空気がキレイ
静か
輻射熱で暖まる
すぐに暖まらない

底冷えのするような寒い地域ならオイルヒーターが力を発揮しますね。

トイレや洗面所などほんの数分程度の使用なら人感センサーのついたセラミックファンヒーターは便利です。

冷え性の人はストーブで足元を暖める方がよいでしょう。

地域や使用する場所、暖まり方など合った暖房器具を選ぶようにしましょう。

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

電気代よりも暖まるかどうかよね

くじらの長老
くじらの長老

ひなたぼっこが一番気持ちよくて暖かいぞぅ・・・

暖冬でも厳冬でも、冬は寒いです。

身体が冷えると、体調を崩すようになります。暖房で快適な生活を送ってください。

アイリスオーヤマのセラミックファンヒーター・ストーブ・オイルヒーターのラインナップ

ここからは各カテゴリーごとのラインナップをまとめています。

※記事が出来上がり次第リンクします。

セラミックファンヒーターのラインナップ

セラミックファンヒーターの機能についてはこちら。

大風量のセラミックファンヒーターはこちら。

大風量+首振り機能のセラミックファンヒーターはこちら。

フィルター搭載のセラミックファンヒーターはこちら。

縦型セラミックファンヒーターはこちら。

コンパクトなセラミックファンヒーターはこちら。

ストーブのラインナップ

オイルヒーターのラインナップ