アイリスオーヤマ 空気清浄機付除湿機 DCE-120、IJCP-J160-Wの特徴の違い

アイリスオーヤマ DCE-120 IJCP-J160-W 空気清浄機
くじらこ
くじらこ

空気清浄機付き除湿機?

除湿機付き空気清浄機?

くじらの長老
くじらの長老

くじらこやぃ、落ち着くんじゃ

今回は空気清浄機付除湿機じゃ!

家電では2つの機能が1つになった便利な家電があります。

今回は「空気清浄機付除湿機」です。

アイリスオーヤマでは効果の大きい方の家電に主軸をおいて名付けます。空気清浄機付除湿機では除湿機能の方が大きいということです。

もっとわかりやすく言えば、除湿機能が空気清浄機能より広い適用床面積をカバーします。

アイリスオーヤマの空気清浄機付除湿機は2機種あります。

今回はアイリスオーヤマの空気清浄機付除湿機 DCE-120、IJCP-J160-Wを紹介します。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマの除湿機のラインナップ

まずはアイリスオーヤマの除湿機の一覧をみてください。

  • 衣類乾燥除湿機 デシカント式 DDB-20
  • 衣類乾燥除湿機 デシカント式 IJD-H20
  • 空気清浄機付除湿機 コンプレッサー式 DCE-120
  • 空気清浄機付除湿機 コンプレッサー式 IJCP-J160-W
  • 衣類乾燥除湿機 コンプレッサー式 IJC-H140
  • 衣類乾燥除湿機 コンプレッサー式 DCE-6515
  • 除湿機 コンプレッサー式 IJC-J56
  • サーキュレーター衣類乾燥除湿機 デシカント式 IJD-I50
  • サーキュレーター衣類乾燥除湿機 デシカント式 IJD-I50-WH

2020年8月現在、9機種あります。

上から2機種がデシカント式、その下の5機種はコンプレッサー式です。

下から2機種はサーキュレーターと除湿機が1つになった人気のサーキュレーター衣類乾燥除湿機です。

デシカント式の衣類乾燥除湿機はこちらの記事で紹介しています。

除湿機は衣類乾燥機能と合わせた機種が多い中、空気清浄機能のついたのが2機種あります。

除湿する時は空気を取り込み、風として排出します。その風を利用して衣類を乾燥させ一石二鳥の働きをします。

梅雨時期や冬などの洗濯物を部屋干ししても気持ちよく乾かないので除湿機を使うので、衣類乾燥除湿機の種類が多くなっています。

反対に部屋の除湿をしたい人にとって衣類乾燥機能は必要ありません。

そんな時には空気をキレイにする機能がある方が便利ですね。アイリスオーヤマは色々な状況に対応できるラインナップになっています。

空気清浄機付除湿機はDCE-120、IJCP-J160-Wの2機種なので、特徴の違いをみていきます。

除湿方法のコンプレッサー式、デシカント式って何?

2機種の比較をみる前に、除湿機の除湿方式について説明します。

アイリスオーヤマ 除湿方法

(画像はクリックすると拡大します)

今回のDCE-120、IJCP-J160-Wの除湿方式は「コンプレッサー式」です。

コンプレッサー式は室温の上昇が少ない代わりに、本体が大きく重たいです。大きいのは許せるとしても、重たさについてはよく検討しなければいけません。

部屋の移動や、少し動かすだけでも毎日使うとなれば重労働になります。

そして、空気を冷やして除湿するので、寒さが長い地域などは十分な働きができない場合もあります。

特徴をよく理解したうえで、購入を検討してください。

もし、重さや寒さなどの条件をクリアできなかった時は「デシカント式」の検討も視野に入れてください。

DCE-120、IJCP-J160-Wの仕様

アイリスオーヤマ DCE-120 IJCP-J160-W
DCE-120IJCP-J160-W
除湿方式コンプレッサー式コンプレッサー式
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
34.3×30.0x61.7cm38.4×28.3×65.9cm
重さ約14kg約18kg
コード長さ2.0m1.9m
消費電力
 空気清浄+除湿(自動)

 空気清浄のみ

50Hz 295W
60Hz 315W
45W

50Hz 240W
60HZ 290W
40W
空気清浄の適用床面積17畳 18㎡20畳 33㎡
除湿可能面積の目安
 木造
 プレハブ洋室
 鉄筋コンクリート

15畳 25㎡
23畳 38㎡
30畳 50㎡

20畳 33㎡
31畳 51㎡
40畳 67㎡
定格除湿能力約12.0L/日※150Hz 約14.0L/日
60Hz 約16.0L/日
水タンク容量約4.0L 自動停止約5.0L 自動停止
風量
空気清浄のみ
空気清浄+除湿

1~5段階
1~4段階

1~4段階
1~3段階
モード自動
手動
弱運転
衣類乾燥
自動
手動
静音
衣類乾燥
機能空気清浄のみ
空気清浄+除湿
空気清浄のみ
空気清浄+除湿
切タイマー12時間
(1時間単位)
9時間
(1時間単位)
スイング上下 自動上下 自動
湿度設定35~80%
40~80%
(5%刻み)
マイナスイオン発生あり
お手入れランプフィルター交換ランプ
満水ランプ
霜取りランプ
その他機能空気汚れモニターランプ
チャイルドロック
水タンク水位窓・ハンドル付き
室温表示
空気汚れモニターランプ
チャイルドロック
水タンク水位窓・ハンドル付き
連続排水
キャスター付き
付属品
カラー表記なし
(ホワイト)
ホワイト
発売年2017年2020年

※1 室温27℃、湿度60%を維持し続けたときの、1日(24時間)あたりの除湿量です。

仕様からわかる違いは

  • サイズ・重さ・コード長さ・デザイン
  • 消費電力
  • 空気清浄の適用床面積・除湿可能面積
  • 定格除湿能力
  • 水タンク容量
  • 風量設定
  • 運転モード
  • 湿度設定
  • 室温設定の表示の有無
  • 空気汚れモニターランプ
  • マイナスイオン発生装置の有無
  • 切タイマーの設定
  • お手入れランプの有無
  • 連続排水の有無
  • ハンドル・キャスターの有無
  • フィルターの違い

同じ空気清浄機付除湿機ですが、全く違う家電っていうくらい違いが多いです。

詳しくは特徴の違いで説明していきます。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

DCE-120、IJCP-J160-Wの特徴の違い

仕様からたくさんの違いがわかりました。

  • サイズ・重さ・コード長さ・デザイン
  • 消費電力
  • 空気清浄の適用床面積・除湿可能面積
  • 定格除湿能力
  • 水タンク容量
  • 風量設定
  • 運転モード
  • 湿度設定
  • 室温設定の表示の有無
  • 空気汚れモニターランプ
  • マイナスイオン発生装置の有無
  • 切タイマーの設定
  • お手入れランプの有無
  • 連続排水の有無
  • ハンドル・キャスターの有無
  • フィルターの違い

たくさんの違いがあるので、どの機能を優先して必要かをチェックしておきましょう。

アイリスオーヤマの除湿機の機能はこちらの記事で説明しています。

サイズ・重さ・コード長さ・デザインの違い

アイリスオーヤマ DCE-120 IJCP-J160-W
DCE-120IJCP-J160-W
サイズ34.3×30.0x61.7cm38.4×28.3×65.9cm
重さ約14kg約18kg
コード長さ2.0m1.9m

デザインが違うことから、サイズや重さが違います。

ここでのチェックは重さです。

IJCP-J160-Wは約18kgあり、気軽に持ち運ぶ重さではありません。キャスターが付いているので、平らな床なら楽に移動できます。

DCE-120も約14kgあり、こちらも軽く持ち運ぶのは難しいです。DCE-120はキャスターはなく、本体にハンドルがあるので、持ち上げて運びます。

両機種ともに重たいのはチェックしておいてください。

消費電力の違い

消費電力DCE-120IJCP-J160-W
空気清浄+除湿(自動)
 50Hz
 60Hz
空気清浄のみ

295W
315W
45W

240W
290W
40W

消費電力が違います。

空気清浄の適用床面積・除湿可能面積の違い

DCE-120IJCP-J160-W
空気清浄の適用床面積17畳 28㎡20畳 33㎡
除湿可能面積の目安
 木造和室
 プレハブ洋室
 鉄筋コンクリート

15畳 25㎡
23畳 38㎡
30畳 50㎡

20畳 33㎡
31畳 51㎡
40畳 67㎡

空気清浄の適用床面積と除湿可能面積が違います。

使う部屋の広さに合うように選んでください。

定格除湿能力の違い

DCE-120IJCP-J160-W
定格除湿能力約12.0L/日※150Hz 約14.0L/日
60Hz 約16.0L/日

※1 室温27℃、湿度60%を維持し続けたときの、1日(24時間)あたりの除湿量です。

1日で除湿する量が違います。

IJCP-J160-Wの方が除湿する能力は大きいです。

DCE-120も1日で約12.0Lの除湿ができることから、能力は高いです。

水タンク容量の違い

DCE-120IJCP-J160-W
水タンク量約4.0L約5.0L

水タンク量が違います。水タンクが満水になると水は廃棄しますが、それぞれの除湿能力で計算すると、24時間で3回廃棄することになります。

風量設定の違い

風量設定DCE-120IJCP-J160-W
空気清浄のみ
空気清浄+除湿
1~5段階
1~4段階
1~4段階
1~3段階

風量設定が違います。

DCE-120の方が設定幅が広いです。

運転モードの違い

アイリスオーヤマ IJCP-J160-W

(画像はクリックすると拡大します/IJCP-J160-Wより)

DCE-120IJCP-J160-W
運転モード自動
手動
弱運転
衣類乾燥
自動
手動
静音
衣類乾燥

これは表示違いでいいと言っていいかもしれません。

DCE-120は「弱運転」、IJCP-J160-Wが「静音」と表示されています。

湿度設定の違い

アイリスオーヤマ DCE-120

DCE-120

アイリスオーヤマ IJCP-J160-W

IJCP-J160-W

(画像はクリックすると拡大します)

DCE-120IJCP-J160-W
湿度設定35~80%40~80%
(5%刻み)

両機種ともに湿度設定はできますが、できる範囲が違います。

室温表示の有無の違い

アイリスオーヤマ IJCP-J160-W

(画像はクリックすると拡大します/IJCP-J160-Wより)

DCE-120IJCP-J160-W
温度表示あり

IJCP-J160-Wは室温表示機能があります。現在の室温がわかります。

空気汚れモニターランプの違い

アイリスオーヤマ DCE-120

DCE-120

アイリスオーヤマ IJCP-J160-W

IJCP-J160-W

(画像はクリックすると拡大します)

DCE-120IJCP-J160-W
空気汚れモニターランプ5段階
(緑・青・黄・紫・赤)
4段階
(青・青紫・赤紫・赤)

両機種ともに離れていても、空気がどのくらいキレイかが視覚的にわかりやすくなっています。

カラーでキレイレベルを分けていますが、DCE-120は5段階、IJCP-J160-Wは4段階で色分けしています。

マイナスイオン発生装置の有無の違い

アイリスオーヤマ DCE-120

(画像はクリックすると拡大します/DCE-120より)

DCE-120IJCP-J160-W
マイナスイオン発生装置ありなし

DCE-120はマイナスイオン発生装置が付いています。

IJCP-J160-Wはついていません。

切タイマーの設定の違い

DCE-120IJCP-J160-W
切タイマー1時間単位
最大12時間
1時間単位
最大9時間

1時間単位で設定できるのは同じですが、最大で設定できる時間が違います。

生活リズムに合わせて使うなら、どれだけの切タイマーが必要が確認してください。

お手入れランプの有無の違い

アイリスオーヤマ DCE-120

(画像はクリックすると拡大します/DCE-120より)

DCE-120IJCP-J160-W
お手入れランプフィルター交換ランプ
満水ランプ
霜取ランプ

DCE-120はお手入れランプが付いていて、フィルター交換・満水・霜取りを教えてくれます。

水タンクが満水になると、運転停止するのはDCE-120、IJCP-J160-Wともに同じです。

連続排水の有無の違い

アイリスオーヤマ IJCP-J160-W

(画像はクリックすると拡大します/IJCP-J160-Wより)

DCE-120IJCP-J160-W
連続排水あり

IJCP-J160-Wは連続排水できます。

連続排水というのは、本体の水タンクにホースをつなぎ、排水できます。水タンクを取り外すことなく排水できるので、水を捨てられる場所が近くにあれば楽ですね。

DCE-120は連続排水はできません。

ハンドル・キャスターの違い

アイリスオーヤマ DCE-120

DCE-120

アイリスオーヤマ IJCP-J160-W

IJCP-J160-W

(画像はクリックすると拡大します)

DCE-120IJCP-J160-W
ハンドル
キャスター
キャスター

DCE-120はハンドルがあるので、持ち上げて運びます。またはキャスターがあるので、押して移動します。

IJCP-J160-Wはキャスターが付いているので、押して移動します。

コンプレッサー式の除湿機は本体が重たいので、移動させる時は注意が必要です。

体を痛めていたり、力が無ければ、持って運ぶのはツライですね。DCE-120を運ぶ時はキャスターを使ったりと工夫して使うのもいいと思います。

フィルターの違い・交換フィルターについて

最後にフィルターについて説明します。

アイリスオーヤマ DCE-120

DCE-120

アイリスオーヤマ IJCP-J160-W

IJCP-J160-W

(画像はクリックすると拡大します)

DCE-120IJCP-J160-W
集じんフィルター(HEPAフィルター) DCE-120HF
活性炭フィルター DCE-120TF
集じんフィルター(HEPAフィルター) IJCP-J160HF

使っているフィルターの数が違います。

DCE-120は集じんフィルターと活性炭フィルターの2つを使用しています。

IJCP-J160-Wは集じんフィルターの1つを使用しています。

これらフィルターは効果が薄れてきたり、使用期間によって交換しなければいけません。

DCE-120の交換フィルターについて

集じんフィルター(HEPAフィルター)DCE-120HF4,980円交換目安 約2年
活性炭フィルターDCE-120TF3,980円交換目安 約2年

(税抜価格 / アイリスプラザ より)

DCE-120は交換フィルターは2種類あります。

交換目安は約2年ですが、環境により汚れ具合や効果が変わってきます。

使っていて違和感を感じたり、汚れていたりしたら、交換目安に関わらず交換してください。

IIJCP-J160-Wの交換フィルターについて

集じんフィルター(HEPAフィルター)IJCP-J160HF5,980円交換目安 約1年

(税抜価格 / アイリスプラザ より)

IJCP-J160-Wは交換フィルターは1種類です。

交換目安は約1年ですが、環境により汚れ具合や効果が変わってきます。

使っていて違和感を感じたり、汚れていたりしたら、交換目安に関わらず交換してください。

たくさんの違いがあり、頭が混乱しますね。最後に違いを表にまとめておきます。

DCE-120IJCP-J160-W
サイズ34.3×30.0x61.7cm38.4×28.3×65.9cm
重さ約14kg約18kg
コード長さ2.0m1.9m
消費電力
 空気清浄+除湿(自動)

 空気清浄のみ

50Hz 295W
60Hz 315W
45W

50Hz 240W
60Hz 290W
40W
空気清浄の適用床面積17畳 28㎡20畳 33㎡
除湿可能面積の目安
 木造和室
 プレハブ洋室
 鉄筋コンクリート

15畳 25㎡
23畳 38㎡
30畳 50㎡

20畳 33㎡
31畳 51㎡
40畳 67㎡
定格除湿能力約12.0L/日50Hz 約14.0L/日
60Hz 約16.0L/日
水タンク容量約4.0Lで自動停止約5.0で自動停止
風量設定
 空気清浄のみ
 空気清浄+除湿

1~5段階
1~4段階

1~4段階
1~3段階
運転モード自動
手動
弱運転
衣類乾燥
自動
手動
静音
衣類乾燥
湿度設定35~80%40~80%
(5%刻み)
室温表示あり
空気汚れモニターランプ5段階
(緑・青・黄・紫・赤)
4段階
(青・青紫・赤紫・赤)
マイナスイオン発生あり
切タイマー12時間
(1時間単位)
9時間
(1時間単位)
お手入れランプフィルター交換ランプ
満水ランプ
霜取ランプ
連続排水あり
移動方法ハンドルで持って移動
キャスターで押して移動
キャスターで押して移動
フィルター集じんフィルター
活性炭フィルター
集じんフィルター

違いがたくさんあるので、どちらがいいか迷うと思います。

そんな時は、必要な機能をかき出して、優先順位を決めてください。機能は必要か不必要かをよく考えてください。

機能はたくさんあれば便利ですが、結局使わない機能が出てきます。機能が多ければ金額も上がってくるので、購入前にきちんと使い方を考えておくのがいいと思います。

DCE-120、IJCP-J160-Wのレビュー

仕様、特徴の違いがわかったところで、次は購入者のレビューをチェックしていきます。

DCE-120のレビュー 71件

4.4

●あまりの長雨による湿度に耐え切れず、人生初めての除湿器を購入することにしました。いろいろなサイトで比較検討し、性能・価格・重さ・デザイン・タンクの量や機械が発する熱等を調べたうえで、これにしました。エアコンをつけたうえでこの除湿器をつけると、たった1時間で一気に湿度が20パーセント近く下がります。とても快適です。洗濯物も乾きが早く、もっと早く買えばよかった・・と思いました。大満足です☆

●大人4人分の洗濯物をリビングに隣接するテラスで室内干しをしています。デニム・タオルもカラッと良く乾いて空気清浄機能が付いている為食卓の匂いが洗濯物に移る事が無く又リビングに入った時にモワッとした匂いもなく室内が爽やかです。扇風機も合わせるとさらに早く乾きます。溜まった水もハンドル付きの容器なので持ち運びがしやすく毎日使っています。購入して良かったです。

●初めての空気清浄機ですが大満足です。風量が弱の時はついてるのかわからないくらい静です。猫を三匹飼ってるのですが臭いが気にならなくなりましたね(^o^)

●マンションの真ん中の窓のない和室が湿気でかび臭いので購入。軽くはないけど、女性が取っ手で持ち上げて移動できる重さです。コロコロが横にしか動かないです。360度コロコロだと、掃除のときに持ち上げる必要もなくなるのでリクエストします。湿気よく吸います。除湿器にしては音静かなと思います。空清時はとても静かです。6畳では除湿効きすぎるので、設定湿度をプラス5度してちょうどになります。湿気てないときは空気清浄機として使って、風も心地よいです。

●2階の階段と廊下に洗濯物を干しているので購入しました。空気清浄機機能もあるので、ほぼ24時間使用をしているせいか、3ヶ月ちょっとでフィルター交換のサインが出ました。説明書を見てフィルター掃除をしたところサインが消えたのでそのまま使っています。音はそれなりにしますが、寝るときは別の部屋なので気になりません。洗濯物もよく乾くし買ってよかったと思います。

アイリスプラザ

IJCP-J160-Wのレビュー 7件

4.0

●長年お世話になった「衣類乾燥除湿機 コンプレッサー式 DCE-6515」の旧タイプからの買い替えです。当たり前ですが除湿機能は確実にアップしました。リビングで使用していますが音は気になりません。以前のタイプは部屋干しで毎日使用していて(4人家族)タンクが6時間程で満タンになって勝手に止まっていましたが、流石に16リットルだけあってタンクの許容量がすさまじいです。3~4日は続けて吸ってくれました。かなりサイズが大きいので(車輪があるので取り回しは問題なし)使用していない時は部屋の隅に置いていたとしても存在感が邪魔にはなりますがパワフルさが全てを許してくれる頼もしい除湿機です。

●デザイン、キャスター付きで一目惚れでした。部屋を回して空気清浄できます。風量も4段まであって洗濯物部屋干ししても結構早く乾いてます。加湿/空気清浄などはマーク表示なので、慣れるまで時間かかりました。

●6畳ほどの部屋で使用中。除湿機能は申し分なく、短い時間で湿気がなくなっていくので快適。タンクも持ち運びやすく、排水もしやすい。

アイリスプラザ

発売年が違うので、レビュー数に差がありますが、どちらも除湿機能はよく高評価です。

6畳などの個室に使用している人が多く、ぐんぐん除湿をするようです。

気になる意見としては

  • 思ったより大きい

というのがありました。コンプレッサー式は本体サイズが大きいです。

各商品詳細のサイズを確認してください。

DCE-120、IJCP-J160-Wの価格

最後にDCE-120、IJCP-J160-Wの価格をみていきましょう。

DCE-120IJCP-J160-W
アイリスプラザ
(税抜価格)
29,800円36,800円
Amazon29,800円37,800円
楽天市場29,800円37,800円
Yahoo!ショッピング27,480円37,800円

※2020年9月4日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

アイリスプラザと通販サイトでは価格差はあまりありません。

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

DCE-120はお手入れランプが付いていたら、フィルター交換とか分かりやすくていいわね

でもIJCP-J160-Wの連続排水ができるのも水を捨てる手間が省けていいわね

くじらの長老
くじらの長老

これこれ、何回も言っておるじゃろぅ

条件を書き出していって、優先順位を決めていくんじゃ

DCE-120、IJCP-J160-Wともに機能の多い除湿機です。

どちらも便利で悩みますが、ゆっくり冷静に検討してみてください。

コンプレッサー式の除湿機はこちら。

デシカント式の除湿機はこちら。