アイリスオーヤマ コンプレッサー除湿機 KIJC-J56、IJC-J56の特徴の違い

アイリスオーヤマ KIJC-J56 除湿機
くじらこ
くじらこ

除湿するだけでいいのよね

衣類乾燥とか空気清浄機能はいらないの

くじらの長老
くじらの長老

除湿機能だけの除湿機もあるぞぃ

アイリスオーヤマは除湿機能の他にも機能が+αの除湿機が多いです。

いろんな機能はいらない。

除湿機能だけでいい。

シンプルな機能だけでいいという人もいます。すでに空気清浄機やサーキュレーターを持っていたら除湿機だけで十分な場合もあります。

アイリスオーヤマでも除湿機能のみの除湿機があります。

今回はアイリスオーヤマの除湿機 KIJC-J56、IJC-J56を紹介します。

アイリスオーヤマの除湿機のラインナップ

まずはアイリスオーヤマの除湿機の一覧をみてください。

  • サーキュレーター衣類乾燥除湿機8L IJDC-K80
  • サーキュレーター付き除湿機 8L KIJDC-K80
  • サーキュレーター付き除湿機 5L KIJDC-L50 ホワイト
  • サーキュレーター衣類乾燥除湿機 IJD-I50 全2色
  • 衣類乾燥除湿機 コンプレッサー式 DCE-6515
  • 衣類乾燥除湿機 コンプレッサー式 IJC-H65 全2色
  • コンプレッサー除湿機5.6L KIJC-J56 ベージュ
  • 除湿機5.6L(コンプレッサー式) ホワイト IJC-J56
  • デシカント式除湿機 8L IJD-K80
  • 衣類乾燥除湿機 デシカント式 IJD-H20 全2色
  • 衣類乾燥除湿機 デシカント式 DDB-20
  • 空気清浄機能付除湿機 DCE-120
  • 空気清浄機付除湿機 16L ホワイト IJCP-J160-W

2021年6月現在、いろんな種類の除湿機があります。

この中でコンプレッサー式除湿機は4機種あり、KIJC-J56とIJC-J56が品番が似ているので、違いを探してみました。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

除湿方式のコンプレッサー式ってなに?デシカント式とどう違う?

「コンプレッサー式」と「デシカント式」。

耳慣れない単語ですね。これらは除湿の仕方のことで、2種類あります。

アイリスオーヤマ 除湿方法

(画像はクリックすると拡大します/ 引用 アイリスプラザ

それぞれにメリットとデメリットがあるので、地域や環境によって選ぶことが重要です。

コンプレッサー式は取り込んだ空気を冷やして除湿するので、室温が上昇しにくいですが、本体サイズが大きく重たくなるデメリットがあります。

今回のIJC-J56はコンプレッサー式なので、室温が上昇しにくいです(多少室温が上がることがあります)。

サイズが大きく重たくなるので、移動して使うのは少々メンドウになります。体を痛めていたり、力がなければ、使うたびに持ち運ぶのはツラくなってくるのでけた方がいいと思います。

デシカント式は乾燥材を使っての除湿なので、本体が軽くなります。しかし室温が上昇しやすいので、梅雨や夏場の暑い時期には使いづらくなります。

コンプレッサー式、デシカント式それぞれのメリットとデメリットがあるので、気候や環境をよく考慮して選ばなければいけません。

KIJC-J56、IJC-J56の仕様

アイリスオーヤマ KIJC-J56
KIJC-J56IJC-J56
除湿方式コンプレッサー式コンプレッサー式
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
25.0×23.0x38.3cm25.0×23.0x38.3cm
重さ約8.8kg約8.8kg
コード長さ1.9m1.9m
電源・定格周波数AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
定格消費電力
 50Hz
 60Hz

140W
165W

140W
165W
定格除湿能力
 50Hz
 60Hz

約5.0L/日
約5.6L/日

約5.0L/日
約5.6L/日
除湿可能面積の目安(50Hz/60Hz)
 木造
 プレハブ
 鉄筋コンクリート

6畳 10.4㎡ / 7畳 11.7㎡
10畳 15.9㎡ / 11畳 17.8㎡
13畳 20.8㎡ / 14畳 23.3㎡

6畳 10.4㎡ / 7畳 11.7㎡
10畳 15.9㎡ / 11畳 17.8㎡
13畳 20.8㎡ / 14畳 23.3㎡
水タンク容量約2.0Lで自動停止約2.0Lで自動停止
除湿設定40・50・60%・連続40・50・60%・連続
満水停止機能水タンクが満水になると自動停止水タンクが満水になると自動停止
自動霜取り機能自動で霜取り自動で霜取り
オートOFF機能12・24時間で自動停止12・24時間で自動停止
内部乾燥機能自動で内部乾燥運転自動で内部乾燥運転
連続排水市販ホース(内径15mm)市販ホース(内径15mm)
その他機能持ち手付き
低騒音設計 約39dB
省エネ 約3.8円/1時間※50Hz140W、27円/kWh
水位窓
低騒音設計 約39dB※連続運転した場合の平均値
電気代 約3.8円/1時間
水位窓
カラーベージュホワイト
発売年2021年2020年

仕様からわかる違いは

  • カラー
  • 発売年
  • 内部乾燥機能

KIJC-J56はIJC-J56の後継機種のような位置かな。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

KIJC-J56、IJC-J56の特徴の違い

仕様から以下の違いがわかりました。

  • カラー
  • 発売年
  • 内部乾燥機能

IJC-J56の翌年に発売されたKIJC-J56には新機能が追加されました。

アイリスオーヤマの除湿機の機能はこちらの記事で説明しています。

内部乾燥機能の違い

アイリスオーヤマ KIJC-J56

(画像はクリックすると拡大します/KIJC-J56より)

KIJC-J56IJC-J56
内部乾燥機能

KIJC-J56には内部乾燥機能がつきました。

除湿機の湿気をとるので中は湿気がたまりやすいです。ジメジメしたらカビが発生と悪循環です。

除湿機をキレイに保つための内部乾燥機能です。

KIJC-J56、IJC-J56のレビュー

次に購入者のレビューをみていきましょう。

KIJC-J56のレビュー 2件

2.5

●39dBとは思えないほど、とても動作音がが大きいです。これで夜に寝れる人がいたら病院に行ったほうがいいと思います。振動も非常に大きいと思います。また、取手でラクラクとありますが本体自体は非常に重いので、取手があるから持ちやすい程度の意味です。

●とてもコンパクトで気に入っています。デザインもシンプルでいいです。思っていたよりは重かったのですが、持ち手がついているので、場所の移動もしやすいです。使うとじめじめした空気がカラッとして、とても過ごしやすいです。ただ、寝る時に使うには音が気になります。

アイリスプラザ

IJC-J56のレビュー 18件

3.8

●色々な除湿器を調べ、この商品にたどり着きました。音が少し気になりますが、他は大満足してます。タンクの排水が面倒だったのでホースを購入し接続させ使用しています。連続運転12時間、24時間のどちらかを設定できるので1日中フル稼働させています。お掛けで快適に過ごせています!

●重さは女性が持つには少し重たい気もしますがそんなに動かすものでもないので私は気になりませんでした。音は少し大きく感じるかもしれません。でも日中つけておく分には問題ないです。就寝時につけておくのは音がきになりそうです。雨の日しか使ってないですが、6時間くらいで満タンです。水がタンクに流れるのがわかるくらいグングン吸ってます!お水を捨てるのはフタがあるのでこぼれませんでした。部屋干しの洗濯物も厚手じゃなければ、朝干して夕方には乾いてました。お部屋の空気もカラッとしていて私てきにはとても満足のいく買い物でした!

●口コミが5件しかなかったので少し心配だったのですが杞憂でした。大満足です。まず取り扱いが簡単。この時期 水の音が聞こえるくらいぐんぐん吸い取ってくれます。心配していた排水の手間も全くありません。満水ランプが表示されると自動で運転が止まり容器も簡単にひきだせます。水を捨てるときも片手でOK.水滴をふく必要もありません。音も最初につけた時は少し気になりますがしばらくするときにならなくなります。本当にすぐれものです。サイズも小さめでかさばりません。しいて難を言うとすれば少し重いかな?と延長保証もついてこの価格でこの使い勝手の良さ! おすすめです!

アイリスプラザ

よく除湿する!というレビューがあり、まずまずの評価です。

一方、★の数が低いレビューもあり、評価が下がっています。その評価の低いレビューをみてみると、

  • 音が大きい
  • 持ち手が細くて持ち運ぶのに不安になる
  • 出てくる風が熱くて、部屋が暑くなる

というのがありました。

音が大きいというレビューはちらほらありました。

IJC-J56の音は「低騒音 約39dB」との仕様でしたが・・・注意事項で「※1連続運転した場合の平均値」と記載されています。

おそらく除湿している時は音が大きくなるみたいです。平均値で音を記載しているので、39dB以上に大きくなることもあります。

就寝時に使用する時は注意です。

持ち手ですが、画像をチェックしてみると・・・

アイリスオーヤマ IJC-J56

(画像はクリックすると拡大します)

確かに細い気が・・・します。本体の重さは約8.8kgなので、心許こころもとないですね。乱暴に扱わないようにしないと。

除湿機は部屋の水分を取って、べたつきなどの不快を少しでも減らす役割をしています。

部屋の温度を下げる家電はありません。そのため、部屋の温度が上昇がすることもあります。

除湿機を購入する時には、そこらへんは近いしておく必要があります。

あと一つ気になるレビューがありました。

●タンクは2Lです音もアプリで測ると50デシベルは超えていました。ちゃんと商品説明を読むべきでした。返品をしたいけど使用後はできないみたいなのでもうこちらの商品は使用しません。皆さん購入する時は過大評価に気をつけてください。前回購入時はとても商品が良かったのでとても残念です。一回の使用できるタンク容量は2Lです。音も表記のものより大きいです。

アイリスプラザ

水タンク容量は約2.0Lです。

定格除湿能力は1日に約5.0Lです。湿気の多い時期や場所で24時間つけっぱなししておくと、2.0Lはすぐに満タンになります。

1日5.0Lの除湿に対して、単純計算で約3回の排水が必要になります。

水タンク容量≒定格除湿能力だというのを理解してください。排水がメンドウだと連続排水をすることを考えれば手間が省けますね。

KIJC-J56、IJC-J56の価格

最後に価格をみていきましょう。

KIJC-J56IJC-J56
アイリスプラザ19,580円14,800円
Amazon18,280円13,730円
楽天市場18,280円14,800円
Yahoo!ショッピング18,280円13,800円

※2021年6月11現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

KIJC-J56が内部乾燥機能があるので価格が上です。IJC-J56は15000円以下で購入しやすいです。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/
\通販サイトでの購入はこちら/

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

小さいのはいいけど、音が大きいのはちょっと・・・考えるわね

くじらの長老
くじらの長老

除湿機を隣の部屋で使う、脱衣所・ふろで使う、就寝時には使わない

など工夫が必要じゃのぅ

レビューでは音が大きいと酷評でした。そのことを念頭に入れて検討してみてください。

除湿機はいろいろあります。

アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50、IJD-I50の特徴の違い
【デシカント式・約6~13畳】アイリスオーヤマのサーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50、IJD-I50の特徴の違いを紹介しています。見ためは同じですが、機能に違いはあるのでしょうか。
アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 IJDC-K80、KIJDC-K80の特徴の違い
アイリスオーヤマのサーキュレーター衣類乾燥除湿機 IJDC-K80、KIJDC-K80の特徴の違いを紹介しています。デザインがほとんど同じですが、どんな機能の違いがあるのでしょうか。
アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 IJDC-K80、IJD-I50の特徴の違い
【適用床面積約6~20畳】アイリスオーヤマのサーキュレーター衣類乾燥除湿機 IJDC-K80、IJD-I50の特徴の違いを紹介しています。発売した年が違いますが、機能は進化しているのでしょうか。
アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 IJC-H140、DCE-6515の特徴の違い
【コンプレッサー式・約8~35畳】アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機 IJC-H140、DCE-6515の特徴の違いを説明しています。どのような違いがあるのでしょうか。
アイリスオーヤマ 空気清浄機付除湿機 DCE-120、IJCP-J160-Wの特徴の違い
【コンプレッサー式・空清約17~20畳・除湿約15~40畳】アイリスオーヤマの空気清浄機付除湿機 DCE-120、IJCP-J160-Wの特徴の違いを説明します。除湿しながら空気をキレイにするのはこの2機種だけです。どのような特徴なのでしょうか。
アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 DDB-20、IJD-H20の特徴の違い
【デシカント式・約3~5畳】アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機 DDB-20、IJD-H20の特徴の違いを説明しています。現在アイリスオーヤマで取り扱っているデシカント式の除湿機は今回紹介する2機種のみの取り扱いとなっています。どのような違いがあるのでしょうか。