PR

NE-BS9CとNE-BS9Aの違いを比較!スチームオーブンレンジ ビストロ パナソニック

パナソニック NE-BS9CとNE-BS9A 違い 電子レンジ・オーブンレンジ

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事はパナソニックのスチームオーブンレンジ ビストロのNE-BS9CとNE-BS9Aの違いを比較しています。

NE-BS9Cが2024年6月に発売して、2022年モデルNE-BS9Aが型落ちとなりました。

NE-BS9CとNE-BS9Aの違いは

  • 「おまかせグリル」の有無:NE-BS9Cに新搭載
  • 「凍ったままワンボウル」の有無:NE-BS9Cに新搭載
  • 「お急ぎあたため「スピード機能」」の有無:NE-BS9Cに新搭載
  • 取説掲載レシピ数の違い:NE-BS9Aの方が多い
  • カラー・デザインの違い
  • 重さの違い
  • 価格の違い

7点です。

2024年モデルNE-BS9Cは「おまかせグリル」「凍ったままワンボウル」「お急ぎあたため「スピード機能」」の3つの機能が新搭載しました。

ただし、取説掲載レシピ数が215種類で、2022年モデルNE-BS9Aよりもかなり減りました。

本文では

  • NE-BS9CとNE-BS9Aの違い
  • NE-BS9CとNE-BS9Aのおすすめはどちら?
  • NE-BS9CとNE-BS9Aの口コミ評判

をわかりやすくまとめていますので、参考になれば幸いです^^

▼2024年モデルNE-BS9C▼
「おまかせグリル」「凍ったままワンボウル」「お急ぎあたため「スピード機能」」の3つの機能が新搭載。取説掲載レシピ215ケ。

ブラック▼

オフホワイト▼

▼2022年モデルNE-BS9A▼
取説掲載レシピ294ケ。

ブラック▼

ホワイト▼

NE-BS9CとNE-BS9Aの違いを比較

NE-BS9CとNE-BS9Aの違いをくわしくみていきましょう。

  • 「おまかせグリル」の有無:NE-BS9Cに新搭載
  • 「凍ったままワンボウル」の有無:NE-BS9Cに新搭載
  • 「お急ぎあたため「スピード機能」」の有無:NE-BS9Cに新搭載
  • 取説掲載レシピ数の違い:NE-BS9Aの方が多い
  • カラー・デザインの違い
  • 重さの違い
  • 価格の違い

違いは7点です。

違いを確認してから、価格をチェックしますね。

「おまかせグリル」の有無:NE-BS9Cに新搭載

「おまかせグリル」は冷蔵・冷凍で保存している食材をグリル皿に並べて、設定するだけで1品できあがる便利な機能です。

メイン料理として肉・魚・野菜を並べて焼き上げができるので、下準備で食材を並べるだけです。

くじらこ
くじらこ

おまかせグリルで調理している間に、サイドメニューを作れるので時短になりますね!

「凍ったままワンボウル」の有無:NE-BS9Cに新搭載

「凍ったままワンボウル」は耐熱のガラスボウルに冷蔵・冷凍の食材と調味料を入れて設定するだけで、1品が出来上がります。

おまかせグリルが焼き料理ですが、凍ったままワンボウルは温め・煮込みに近い感じで1品作ります。

くじらこ
くじらこ

セットが売っているので、それらを入れるだけで1品作れますね!

「お急ぎあたため「スピード機能」」の有無:NE-BS9Cに新搭載

お急ぎあたため「スピード機能」は、手動モードでのあたため時にスタートボタンを押すと高出力で約38%の時間短縮ができる機能です。

あたため時にレンジ前で待っている時に、お急ぎあたため「スピード機能」を使うと早くあたためが終わるので、ストレス減です。

くじらこ
くじらこ

レンジであたためている時、レンジ前で待ってしまいますよね

私だけではないはず!

取説掲載レシピ数の違い:NE-BS9Aの方が多い

NE-BS9CNE-BS9A
215294

NE-BS9Cの取説掲載レシピ数はNE-BS9Aに比べて、79ケも減りました。

パナソニックのオーブンレンジレシピはサイトがあるので、チェックしてみてください。

NE-BS9CとNE-BS9Aはスマホ連携していませんが、レシピサイトは見ることができます。

カラー・デザインの違い

NE-BS9CNE-BS9A
K ブラック
W オフホワイト
K ブラック
W ホワイト

NE-BS9Cはホワイト系のカラーがオフホワイトになりました。少し黄味がかったホワイトです。

NE-BS9Cは扉部にメニュー表示がなくなり、よりデザインがすっきりしておしゃれになりました。

重さの違い

NE-BS9CNE-BS9A
約19.9kg約19.8kg

NE-BS9Cが若干重たくなっています。

NE-BS9CとNE-BS9Aの価格の違い

※2024年5月13日現在の価格です。価格は変動しますので購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

調査時に在庫が無いなどで価格がわからない時は表記していませんが、購入時に在庫があるかもしれませんでご確認ください。

NE-BS9Cの価格

発売してから少しずつ価格は下がっていきます。

↓最新価格はこちらチェック↓

ブラック▼

オフホワイト▼

NE-BS9Aの価格

発売してから2年がたち、底値あたりを推移しています。2024年5月のリサーチ時点で10~11万円あたりの価格帯です。

↓最新価格はこちらチェック↓

ブラック▼

ホワイト▼

NE-BS9Cは1品をより簡単に作りたい人におすすめ

  • 「おまかせグリル」でメイン焼き料理をカンタンに作りたい
  • 「凍ったままワンボウル」で冷蔵・冷凍関係なく食材を1つのボウルに入れて1品作りたい
  • お急ぎあたため「スピード機能」であたため時間の短縮をしたい
  • 2024年最新モデルがほしい

「おまかせグリル」や「凍ったままワンボウル」「お急ぎあたため「スピード機能」」などより便利で快適に使いたいあなたにおすすめです。

NE-BS9Aは予算重視の人におすすめ

  • 予算を優先して選びたい
  • 取説掲載レシピ数は多い方がいい
  • 色々なレシピを楽しみたい

型落ちして価格が下がってきているので、予算重視で選びたいあなたにおすすめです。

NE-BS9CとNE-BS9Aの口コミ評判

ここからNE-BS9CとNE-BS9Aの口コミ評判をみていきましょう。

NE-BS9Cは発売して日が浅いので口コミはありません。2022年モデルNE-BS9Aの口コミをまとめてみました。

  • スチームで調理した後は庫内がびちょびちょです。

スチームや水分の多い食材を調理すると、庫内に水滴が溜まります。

水滴なので、使用後はふきんなどでサッと拭くといいです。

くじらこ
くじらこ

私もパナソニックのビストロを使っていますが、根菜あたためでも庫内に水滴がすごく付くので、使用後は扉を開けたり、拭いたりしています

ちょっとメンドウですが、仕方ないです・・・

  • スマホ連動は必要なかったので選びました。
  • ゆで卵ができるのが便利!
  • ケーキがキレイに焼けました!
  • 冷凍肉の解凍は火が通らずにきれいに溶けました。

多機能であたためも焼きも高評価でした。

レンジでゆで卵が作れることを口コミでは多く見かけました。鍋でなくレンジでできるとラクでいいですね。

まとめ:1品をカンタンに作りたいならNE-BS9Cがおすすめ!

この記事ではパナソニックのスチームオーブンレンジ ビストロのNE-BS9CとNE-BS9Aの違いを紹介しました。

最後にポイントをまとめます。

NE-BS9CとNE-BS9Aの違い
  • 「おまかせグリル」の有無:NE-BS9Cに新搭載
  • 「凍ったままワンボウル」の有無:NE-BS9Cに新搭載
  • 「お急ぎあたため「スピード機能」」の有無:NE-BS9Cに新搭載
  • 取説掲載レシピ数の違い:NE-BS9Aは215ケ、NE-BS9Aは294ケ
  • カラー・デザインの違い
  • 重さの違い:NE-BS9Cの方が若干重たい
  • 価格の違い:2022年モデルNE-BS9Aは型落ちして安くなっている

2024年モデルNE-BS9Cは「おまかせグリル」「凍ったままワンボウル」「お急ぎあたため「スピード機能」とより時短で便利に使える機能が新搭載しました。

2022年モデルNE-BS9Aにワンボウルメニューが搭載しましたが、2024年モデルNE-BS9Cでは凍った食材も一緒に入れてもOKになったので、気にせずガンガン食材を合わせることができます。

ただし、2024年モデルNE-BS9Cの方が取説掲載レシピ数が減ったので、色々なレシピを作りたい人はちょこっと注意が必要です。

予算重視だと2022年モデルNE-BS9Aがチャンスです。生産終了しているので、在庫が減り価格が高騰するまでに決断して購入をおすすめします。

NE-BS9CとNE-BS9Aはスマホ連携機能がない、高機能モデルです。料理やお菓子作りなど色々作りたいけど、スマホ連携機能が必要ないあなたにおすすめです。

ぜひあたために料理にお菓子作りと活用してください!

あなたの生活がより快適になることができるように、この記事でお手伝いができたら光栄です^^