ST-2D451とST-2D351の違いを比較!シロカすばやきトースター

シロカ ST-2D451とST-2D351 違い トースター
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事はシロカのすばやきトースターのST-2D451とST-2D351の違いを比較しています。

食パン1枚約90秒で焼けるトースターです。だから「すばやきトースター」です。

すばやきトースターはST-2D451とST-2D471とST-2D351の3モデルあります。ST-2D451とST-2D471は同じ機能で、ST-2D471はシロカ通販サイト限定カラーです。

今回はST-2D451とST-2D351の違いをみていきますね。

ST-2D451とST-2D351の違いは

  • オートモードの違い
  • マニュアルモードの調理温度設定とヒーター選択設定の違い
  • 価格の違い

3点です。

ST-2D451は2022年11月発売の新モデルです。ST-2D351は2021年モデルで型落ちとなりました。

ST-2D451はオートモード数やマニュアルモードの機能が増えました。より色んな種類のパンや食材を焼きたいならST-2D451がおすすめです。

本文では

  • ST-2D451とST-2D351の違い
  • ST-2D451とST-2D351のおすすめはどっち?
  • ST-2D451とST-2D351の口コミ評判

をわかりやすく紹介しています。価格も調査しましたので参考になれば幸いです^^

\購入はこちら/

2022年モデルのST-2D451。

  • いろんな種類のパンを最適においしく焼きたい!
  • パンが好き!おいしく食べたい!
  • パンの焼き色を好みで選びたい!
  • 家族でパンの焼き具合の好みが違う
  • 焼き芋の焼き具合のホクホクとねっとりを気分で選んで食べたい

豊富なメニューでパンの種類によっておいしく焼き上げて食べたいあなたにおすすめです。

ホワイト▼

ブラック▼

2021年モデルのST-2D351。

  • 予算を重視で決めたい
  • トーストや焼き芋など定番のメニューがあればいい

予算重視で選びたいあなたにおすすめです。

ホワイト▼

ブラック▼

ST-2D451とST-2D351の違いを比較

ST-2D451とST-2D351の違いをくわしくみていきましょう。

  • オートモードの違い
  • マニュアルモードの調理温度設定とヒーター選択設定の違い
  • 価格の違い

違いは3点です。違いを確認してから、価格をチェックしますね。

オートモードの違い

2022年モデルのST-2D451はオートモード数が増えました。

ST-2D451ST-2D351
16種類
1.トースト1枚※
2.トースト2枚※
3.冷凍トースト1枚※
4.冷凍トースト2枚※

5-1.アレンジトースト
5-2.冷凍アレンジトースト
6-1.クロワッサン*
6-2.冷凍クロワッサン*
7-1.チーズトースト
7-2.冷凍チーズトースト
8-1.フランスパン
8-2.冷凍フランスパン

9.厚切りトースト/ポットパン
10.フレンチトースト
11-1.焼きいも ホクホク
11-2.焼きいも ねっとり
9種類
1.トースト1枚
2.トースト2枚
3.冷凍トースト1枚
4.冷凍トースト2枚
5.厚切りトースト/ポットパン
6.クロワッサン
7.チーズトースト
8.フレンチトースト
9.焼きいも

※は4・5・6・8枚切り/うすい・ふつう・こいの設定可能 *うすい・こいの設定可能

ほとんどのメニューが変わったといってもいいくらい大きく改良しました。

ST-2D451には、トーストやクロワッサン、フランスパンなど、計16種類のメニューがあります。

トーストと冷凍トーストメニューでは4・5・6・8枚切りの設定や焼き色の調整が可能で、自分好みのトーストが簡単に作れます。クロワッサンや冷凍クロワッサンは、うすい・ふつうの設定ができます。

今はパンを冷凍してお取り寄せしたり、冷凍保存することが多いですよね。冷凍のメニューがあるから、おいしく焼いて食べられます。

ST-2D351には、計9種類のメニューがあります。ST-2D451と比較すると、冷凍トーストや焼きいも(ホクホク・ねっとり)などの特殊なメニューはありませんが、トーストやクロワッサン、チーズトースト、フレンチトーストなど、基本的なメニューはそろっています。

厚切りトーストやポットパンも焼けるため、朝食にぴったりです。

マニュアルモードの調理温度設定とヒーター選択設定の違い

ST-2D451は、上下/上のみ/下のみという3つのヒーター設定ができます。調理温度は40~280℃まで20℃刻みで設定でき、調理時間も5秒~90分まで設定できます。

上下/上のみ/下のみのヒーター設定で、食材に合わせて使い分けができます。

例えば、上下ヒーターを使えば、食材を均等に焼くことができます。また、上ヒーターを使えば表面をカリッと焼き上げることができますし、下ヒーターを使えば食材をじっくりと焼き上げることができます。

ST-2D351はマニュアルモードのヒーターの選択はできませんが、調理温度は60~280℃まで20℃刻みで、調理時間は5秒~90分まで設定できます。手軽に使えるシンプルな操作性が特長です。

ST-2D451とST-2D351の価格の違い

※2023年4月22日現在の価格です。価格は変動しますので購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

調査時に在庫が無いなどで価格がわからない時は表記していませんが、購入時に在庫があるかもしれませんでご確認ください。

ST-2D451の価格

Amazon:19,800円前後

楽天市場:19,800円前後

Yahoo!ショッピング:19,800円前後

2022年11月発売から価格はかわりありません。

↓最新価格はこちらチェック↓

ホワイト▼

ブラック▼

ST-2D351の価格

Amazon:15,100円前後

楽天市場:17,800円前後

Yahoo!ショッピング:17,800円前後

ST-2D451が発売して型落ちしたので価格が若干下がりました。大きな値下がりではなく、若干程度です。値下がりする傾向ではありますが、イマイチ値下がり度は低いです。

↓最新価格はこちらチェック↓

ホワイト▼

ブラック▼

ST-2D451はパン好きな人におすすめ

  • いろんな種類のパンを最適においしく焼きたい!
  • パンが好き!おいしく食べたい!
  • パンの焼き色を好みで選びたい!
  • 家族でパンの焼き具合の好みが違う
  • 焼き芋の焼き具合のホクホクとねっとりを気分で選んで食べたい

豊富なメニューでパンの種類によっておいしく焼き上げて食べたいあなたにおすすめです。

ST-2D351は予算重視でパンを焼けたらいい人におすすめ

  • 予算を重視で決めたい
  • トーストや焼き芋など定番のメニューがあればいい

予算を優先して選びたいあなたにおすすめです。

ST-2D451とST-2D351の口コミ評判は?

ここからはST-2D451とST-2D351の口コミ評判をみていきましょう。

ST-2D451の口コミ評判

  • 忙しい朝に90秒で焼けるのは助かる!
  • ボタン操作が想像以上に使いやすい。
  • 6枚切の食パンを外はカリッと中はしっとりと焼き上げてくれる。今で使っていたトースターはパサパサになっていたので満足。
  • ヒーターがすぐに立ち上がるので、トーストは外がサクッと、中はふわっと水分を保持したまま焼きあがる。トーストがこんなにもおいしいと思ったのは初めて。

ST-2D451は発売して日が浅いので口コミはまだ少なめですが、高評価ばかりでした。

ST-2D351の口コミ評判

  • 庫内が少しせまいので、大量に焼きたい時は物足りなさを感じる。
  • 4枚焼けるモデルがほしい。
  • 白はやや汚れが目立つかな。
  • 1年3か月で壊れた。

気になる口コミでは、半年から1年半くらいで壊れたというのがありました。あたりハズレがあるみたいです。うまく焼けなくて交換した口コミもあるので、ハズレを引いてしまうと残念な気持ちになりそう。

  • デザインがおしゃれで気に入っている。
  • 90秒で外はカリッと中はしっとりは十分なクオリティで評判通り満足している。
  • 冷凍したパンを焼いた時のパリッと感は私の歴代1位でおいしい。
  • 水を入れる手間がないのがいい。
  • 冷凍エビてんぷらが口では言い表せないくらいカリカリサクサク!
  • 焼き上がり後に10秒単位で追加加熱できるのがいい。

口コミのほとんどは焼き具合に感動して満足度が高かったです。

外はカリッと中はふわっと焼くために100均などでスチーム皿がありますが、シロカのすばやきトースターは必要なく、そのままパンを焼くだけです。スチーム皿は焼くたびに水を入れる手間や放置した時の衛生面からも使いたくない人もいます。

スチーム皿を使わずにカリッフワッを焼けるのが高評価でした。

まとめ:パンを楽しむならST-2D451がおすすめ

この記事ではシロカのすばやきトースターのST-2D451とST-2D351の違いを紹介しました。最後のポイントをまとめておきますね。

ST-2D451とST-2D351の違い
  • ST-2D451はオートメニュー数が16種類、ST-2D351は9種類
  • ST-2D451は40~280℃と幅広い、ST-2D351は60~280℃
  • ST-2D451はヒーターの(上下/上のみ/下のみ)の設定ができる
  • 型落ちしたST-2D351の方が価格が安い

ST-2D451はオートメニュー数が増えて、よりおいしくパンが焼けるようになりました。パン好きは設定を細かく選択して、微妙な焼き具合を楽しみたいですよね!

ST-2D451とST-2D351の共通の特長は

ST-2D451とST-2D351の共通の特長
  • シロカ独自の炎風テクノロジーとおいしさ理論で1枚90秒ですばやく焼き上げる
  • レシピサイトでいろんなアレンジを楽しめる
  • 見やすい表示パネル
  • お手入れがカンタン

水を入れなくても、外がカリッと中はふわっとしっとり焼き上げるすばやきトースター。パン好きならチェックですよ。

あなたの生活がより快適になることができるように、この記事でお手伝いができたら光栄です^^

タイトルとURLをコピーしました