アイリスオーヤマ ジャーポット 2.2L メカ式 IMHD-022-W、マイコン式 IAHD-022-Bの特徴の違い

アイリスオーヤマ IMHD-022-W IAHD-022-B 電気ケトル・ポット
くじらこ
くじらこ

熱湯をすぐに使えるって便利よね!

でもおしゃれなデザインのポットって少ないわよね・・・

くじらの長老
くじらの長老

アイリスオーヤマから発売したポットはスクエアデザインでおしゃれじゃと思うぞぃ

ジャーポットってポット!って感じのデザインばかりで、おしゃれなポットって少ないと思いませんか?

アイリスオーヤマから発売されたジャーポットは今までにないおしゃれな雰囲気が漂っています。

今回はアイリスオーヤマのジャーポット 2.2L IMHD-022-W、IAHD-022-Bを紹介します。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマのジャーポットのラインナップ

まずはアイリスオーヤマのジャーポットの2020年6月時点に発売されているラインナップをみてください。

  • ジャーポット 2.2L メカ式 IMHD-022-W
  • ジャーポット 2.2L マイコン式 IAHD-022-B
  • ジャーポット 3.0L メカ式 IMHD-030-W
  • ジャーポット 3.0L マイコン式 IAHD-030-B

4機種あります。

3.0LのIMHD-030-W、IAHD-030-Bの違いはこちらの記事で紹介しました。

大きな違いはメカ式とマイコン式の違いでした。マイコン式は機能が多く、好みに合わせた設定ができ便利です。

さて、2.2LのIMHD-022-W、IAHD-022-Bの違いもメカ式・マイコン式で違います。

違いも3.0LのIMHD-030-W、IAHD-030-Bと同じです。3.0Lと2.2Lの容量が違うだけで、仕様も特徴も同じです。

3.0LのIMHD-030-W、IAHD-030-Bの内容とほとんど同じですが、2.2LのIMHD-022-W、IAHD-022-Bの違いを紹介していきます。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

IMHD-022-W、IAHD-022-Bの仕様

アイリスオーヤマ IMHD-022-W IAHD-022-B
IMHD-022-WIAHD-022-B
メカ式マイコン式
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
21.8x27.9x26.0cm21.8×27.9×25.6cm
重さ約2.2kg約2.2kg
コード長さ1.4m
(マグネットプラグ式)
1.4m
(マグネットプラグ式)
定格容量2.2L2.2L
定格消費電力700W700W
消費電力量*
1日あたり
年間

1.25kWh/日
454kWh/年

1.25kWh/日
456kWh/年
電源ポンプ消費電力
/定格時間
3.0W/2分3.0W/2分
安全機能ロックスイッチ
空だき防止機能
マグネットプラグ
自動ロック電動給湯
空だき防止機能
マグネットプラグ
その他機能再沸騰ボタン
フタは取り外し可能
取っ手付き
汚れが付着しにくおフッ素コート
再沸騰モード
フタは取り外し可能
取っ手付き
汚れが付着しにくいフッ素コート
保温・温度選択(70・90・98℃)
保温中:青、沸騰中:赤の状態表示
付属品
カラーホワイトブラック
発売年2019年2019年

* 室温23℃、湯沸かし2回/1日、再沸とう1回/1日、保温23時間/1日、365日/年、その他水量などの試験条件:(-社)日本電機工業会自主基準HD-112による測定

仕様からわかる違いは

  • メカ式とマイコン式
  • サイズ・カラー
  • 消費電力量
  • 安全機能のロックの違い
  • 保温・温度設定の有無
  • 状態の表示の有無

メカ式とマイコン式の大きな違いから色んな違いがあります。

特徴の違いでみていきましょう。

IMHD-022-W、IAHD-022-Bの特徴の違い

仕様から以下の違いがわかりました。

  • メカ式とマイコン式
  • サイズ・カラー
  • 消費電力量
  • 安全機能のロックの違い
  • 保温・温度設定の有無
  • 状態の表示の有無

まずはメカ式とマイコン式の違いをみてきましょう。

アイリスオーヤマの電気ケトル・ジャーポットの機能の説明やラインナップはこちら。

メカ式とマイコン式の違い

メカ式とマイコン式の違いは簡単に言うと、「操作の違い」になります。

しかしジャーポットの場合、少しわかりにくいです。

アイリスオーヤマ IMHD-022-W

IMHD-022-W メカ式

アイリスオーヤマ IAHD-022-B

IAHD-022-B マイコン式

(画像はクリックすると拡大します)

タワーファン、ファンヒーターなどはダイヤルで操作するのがメカ式、ボタンを押して操作するのがマイコン式でした。

ジャーポットのメカ式はロックスイッチ以外はボタンになっているので少しわかりにくくなっています。

スイッチなどのオウトツのあるものになれば、操作しやすいのでシンプルで単純な機能がいい人におすすめです。

反対にマイコン式はボタンで操作することになりますが機能が多くなります。細かく自分の好みに設定したい人におすすめです。

サイズ・カラーの違い

アイリスオーヤマ IMHD-022-W IAHD-022-B
IMHD-022-WIAHD-022-B
サイズ21.8×27.9×26.0cm21.8×27.9×25.6cm
カラーホワイトブラック

サイズはIMHD-022-Wの方が少しだけ高くなります。

なんだろうなぁと考えてみたら、スイッチの高さ分IMHD-022-Wの方が高くなっているだけでした。全体のサイズは変わりません。

アイリスオーヤマは品番ごとにカラーを変えるパターンが多く、今回のジャーポットも1品番で1カラーとなっています。

メカ式はホワイト、マイコン式はブラックです。

消費電力量の違い

IMHD-022-WIAHD-022-B
消費電力量
1日あたり
年間

1.25kWh/日
454kWh/年間

1.25kWh/日
456kWh/年間

誤差程度ですが、IMHD-022-WとIAHD-022-Bは消費電力量が少しだけ違います。

安全機能のロックの違い

IMHD-022-W、IAHD-022-Bともに安全機能のロックはありますが、少し違います。

アイリスオーヤマ IMHD-022-W

IMHD-022-W メカ式

アイリスオーヤマ IMHD-022-B

IAHD-022-B マイコン式

(画像はクリックすると拡大します)

メカ式のロックはスイッチ式になっていて手動で切り替えます。

マイコン式のロックはボタン式になっていて、自動でロックがかかります。

手動と自動で大きな違いになります。

小さなお子さんがいると間違ってボタンを押して熱湯が出てきて事故となりますが、自動でロックがかかるのならば安心です。

保温・温度設定の有無の違い

アイリスオーヤマ IAHD-022-B
アイリスオーヤマ IAHD-022-B

(画像はクリックすると拡大します/IAHD-022-Bより)

IAHD-022-Bの機能になります。

温度設定ができ、保温温度を3種類(70・90・98℃)から選択できます。

赤ちゃんのミルクを作る時は便利ですね。ミルクを作るたびに温度を測って湯を沸かすとなると手間も時間もかかります。

ポットですぐに準備ができれば育児の負担が少しだけでも軽減されます。

状態の表示の有無の違い

アイリスオーヤマ IAHD-022-B

(画像はクリックすると拡大します/IAHD-022-Bより)

マイコン式のIAHD-022-Bのみの機能です。

沸騰中なら赤、保温状態なら青と水位窓に明かりで表示されるので、一目見るだけで状態がわかりやすくなっています。

デメリットは夜など暗い時間帯に明るいくらいです。枕元にポットを常時置いておくのなら、チェックしておきましょう。

メカ式とマイコン式では機能の多さなど大きな違いがありました。

  • メカ式とマイコン式
  • サイズ・カラー
  • 消費電力量
  • 安全機能のロックの違い
  • 保温・温度設定の有無
  • 状態の表示の有無

ロック機能や温度設定など、環境や状況によって使い勝手の快適さが違ってきます。

機能が必要かどうかよく検討する必要があります。

IMHD-022-W、IAHD-022-Bのレビュー

仕様、特徴の違いとみてきましたが、ここで購入者のレビューをチェックしてみましょう。

IMHD-022-Wのレビュー 8件

4.0

●余計な機能がなくて使いやすい。

●シンプル&コンパクトが欲しかったのでピッタリでした!

●シンプルでお洒落なポットを探していた所これを見つけて購入しました。機能もシンプルな物で良かったので、値段と見た目、使い心地に満足しています。多くの機能を求めないのであれば十分満足出来ると思います。

アイリスプラザ

IAHD-022-Bのレビュー 5件

3.8

●3.0リットルと迷いましたが、2人家族なのでこちらにしました。見た目もオシャレで気に入っています。温度が選べるのもありがたいです。この値段はかなり安いと思います。

●シンプルなデザインでとても気に入っています!

アイリスプラザ

IMHD-022-W、IAHD-022-Bともに★4ほどで評価はいいですが、気になる意見も目立ちました。

  • お湯の出が激しい(IMHD-022-W)
  • プラスチック臭がする(IAHD-022-B)
  • 蓋が戻りやすい(IAHD-022-B)

キッチン家電での意見で見られるのが、「ニオイ」に関してです。すべての人ではないですが、運悪くニオイのある製品にあたってしまう人がいます。

回数を重ねて使うとニオイは消えていきますが、それでもニオイが気になるならアイリスオーヤマ(またはアイリスプラザ)へ問い合わせてみるのもいいかもしれません。

3.0LのIMHD-030-W、IAHD-030-Bのレビューでもあった意見ですが、フタを開けて水を入れようとするとフタが戻りやすいとありました。これはメンドウですが気を付けるしかありません。

お湯の出がよい、お湯の出が激しいとの2つのレビューがありました。個人の感覚によるところもあるので難しいところです。

他の家電もですが、レビューの意見によって次回の機能などが改善されることがあります。

気になることがあれば積極的にレビューをして、アイリスプラザの特典となるレビューを書いてポイントをゲットしましょう。

これからどんどん改良されていくと良いですね。

IMHD-022-W、IAHD-022-Bの価格

最後に気になるか買うをみていきましょう。

IMHD-022-WIAMD-022-B
アイリスプラザ
(税抜価格)
5,900円6,900円
Amazon4,831円5,181円
楽天市場4,980円5,181円
Yahoo!ショッピング4,780円5,180円

※2020年6月28日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

5000~6000円ほどで購入できます。マイコン式 IAHD-022-Bの方が若干価格が上ですが、機能が多いので納得です。

\通販サイトでの購入はこちら/

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

一概に機能が多い方がいい!って言えないわよね

くじらの長老
くじらの長老

湯が沸けばいいんじゃぞぃ

シンプルな機能のメカ式IMHD-022-Wはお湯が沸けばいい人におすすめ。

機能の多いマイコン式IAHD-022-Bはお好みの温度で使い人、お子さんがいる家庭におすすめ。

検討してみてください。