IJDC-K80とIJD-I50の違いを比較!口コミや電気代も調査 サーキュレーター衣類乾燥除湿機

アイリスオーヤマ IJDC-K80 IJD-I50サーキュレーター衣類乾燥除湿機
くじらこ
くじらこ

IJDC-K80とIJD-I50の違いって除湿可能面積だけじゃないの?

くじらの長老
くじらの長老

IJDC-K80は除湿可能面積は広いが、タンク容量も大きいんじゃぞぃ

だから消費電力も大きくなり、電気代もIJD-I50よりも高くなるの

現在の部屋の湿度がわかる湿度ランプもあるんじゃ

この記事ではアイリスオーヤマのサーキュレーター衣類乾燥除湿機のIJDC-K80とIJD-I50の違いを比較しています。

サーキュレーターと除湿機が1台2役になったサーキュレーター衣類乾燥除湿機は2つのグループにわけることができます。

末尾の数字の「80」と「50」です。

この数字は1日の定格除湿能力をあらわしています。

IJDC-K80は1日で約8Lを除湿します。IJD-I50は1日で約5Lを除湿します。

IJDC-K80とIJD-I50の除湿能力以外の違いは

  • IJDC-K80は約8L/日、IJD-I50は約5L/日の定格除湿能力
  • IJDC-K80が除湿可能面積が大きい
  • IJDC-K80はタンク容量が大きい
  • IJDC-K80は湿度ランプがある
  • IJDC-K80が消費電力が高く、電気代も高い
  • IJD-I50が静か
  • 操作パネルのボタン位置
  • サイズ・重さ・コード長さ・カラー・発売年

が違います。

IJDC-K80は

1日約8Lの除湿能力があり、木造約10畳~鉄筋コンクリート約20畳までの広さに対応

水タンク容量は約3.5Lと大きいです。

現在の湿度を色で知らせてくれる湿度ランプがあり、一目でわかりやすいです。

消費電力が720Wで電気代もIJD-I50より高くなります。

約34dBで約40dBの図書館レベルよりも静かです。

IJD-I50は

1日約5Lの除湿能力があり、木造約6畳~鉄筋コンクリート約13畳まで対応しています。

水タンク容量は約2.5Lと、持ちやすいサイズです。

消費電力は約590WでIJDC-K80よりも電気代が安くなります。

約29dBで約30dBのささやき声レベルで静かです。

価格はIJDC-K80より安いです。

除湿する部屋の広さや衣類乾燥したい量で選ぶといいですね。まずは使う予定の部屋の広さを確認してください。

水タンクの大きさは排水のしやすさ、静音レベルは使う部屋によって変わってきます。

一つの目安としては4人家族ならIJDC-K80がおすすめです。

家族が多くて洗濯物の量も多いのならIJDC-K80がいいでしょう。

本体や水タンクの持ち運びを軽くしたいならIJD-I50がいいかもしれません。重すぎるとストレスになりますから。

除湿能力や除湿可能面積、重さ、持ち運びのしやすさなどチェックすべき点がたくさんあるので一つ一つ確認してください。

\除湿能力約8L/日のIJDC-K80はこちら/

除湿可能面積やタンク容量など大きい♪大家族・洗濯物が多い家族向け♪

\除湿能力が約5L/日のIJD-I50はこちら/

コンパクトサイズ♪持ち運びや排水がしやすい♪

天面ブラック▼

天面グレー▼

IJDC-K80とIJD-I50の違いを比較 サーキュレーター衣類乾燥除湿機 アイリスオーヤマ

ここからはIJDC-K80とIJD-I50の違いをくわしくみていきましょう。

  • IJDC-K80は約8L/日、IJD-I50は約5L/日の定格除湿能力
  • IJDC-K80が除湿可能面積が大きい
  • IJDC-K80はタンク容量が大きい
  • IJDC-K80は湿度ランプがある
  • IJDC-K80が消費電力が高く、電気代も高い
  • IJD-I50が静か
  • 操作パネルのボタン位置
  • サイズ・重さ・コード長さ・カラー・発売年

違い①IJDC-K80は約8L/日、IJD-I50は約5L/日の定格除湿能力

IJDC-K80IJD-I50
定格除湿能力約8.0L/日約5.0L/日

1日に除湿できる量をあらわしています。

除湿する能力が大きいということはそれだけパワフルということですね。

違い②IJDC-K80は除湿可能面積が大きい

アイリスオーヤマ IJDC-K80
アイリスプラザより IJDC-K80
IJDC-K80IJD-I50
木造17㎡ 10畳10㎡ 6畳
プレハブ25㎡ 15畳16㎡ 10畳
鉄筋コンクリート33㎡ 20畳21㎡ 13畳

IJDC-K80はIJD-I50より広い部屋で使えます。

必ず使う部屋の広さを確認してください。広い部屋に小さな能力の除湿機を置くと十分に除湿できません。

違い③IJDC-K80がタンク容量が大きい

IJDC-K80の水タンク容量は約3.5Lです。

アイリスオーヤマ KIJDC-K80 タンク
アイリスプラザより IJDC-K80

引き出しがスムーズにでき、ハンドルがあるので持ち運びも楽にできます。

フタ付きなので水がこぼれる心配もありません。

アイリスオーヤマ IJD-I50 タンク
アイリスプラザより IJD-I50

IJD-I50の水タンク容量は約2.5Lです。

2Lペットボトルと500mlのペットボトルを持った重さですね。

フタ付きなのでこぼれる心配がありません。

違い④IJDC-K80には湿度ランプがある

アイリスオーヤマ IJDC-K80
アイリスプラザより IJDC-K80

IJDC-K80には湿度ランプがあります。湿度が高い・低いの目安となります。

遠くからでも色で見分けがついてわかりやすいですね。

違い⑤IJDC-K80とIJD-I50の消費電力の違い

IJDC-K80IJD-I50
消費電力720W590W

消費電力が違うと電気料金も変わってきます。

IJDC-K80とIJD-I50の電気代を比較

電気料金は消費電力と使用時間で計算できます。

IJDC-K80
720W
IJD-I50
590W
2時間使用38.88円31.86円
4時間使用 77.76円63.72円
8時間使用155.52円127.44円
1日2時間30日使用 1166.4円955.8円

1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。

地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

サーキュレーターと除湿を使って洗濯物を乾かすと約72分で乾きます。

アイリスオーヤマ IJDC-K80
アイリスプラザより IJDC-K80

最速では2時間以内に乾くので、IJDC-K80を30日使用したとしても1500円以下に抑えられるので安心して使えますね(環境により変わります)。

部屋干しの生乾き臭が解消されて、電気代もおさえられてメリットが大きいです。

違い⑥IJD-I50が静か

アイリスオーヤマ IJD-I50 静音
アイリスプラザより IJD-I50
IJDC-K80IJD-I50
弱モード34dB29dB

IJD-I50が少し静かな運転音です。

IJDC-K80は除湿可能面積、定格除湿能力などが大きいことから、少しだけ運転音がIJD-I50より大きくなります。これは仕方がないですね。

騒音レベルの基準は

約30dB:郊外の深夜、ささやき声

約40dB:市内の深夜、図書館、静かな住宅地の昼

IJDC-K80とIJD-I50は約30dBに近いレベルのなので静かと言えます。

違い⑦操作パネルのボタンの位置の違い

操作パネルはサーキュレーターのサイドに位置しています。

アイリスオーヤマ IJDC-K80 操作パネル
アイリスプラザより IJDC-K80

IJDC-K80はサーキュレーターの左右に均等に振り分けられて位置しています。

ゆったりしていて、ボタンも大きく、操作しやすいです。

アイリスオーヤマ IJD-I50 操作パネル
アイリスプラザより IJD-I50

IJD-I50は向かって右側にまとめて位置しています。

少しボタンは小さめですが、少ない動作で操作できます。

違い⑧サイズ・重さ・コード長さ・カラー・発売年の違い

除湿能力や水タンク容量が違うので、本体サイズや重さなどが違ってきます。

IJDC-K80IJD-I50
サイズ33.4×28.5×73.9cm28.7×23.4×64.0cm
重さ約11.5kg約7.8kg
コード長さ2.0m1.6m
カラーホワイト
天面:ホワイト
ホワイト
天面:ブラック
天面:グレー
発売年2020年2019年

IJDC-K80の方が大きくて重いです。約11.5kgもあるので、女性や力の弱い高齢者は持つ運ぶ際は気をつけてくださいね。

コード長さも2020年発売IJDC-K80の方が約20cmほど長くなっています。サーキュレーターで風を送るので、部屋の中心に置いて部屋の空気を動かす方が乾きやすいのでしょう。

天面のカラーが違うので見分けが付きやすいです。

IJD-I50には天面がブラックバージョンとグレーバージョンがあります。

違い⑨IJDC-K80とIJD-I50の価格の違い

■IJDC-K80の価格

アイリスプラザ:34,800円(最新価格をチェック!

Amazon:24,030円~(最新価格をチェック!

楽天市場:24,800円~(最新価格をチェック!

Yahoo!ショッピング:24,800円~(最新価格をチェック!

■IJD-I50の価格

アイリスプラザ:25,530円(最新価格をチェック!

Amazon:17,800円~(最新価格をチェック!

楽天市場:17,800円~(最新価格をチェック!

Yahoo!ショッピング:17,800円~(最新価格をチェック!

※2022年9月15日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

外干しを避ける花粉飛ぶ時期(2月くらいから)価格が上がる傾向です。夏~秋くらいは価格が落ち着いています。

2022年は値上がりの波がきています。

IJDC-K80の口コミ評判

2022年9月現在の口コミ件数は楽天市場450件以上、Yahoo!ショッピングは480件以上、アイリスプラザは300件以上と多く寄せられています。

音が大きいかな、という意見がありますが、

  • 部屋干しの洗濯物がすぐに乾く!
  • 湿気も取れて気持ちいい
  • もっと早く買っておけばよかった

などの声が寄せられています。では早速くわしく見ていきましょう。

IJDC-K80の悪い口コミ評判とデメリット

まずは悪い口コミからみていきます。

■洗濯物は風が当たる部分はしっかり乾くけど、当たらないところは乾ききらないことがあります。

■奥の方のお洗濯物は風を強くしないと、乾きが悪かったです。

洗濯物が密すぎたり、離れていると風が届かず洗濯物の乾きが悪いこともあります。

全体に風が届くような範囲に適度な間隔をあけて乾かすといいですね。慣れないうちは工夫が必要になります。

■音がかなり大きいので階下に響かないように100均でマットを買って敷きました。

■夜だと音は気になる

■除湿・サーキュレーターのどちらかを中以上にすると音が気になる

音が大きい意見が多めにありました。サーキュレーター衣類乾燥機のデメリットは音です。

除湿機がどうしても音がなる仕組みなので、浴室や離れた部屋で使う、マットなどを敷いて音の軽減するなど音が気にならない対策をするといいですよ。

■除湿機本体が熱くなる

デシカント式は温度が上がりやすい除湿機です。1年中使えますが、秋冬に使うと能力を発揮します。

室温も上がるので、完全に部屋を閉め切らないでドアや窓を開けておく対策をするといいですね。

■横移動はするけど、縦移動はできない。持ち上げると重たい

本体にキャスターが付いていますが、横移動しかできません。本体重さが約11.5kgもあるので持ち上げて運ぶのも大変です。

移動させて使うことが多いのなら台車などを使うといいですね。

IJDC-K80の良い口コミ評判とメリット

次はIJDC-K80の良い口コミをみていきましょう。

●ほんとにすぐ乾きます!!夏場は特に秒で乾きます!

●お風呂の乾燥機と一緒に使用して、半日で冬物も乾きます

●水捨ても簡単で、厚手のものも、しっかり乾いてくれます。

●夜の19時半くらいに干し始めて22時前にはほとんど乾いていました。

●バスタオルや衣類の乾燥が、2時間程度で仕上がります。

サーキュレーター+除湿で洗濯物がすぐに乾くので急ぎの洗濯物もラクラクですね。

カラッと乾くと気持ちいいです。

●こんなに湿気があったのかと驚くほどに水が溜まります

●ちょろちょろと音していると除湿している!と感じる

●8時間タイマーでタンクに水が半分以上溜まっていて朝カラッと乾いている

タンクに水がたまると除湿している実感ができます。約3.5Lの大きなタンクなので、水が溜まっていくのがたのしいですね。

●2台目ですが、大きいサイズに買い替えた

●うちの洗濯物の量では大きいサイズでよかった

洗濯物が多い、家族が多いと除湿能力が大きい8Lが人気です。

音が気になる意見がありますが、「気になる」程度です。少し離れた部屋で使うなどの対策をすれば気になりません。

洗濯物がカラッと早く乾くメリットの方が大きいです。総じて高評価です。

IJD-I50の口コミ評判

2022年9月現在、楽天市場は3600件以上、Yahoo!ショッピングは3800件以上、アイリスプラザは330件以上の口コミがありました。

発売年数が長く、初代サーキュレーター衣類乾燥除湿機であることやコンパクトなサイズで使いやすいのが人気の理由です。

  • 期待を裏切らずに快適に使用している
  • 冬場の洗濯物の乾きに困っていたけど、本当によく乾く
  • 生乾き臭がない
  • 部屋もジメジメしない
  • 部屋干しが早く乾く

と高評価です。部屋干しの洗濯物の乾きには困っていた人が多くしました。悩みを解決できる家電です。

IJD-I50の悪い口コミ評判とデメリット

まずはIJD-I50の悪い口コミをみていきましょう。

■音がうるさい

■2階で使用していても1階まで作動音が聞こえてゴォーっという振動も伝わってきます。

■サーキュレーターの強モードだとうるさい

強モードにすると音が大きくなるので、昼間に使う時は強モード、夜間に使う時は弱モードと使い分けるといいですね。

■保証期間が切れた絶妙な時に壊れる

■1年ほどで壊れる

IJD-I50では1年弱~1年半ほどで壊れると書き込みをしている人が多くみられました。

よく乾くし便利な家電なので、1年ほどで壊れるとショックですね。お値段もしますので。

気になる方は購入を控えた方がよさそうです。

■サーキュレーターの掃除がしにくい。後ろが外せないのでホコリが取り切れない

サーキュレーターは強力に風を送るので、羽根ガードにホコリがたまりやすいです。さらに洗濯物を乾かしているのでホコリや繊維がからみやすい。

サーキュレーター部分はこまめにお手入れしたいですが・・・羽根ガードが外れないので全体をキレイに掃除できず、奥の方にホコリがたまってしまいます。

これは気になります!羽根ガードを掃除した後に残ったホコリが飛んでいくのもイヤだし。

羽根ガードを取って快適にお手入れができるような改良を願うしかないですね。

IJD-I50の良い口コミ評判とメリット

次はIJD-I50の良い口コミをみていきましょう。

●長年の悩みだった生乾き臭が全くありません。おすすめです。

●サーキュレーターと除湿で、厚手の洗濯物の乾きも早く、部屋干し臭もない。

早く乾くので生乾き臭もおさえられます。

●雨が続いても、洗濯に悩まされることが無くなりました

●3畳のランドリールームですが、問題なく乾きます。

●雨の日などは、6人家族の洗濯物を朝干して夜にはほぼ乾きます。ただ、全てに風が当たらないので、 数時間ごとに場所を変えたりはしていますが。

●8時間タイマーにすると、朝にはふわふわに乾いています

●一番驚いたのは洗ったこどものお昼寝布団も朝にはちゃん乾いていたこと。 しっかり湿気もとってくれるのでタンクは1回でほぼ満タンになります。

洗濯物が気持ちよく乾くので満足度が高いです。洗濯物の乾きが悪いストレスが解消します。

●毎日タンクいっぱいに水が溜まってて、驚きます

●半日程弱で動かして水が半分くらいはたまっていて、こんなに水がたまるのかとおどろいてます

タンクに水がたまると湿気の多さに驚き、除湿できたことが楽しくなります。

●クローゼットの中や玄関なども除湿できカビ対策にも活躍

洗濯物を乾かす以外にも、クローゼットや押し入れの湿気や他の部屋でも使えますね。

IJDC-K80とIJD-I50のおすすめはどっち?

おすすめはどちらでしょうか。購入の際の参考にしてください。

IJDC-K80はこんな人におすすめ

  • 除湿可能面積は木造10畳、プレハブ15畳、鉄筋コンクリート20畳まで
  • タンク容量約3.5Lと大きいので、水を捨てる回数が少なくてすましたい
  • 水タンクが重たくてもいい
  • とても湿気の多い部屋に使いたい
  • 4人家族以上でとても洗濯物が多い
  • 湿度ランプで現在の湿度をチェックしておきたい
  • 操作パネルのボタンは大きくて押しやすい方がいい
\除湿能力約8L/日のIJDC-K80はこちら/

除湿可能面積やタンク容量など大きい♪大家族・洗濯物が多い家族向け♪

IJD-I50はこんな人におすすめ

  • 適用床面積は木造6畳、プレハブ10畳、鉄筋コンクリート13畳まで
  • 水タンクをこまめに捨てるのに苦にならない
  • できるだけ本体は小さいほうがいい
  • 洗濯物が少ない
  • コンパクトでできるだけ軽い方がいい
  • できるだけ音は静かな方がいい
\除湿能力が約5L/日のIJD-I50はこちら/

コンパクトサイズ♪持ち運びや排水がしやすい♪

天面ブラック▼

天面グレー▼

適用床面積がIJD-I50に合っていても、湿気が多い、洗濯物が多いなど環境や状況によってIJDC-K80を使ってもいいですね。

IJDC-K80とIJD-I50の共通の特長

ここからはIJDC-K80とIJD-I50の共通の特長を紹介します。

  • デシカント式で強力除湿
  • サーキュレーター+除湿でスピード部屋干し約72分
  • 約3.6mのワイド送風
  • 3段階の強さ選択
  • 切タイマーで切り忘れなし
  • 安全機能で安心

特長①「デシカント式」で強力除湿

除湿機には「デシカント式」「コンプレッサー式」の2つの除湿方法があります。

サーキュレーター衣類乾燥除湿機は「デシカント式」です。

アイリスオーヤマ IJDC-K80
アイリスプラザより IJDC-K80

デシカント式は吸い込んだ空気をヒーターで暖めて乾燥させて除湿します。

冬場にヒーターを付けると乾燥しますよね。その原理です。

デメリットとしてはヒーターを使って乾燥させるので温度が上がりやすいことです。梅雨~夏にかけての気温の高い時期はあまり能力を発揮できない場合があります。

梅雨・夏に強い除湿方式が「コンプレッサー式」です。

特長②サーキュレーター+除湿でスピード部屋干し約72分

アイリスオーヤマ IJDC-K80 衣類乾燥
アイリスプラザより IJDC-K80

サーキュレーターの風で湿気や水分を飛ばし、除湿機でぐんぐん除湿していくので、効率がよく乾かすことができます。

最速約72分で乾くので部屋干し臭もおさえられます。お部屋のジメジメも解消するので不快感のストレスもぐんと減ります。

特長③約3.6mのワイド送風

アイリスオーヤマ IJDC-K80 送風
アイリスプラザより IJDC-K80

左右:(自動)50・70・90°

上下:(手動)90°

左右は3段階の角度調節、上下は手動で調節できるので、衣類にピンポイントで送風することができます。

最大90°の左右首振りは3.6m幅の風になり、たくさんの衣類を乾かせます。

特長④3段階の強さ選択

アイリスオーヤマ IJD-I50
アイリスプラザより IJD-I50

サーキュレーター:弱・中・強

除湿:弱・中・強

サーキュレーターと除湿どちらも弱・中・強の3段階の強さ選択ができます。

パワフルに除湿したい時、弱めの風を送りたい時などお好みに合わせて設定できます。

特長⑤切タイマーで切り忘れなし

アイリスオーヤマ IJD-I50
アイリスプラザより IJD-I50

切タイマー:2・4・8時間

切タイマーは3つの時間から設定できます。洗濯物が少ない時、多い時など時間で調整することも可能。

切タイマーをしておけば切り忘れの心配もありません。

特長⑥安全機能で安心

アイリスオーヤマ IJDC-K80 安全機能
アイリスプラザより IJDC-K80

安全機能:湿度の異常を感知、転倒時に運転停止

2つの安全機能で安心です。

IJDC-K80とIJD-I50のスペック表

違いは赤太字にしています。

IJDC-K80IJD-I50
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
33.4×28.5×73.9cm28.7×23.4×64.0cm
重さ約11.5kg約7.8kg
コード長さ2.0m1.6m
電源電圧AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
消費電力720W590W
定格除湿能力8.0L/日5.0L/日
除湿可能面積の目安
 木造
 プレハブ
 鉄筋コンクリート

17㎡ 10畳
25㎡ 15畳
33㎡ 20畳

10㎡ 6畳
16㎡ 10畳
21㎡ 13畳
タンク容量約3.5L約2.5L
使用温度0~40℃0~40℃
除湿方式デシカント式デシカント式
首振りモード
 左右
 上下

50・70・90°
最大90°

50・70・90°
最大90°
強さ選択(各)
 サーキュレーター
 除湿




切タイマー2・4・8時間2・4・8時間
安全機能温度の異常を感知
点灯時に運転停止
温度の異常を感知
点灯時に運転停止
温度ランプブルー
水色
グリーン
お知らせランプ満水・タンク無しランプ満水・タンク無しランプ
その他機能静音 約34dB静音 約29dB
付属品
カラーホワイト
天面:ホワイト
ホワイト
天面:ブラック
天面:グレー
発売年2020年2019年
\除湿能力約8L/日のIJDC-K80はこちら/

除湿可能面積やタンク容量など大きい♪大家族・洗濯物が多い家族向け♪

\除湿能力が約5L/日のIJD-I50はこちら/

コンパクトサイズ♪持ち運びや排水がしやすい♪

天面ブラック▼

天面グレー▼

IJDC-K80とIJD-I50の違いを比較!おすすめは?電気代も調査 サーキュレーター衣類乾燥除湿機 アイリスオーヤマのまとめ

くじらこ
くじらこ

使う部屋の広さと洗濯物の量のチェックね!

くじらの長老
くじらの長老

除湿能力と除湿可能面積と水タンク容量が違うからの

しっかり確認じゃ

IJDC-K80は除湿能力がIJD-I50より高く、除湿可能面積も広いです。その分大きく、重たくなります。ひんぱんに持ち運んで使うにはデメリットです。

IJD-I50は除湿能力がIJDC-K80より劣りますが、本体サイズも小さめで約7.8kgと軽く持ち運びしやすいです。

除湿能力・除湿可能面積、洗濯物の量をチェックしつつ、持ち運びをする際も想像しながら選んでください。