IJDC-K80、IJD-I50の違いを比較!口コミや電気代も調査

アイリスオーヤマ IJDC-K80 IJD-I50 サーキュレーター
サーキュレーター衣類乾燥除湿機  IJDC-K80(左) IJD-I50(右)
くじらこ
くじらこ

IJDC-K80とIJD-I50の違いって適用床面積だけじゃないの?

くじらの長老
くじらの長老

除湿能力も違うし、IJDC-K80は湿度ランプがあるんじゃ

サーキュレーターと除湿機が1台2役になったサーキュレーター衣類乾燥除湿機は2つのグループにわけることができます。

末尾の数字の「80」と「50」です。

この数字は1日の定格除湿能力をあらわしています。

IJDC-K80は1日で約8Lを除湿します。IJD-I50は1日で約5Lを除湿します。

IJDC-K80とIJD-I50の除湿能力以外の違いは

  • サイズ
  • 重さ
  • コード長さ
  • カラー
  • 消費電力
  • 除湿可能面積の目安
  • タンク容量
  • 静音レベル
  • IJDC-K80は湿度ランプがある
  • 発売年

が違います。くわしくは本文の10ヶの違いでまとめています。

基本的に適用床面積の目安を確認してからどちらかを選ぶといいです。

湿気の多い部屋では1つ大きめを選ぶといいでしょう。除湿能力もですが、タンク容量が大きいので水を捨てる手間が減ります。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

サーキュレーター衣類乾燥除湿機8L IJDC-K80

サーキュレーター衣類乾燥除湿機 IJD-I50 全2色

\通販サイトでの購入はこちら/

除湿可能面積やタンク容量など大きく除湿能力が約8L/日のIJDC-K80はこちら▼

除湿能力が約5L/日で小さめサイズのIJD-I50はこちら▼

天面ブラック▼

天面グレー▼

除湿機の機能、ラインナップ、比較記事一覧はこちら↓

除湿方式の「デシカント式」と「コンプレッサー式」の違いは?

除湿機には「デシカント式」「コンプレッサー式」の2つの除湿方法があります。

サーキュレーター衣類乾燥除湿機は「デシカント式」です。

アイリスオーヤマ IJDC-K80
アイリスプラザより IJDC-K80

デシカント式は吸い込んだ空気をヒーターで暖めて乾燥させて除湿します。

冬場にヒーターを付けると乾燥しますよね。その原理です。

デメリットとしてはヒーターを使って乾燥させるので温度が上がりやすいことです。梅雨~夏にかけての気温の高い時期はあまり能力を発揮できない場合があります。

IJDC-K80、IJD-I50の違いは10ヶ

ここからはIJDC-K80とIJD-I50の違いをくわしくみていきましょう。

サイズ・重さ・コード長さ・カラー・発売年の基本スペックの違い

アイリスオーヤマ IJDC-K80 IJD-I50
サーキュレーター衣類乾燥除湿機 IJDC-K80(左) IJD-I50(右)
IJDC-K80IJD-I50
サイズ33.4×28.5×73.9cm28.7×23.4×64.0cm
重さ約11.5kg約7.8kg
コード長さ2.0m1.6m
カラーホワイト
天面:ホワイト
ホワイト
天面:ブラック
天面:グレー
発売年2020年2019年

基本的には似ているデザインですが、サイズ・重さが違います。IJDC-K80の方が大きくて重いです。

コード長さも2020年発売IJDC-K80の方が約20cmほど長くなっています。サーキュレーターで風を送るので、部屋の中心に置いて部屋の空気を動かす方が乾きやすいのでしょう。

天面のカラーが違うので、もし店頭で見かけることがあればすぐに見分けが付きます。

IJD-I50には天面がブラックバージョンとグレーバージョンがあります。

消費電力の違い

IJDC-K80IJD-I50
消費電力720W590W

消費電力が違います。この後に説明する除湿可能面積に関係してきます。

消費電力は高くなるほど電気料金も高くなります(同じ時間使用した場合)。

電気代はどのくらい?

電気料金は消費電力と使用時間で計算できます。

IJDC-K80
720W
IJD-I50
590W
2時間使用38.88円31.86円
4時間使用 77.76円 63.72円
8時間使用155.52円127.44円
1日2時間30日使用 1166.4円 955.8円

1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。

地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

サーキュレーターと除湿を使って洗濯物を乾かすと約72分で乾きます。

アイリスオーヤマ IJDC-K80
アイリスプラザより IJDC-K80

最速では2時間以内に乾くので、IJDC-K80を30日使用したとしても1500円以下に抑えられるので安心して使えますね(環境により変わります)。

部屋干しの生乾き臭が解消されて、電気代も比較的抑えられているのはいいことづくめです。

除湿可能面積の目安の違い

除湿可能面積の目安IJDC-K80IJD-I50
木造
プレハブ
鉄筋コンクリート
17㎡ 10畳
25㎡ 15畳
33㎡ 20畳
10㎡ 6畳
16㎡ 10畳
21㎡ 13畳

サーキュレーター衣類乾燥除湿機を使う部屋の対応する広さが違います。

IJDC-K80はIJD-I50より広い部屋で使えます。

必ず使う部屋の広さを確認してください。

使う部屋が広ければ、除湿能力をぐんと上げなければいけません。そのため消費電力も大きくなります。

定格除湿能力の違い

IJDC-K80IJD-I50
定格除湿能力約8.0L/日約5.0L/日

1日に除湿できる量をあらわしています。

除湿可能面積が広いことから、定格除湿能力もIJDC-K80が多くなっています。

タンク容量の違い

IJDC-K80IJD-I50
タンク容量約3.5L約2.5L

除湿すると吸い取った水を溜まっていきます。

その水を溜めるタンクの容量がIJDC-K80は大きくなっています。

IJDC-K80には湿度ランプがある

アイリスオーヤマ IJDC-K80
アイリスプラザより IJDC-K80

IJDC-K80には湿度ランプがあります。湿度が高い・低いの目安となります。

遠くからでも色で見分けがついてわかりやすいです。

静音レベルの違い

IJDC-K80IJD-I50
弱モード34dB29dB

IJD-I50が少し静かな運転音です。

IJDC-K80は除湿可能面積、定格除湿能力などが大きいことから、少しだけ運転音がIJD-I50より大きくなります。これは仕方がないですね。

スペック表での違いまとめ

IJDC-K80IJD-I50
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
33.4×28.5×73.9cm28.7×23.4×64.0cm
重さ約11.5kg約7.8kg
コード長さ2.0m1.6m
電源電圧AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
消費電力720W590W
定格除湿能力8.0L/日5.0L/日
除湿可能面積の目安
 木造
 プレハブ
 鉄筋コンクリート

17㎡ 10畳
25㎡ 15畳
33㎡ 20畳

10㎡ 6畳
16㎡ 10畳
21㎡ 13畳
タンク容量約3.5L約2.5L
使用温度0~40℃0~40℃
除湿方式デシカント式デシカント式
首振りモード
 左右
 上下

50・70・90°
最大90°

50・70・90°
最大90°
強さ選択(各)
 サーキュレーター
 除湿




切タイマー2・4・8時間2・4・8時間
安全機能温度の異常を感知
点灯時に運転停止
温度の異常を感知
点灯時に運転停止
温度ランプブルー
水色
グリーン
お知らせランプ満水・タンク無しランプ満水・タンク無しランプ
その他機能静音 約34dB静音 約29dB
付属品
カラーホワイト
天面:ホワイト
ホワイト
天面:ブラック
天面:グレー
発売年2020年2019年

価格

価格をみていきましょう。

IJDC-K80IJD-I50
アイリスプラザ29,800円22,800円
Amazon22,707円17,251円
楽天市場23,980円15,900円
Yahoo!ショッピング23,980円15,900円

※2021年12月2日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

除湿可能面積や定格除湿能力が高いIJDC-K80が価格が上になっています。

除湿可能面積・タンク容量・除湿能力が大きくなり、湿度ランプなどの新機能も付属していることからIJD-I50とIJDC-K80の価格差があると考えられます。

口コミをチェック!

人気のサーキュレーター衣類乾燥除湿機は口コミもたくさんありました。

IJDC-K80の口コミ

冬の部屋干し乾燥用に購入しましたので、まだ1回しか稼働してません。2時間くらい動かしてみましたが、結構音がするのと、場所も取るなと思ってます。

アイリスプラザ

音は大きいものも、乾燥の面ではおおむね満足しています。ただ首ふりの角度が時折上手くいかず左右どちらかだけの角度が広がる点と、タイマーの6時間がないのが残念だなと思いました。

アイリスプラザ

音は最大にするととてもうるさいので、別の部屋で使用します。本体脚に車が付いてないので、ちょっとした移動など持ち上げないといけないのが、なかなか面倒です。除湿した水が落ちるタンクは下部にあるので、身長が高い人は屈まないといけないので、少し手間かな?総合的には、除湿も早いし、買ってよかったです。

アイリスプラザ

めっちゃ大きい!音うるさい!部屋が結構暑くなる!などのマイナス面を差し引いても、結果、買って良かったです!その日の洗濯物はどうしてもその日のうちに洗いたくて、ほぼ部屋干しなので、助かってます!!

アイリスプラザ

結構大きいです。我が家は狭いので1サイズ下でもよかったかもしれないと思いました。音は強にするとかなりうるさいので弱で運転しています。サーキュレーターは室内の空気をかき混ぜてもらえるのでよかったです。

アイリスプラザ

IJD-I50の口コミ

本当に、渇きが早いです。洗濯物を干して、8時間タイマーをかけて出かけると家に帰ると乾いています。ただ、室温がとても上がるので夏場はクーラーと併用しないと、とても厳しいです。冬場にとても重宝しそうです。音は弱でないと基本うるさいです。

アイリスプラザ

たまに風が熱くなるときがありますが、快適に使えています!音はかなり大きめだと思います!

アイリスプラザ

すぐ乾きます。一部屋締め切って利用してます。MAX除湿だとだいぶ室温が上がります。また、衣類くずホコリが出ますので、乾燥後は必ず掃除機かけてます。一見面倒なようですが、ただ部屋干ししただけだと衣類に残っていた筈のゴミが取れてるわけですから、ありがたい。一点、排水ケースが取り出しづらいので改善した方が良いかと思います。

アイリスプラザ

ひと晩でジーンズも乾き、部屋の湿っぽさも無くなり、部屋干しの強い味方です。皆さんが書かれている通り、サーキュレーターをつけず除湿だけにしても温風が出るので音は気になります。その温風だけでも充分お洗濯物は乾く感じです。部屋の温度は少し上がります。真夏は使えないのですが、それ以外のシーズンは問題なく使えると思います。とくに冬場の脱衣室や室内干しにも重宝すると思います。普段使わない和室で座布団を入れている押し入れの戸を開けて動かしてみたところ、タンク一杯の水が溜まり本当にビックリしました。

アイリスプラザ

フルタイムで働く方で、部屋干しが多い家庭には、絶対1度使ってみて‼と、言いたいです。除湿機と、サーキュレーターを別々に使う事も出来る為、部屋干ししていなくても、除湿機だけ稼働させる事も出来ます。また、タイマーも付いているので、これも便利。サーキュレーターも、扇風機より静かでパワフル。一年中通して使える便利な家電です。

アイリスプラザ

以前使っていた除湿機より衣類の乾燥がとても速く大変気に入りました。これで梅雨も怖くありません。一つ気になる点は水が溜まるタンクの容量が少なく頻繁に水を捨てる点です。それ以外は満足です。

アイリスプラザ

雨降りやなどに使用してますがとてもよく乾きます。強にすると少し音が大きいのが気になりますが脱衣所で使用するとそれほど気になりません

アイリスプラザ

口コミのまとめ

2021年発売のIJD-I50は販売期間が長いので口コミも多いです。

300件近く(アイリスプラザのみ)あるので人気がわかります。

どちらも共通する気になる点は

  • 本体が大きい
  • 音がうるさい
  • 室温が上がる

店舗などで見ると意外と小さいな・・・と思うのですが、家に置くと急に大きく感じます。

本体のサイズを確認して、設置場所、使う部屋におく想像してみてくださいね。

多くの人が「音が大きい」「音がうるさい」とあります。除湿機の課題ですね。

テレビのある部屋や人が常時いる部屋に置くのは避けた方がいいかな。

室温が上がるので、梅雨時や夏場は使えなくなります。脱衣所や洗濯物を干す部屋として一室使っています。

音と室温を考えると、リビングの端で洗濯物を乾かすことはおすすめできません。

それらのデメリットがありますが、全体の満足度は高く★4以上です。洗濯物の乾燥は満足度が高いことがわかりました。

デメリットはある?

口コミでもあったように除湿機は

  • 音が大きい
  • デシカント式は室温が上がる

リビングや寝室では使いにくいです。別室で使うのがおすすめ。

設置スペースも必要なので、どこの部屋でどこに置くかをきちんと考えて購入したいですね。

おすすめはどっち?

今回は適用床面積やタンク容量が違ってくるので比較的決めやすいですね。それでも悩む人は参考にしてください。

IJDC-K80にはこんな人がおすすめ

  • 適用床面積は木造10畳、鉄筋コンクリート20畳まで
  • タンク容量約3.5Lと大きいので、水を捨てる回数が少なくてすむ
  • 水タンクが重たくてもいい(仕方ない)
  • とても湿気の多い多い部屋に使いたい
  • とても洗濯物が多い

IJD-I50はこんな人がおすすめ

  • 適用床面積は木造6畳、鉄筋コンクリート13畳まで
  • 水タンクをこまめに捨てるのに苦にならない
  • できるだけ本体は小さいほうがいい
  • 洗濯物が少ない

適用床面積がIJD-I50に合っていても、湿気が多い、洗濯物が多ければIJDC-K80を使ってもいいですね。

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

IJDC-K80は広い部屋で使えるけど、リビングでは使わない方がいいわね

くじらの長老
くじらの長老

寒い冬は乾燥より加湿じゃぞぃ!

IJDC-K80は除湿能力がIJD-I50より高いので、早く洗濯物を乾かしたいならおすすめです。

検討してみてください。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

サーキュレーター衣類乾燥除湿機8L IJDC-K80【アイリスプラザ】

サーキュレーター衣類乾燥除湿機 天面ブラック IJD-I50【アイリスプラザ】

\通販サイトでの購入はこちら/

除湿可能面積やタンク容量など大きく除湿能力が約8L/日のIJDC-K80はこちら▼

除湿能力が約5L/日で小さめサイズのIJD-I50はこちら▼

天面ブラック▼

天面グレー▼