アイリスオーヤマ タワーファン KTWF-C73-Wの特徴

アイリスオーヤマ KTWF-C73-W タワーファン
くじらこ
くじらこ

2020年のタワーファンの販売している数が少ないわ・・・

くじらの長老
くじらの長老

2019年から販売しているタワーファンが完売しているのと、新発売が少ないからのぅ

2020年はタワーファンではなく、サーキュレーターに力を入れているアイリスオーヤマ。

主力カテゴリーの商品を増やして、その他のカテゴリーは少し寂しいラインナップとなっています。

今回はアイリスオーヤマのタワーファン KTWF-C73-Wを紹介します。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマのタワーファンのラインナップ

まずはアイリスオーヤマのタワーファンの一覧をみてください。

  • 上下ルーバータワーファン mini メカ式 TWF-M6T
  • タワーファン KTF-C61TS
  • タワーファン マイコン式 KTWF-C73-W

2020年8月現在、3機種あります。完売している機種は含まれません。

ミニサイズのタワーファンはこちらの記事で詳しく紹介しています。

あと一つのKTWF-C73-Wは普通サイズのタワーファンです。

それでは詳しくみていきましょう。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

KTWF-C73-Wの仕様

アイリスオーヤマ KTWF-C73-W
操作方式マイコン式
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
24.5×24.5×76.5cm
重さ約3.0kg
コード長さ1.8m
消費電力
50Hz
60Hz

強/27W 中/25W 弱/23W
強/30W 中/27W 弱/24W
風量調節3段階
弱・中・強
運転モード連続
リズム
おやすみ
首振り左右 自動 65°
上下 -
切タイマー0.5・1・2・4時間
送風口サイズ41.5x6cm
その他機能風の到達距離 6m
静音 37dB
付属品リモコン(本体にホルダー収納)
カラーホワイト
発売年2020年
アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

KTWF-C73-Wの特徴

KTWF-C73-Wの特徴はマイコン式で多機能です。

マイコン式って何?

アイリスオーヤマ TWF-M6T

メカ式 TWF-M6Tより

アイリスオーヤマ KTWF-C73-W

マイコン式 KTWF-C73-W

(画像はクリックすると拡大します)

KTWF-C73-Wはマイコン式なのですが、ではそのマイコン式って何?

簡単にいうと、マイコン式はボタンで操作すると見分ければいいです。

そしてマイコン式の方が圧倒的に機能が多くなります。

メカ式はダイヤルを回して操作しますが、タワーファンのメカ式では風量を切り替えのみとなります。

リズムなどの運転モード、切タイマーなどはありません。

反対にマイコン式は運転モード、切タイマーなど便利な機能が詰め込まれています。

またリモコン操作できるのもマイコン式の大きな特徴です。リモコンがあると離れたところから操作できるので、楽で便利です。

と便利なことばかり書いていますが、KTWF-C73-Wのもう少し頑張ってほしかったところも書いておきましょう。

アイリスオーヤマ KTWF-C73-W

(画像はクリックすると拡大します)

首振りが左右に自動で65°の広範囲に動きますが、上下は動きません。

KTWF-C73-Wには上下ルーバーがありません。

上下送風ができないのはタワーファンのデメリットと言えます。

扇風機やサーキュレーターでは上方へ向けて風を送ることができますが、タワーファンは苦手です。

あくまで前方向へ風を送る家電です。

アイリスオーヤマのタワーファンの機能やラインナップはこちらの記事で紹介しています。

KTWF-C73-Wの価格

最後にKTWF-C73-Wの価格をみてみましょう。

アイリスプラザ
(税抜価格)
5,980円
Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

※2020年8月30日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

通販サイトでは取り扱いはなく、【アイリスオーヤマ公式オンラインショップ】アイリスプラザ のみでの取り扱いとなります。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

タワーファン・・・来年はたくさん新発売するといいな

くじらの長老
くじらの長老

場所を取らんタワーファンもいいが、サーキュレーターも小さい機種が出とるからチェックしてみるのもいいぞぃ

いろんな選択肢で見比べて決めるんじゃ

2020年8月末現在ではKTWF-C73-Wは在庫切れになっていて、入荷待ちとなっています。

急いでいる人はサーキュレーターを検討するのもいいですね。

ミニサイズのタワーファンはこちらの記事で紹介しています。