WEP-101とWEP-102の違いを比較 ワイヤレスイヤホン

アイリスオーヤマ WEP-101 WEP-102テレビ/AV周辺機器

この記事はアイリスオーヤマのワイヤレスイヤホンWEP-101とWEP-102の違いを比較しています。

WEP-101とWEP-102の違いは

  • 再生時間の違い
  • 充電時間の違い
  • Bluetoothのバージョンと通信距離の違い
  • 外部取り込みモーの有無
  • ハイブリットANCとANCの違い
  • ドライバーサイズの違い
  • サイズ・重さの違い
  • 価格の違い

8点です。たくさんありますね。

WEP-101がハイブリットANCで没入感を楽しめます。外部取り込みモードがあり周囲の音も聞き取れます。

WEP-102はWEP-101より性能がやや低いものの価格が安いのがメリットです。

本文では違いをよりくわしくまとめています。価格も調査していますので参考になれば幸いです^^

\WEP-101はこちら/

ハイブリットANC&外部取り込みモード搭載。通信距離15m。

\WEP-102はこちら/

ANC&通信距離10m。価格が安い。

WEP-101とWEP-102の違いを比較

WEP-101とWEP-102の違いをくわしくみていきましょう。

  • 再生時間の違い
  • 充電時間の違い
  • Bluetoothのバージョンと通信距離の違い
  • 外部取り込みモーの有無
  • ハイブリットANCとANCの違い
  • ドライバーサイズの違い
  • サイズ・重さの違い
  • 価格の違い

違いは8点です。

①再生時間の違い

アイリスオーヤマ WEP-101 再生時間
アイリスプラザより WEP-101
WEP-101WEP-102
ノイズキャンセリングオフ約6時間約4.5時間
ノイズキャンセリングオン約4時間約4時間

ノイズキャンセリングオフ時にWEP-101が約6時間と長く再生できます。

ノイズキャンセリングとは、外部の騒音を低減させる機能です。横を走る車の音や電車の音、工事の音などが気になって音楽が聞こえない時がありますよね。それらの音を低減する機能です。

ノイズキャンセリングオンの時はどちらも約4時間使えます。

②充電時間の違い

WEP-101WEP-102
イヤホン約1時間約1.5時間
ケース約1.5時間約1.5時間

WEP-101のイヤホンの充電時のみ約1時間と短いです。

③Bluetoothのバージョンと通信距離の違い

WEP-101WEP-102
Bluetoothバージョン5.25.0
通信距離約15m約10m

通信距離がWEP-101は約15mと長いです。通信元と離れることがなければ問題ありません。

④外部取り込みモードの有無

アイリスオーヤマ WEP-101 外部取り込みモード
アイリスプラザより WEP-101

WEP-101には外部取り込みモード搭載です。

外部取り込みモードは周囲の音を聞きやすくする機能です。外部の音が聞こえることで、駅や公共施設のアナウンスが聞き取れて、逃すことがありません。

ノイズキャンセリングは不要な音を低減、外部取り込みモードは外部の音を聞こえやすくするので反対の機能ですね。

⑤ハイブリットANCとANCの違い

アイリスプラザより WEP-101 ANC
アイリスプラザより WEP-101

WEP-101はハイブリットANC、WEP-102はANCです。

ANCはアクティブノイズキャンセリングで、デジタル処理によって外部の雑音を打ち消し、音楽をよりキレイに聴く機能です。

WEP-101のハイブリットANCは低音域~高音域までバランスよくクリアに伝えます。

⑥ドライバーサイズの違い

アイリスオーヤマ WEP-102 ドライバー
アイリスプラザより WEP-102
WEP-101WEP-102
φ9mmφ10mm

WEP-102が大口径φ10mmで幅広い音域で音楽を楽しめます。

ドライバーの口径が10mmを超えると大口径となり、低音域をよりクリアにダイナミックに聴くことができます。

音楽は全体の音が高くなるほどチープさが目立ち、低音域が幅広く聞こえると迫力のある音楽に感じます。

⑦サイズ・重さの違い

WEP-101WEP-102
サイズ幅64.4x奥行46.5x高さ27.8mm幅56.7x奥行58.3x高さ34.5mm
質量(ケースを含む)約51g約56g

ケースの形状も違います。WEP-101は楕円形ですが、WEP-102は三角形です。

WEP-101とWEP-102の価格の違い

※2022年12月22日現在の価格です。価格は変動しますので購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

WEP-101の価格

アイリスプラザ:5,478円

Amazon:6,980円前後

楽天市場:6,980円前後

Yahoo!ショッピング:5,980円前後

価格は横ばいです。大きな変動はありません。

↓最新価格はこちらチェック↓

WEP-102の価格

アイリスプラザ:5,280円

Amazon:4,980円前後

楽天市場:4,980円前後

Yahoo!ショッピング:4,480円前後

価格は横ばいです。大きな変動はありません。

↓最新価格はこちらチェック↓

WEP-101とWEP-102の共通の特長

ここからはWEP-101とWEP-102の共通の特長を紹介します。

AACコーデックで快適

アイリスオーヤマ WEP-101 AACコーデック
アイリスプラザより WEP-102

AACコーデックの「AAC」は圧縮方式の種類のこと、「コーデック」はBluetoothからスピーカーなどの機器に音声を送る時の「音声変換の圧縮方式」のことです。

AACコーデックはiPhoneなどアップル製品との相性がいい圧縮方式です。

低遅延・高音質で快適に音楽を楽しめます。

マイク内蔵なので通話も可能です。

IPX4の防水レベル

アイリスオーヤマ WEP-101 防水
アイリスプラザより WEP-101

IPX4レベルの防水仕様です。

IPX4の防水レベルは「いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない」です。軽い雨程度なら大丈夫ですね。

タップ操作と音声ガイダンス

アイリスオーヤマ WEP-101 タップ操作
アイリスプラザより WEP-101

タップすると操作でき、音声ガイダンスで操作状況がわかります。

WEP-101とWEP-102のスペック表

WEP-101WEP-102
サイズ幅64.4x奥行46.5x高さ27.8mm幅56.7x奥行58.3x高さ34.5mm
質量
(ケース含む)
約51g約56g
付属品充電用USB Type-c-Type-Aケーブル
イヤーチップ(S)x1
イヤーチップ(M)x1
イヤーチップ(L)x1
取扱説明書
充電用USB Type-c-Type-Aケーブル
イヤーチップ(S)x1
イヤーチップ(M)x1
イヤーチップ(L)x1
取扱説明書
防水規格IPX4IPX4
Bluetooth■バージョン:5.2
■通信距離:15m
■出力:Class Ⅱ
■使用周波数帯域:2.4GHz帯
(2.402GHz-2.480GHz)
■対応プロファイル:HSP/HFP/A2DP/AVRCP
■ペアリング対応:IRIS WEP-101
■バージョン:5.0
■通信距離:10m
■出力:Class Ⅱ
■使用周波数帯域:2.4GHz帯
(2.402GHz-2.480GHz)
■対応プロファイル:HSP/HFP/A2DP/AVRCP
■ペアリング対応:IRIS WEP-102
イヤホン■ドライバーサイズ:φ9mm
■インピーダンス:16Ω
■周波数特性:20Hz-20KHz
■ドライバーサイズ:φ9mm
■インピーダンス:16Ω
■周波数特性:20Hz-20KHz
マイク部■指向特性:全指向性
■インピーダンス:300Ω(1kHz)
■周波数特性:20Hz-20kHz
■指向特性:全指向性
■インピーダンス:300Ω(1kHz)
■周波数特性:20Hz-20kHz
バッテリー■型式:リチウムイオンバッテリー
■充電端子形状(ケース):USB Type-C
■充電電圧・電流(ケース):5V、350mA
■型式:リチウムイオンバッテリー
■充電端子形状(ケース):USB Type-C
■充電電圧・電流(ケース):5V、350mA
再生時間
(イヤホンのみ)
■ノイズキャンセリングオフ:約6時間
■ノイズキャンセリングオン:約4時間
■ノイズキャンセリングオフ:約4.5時間
■ノイズキャンセリングオン:約4時間
充電時間(イヤホン):約1時間
(ケース)約1.5時間
(イヤホン):約1.5時間
(ケース)約1.5時間
カラーホワイト
ブラック
ホワイト
ブラック
外部取り込みモード
ハイブリットANCANC
\WEP-101はこちら/

ハイブリットANC&外部取り込みモード搭載。通信距離15m。

\WEP-102はこちら/

ANC&通信距離10m。価格が安い。

WEP-101とWEP-102の違いを比較 ワイヤレスイヤホンのまとめ

WEP-101はハイブリットANCや外部取り込みモードなど聞き取りやすさにこだわったモデルです。

WEP-102は大口径ドライバーφ10mmで低音域までダイナミックに聴けるモデルです。

どちらもタップでカンタンに操作でき、ハンズフリー通話ができイヤホン以上の機能を持っています。

通勤通学以外にもリモート会議や通話など日常生活で幅広く使えますよ。