両面ホットプレート全比較まとめ【DPO-133とDPOL-301とDPOL-W31とKDPOL-W31の違い】

アイリスオーヤマ DPO-133 DPOL-301 DPOL-W31 KDPOL-W31その他キッチン家電

この記事はアイリスオーヤマの両面ホットプレートの全モデルの違いを比較をしています。

テレビや雑誌で紹介されて、使いやすさ〇、収納〇で人気の両面ホットプレート。

理由は2面のプレートで別々の料理を楽しめて、収納も折りたためるのでジャマにならないといいことづくめのホットプレートです。

アイリスオーヤマ公式オンラインショップアイリスプラザでは2022年10月時点で

  • DPO-133
  • DPOL-301
  • DPOL-W31
  • KDPOL-W31

4品番がラインナップ。今回はそれぞれの違いをまとめました。

結論からいうと4品番の違いは

  • DPOL-W31とKDPOL-W31はプレートの広さがワイド
  • KDPOL-W31の平面プレートはダイヤモンドコーティング
  • サイズ・重さ・コード長さ・カラー・発売年の違い
  • 価格の違い

それぞれ価格差があるので、違いと合わせて選びたいです。

DPOL-W31とKDPOL-W31はプレートの焼く広さがDPO-133とDPOL-301に比べ約22%アップ。より多くの食材を料理することができます。

くじらこ
くじらこ

家族が多かったり、たくさん作りたいならワイドプレートのDPOL-W31とKDPOL-W31がいいわよね

違いは本文でくわしくまとめています。価格も調査しましたので、ぜひ参考にしてください^^

DPO-133とDPOL-301とDPOL-W31とKDPOL-W31の違いを比較

DPO-133とDPOL-301とDPOL-W31とKDPOL-W31の違いをくわしくみていきましょう。

  • DPOL-W31とKDPOL-W31はプレートの広さがワイド
  • KDPOL-W31の平面プレートはダイヤモンドコーティング
  • サイズ・重さ・コード長さ・カラー・発売年の違い
  • 価格の違い

4品番は大きく2つにグループに分けることができます。

  • DPO-133とDPOL-301→通常のプレートサイズ
  • DPOL-W31とKDPOL-W31→ワイドプレート

「W31」がワイドプレートなので覚えやすいです。

①DPOL-W31とKDPOL-W31はプレートの広さがワイド

アイリスオーヤマ KDPOL-W31-T プレートサイズ
アイリスプラザより KDPOL-W31

DPOL-W31とKDPOL-W31は従来品(DPO-133とDPOL-301)より調理できる面積が約22%広くなりました。

より多くの食材を調理することができます。

くじらこ
くじらこ

お好み焼きがひっくり返しにくい!っていうのがかなり軽減!

調理のしやすさがぐんといいです。ホットプレート使う時は家族や友人でワイワイ楽しみながら食事をします。より量を作れる方がいい!

②KDPOL-W31の平面プレートはダイヤモンドコーティング

アイリスオーヤマ KDPOL-W31-T ダイヤモンドコーティング
アイリスプラザより KDPOL-W31

KDPOL-W31の平面プレートはダイヤモンドコーティング仕様です。

ダイヤモンドコーティングの特長
  • こびりつくにくい
  • 焦げにくい
  • 汚れが落ちやすい

使いやすく、お手入れもカンタンなのがメリットです。

餃子パーティや焼肉をよく食べるならダイヤモンドコーティング仕様の平面プレートのKDPOL-W31がおいしく楽しく食べて、片付けも楽ちんです。

③サイズ・重さ・コード長さ・付属品・カラー・発売年の違い

DPO-133DPOL-301DPOL-W31KDPOL-W31
サイズ■使用時
幅65.0x奥行33.6x高さ9.0cm
■折りたたみ時
幅15.5x奥行33.6x高さ34.3cm
■使用時
幅65.0x奥行33.6x高さ9.0cm
■折りたたみ時
幅15.9x奥行33.6x高さ34.3cm
■使用時
幅64.7x奥行36.3x高さ9.3cm
■折りたたみ時
幅16.7x奥行36.3x高さ34cm
■使用時
幅64.7x奥行36.3x高さ9.3cm
■折りたたみ時
幅16.7x奥行36.3x高さ34cm
重さ約5.4kg約4.7kg約6.8kg約6.8kg
コード長さ約1.8m約1.8m約1.8m約2.5m
付属品平面プレート
ディンプルプレート
たこ焼きプレート
ふた
平面プレート
ディンプルプレート
たこ焼きプレート
ふた
平面プレート
焼肉プレート
たこ焼きプレート
ふた
平面プレート
焼肉プレート
たこ焼きプレート
発売年2015年12月2021年3月2021年11月2021年12月

テレビや雑誌で紹介されたのがDPO-133です。

DPO-133の後継機種がDPOL-301です。DPO-133以降のモデルではふた付きになりました。

DPO-133のカラーバリエーション

アイリスオーヤマ DPO-133 カラー
アイリスプラザより DPO-133
アイリスオーヤマ DPO-133 カラー
アイリスプラザより DPO-133

DPO-133のカラーはオレンジとアイボリーの2色です。

DPOL-301のカラーバリエーション

アイリスオーヤマ DPOL-133 カラー
アイリスプラザより DPOL-133

DPOL-133のカラーはブラック、ブラウン、レッドの3色です。

DPOL-W31のカラーバリエーション

アイリスオーヤマ DPOL-W31 カラー
アイリスプラザより DPOL-W31

DPOL-W31のカラーはミントブルーとアイボリーの2色です。

KDPOL-W31のカラーバリエーション

アイリスオーヤマ KDPOL-W31-T カラー
アイリスプラザより KDPOL-W31

KDPOL-W31はダークブラウンのみです。

くじらこ
くじらこ

どのカラーも個性的でかわいい!

DPO-133とDPOL-301とDPOL-W31とKDPOL-W31の価格の違い

DPOL-W31とKDPOL-W31はプレートの焼き面がワイドサイズ、さらにKDPOL-W31は平面プレートがダイヤモンドコーティングでした。

それぞれの個性のあるかわいいカラーなので、好きなカラーで選びたいところですが・・・ぐっとこらえて機能重視で選びましょうね。

プレートのサイズやコーティングで価格が変わってきます。

※2022年10月24日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

DPO-133の価格

アイリスプラザ:11,170円

Amazon:7,800円前後

楽天市場:6,980円前後

Yahoo!ショッピング:9,255円前後

発売してから長いので価格変動は少なめです。2021年あたりから少しずつ価格は上昇傾向。

DPOL-301と価格帯が同じなので、強くおすすめしません。

オレンジ▼

アイボリー▼

DPOL-301の価格

アイリスプラザ:6,980円

Amazon:6,981円前後

楽天市場:6,980円前後

Yahoo!ショッピング:6,980円前後

2022年7月あたりに価格が上がりましたが、再び値下がり傾向です。4モデルの中では価格が安いので、価格優先するならおすすめです。

ブラック▼

ブラウン▼

レッド▼

DPOL-W31の価格

アイリスプラザ:21,920円

Amazon:14,096円前後

楽天市場:15,400円前後

Yahoo!ショッピング:14,590円前後

発売時から価格の変動は少ないです。機能と価格のバランスが取れているモデルです。

プレートの調理のできる面積が広い方がいいならおすすめです。

ミントブルー▼

アイボリー▼

KDPOL-W31の価格

アイリスプラザ:28,080円

Amazon:22,880円前後

楽天市場:22,880円前後

Yahoo!ショッピング:26,800円前後

2022年10月に入ってから価格が下がっています。現時点ではこれから価格が下がるのか上がるのか予想はまだ難しいです。こまめに価格をチェックしてみてください。

4モデルの中では最上位モデルで価格も一番高くなります。平面プレートがダイヤモンドコーティングで焦げ付きにくく、こびりつきにくく、汚れが落ちやすいと使いやすいのがメリットです。

ダークブラウン▼

DPO-133とDPOL-301とDPOL-W31とKDPOL-W31のおすすめは?

まずチェックポイントとして、「プレートの広さ」です。

使う時の人数が多ければプレートが広い方がより多くの調理ができるので、DPOL-W31とKDPOL-W31がおすすめです。

使いやすさを重視するなら平面プレートがダイヤモンドコーティング仕様のKDPOL-W31がおすすめ。

価格優先、プレートの広さにこだわらなければDPO-133やDPOL-301がいいですね。

DPO-133とDPOL-301とDPOL-W31とKDPOL-W31の特長

DPO-133とDPOL-301とDPOL-W31とKDPOL-W31の共通の特長を紹介します。

  • 2つのプレートで別々のメニューが楽しめる
  • 2つのプレートはそれぞれ温度設定ができる
  • 平面・焼肉・たこ焼きプレート付属でいろんなメニューを楽しめる
  • 2つ折りで立てて省スペース収納

2つのプレートの温度設定がそれぞれできるので、料理が焦げてしまう心配はありません。

また2つに折りたたんで立てて収納するので、コンパクトです。

プレートを2つに分けることで、たくさんのメリットがあります。