PR

VC-PL9とVC-PK9の違いを比較!紙パック式クリーナー東芝

東芝 VC-PL9 VC-PK9 違いキャニスタークリーナー

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事は東芝の紙パック式クリーナーのVC-PL9とVC-PK9の違いを比較しています。

東芝の紙パック式クリーナーは2モデルあり、VC-PL9とVC-PK9は上位モデルになります。

VC-PL9が2023年3月に発売して、2022年モデルのVC-PK9が型落ちとなりました。

この記事では新モデルVC-PL9と旧モデルVC-PK9の違いを調べてみました。

VC-PL9とVC-PK9の違いは

  • 価格の違い

1点のみです。

機能は同じで、価格だけが違います。

購入時に価格を調べてから、安い方を買うのがお得ですね!

本文では

  • VC-PL9とVC-PK9の違い
  • VC-PL9とVC-PK9のおすすめはどっち?
  • VC-PL9とVC-PK9の口コミ評判
  • VC-PL9とVC-PK9の共通の特長やスペック

をわかりやすく紹介しています。価格も調査しましたので参考になれば幸いです^^

VC-PL9とVC-PK9の下位モデルはこちら↓

VC-PL9とVC-PK9の違いを比較

VC-PL9とVC-PK9の価格の違いをくわしくみていきましょう。

※2023年5月11日現在の価格です。価格は変動しますので購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

調査時に在庫が無いなどで価格がわからない時は表記していませんが、購入時に在庫があるかもしれませんでご確認ください。

VC-PL9の価格

Amazon:-円前後

楽天市場:26,285円前後

Yahoo!ショッピング:26,214円前後

発売時は35000円ほどだったので、2万円台まで下がっています。

↓最新価格はこちらチェック↓

VC-PK9の価格

Amazon:-円前後

楽天市場:22,400円前後

Yahoo!ショッピング:21,800円前後

2023年5月時点で底値付近の価格となっていますが、少し上昇しつつあります。在庫が少なくなってきているので、これから価格は上がっていきます。

それでもまだ2023値モデルのVC-PL9より安いので、購入を検討しているならお早めに!

↓最新価格はこちらチェック↓

VC-PL9とVC-PK9のおすすめはどっち?

悩んでいるあなたにそれぞれのおすすめポイントをまとめてみました。

VC-PL9はこんな人におすすめ

  • 新モデルが欲しい!

発売年や新モデルにこだわるあなたにおすすめです。

VC-PK9はこんな人におすすめ

  • 予算を優先して選びたい
  • 発売年や新旧モデルにはこだわらない

予算重視のあなたにおすすめです。

VC-PL9とVC-PK9の口コミ評判は?

ここからはVC-PL9とVC-PK9の口コミ評判をみていきましょう。

VC-PL9は発売して日が浅いので口コミがは少なかったです。今回はVC-PK9の口コミ評判をまとめました。

VC-PK9の口コミ評判

  • ゴミセンサーがあるとよかった。

特に気になるような悪い口コミはなかったです。

  • ブラシが付いているので便利。
  • 吸引力、ゴミの処理のしやすさ、本体の軽さ、先端のブラシの使いやすさに大満足です。
  • 本体が軽く動きやすいので、掃除の時短になりそう。

軽くて吸引力があるので満足度が高いですね。2WAYブラシがあると、かなり便利でキレイに掃除できます。

VC-PL9とVC-PK9の共通の特長

ここからはVC-PL9とVC-PK9の共通の特長を紹介します。

軽量コンパクトボディ

VC-PL9とVC-PK9は本体の質量は約2.3kgで軽量、女性でも持ち運びが簡単な重さです。

コンパクトな設計により、収納場所を取らずにスッキリと収納することができます。

自走式カーボンヘッド

VC-PL9とVC-PK9は自走式カーボンヘッドを搭載しています。

自走式で軽く前へ進み、床の汚れやホコリをしっかりと吸い込みます。さらに床の菌を99%除去するので、清潔さも期待できます。

らくわざフリーグリップ

らくわざフリーグリップは握りやすいラウンド形状のグリップで、自由な位置で握れて手軽に操作できます。

ヘッドの操作も手元で自由に行えるので、床やカーペットの隅々までスムーズに掃除できます。

手の大きさや持ち方に合わせて自在に握れるので、疲れにくく長時間の掃除でも手首や手の負担が軽減されます。

エコモード

エコモードは使用中にヘッドを浮かせると自動でパワーが調整され、浮かせて1秒でパワーが低減されます。

紙パック内のゴミのたまり具合に応じて、パワーが自動で調整されるため、省エネにもなります。

節約にもなるので、電気代をおさえたい方はエコモード搭載の掃除機はおすすめです。

床ピタ設計

床ピタ設計はヘッドが床にピッタリ密着するように設計された機能で、家具のすき間や壁際、床の隅々までキレイに掃除できます。

ヘッドが浮かずに床に密着するため、ソファや家具下の奥にあるホコリやゴミまでキレイに掃除できます。

VC-PL9とVC-PK9のスペック表

タイプ紙パック式クリーナー
本体色-R グランレッド
集じん機能紙パック
(シール弁付きトリプル紙パック(VPF-5))
集じん容積約1.2L
吸込仕事率350~約20W
消費電力870~約120W
本体質量
(標準質量)
約2.3kg
(約3.7kg)
クリーン排気&フィルター高集じん:シール弁付トリプル紙パック(VPF-5)
①一般フィルター
コード長さ約5m
ヘッドタイプカーボンヘッド
モーター式:自走式
床ピタ設計
床の菌を99%除去
水洗い可(ブラシ・お手入れカバー)
付属品シール弁付きトリプル紙パック(VPF-5)1枚
使いやすさらくわざフリーグリップ
2WAYブラシ
省エネ機能エコモード
\購入はこちら/

2023年モデルのVC-PL9。

  • 新モデルが欲しい!

発売年や新モデルにこだわるあなたにおすすめです。

2022年モデルのVC-PK9。

  • 予算を優先して選びたい
  • 発売年や新旧モデルにはこだわらない

予算重視のあなたにおすすめです。

VC-PL9とVC-PK9の違いを比較!紙パック式クリーナー東芝のまとめ

この記事では東芝の紙パック式クリーナーのVC-PL9とVC-PK9の違いを紹介しました。最後のポイントをまとめておきますね。

VC-PL9とVC-PK9の違い
  • 型落ちした2022年モデルVC-PK9の方が価格が安い

この記事を書いている2023年5月時点での価格での違いなので、時期やタイミングで価格の安さは変わります。購入時に確認してくださいね。

VC-PL9とVC-PK9の共通の特長は

VC-PL9とVC-PK9の共通の特長
  • 軽量で持ち運びしやすい
  • 自走式カーボンヘッドでラクにお掃除
  • らくわざフリーグリップで、ヘッドの操作がカンタン
  • エコモードで省エネ
  • 床ピタ設計でソファや家具下のせまい場所もキレイにお掃除
  • 2WAYブラシでサッと集中掃除

紙パック式はゴミ捨てのラクさやホコリが舞わないから、買い求める人が多いです。

2WAYブラシは引き出すだけで、サッシやすき間などをサッと掃除できるので口コミでも評価が高かったです。

あなたの生活がより快適になることができるように、この記事でお手伝いができたら光栄です^^