CV-KP300LとCV-KP300Kの違いを比較!かるパック 日立 紙パック式クリーナー

日立 CV-KP300LとCV-KP300K 違い キャニスタークリーナー
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事は日立の紙パック式クリーナー かるパックのCV-KP300LとCV-KP300Kの違いを比較しています。

日立の紙パック式クリーナーは300シリーズと900シリーズの2種類あります。

300シリーズは吸引力が強いですが、ヘッドやフィルターなどの機能を若干落として価格を下げたモデルです。

予算をおさえつつも、強い吸引力でゴミを吸っていきます。

2023年6月にCV-KP300Lが新発売して、2022年モデルのCV-KP300Kは型落ちとなりました。

今回は新旧モデルの比較をしていきますね。

CV-KP300LとCV-KP300Kの違いは

  • CV-KP300LはグリップハンドルがSIAA抗菌加工になった
  • 本体カラーの一部が違う
  • 価格の違い

3点です。

本体機能は同じで、2023年モデルのCV-KP300Lはハンドルの抗菌加工が追加し、より清潔になりました。

型落ちしたCV-KP300Kは、価格が下がっているので買いやすくなっています。

本文では

  • CV-KP300LとCV-KP300Kの違い
  • CV-KP300LとCV-KP300Kのおすすめはどっち?

をわかりやすく紹介しています。価格も調査しましたので参考になれば幸いです^^

\購入はこちら/

2023年モデルのCV-KP300L。ハンドルが抗菌加工。

2022年モデルCV-KP300K。価格が安くなってる。

CV-KP300LとCV-KP300Kの違いを比較

CV-KP300LとCV-KP300Kの違いをくわしくみていきましょう。

  • CV-KP300LはグリップハンドルがSIAA抗菌加工になった
  • 本体カラーの一部が違う
  • 価格の違い

違いは3点です。違いを確認してから、価格をチェックしますね。

CV-KP300LはグリップハンドルがSIAA抗菌加工になった

グリップハンドルがSIAA抗菌加工で、より清潔になりました。

一番触れるハンドル部分は清潔な方がウレシイですね。

本体カラーの一部が違う

CV-KP300Lはライトゴールドですが、本体持ち手部分が若干濃いベージュとなっています。

CV-KP300Kもライトゴールドですが、持ち手部分は少しゴールドぽいカラーになっています。

並べないとわからないくらいの差です。

CV-KP300LとCV-KP300Kの価格の違い

※2023年7月8日現在の価格です。価格は変動しますので購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

調査時に在庫が無いなどで価格がわからない時は表記していませんが、購入時に在庫があるかもしれませんでご確認ください。

CV-KP300Lの価格

Amazon:39,071円前後

楽天市場:44,039円前後

Yahoo!ショッピング:41,720円前後

発売時は5万円前後ですが、少しずつ値下がり始めています。

↓最新価格はこちらチェック↓

CV-KP300Kの価格

Amazon:26,880円前後

楽天市場:26,480円前後

Yahoo!ショッピング:25,000円前後

2万円台で底値を推移していますが、在庫が少なくなってきているので早めの購入をおすすめします。

↓最新価格はこちらチェック↓

CV-KP300Lはハンドルが抗菌加工でキレイな方がいい人におすすめ

  • 2023年最新モデルがほしい!
  • ハンドルのよく触る部分は抗菌加工で清潔な方がいい

清潔さにこだわるあなたにおすすめです。

CV-KP300Kは予算をおさえたい人におすすめ

  • 予算を優先して選びたい
  • 清潔さは気にしない

予算重視のあなたにおすすめです。

CV-KP300LとCV-KP300Kの口コミ評判は?

ここからはCV-KP300LとCV-KP300Kの口コミ評判をみていきましょう。

CV-KP300Lは発売して日が浅いので口コミがは少なかったです。今回はCV-KP300Kの口コミ評判をまとめました。

  • 吸引力が強すぎて、マットなど押さえておく必要がある。
  • 音がうるさい。

CV-KP300LとCV-KP300Kの運転音は約65~60dBです。

騒音値の目安として

  • 50dB:大きく聞こえる/静かな事務所・家庭用クーラー(室外機)
  • 60dB:大きく聞こえてうるさい/洗濯機(1m)・車のアイドリング(2m)・乗用車の車内
  • 70dB:かなりうるさい/騒々しい街頭・セミの鳴き声(2m)

50~70dBはうるさい範囲の音です。掃除機はうるさいもの・・・と分かっていますが、集合住宅など近所に気を使う環境なら昼に掃除をするなど工夫するといいですね。

また吸引力が強いので、「中」や「弱」モードを使って掃除してみてください。

  • サイクロンは手入れが大変なので、紙パックに戻りました。吸引力が強い。
  • 軽量で使いやすい。
  • ヘッドがすき間に入るので、掃除しやすい。
  • 自走式ヘッドなので、軽い力で掃除しやすい。ライトが付いているので、薄暗い所も掃除しやすい。

 吸引力が強く、よくゴミを吸うので評価が高いです。

ペットの毛も吸い、からまんブラシでからまないのでお手入れも楽です。

吸引力が強い方がいいあなたにピッタリですよ。

まとめ:2023年モデルCV-KP300Lはハンドルが抗菌加工 キレイがいいさ

この記事では日立の紙パック式クリーナーのかるパックのCV-KP300LとCV-KP300Kの違いを紹介しました。

最後のポイントをまとめておきますね。

CV-KP300LとCV-KP300Kの違い
  • CV-KP300LはグリップハンドルがSIAA抗菌加工になった
  • 本体のカラーが若干違う程度
  • 型落ちした2022年モデルCV-KP300Kの方が価格が安い

機能は同じなので、抗菌加工が必要か、予算はどのくらいかで選ぶといいですね。

CV-KP300LとCV-KP300Kの共通の特長は

CV-KP300LとCV-KP300Kの共通の特長
  • 吸込仕事率650Wの強力な吸い込み
  • からまんブラシで髪の毛やペットの毛が絡まないから、お手入れがラク
  • パワフルスマートヘッドlightは白色LEDライトが付いていて、暗い場所でもホコリが見える
  • ヘッドの動きがスムーズで、壁ぎわやソファの奥までキレイに掃除できる
  • 紙パック式はごみ捨て時にホコリが舞わないから、衛生的

紙パック式ながら強い吸引力が特長で、魅力的です。

髪の毛やペットの毛を掃除するなら、紙パック式+からまんブラシ+強い吸引力で解決です。

あなたの生活がより快適になることができるように、この記事でお手伝いができたら光栄です^^

タイトルとURLをコピーしました