HFK-VS5000とHFK-VS3000の違いを比較 日立ふとん乾燥機 アッとドライ

日立 HFK-VS5000とHFK-VS3000 違い ふとん乾燥機
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事は日立のふとん乾燥機 HFK-VS5000とHFK-VS3000の違いを比較しています。

HFK-VS5000とHFK-VS3000は日立のふとん乾燥機の上位モデルです。

コンパクトモデルのHFK-CV1BとHFK-CV1Aはこちらの記事で比較紹介しています。

ふとんを早く乾燥させたい、しっかり暖めたいなら上位モデルのHFK-VS5000とHFK-VS3000を選ぶといいですよ。

HFK-VS5000は2022年11月に発売して、2021年モデルのHFK-3000は型落ちとなりました。HFK-VS5000はよりふとん乾燥の性能が進化しました。

HFK-VS5000とHFK-VS3000の違いは

  • HFK-VS5000のふとん乾燥アタッチメントは新形状V字型になった
  • コースと乾燥時間の違い
  • 抗菌加工の違い
  • カラーの違い
  • 価格の違い

5点です。

HFK-VS5000はふとん乾燥アタッチメントがV字型で伸びたり広がったりします。コースが増え、乾燥時間が短くなりました。

本文では

  • HFK-VS5000とHFK-VS3000の違い
  • HFK-VS5000とHFK-VS3000のおすすめはどっち?
  • HFK-VS5000とHFK-VS3000の口コミ評判

をわかりやすく紹介しています。価格も調査しましたので参考になれば幸いです^^

\購入はこちら/

2022年モデルのHFK-VS5000。

  • ふとん乾燥コースは夏乾燥・冬乾燥と季節でわかりやすいほうがいい
  • 乾燥時間が早い方がいい
  • 抗菌部分は操作部とアタッチメントだけでも十分だと思う
  • アイボリーやブルーグレーのカラーが好き

コース名が季節でわかりやすいので、シンプルな操作をしたいあなたにおすすめです。

アイボリー▼

ブルーグレー▼

2021年モデルのHFK-VS3000。

  • おまかせコースでおまかせでふとん乾燥してほしい
  • 暖め(足もと)コースで足元を暖めたい
  • 抗菌加工部分は多い方が安心する
  • 予算を重視して選びたい

2021年モデルで型落ちしたので本体価格が安くなっています。予算重視したいあなたにおすすめです。

シャンパンゴールド▼

メタリックグレー▼


2024年最新モデルはこちら!

HFK-VS5000とHFK-VS3000の違いを比較

HFK-VS5000とHFK-VS3000の違いをくわしくみていきましょう。

  • HFK-VS5000のふとん乾燥アタッチメントは新形状V字型になった
  • コースと乾燥時間の違い
  • 抗菌加工の違い
  • カラーの違い
  • 価格の違い

違いは5点です。違いを確認してから、価格をチェックしますね。

FK-VS5000のふとん乾燥アタッチメントは新形状V字型になった

HFK-VS5000には、新形状のV字型ふとん乾燥アタッチメントが搭載されています。

このアタッチメントは、先端が斜めにカットされていて、伸びることができ、広がることができます。しかも、ふとんにサッと差し込むだけで使えるので、とても簡単です。

HFK-VS5000はV字型の角度を約60度広げることができるので、広い範囲をカバーできます。

HFK-VS3000には、V字型アタッチメントが搭載されていますが、HFK-VS5000のような新形状ではありません。

ただ、こちらもアタッチメントをすぐに敷ふとんに差し込むことができるので、簡単に使うことができます。

運転コースと乾燥時間の違い

HFK-VS5000HFK-VS3000
ふとん乾燥暖め
冬乾燥
夏乾燥
送風

ダニ対策
静音
おまかせ
しっかり

ダニ対策
静音
暖め
暖め(足もと)
くつ乾燥温風
低温
温風
低温

HFK-VS3000→HFK-VS5000の新モデルになり、大きくコース名が変わりました。難しく考える必要はなく、コース名が変わっただけとシンプルに考えるといいです。

HFK-VS5000は夏乾燥、冬乾燥、送風と季節により運転コースが分かりやすい表示です。

HFK-VS3000は「おまかせ」「しっかり」とふとん状況により運転コースを選ぶ感じです。「おまかせ」コースは送風時間があるので夏乾燥、「しっかり」は冬乾燥と分けてよさそうです。

「夏乾燥」と「おまかせ」の違い

HFK-VS5000
夏乾燥
運転開始後約60℃の温風→運転終了10分前に送風運転切り替わる
HFK-VS3000
おまかせ
送風1分→温風60°以下+設定時間→送風(自動)※
※自動送風温度と時間:15℃未満/約1分、15℃以上/約15分

HFK-VS3000のおまかせコースは設定時間や室温により出来上がり時間が変わります。

日立 HFK-VS3000 コースと設定時間
日立公式サイトより

ふとんの種類やサイズによって設定時間が変わってきます。

例えば、敷ふとんの羽・羊毛のシングルサイズだと約65分の設定時間になります。冬の15℃未満では送風1分

  • 65分(送風1分含む)+15℃未満送風1分=約66分
  • 65分(送風1分含む)+15℃以上送風15分=約80分

という風に室温によって仕上がり時間が変わってきます。

HFK-VS5000の夏乾燥は敷ふとんの羽・羊毛のシングルサイズでは約70分なので、HFK-VS3000の15℃以上の約80分に比べて約10分ほど早く仕上がるということになります。

HFK-VS3000のおまかせコースは設定をしないのでラクですが、気温により仕上がり時間がかわり、電気代も変わってきます。

電気代は同じ消費電力なら、使用時間によって変わってきます。下記は1回あたりのおおよその電気代です。

  • HFK-VS3000のおまかせコース(15℃未満)の約66分は約23.19円
  • HFK-VS3000のおまかせコース(15℃以上)の約80分は約28.11円
  • HFK-VS5000の夏乾燥コースの約70分は約24.59円

使う時期や頻度によって電気代の合計は変わってくるので、よく検討しておきたいですね。

※1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

「冬乾燥」と「しっかり」の違い

HFK-VS5000の冬乾燥コースとHFK-VS3000のしっかりコースは運転終了まで約60℃の温風で乾燥します。

敷ふとん

HFK-VS5000
冬乾燥
HFK-VS3000
しっかり
キッズ・ベビー・シングル羽・羊毛 60
綿 70
羽・羊毛 60
綿 70
セミダブル120120
単位:分

ふとん乾燥

HFK-VS5000
冬乾燥
HFK-VS3000
しっかり
キッズ・ベビー・シングル羽・羊毛 27
綿 37
羽・羊毛 28
綿 38
セミダブル8090
単位:分

HFK-VS5000の冬乾燥コースとHFK-VS3000のしっかりコースでは、ふとん乾燥時間が違います。セミダブルなどの大きなサイズになるとHFK-VS3000の方が約10分も乾燥時間が長くなります。

冬のふとん乾燥に関してはHFK-VS5000の方が効率がいいですね。

暖めコースと暖め(足もと)コース

HFK-VS5000HFK-VS3000
暖め
キッズ・ベビー・シングル
セミダブル

5
8

10
20
暖め(足もと)
キッズ・ベビー・シングル
セミダブル

5
10
単位:分

HFK-VS3000には暖め(足もと)コースがあります。足元だけ暖めたい時には暖めコースの約半分の時間で足もとだけ暖めることができます。

HFK-VS5000は暖め(足もと)コースはありませんが、約5~8分で暖めることができます。

ダニ対策コース

ダニ対策コースは運転終了まで約60℃の温風で乾燥します。

HFK-VS5000HFK-VS3000
キッズ・ベビー・シングル
セミダブル
6578
単位:分

ダニ対策コースではHFK-VS5000は約13分も早く乾燥できるようになりました。

コースと乾燥時間ではHFK-VS5000が早くなっています。使用時間が短いと電気代を少しでもおさえられるので、時短家事+電気代を考慮して検討してみてください。

抗菌加工の違い

HFK-VS5000には、抗菌加工部分が操作部とふとん乾燥アタッチメントにあります。抗菌加工は、雑菌やカビの繁殖を抑制し、清潔な状態を維持します。

HFK-VS3000は、ふた、ハンドル、操作部、ふとん乾燥アタッチメントに抗菌加工が施されています。より広範囲で抗菌効果が期待できます。

どちらのモデルも、抗菌加工によって清潔で安心な使用ができるのですが、HFK-VS3000の方がより多くの部分に加工がされているため、より高い抗菌効果が期待できます。

カラーの違い

それぞれのモデルでカラーバリエーションが違います。

HFK-VS5000のカラーバリエーション

HFK-VS5000はアイボリーとブルーグレーです。アイボリーは優しい印象で、ブルーグレーは清涼感があります。

HFK-VS3000のカラーバリエーション

HFK-VS3000はシャンパンゴールドとメタリックグレーです。シャンパンゴールドは高級感があり、メタリックグレーはシックでスタイリッシュな印象があります。

どちらもおしゃれなカラーで、インテリアに合わせて選べます。

HFK-VS5000とHFK-VS3000の価格の違い

※2023年4月18日現在の価格です。価格は変動しますので購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

調査時に在庫が無いなどで価格がわからない時は表記していませんが、購入時に在庫があるかもしれませんでご確認ください。

HFK-VS5000の価格

Amazon:15,200円前後

楽天市場:13,800円前後

Yahoo!ショッピング:15,648円前後

発売時から価格は下がっているものの、不定期に値上がり→徐々に下がる→価格が上がる→徐々に下がる・・・と繰り返しています。価格の変動をチェックしつつ、下がった時に購入するのをおすすめします。

↓最新価格はこちらチェック↓

アイボリー▼

ブルーグレー▼

HFK-VS3000の価格

Amazon:12,792円前後

楽天市場:12,780円前後

Yahoo!ショッピング:12,980円前後

型落ちして価格が下がってきていて、13000円前後を推移しています。底値に近い価格と予想しています。

↓最新価格はこちらチェック↓

シャンパンゴールド▼

メタリックグレー▼

HFK-VS5000はシンプルな操作をしたい人におすすめ

  • ふとん乾燥コースは夏乾燥・冬乾燥と季節でわかりやすいほうがいい
  • 乾燥時間が早い方がいい
  • 抗菌部分は操作部とアタッチメントだけでも十分だと思う
  • アイボリーやブルーグレーのカラーが好き

コース名が季節でわかりやすいので、シンプルな操作をしたいあなたにおすすめです。

HFK-VS3000はおまかせコースでふとん乾燥したい人におすすめ

  • おまかせコースでおまかせでふとん乾燥してほしい
  • 暖め(足もと)コースで足元を暖めたい
  • 抗菌加工部分は多い方が安心する
  • 予算を重視して選びたい

2021年モデルで型落ちしたので本体価格が安くなっています。予算重視したいあなたにおすすめです。

HFK-VS5000とHFK-VS3000の口コミ評判は?

ここからはHFK-VS5000とHFK-VS3000の口コミ評判をみていきましょう。

HFK-VS5000は発売して日が浅いので、口コミが少なかったです。HFK-VS3000の口コミをまとめました。

HFK-VS3000の口コミ評判

  • マットタイプと比べると、全体に温風が行きわたっていないと感じる。

マットなしタイプは設置がカンタンな分、隅まで温風が行きわたらないと少し不満に感じる方がいます。隅々まで暖めたいならマット式のふとん乾燥をおすすめします。

  • ふとんがフワフワになって、気持ちよく眠れます。
  • 本体サイズはやや大きく感じるけど、軽いです!
  • V字型アタッチメントは敷ふとんの両面乾燥ができていいです。
  • 音が大きいけど、静音コースがあるから大丈夫。

V字型アタッチメントで両面乾燥できるのが高評価です。本体はやや大きめだけど、軽いのでデメリットにはなっていません。

音は大きいけど、状況により静音コースを使い分けるとストレスはありません。

アレルキャッチャーフィルターでアレル物質対策

HFK-VS5000とHFK-VS3000には、アレルキャッチャーフィルターが搭載されています。

アレルキャッチャーフィルターは、ダニの死がいや花粉などのアレル物質を吸着して分解・抗菌、防カビ、消臭効果があります。

特に、アレル物質に対する効果が高く、アレルギーを持つ方にはウレシイ機能ですね。

フィルターは簡単に交換できるので、定期的に交換することで効果を持続させることができます。

デオドラント乾燥でいい香り

専用のデオドラント剤をセットすることで、ふとん内のニオイを消臭し、さわやかな香りで改善することができます。

ふとん乾燥機の温風と一緒に使うことで、快適な睡眠環境を作ることができます。ふとんのニオイが気になる方や、清潔な環境を保ちたい方におすすめの機能です。

まとめ:HFK-VS5000はV字型アタッチメントでふとん全体の乾燥を改良

この記事では日立のふとん乾燥機のHFK-VS5000とHFK-VS3000の違いやおすすめなどを紹介しました。最後のポイントをまとめておきますね。

HFK-VS5000とHFK-VS3000の違い
  • HFK-VS5000はV字型アタッチメントは新構造
  • HFK-VS5000は夏乾燥・冬乾燥の季節名になった
  • HFK-VS3000はおまかせコースは室温を検知して自動で乾燥できる
  • HFK-VS3000は暖め(足もと)コースがある
  • HKF-VS3000はフタ・ハンドル・操作部・ふとん乾燥アタッチメントが抗菌加工範囲が多い
  • HFK-VS5000はアイボリーとブルーグレー、HFK-VS3000はシャンパンゴールドとメタリックグレーのカラー展開
  • 型落ちしたHFK-VS3000の方が価格が安い

HFK-VS5000は新構造のV字型ふとん乾燥アタッチメントでより使いやすくなりました。コース名も変わり、よりシンプルに操作できます。

HFK-VS3000はおまかせコースがあり、環境により自動で乾燥してくれます。暖め(足もと)コースもあり、冷え性の方は足もとを暖めることができます。

環境や体質を考慮して選ぶといいですね^^

HFK-VS5000とHFK-VS3000の共通の特長は

HFK-VS5000とHFK-VS3000の共通の特長
  • V字型ふとん乾燥アタッチメントで敷ふとんの両面乾燥ができる
  • アレルキャッチャーフィルターでアレル物質を取り除く
  • 約130cm(本体~ふとん乾燥アタッチメント)の伸縮自在のロングホース
  • 部屋干しの衣類乾燥やくつ乾燥にも使える
  • ホースやアタッチメントは本体に収納できて、ホコリの付着を防ぐ

本体が大きのはホースやアタッチメントを収納できるからです。本体は約4.3kgと軽いので、持ち運びもラクにできます。

V字型のふとん乾燥アタッチメントはふとんを挟んで両面乾燥できるのが特長であり、魅力的です。

あなたの生活がより快適になることができるように、この記事でお手伝いができたら光栄です^^

タイトルとURLをコピーしました