アイリスオーヤマ ミニオイルヒーター ストレートフィン POH-505K-W、IOH-505Kの特徴の違い

アイリスオーヤマ POH-505K-W IOH-505K オイルヒーター
くじらこ
くじらこ

トイレに置くような小さなオイルヒーターないかしら?

くじらの長老
くじらの長老

あるぞぃあるぞぃ

POH-505K-WとIOH-505Kの2機種あるぞぃ

オイルヒーターには適用床面積の表示があります。6~8畳までの個室に適用する機種から、1~3畳ほどのトイレや洗面所などの小さな個室に適用する機種もあります。

アイリスオーヤマでは2機種あります。

今日はアイリスオーヤマのミニオイルヒーター POH-505K-W、IOH-505Kを紹介します。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマのオイルヒーターのラインナップ

まずはアイリスオーヤマのオイルヒーターの一覧をみてください。

  • ウェーブ型オイルヒーター メカ式 IWH2-1208D-W
  • ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 IWHD-1208M-B
  • ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 IWH2-1208M-W
  • ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 KIWH2-1210M-W
  • ウェーブ型オイルヒーター メカ式 KIWH2-1210D-W
  • ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 KIWHD-1210M-B
  • ウェーブ型オイルヒーター メカ式 タオルハンガー付き IWHH-1212D-W
  • ウェーブ型オイルヒーター IWH-1210K-W
  • オイルヒーター POH-1210KS-W
  • オイルヒーター ストレートフィン IOH-1208KS-W
  • ミニオイルヒーター IOH-505K
  • ミニオイルヒーター POH-505K-W

全12機種あります(2019年12月現在)。

ミニオイルヒーターは一番下の2機種です。

さて、どのように違うのかPOH-505K-W、IOH-505Kをみていきましょう。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

POH-505K-W、IOH-505Kの仕様

アイリスオーヤマ POH-505K-W IOH-505K
POH-505K-WIOH-505K
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
14.0×24.5×38.5cm14.0×24.5×38.5cm
重さ約3.2kg約3.2kg
コード長さ約1.6m約1.6m
フィンの形状
フィンの枚数
ストレートフィン
5枚
ストレートフィン
5枚
ヒーター切替
消費電力
入/切
500W
入/切
500W
その他機能サーモスタット機能
転倒時自動OFF機能
サーモスタット機能
転倒時自動OFF機能
カラーホワイトホワイト
発売年2016年2018年

適用床面積

木造コンクリート住宅
POH-505K-W1.2畳(2.0㎡)1.7畳(2.9㎡)
IOH-505K2.2畳(3.6㎡)3.3畳(5.4㎡)

見た目も仕様もほとんど同じの2機種。

どこが違うのか、見比べても見比べてもわかりませんでした。

唯一分かったのは、

  • 発売年

が違うことがわかりました。

POH-505K-W、IOH-505Kの特徴の違い

いつも何かしら2機種の違いが見つかるのですが、今回はいつもと違って、

  • 発売年の違い

という特徴とはあまり関係のない違いが見つかりました。

POH-505K-W、IOH-505Kの2機種に機能的な違いはありません。

デザインも機能も色も同じです。並べるとどちらがどちらなのかわからなくなります。

だから購入はどちらでも構いません!・・・とは言い切れません。

すべてが同じだからと言って、価格も同じとは限りません。納得のいく価格の方を選んでください。

一つだけ気を付けなければいけないのが、「補修用性能部品の保有期間」です。

いわゆる本体が壊れた時に修理するための部品をメーカーが持っている期間です。

IOH-505Kの取扱説明書では「製造打ち切り後5年間保有」となっているので、今のところ製造しているので心配ありません。

が、これは古い発売機種のほうが不利になることが多いです。

人気がありずっと生産していれば、それだけ長く使って、壊れても修理できる可能性が高くなりますが、発売して年数が経ち、生産も終われば修理できる部品を保有する期間も短くなります。

購入した機種を長く使いたいなら、新しい機種を購入する方がいいですね。

家電は壊れたら買い替えるという人は、部品の保有期間を気にせずに気に入った機種を購入してください。

ストレートフィンとウェーブフィンの違い

今回のPOH-505K-W、IOH-505Kはストレートフィンなので、どちらかの購入を検討している場合には関係のない話になりますが、オイルヒーターを選ぶ時には知っておくべき情報として必要なのでここで簡単にお話しておきます。

オイルヒーターには「ストレートフィン」「ウェーブフィン」があります。

  • ストレートフィン・・・フィンがストレートで見た目がすっきり。お手入れがしやすい。価格が安い。
  • ウェーブフィン・・・フィンが波状で、ストレートフィンより表面積が大きい。おしゃれ。

より効率を求めるならウェーブフィンのオイルヒーター。

初心者や買いやすい価格を重視するならストレートフィンのオイルヒーター。

環境や地域によっても変わってくるので、仕様や特徴と合わせて検討してください。

POH-505K-WとIOH-505Kの電気代はどうなの?

オイルヒーターは電気代が高い!

とよく聞きますが、電気料金は本当に高いのでしょうか。

おおまかな電気料金は消費電力と時間で計算できます。

運転モード・消費電力1時間使用8時間使用1日8時間
30日使用
500W13.5円108円3,240円

地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

POH-505K-W、IOH-505Kは入/切のみでヒーターは1つのモードしかありません。スイッチを入れるとずっと500Wの消費電力がかかってきます。

トイレや洗面所などの小さなスペースでの使用となるので、他のオイルヒーターに比べて電気料金はかなり抑えられます。

オイルヒーターの暖まるまでの時間は?

電気料金の次にオイルヒーターで気になるのは暖まるまでの時間です。

オイルヒーターは「暖まるまで時間がかかる」というウワサがあるので、中々手を出せない人もいると思います。

オイルヒーターを運転開始して暖まるまで約30分~1時間ほどかかると言われています。

ぼやっとした時間なのは、部屋や環境により暖まり具合が左右されるから。もちろん本体の性能にもよります。

セラミックファンヒーターなどは温風が出てくるので、すぐに暖かいイメージがありますが、部屋が暖まるには少し時間がかかります。それと同じですね。

オイルヒーターは温風が出ない分、暖かくなる時間が長く感じるのかもしれません。

すぐに暖まりたいのならセラミックファンヒーターの方が早いです。

早く体の芯から暖まりたいのならストーブの方が早いです。

オイルヒーターは暖まるまで時間が掛かりますが、火を使えない場所、お子さんやペットがいる部屋などでは安全に暖かくなる特徴を発揮します。

早く暖まりたいよりも安全性を優先する時にはオイルヒーターを選ぶことをおすすめします。

アイリスオーヤマのオイルヒーターの機能の説明やラインナップはこちら。

POH-505K-W、IOH-505Kのレビュー

ここで、POH-505K-W、IOH-505Kを購入したレビューをチェックしてみましょう。

POH-505K-Wのレビュー 81件 4.1

●日当たりの悪い北側の娘の部屋用に購入しました。じんわりと暖まる、陽だまりのような感じがいいですね。空気が乾燥しないところも気に入っています。犬にも良さが分かるのか、よく側で暖まっています。小型なので脱衣所やトイレ用にも欲しくなりました。

●3畳しかない息子の部屋にベッドや机があり、さすがに電気ストーブは危険すぎて置けませんでした。ミニオイルヒーターは嵩張らず机の下にも置けるし、何よりも安全なので購入しました。ミニサイズの為、本体の暖まるのが早く、思っていたよりも暖かいこと、また標準サイズの半分の電気代で済むのが気に入っています。

●外気温が9度~13度時に6畳の部屋で使用。14~17度位はキープしてくれます。(木造/断熱材は入ってない壁と屋根の部屋)使用電力が低めなのもありがたいです。置く場所を選べば充分役に立ってくれます。

●トイレの寒さ対策で購入、以前温風ヒーターを使用していましたが、最初のひんやり感を改善したくオイルヒーターにしてみたところ真冬でも木造家屋のトイレで16度前後になりヒンヤリ感がなくなりました。電源は夜間入れっぱなしですが、とても重宝しています。

アイリスプラザ

IOH-505Kのレビュー 21件 3.9

●コンパクトサイズなので、置き場に困らす、使い勝手がいいです。猫ちゃんのベット脇に置いてあげてます。夜中に3ニャンの運動会で、倒れるときがありますが、転倒するとオフになるので安心ですね。

●ほんのりと暖かく以外と部屋全体に暖かい。

●トイレで使用しています。電気代をうんぬん言っていたかたがいましたが、暖かいので、満足です。コンパクトなので、隙間にぴったりとおさまっていいです。ホワイトがきれいにみえてまたいいです。

アイリスプラザ

レビューでは「ほんのり暖まる」「じんわり暖まる」というコメントが多く、全体的には高評価です。

しかしオイルヒーターは見ための暖かさや、温風などのわかりやすい暖かさがないため、イマイチ暖かさの実感が湧かない人もいます。

個人の感覚で難しいところですが、4畳、6畳などの部屋で使用するにはPOH-505K-W、IOH-505Kは小さいので暖かくなりません。購入時には気を付けてください。

POH-505K-W、IOH-505Kの価格

最後に、気になる価格をみていきましょう。

POH-505K-WIOH-505K
アイリスプラザ
(税抜価格)
3,180円4,580円
Amazon3,980円
楽天市場3,680円4,480円
Yahoo!ショッピング3,680円4,580円

※2019年12月26日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

2016年発売のPOH-505K-Wの方が少し価格が安めです。

ミニオイルヒーターなので5000円以下で購入できるのは、オイルヒーター初心者が試してみるのにもいいですね。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

通販サイトでも購入できます。

IOH-505KはAmazonでは取り扱っていません。

楽天市場、Yahoo!ショッピング、【アイリスオーヤマ公式オンラインショップ】アイリスプラザ での購入をおすすめします。

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

オイルヒーターを移動してどこでもいっしょで暖まるわ

乾燥しないからお肌にいいのよね~

くじらの長老
くじらの長老

適用床面積を守らないと暖かくならないぞぃ

ミニオイルヒーターはコンパクトで持ち運びができるのがメリットですが、広いスペースでは中々力を発揮できません。

力を発揮できる適用床面積を守って使ってください。

乾燥しがちな寒い時期にはオイルヒーターがおすすめです。検討してみてください。

ストレートフィンのオイルヒーターはこちら。

効率のよいウェーブフィンのオイルヒーターはこちら。

アイリスオーヤマ ウェーブ型オイルヒーター IWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wの特徴の違い
くじらこウェーブ型オイルヒーターでお手頃価格の機種ってないかしら?くじらの長老あるぞぃIWH2-1208D-WとIWH2-1208M-Wの2機種じゃオイルヒーターにはウェーブフィンとストレートフィン...
アイリスオーヤマ ウェーブ型オイルヒーター IWHD-1208M-B、KIWHD-1210M-Bの特徴の違い
くじらこオイルヒーターってカラーがホワイトの機種が多いわね部屋に合うカッコイイカラーってないかしらくじらの長老あるぞぃブラックのオイルヒーターは汚れが目立ちにくいしブルックリン調や和室などに合わせやす...
アイリスオーヤマ ウェーブ型オイルヒーター KIWH2-1210D-W、KIWH2-1210M-Wの特徴の違い
くじらこちょっと大きめのオイルヒーターってあるかしら?小さかったらイマイチパワーが足りない気がするのくじらの長老あるぞぃあるぞぃKIWH2-1210D-WとKIWH2-1210M-Wじゃぞぃ...
アイリスオーヤマ ウェーブ型オイルヒーター IWHH-1212D-Wの特徴
くじらこオイルヒーターって暖房器具だから洗濯物を乾かすことってできるかなぁくじらの長老洗濯物を乾かすのはちと難しいがタオルくらいなら乾かせる機種があるぞぃサーキュレーターやセラミックファンヒーターなどは洗濯...