アイリスオーヤマ ウェーブ型オイルヒーター IWHH-1212D-Wの特徴

アイリスオーヤマ IWHH-1212D-W オイルヒーター
くじらこ
くじらこ

オイルヒーターって暖房器具だから洗濯物を乾かすことってできるかなぁ

くじらの長老
くじらの長老

洗濯物を乾かすのはちと難しいがタオルくらいなら乾かせる機種があるぞぃ

サーキュレーターやセラミックファンヒーターなどは洗濯物を乾かすこともできます。

せっかく暖房器具を使うなら、オイルヒーターでも洗濯物を乾かせないかな、と便利さを求めてしまいます。

残念ながら、オイルヒーターに洗濯物を乾かすほどの馬力はありませんが、タオルや少しの衣類ならオイルヒーターのサイドに掛けて暖めることができます。

今日はアイリスオーヤマのウェーブ型オイルヒーター IWHH-1212D-Wを紹介します。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマのオイルヒーターのラインナップ

まずアイリスオーヤマのオイルヒーターの一覧をみてください。

  • ウェーブ型オイルヒーター メカ式 IWH2-1208D-W
  • ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 IWHD-1208M-B
  • ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 IWH2-1208M-W
  • ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 KIWH2-1210M-W
  • ウェーブ型オイルヒーター メカ式 KIWH2-1210D-W
  • ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 KIWHD-1210M-B
  • ウェーブ型オイルヒーター メカ式 タオルハンガー付き IWHH-1212D-W
  • ウェーブ型オイルヒーター IWH-1210K-W
  • オイルヒーター POH-1210KS-W
  • オイルヒーター ストレートフィン IOH-1208KS-W
  • ミニオイルヒーター IOH-505K
  • ミニオイルヒーター POH-505K-W

全12機種あります(2019年12月現在)。

この中で唯一のタオルハンガー付きなのがIWHH-1212D-Wです。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

IWHH-1212D-Wの仕様

アイリスオーヤマ IWHH-1212D-W
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
29.0×57.0x70.5cm
重さ約13.7kg
コード長さ約1.6m
フィンの形状
フィンの枚数
ウェーブフィン
12枚
ヒーター切替
消費電力
強 1200W
中 700W
弱 500W
温度調節ダイヤル
その他機能タオルハンガー付き
コード収納
転倒時自動OFF機能
過熱防止機能
カラーホワイト
発売年2019年

適用床面積

木造コンクリート住宅
断熱材なし
断熱材50mm
3畳(4.9㎡)
6畳(8.6㎡)
4.5畳(6.9㎡)
8畳(12.9㎡)
アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

IWHH-1212D-Wの特徴

IWHH-1212D-Wは

  • 12枚のウェーブフィン
  • タオルハンガー付き

この2つが大きな特徴となります。

セラミックファンヒーターやストーブなどの暖房器具は乾きにくい洗濯物を乾かす役目もになっていることも多いです。

オイルヒーターも洗濯物を乾かすことができればいいですよね。

残念ながらセラミックファンヒーターのように風で洗濯物を乾かることはオイルヒーターではできません。

できませんが、タオルを乾かす程度ならできます。

それがタオルハンガーが両サイドについたIWHH-1212D-Wなんです。

アイリスオーヤマ IWHH-1212D-W

フィンの横にハンガーが付いていて、オイルヒーター本体に収納できるようになっています。

収納というか、閉じておけばハンガーが付いていないようにすっきりします。

両サイドについていて、耐荷重は片側2kgまでなので、大きなバスタオルでも掛けることができます。

次に大きな特徴として12枚フィンということです。IWHH-1212D-Wはアイリスオーヤマが取り扱っているオイルヒーターの中で一番枚数が多い機種です。

フィンが多いということは効率が良いということになります。

ストレートフィンとウェーブフィンの違い

フィンの話になりましたが、まず「ストレートフィン」「ウェーブフィン」についてもお話します。

オイルヒーターはまずフィンの形状で大きくグループが分かれます。

  • ストレートフィン・・・フィンがストレートで見た目がすっきり。お手入れがしやすい。価格が安い。
  • ウェーブフィン・・・フィンが波状で、ストレートフィンより表面積が大きい。おしゃれ。

フィンの中にあるオイルを暖めて、部屋を暖めていきます。表面積が大きい方が効率が良いので、

大きい、枚数が多いなど種類が増えていきます。

アイリスオーヤマでは8枚<10枚<12枚とそれぞれのフィンの枚数があり、価格も上がっていきます。

フィンの枚数・価格が上がると同時にサイズも大きくなり、スペースも大きくなるので注意が必要です。

ストレートフィンのオイルヒーターはこちら。

IWHH-1212D-Wの暖まるまでの時間はどのくらい?

オイルヒーターは暖まるまで時間が掛かると言われています。

暖まるまでには約30分~1時間ほど掛かり、すぐに暖まりません。

暖まるまで時間が掛かるのはデメリットととらえられがちですが、メリットの方が大きくてオイルヒーターを使う人もいます。

  • 火を使えない環境
  • お子さんやペットがいる
  • 乾燥したくない
  • ファンヒーターやエアコンの風が苦手
  • 部屋全体を暖めたい

寒い冬は乾燥します。乾燥すると喉を傷めたり、風邪をひいたりします。

乾燥→加湿器を使うという流れになり、家電代や電気料金がかさみます。

それだけでなく、人により深刻な状態(肌の乾燥、体調不良など)になることもあるので、乾燥は避けたいと思う人は多いです。

暖まるまでの時間のかかるオイルヒーターは常に人がいるような部屋で使い、すぐに暖まりたい時はセラミックファンヒーターやストーブを使うなど適材適所に使うなど工夫するとよいですね。

IWHH-1212D-Wの電気代はどのくらい?

さて、次に気になるのはオイルヒーターの電気代です。オイルヒーターはなぜか「電気代が高い」と思われがちですが、実際がどうなのでしょうか。

消費電力と時間から大まかな電気料金が計算できるので表にまとめてみました。

運転モード・消費電力1時間使用8時間使用1日8時間
30日使用
強 1200W
中 700W
弱 500W
32.4円
18.9円
13.5円
259.2円
151.2円
108円
7,776円
4,536円
3,240円

地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

常に強モードで運転し続ければ電気代が高くなりますが、部屋が暖まったら弱モードに切り替えるなどすれば電気代は抑えられます。

工夫しながら節電してみてはどうでしょうか。

IWHH-1212D-Wの価格

最後にIWHH-1212D-Wの価格をみてみましょう。

12枚フィンでタオルハンガー付きのオイルヒーターはいくらくらいなのでしょうか。

アイリスプラザ
(税抜価格)
16,800円
Amazon16,800円
楽天市場15,800円
Yahoo!ショッピング15,800円

※2019年12月26日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

16000円前後で比較的買いやすい価格帯となっています。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

通販サイトでも購入できます。

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

洗面やキッチンでタオルをよく使う部屋に置いておけばタオルが早く乾いていいかも!

くじらの長老
くじらの長老

洗濯物を乾かす・・・というより、使っているタオルを早く乾かすにはいいのぅ

顔を拭くとすぐにビショビショになってしまうからのぅ

タオルを掛けられるのも使い方次第で、便利になります。タオルハンガーをうまく利用してください。

12枚フィンで効率の高いIWHH-1212D-Wを検討してみてください。

ウェーブ型オイルヒーターはこちら。