アイリスオーヤマ ウェーブ型オイルヒーター IWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wの特徴の違い

アイリスオーヤマ IWH2-1208D-W IWH2-1208M-W オイルヒーター
くじらこ
くじらこ

ウェーブ型オイルヒーターでお手頃価格の機種ってないかしら?

くじらの長老
くじらの長老

あるぞぃ

IWH2-1208D-WとIWH2-1208M-Wの2機種じゃ

オイルヒーターにはウェーブフィンとストレートフィンがあり、やや価格が高めなのがウェーブフィンです。

予算を重視するとウェーブフィンのオイルヒーターが条件から外れてしまい購入を諦めることもありますが、アイリスオーヤマではお手頃価格のウェーブ型オイルヒーターもラインナップにあります。

今日はアイリスオーヤマのウェーブ型オイルヒーター IWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wを紹介します。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマのオイルヒーターのラインナップ

まずはアイリスオーヤマのオイルヒーターの一覧をみてください。

  • ウェーブ型オイルヒーター メカ式 IWH2-1208D-W
  • ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 IWHD-1208M-B
  • ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 IWH2-1208M-W
  • ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 KIWH2-1210M-W
  • ウェーブ型オイルヒーター メカ式 KIWH2-1210D-W
  • ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 KIWHD-1210M-B
  • ウェーブ型オイルヒーター メカ式 タオルハンガー付き IWHH-1212D-W
  • ウェーブ型オイルヒーター IWH-1210K-W
  • オイルヒーター POH-1210KS-W
  • オイルヒーター ストレートフィン IOH-1208KS-W
  • ミニオイルヒーター IOH-505K
  • ミニオイルヒーター POH-505K-W

全12機種あります(2019年12月現在)。

ウェーブ型オイルヒーターは8機種あり、その中の比較的低価格で品番の似ている2機種をピックアップしてみました。

IWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wの違いをみていきましょう。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

IWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wの仕様

アイリスオーヤマ IWH2-1208D-W IWH2-1208M-W
IWH2-1208D-WIWH2-1208M-W
タイプメカ式マイコン式
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
25.6×39.5×63.0cm25.6×37.5×63.0cm
重さ約9.0kg約9.1kg
コード長さ約1.6m約1.6m
フィンの形状
フィンの枚数
ウェーブフィン
8枚
ウェーブフィン
8枚
ヒーター切替
消費電力
強 1200W
中 700W
弱 500W
強 1200W
中 700W
弱 500W
エコ 自動調整
切タイマー1~24時間
(1時間刻み)
温度調整ダイヤル式10~28℃
その他機能電源コードが収納できる
転倒時自動OFF機能
過熱防止機能
電源コードが収納できる
転倒時自動OFF機能
過熱防止機能
チャイルドロック
カラーホワイトホワイト
発売年2019年2019年

適用床面積

木造コンクリート住宅
IWH2-1208D-W3畳(4.9㎡)4.5畳(6.9㎡)
IWH2-1208M-W6畳(8.6㎡)8畳(12.9㎡)

IWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wの大きな違いは

  • メカ式・マイコン式

という操作の違いにあります。

品番からわかるように、この2機種は同じシリーズのオイルヒーターになりますが、メカ式・マイコン式の違いから、

  • サイズ・重さの違い
  • 切タイマーの有無
  • エコモードの有無
  • 温度調整設定の仕方
  • チャイルドロックの有無

の機能の違いが出てきます。詳しくは特徴の違いで説明します。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

IWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wの特徴の違い

仕様からIWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wの違いは

  • サイズ・重さの違い
  • メカ式・マイコン式の違い
  • 切タイマーの有無
  • エコモードの有無
  • 温度調整設定の仕方
  • チャイルドロックの有無

同じシリーズのオイルヒーターですが、たくさんの機能の違いがあることが分かりました。

まずは大きな違いのメカ式・マイコン式から説明します。

IWH2-1208D-Wのメカ式、IWH2-1208M-Wのマイコン式の違い

メカ式、マイコン式の違いは画像を見ればすぐにわかります。

アイリスオーヤマ IWH2-1208D-W

IWH2-1208D-W メカ式

アイリスオーヤマ IWH2-208M-W

IWH2-1208M-W マイコン式

メカ式はダイヤルで操作。

マイコン式はボタンで操作。

操作方法の違いを覚えておけば、区別が付けやすいです。

ダイヤルの厚みの分、サイズが若干マイコン式より大きくなります。

メカ式は2つのダイヤルで、運転切替と温度を調節して部屋の快適さをお好みで設定します。

マイコン式はボタンで操作します。そのため、温度調節は+ぷらすまいなすで設定します。

温度調節ではメカ式は感覚で、マイコン式は数値で設定します。どちらが良いとか悪いとかではなく、自分の快適温度を探して設定するので「慣れ」れば簡単です。

ボタン操作のマイコン式は子供が興味で押して遊ぶことがあり、チャイルドロックが付いています。メカ式にはチャイルドロック機能はついていません。

アイリスオーヤマ IWH2-1208M-W

IWH2-1208M-W 切タイマー

アイリスオーヤマ IWH2-1208M-W

IWH2-1208M-W エコモード

マイコン式はメカ式に比べ機能が多いです。

1時間刻みで24時間まで設定できる切タイマーや室温を感知してヒーターを自動で切り替えてくれるエコモードなどがあります。

切タイマーもエコモードも、「節電」をしてくれる機能です。

電気料金が気になるなら、マイコン式のIWH2-1208M-Wをおすすめします。

IWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wの違いだけをまとめてみました。

IWH2-1208D-W メカ式IWH2-1208M-W マイコン式
サイズ
重さ
25.6×39.5×63.0cm
約9.0kg
25.6×37.5×63.0cm
約9.1kg
切タイマー1~24時間
(1時間刻み)
ヒーター切替強・中・弱強・中・弱・エコ
温度調節ダイヤルで調整10~28℃
(1℃刻み)
チャイルドロック

マイコン式の方が機能が多いです。自分の好みを細かく設定したい人におすすめです。

メカ式はシンプルな機能と操作で簡単に使いたい人におすすめです。

アイリスオーヤマのオイルヒーターの機能の説明やラインアップはこちら。

ストレートフィン、ウェーブフィンの違い

IWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wはウェーブフィンで、この2機種で検討している人には関係はありませんが、ここで情報としてフィンの違いを簡単に説明しておきます。

  • ストレートフィン・・・フィンがストレートで見た目がすっきり。お手入れがしやすい。価格が安い。
  • ウェーブフィン・・・フィンが波状で、ストレートフィンより表面積が大きい。おしゃれ。

より効率を求めるならウェーブフィンのオイルヒーター。

初めて使う人や価格重視の人はストレートフィンのオイルヒーターをおすすめします。

環境や地域によっても変わってくるので、仕様や特徴と合わせて検討してください。

ストレートフィンのオイルヒーターはこちら。

IWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wの電気代はどう?

オイルヒーターは電気代が掛かる、ウェーブフィンは効率が良い、と色々なことが言われるオイルヒーターですが、実際の電気料金はどのくらいなのでしょうか。調べてみました。

運転モード・消費電力1時間使用8時間使用1日8時間
30日使用
強 1200W
中 700W
弱 500W
エコ 自動
32.4円
18.9円
13.5円
259.2円
151.2円
108円
7,776円
4,536円
3,240円

地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

エコモードは室温により自動で運転を切り替えるため計算できません。

3段階のヒーター切替で、部屋が暖まるまでは強運転、暖まれば弱運転などで工夫すれば電気代が抑えられます。

IWH2-1208M-Wは切タイマーやエコモードがあるので、より節電を工夫できます。

使い方や工夫により、快適&節電の効果を上げてください。

オイルヒーターの暖まるまでの時間は?

オイルヒーターは電気料金の他に暖まるまでの時間が掛かるということで疎遠そえんする人が多いです。

ですが、時間が掛かる以上にメリットもあります。

オイルヒーターで部屋が暖まる時間は約30分~1時間ほど掛かると言われています。寒い外から帰ってきてすぐに暖まるには時間が掛かりすぎるので、オイルヒーターには適任ではありません。

すぐに暖まりたいのならセラミックファンヒーターや電気ストーブがいいでしょう。

オイルヒーターは部屋にいてゆっくり暖まりたい人に適しています。

さらに火を使えない環境、お子さんやペットがいたり、乾燥を避けたい人にオイルヒーターは適しています。

ずっと部屋にいて、火を使いたくない環境にはおすすめです。

KIWH2-1210D-W、KIWH2-1210M-Wとの違い

ラインナップでお気付きの人もいると思いますが、IWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wの品番によく似た品番があります。

  • ウェーブ型オイルヒーター マイコン式 KIWH2-1210M-W
  • ウェーブ型オイルヒーター メカ式 KIWH2-1210D-W

この2機種は10枚フィンのオイルヒーターです。この2機種と、今回紹介している2機種は同じシリーズとなります。

各機種の機能をまとめると

IWH2-1208D-Wメカ式。8枚フィン。
IWH2-1208M-Wマイコン式。8枚フィン。
KIWH2-1210D-Wメカ式。10枚フィン。
KIWH2-1210M-Wマイコン式。10枚フィン。

という風に操作方法とフィンの枚数が違います。

オイルヒーターを置くスペース、予算などを考慮して、その機種が合うのか検討してください。

KIWH2-1210D-W、KIWH2-1210M-Wはこちらの記事で紹介してます。

IWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wの価格

最後に価格をチェックしてみましょう。

IWH2-1208D-W メカ式IWH2-1208M-W マイコン式
アイリスプラザ
(税抜価格)
11,800円11,800円
Amazon10,800円13,800円
楽天市場10,800円11,800円
Yahoo!ショッピング10,800円11,800円

※2019年12月26日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

IWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wはウェーブ型オイルヒーターの中では低価格帯で買いやすいです。

さらにメカ式、マイコン式で違いますが、価格に差がないのも買いやすい理由の一つになっています。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

通販サイトでも購入できます。

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

買いやすい価格だから、一度試してみようかな・・・って思うわね

近頃お肌の乾燥が気になるから、オイルヒーターにしてみようかしら~

くじらの長老
くじらの長老

オイルヒーターは

やさしく暖かく、静か、空気が汚れない、乾燥しない、安全

と他の暖房器具にはない良さがあるんじゃ

ウェーブ型オイルヒーターはストレート型オイルヒーターより効率が良いため、価格が少し高めなのがデメリットにもなりますが、IWH2-1208D-W、IWH2-1208M-Wは1万ちょっとの価格で比較的購入しやすいです。

もしオイルヒーターを買ってみたいな、と思っていたら低価格で高機能のIWH2-1208M-Wがおすすめです。検討してみてください。

ウェーブフィンのオイルヒーターはこちら。