IWHD-1208MとKIWHD-1210Mの違いを比較 ウェーブ型オイルヒーター

アイリスオーヤマ IWHD-1208M KIWHD-1210Mオイルヒーター

この記事はアイリスオーヤマのウェーブ型オイルヒーターのIWHD-1208MとKIWHD-1210Mの違いを比較しています。

オイルヒーターは白物家電のイメージがあります。

アイリスオーヤマでは

  • IWHD-1208M
  • KIWHD-1210M

2機種がブラックです。部屋が引き締まるようなかっこいいブラックです。

IWHD-1208MとKIWHD-1210Mの違いは

  • フィンの枚数の違い
  • サイズ・重さの違い
  • 価格の違い

フィンの枚数が違います。フィンの枚数が多いほど空気と接する面積が大きくなるので効率がよくなります。

IWHD-1208MとKIWHD-1210Mは消費電力が同じなので、10枚フィンのKIWHD-1210Mが効率がいいです。

IWHD-1208Mは

8枚のウェーブフィンで

価格をおさえられます。

KIWHD-1210Mは

10枚のウェーブフィンで効率よく暖めます。

\IWHD-1208Mはこちら/

8枚ウェーブフィン。予算をおさえられます^^

\KIWHD-1210Mはこちら/

10枚ウェーブフィン。効率がいい^^

IWHD-1208MとKIWHD-1210Mの違いを比較

ここからはIWHD-1208MとKIWHD-1210Mの違いをくわしくみていきましょう。

  • フィンの枚数の違い
  • サイズ・重さの違い
  • 価格の違い

違いは3点です。

①フィンの枚数の違い

オイルヒーターはフィンの面積が広いほど輻射熱が増えるので効率がよくなります。

IWHD-1208Mのフィンの枚数

アイリスオーヤマ IWHD-1208M-B 8枚フィン
アイリスプラザより IWHD-1208M

IWHD-1208M-Bは8枚のウェーブフィンです。

KIWHD-1210Mのフィンの枚数

アイリスオーヤマ KIWHD-1210M-B フィン
アイリスプラザより KIWHD-1210M

KIWHD-1210Mは10枚のウェーブフィンです。

オイルヒーターはフィン内部のオイルが放熱して部屋を暖めます。ということはフィンの枚数が多い方がより放熱が多いため、暖かくなる効率が上がります。

適用床面積、消費電力は同じ。

KIWHD-1210Mが効率よく暖かくなります。

ストレートフィンとウェーブフィンの違い

フィンの話が出たので少し外れますが、ここでストレートフィンとウェーブフィンについて説明しておきます。

オイルヒーターには「ストレートフィン」と「ウェーブフィン」があります。

  • ストレートフィン・・・フィンがストレートで見た目がすっきり。お手入れがしやすい。価格が安い。
  • ウェーブフィン・・・フィンが波状で、ストレートフィンより表面積が大きい。おしゃれ。

今回のIWHD-1208MとKIWHD-1210Mは両機種ともにウェーブフィンです。

オイルヒーターはフィンの表面積が大きい方がより効率よく暖まります。ストレートフィン<ウェーブフィンとなり、曲線の多いウェーブフィンが表面積が大きくなります。

より効率を求めるならウェーブフィンのオイルヒーター。

初心者や買いやすい価格を重視するならストレートフィンのオイルヒーター。

環境や地域によっても変わってくるので、特徴や予算と合わせて検討してください。

②サイズ・重さの違い

IWHD-1208MKIWHD-1210M
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
25.6×37.0x67.0cm25.6×44.5×67.0cm
重さ約8.4kg約9.9kg

幅や高さは同じですが、奥行きのサイズが違います。

重さも約1.5kgほど違います。

フィンの枚数でサイズや重さが違ってきます。

IWHD-1208MとKIWHD-1210Mの価格の違い

機能や適用床面積は同じですが、フィンの枚数が違うので価格も違ってきます。

IWHD-1208Mの価格

アイリスプラザ:24,390円

Amazon:15,300円前後

楽天市場:19,800円前後

Yahoo!ショッピング:19,800円前後

2022年に入ってから価格が少しずつ上昇しています。こまめにチェックしつつ、いいタイミングで購入してください。

↓最新価格はこちらチェック↓

KIWHD-1210Mの価格

アイリスプラザ:26,850円

Amazon:14,380円前後

楽天市場:23,544円前後

Yahoo!ショッピング:19,800円前後

2022年に入ってから価格は横ばい状態です。価格をチェックして購入してください。

↓最新価格はこちらチェック↓

IWHD-1208MとKIWHD-1210Mの電気代はどのくらい?

オイルヒーターが選ばれない理由に電気代が高い!という意見があります。

電気代はどのくらいのなるが調べてみました。

家電は消費電力と時間からおおよその電気料金を計算できます。表にまとめてみました。

運転モード・消費電力1時間使用8時間使用1日8時間
30日使用
強 1200W32.4円259.2円7,776円
中 700W18.9円151.2円4,536円
弱 500W13.5円108円3,240円
エコ 自動

※1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。※エコモードは室温により自動で運転を切り替えるため計算できません。

3段階のモードとエコモードがあり、エコモードは室温を感知し自動で運転を切り替えてくれます。エコモードをうまく使えば節電になります。

IWHD-1208MとKIWHD-1210Mは切タイマーもついているので、うまく利用すれば電気料金をおさえることができます。

オイルヒーターは暖まるまでどのくらい?

オイルヒーターを疎遠する理由に「暖まるまでの時間が掛かる」というのがあります。

確かにオイルヒーターは暖まるまで約30分~1時間ほど掛かります(環境などにより変わります)。

すぐに暖まりたい人はセラミックファンヒーターやストーブがいいでしょう。

オイルヒーターは安全にやさしく暖まりたい人に向いています。

  • 火を使えない環境
  • お子さんやペットがいる
  • 乾燥したくない

オイルヒーターは火を使わずに暖めるので安全です。また温風の出るセラミックファンヒーターやエアコンのように部屋の空気が乾燥することもありません。

気になる肌の乾燥や喉や風邪の対策も抑えられます。

IWHD-1208MとKIWHD-1210Mのおすすめはどっち?

ではどちらがおすすめでしょうか。まだ悩んでいる方は購入の際の参考にしてください。

IWHD-1208Mがおすすめなあなた

  • 価格をおさえたい
  • 小さいサイズがいい

KIWHD-1210Mがおすすめなあなた

  • 効率重視

IWHD-1208MとKIWHD-1210Mのスペック表

コード長さ約1.6m
フィンの形状ウェーブフィン
ヒーター切替
消費電力
強 1200W
中 700W
弱 500W
エコ -
入/切タイマー1~24時間
(1時間刻み)
温度調節10~28℃
(1℃刻み)
その他機能コードホルダー付き
転倒時自動OFF機能
過熱防止機能
チャイルドロック
カラーブラック
発売年2019年

適用床面積

木造コンクリート住宅
断熱材なし
断熱材50mm
3畳(4.9㎡)
6畳(8.6㎡)
4.5畳(6.9㎡)
8畳(12.9㎡)

IWHD-1208MとKIWHD-1210Mの違いを比較 ウェーブ型オイルヒーターのまとめ

アイリスオーヤマのオイルヒーターでブラックはIWHD-1208MとKIWHD-1210Mのみです。

ブラックはインテリアを重視している人に人気です。