リンサークリーナー RNS-P10-W、RNS-300の違いを比較!口コミは?おすすめはどっち?

アイリスオーヤマ RNS-P10-W RNS-300 リンサークリーナー
くじらこ
くじらこ

ソファやデスクチェアとか、布モノだけど洗濯できない家具の汚れってどうにかなんない?

くじらの長老
くじらの長老

アイリスオーヤマのリンサークリーナーでキレイになるぞぃ

くじらこ
くじらこ

リンサークリーナー?

聞き慣れないリンサークリーナーですが、どんなクリーナー?

クリーナーとついていますが、ゴミを吸わないクリーナーです。

リンサークリーナーは汚れを吸います。ソファやデスクチェアなどの布面の汚れ、ラグやじゅうたんの汚れをキレイにしてくれるクリーナーです。

アイリスオーヤマでは

  • RNS-P10-W
  • RNS-300

2機種ありますが、違いをまとめました。

  • サイズ
  • 重さ
  • 定格消費電力
  • 満水タンク容量
  • ホース長さ
  • RNS-P10-Wはブラシ付きヘッド・T型ヘッド、RNS-300はハンドツールが付属
  • 散水方法の仕様
  • 清水タンク位置
  • タンク仕様
  • 運転音の低減
  • 収納、コンパクトフック

沢山の違いがあります。

RNS-300は2019年発売で、RNS-P10-Wは改良されて2021年に発売しました。

違いというより、改良点といっていいかもしれませんね。

RNS-P10-Wは

満水タンク容量が大きくなり

すき間や狭い場所でも使えるT字ヘッドが付属していて

フックを握ると楽に散水できるようになりました。

RNS-300は

本体がコンパクトで

ちょっとした汚れを落とすのに便利。

RNS-300の改良したのがRNS-P10-Wです。

くじらこがおすすめするのは素直にNS-P10-Wです。

ブラシ付きヘッドとT型ヘッドで使い分けできるし、ハンドルの握るだけで散水もラクなので。

でもちょこっとした汚れを落とす程度で使うなら、RNS-300でもいいですよ。

極論を言えば、家電をレンタルして必要な時だけ使うのもアリ。

人によっての使用頻度は異なるので、どういう風な汚れを落とすのに使うかをよーく考えてくださいね。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

リンサークリーナー RNS-P10-W ホワイト

リンサークリーナー RNS-300

\通販サイトでの購入はこちら/

改良版のリンサークリーナーRNS-P10-Wはこちら▼

1代目リンサークリーナーのRNS-300はこちら▼

2021年秋に新機種が追加されました!

新機種のRNSK-P10とRNSK-300の違いをまとめている記事はこちら↓

P10シリーズ、300シリーズで比較している記事はこちら↓

RNS-P10-W、RNS-300の違いは11ヶ!

RNS-P10-WとRNS-300の違いは11ヶとたくさんあるので、ここから詳しく紹介していきます。

サイズ・重さ・定格消費電力の基本スペックの違い

アイリスオーヤマ RNS-P10-W RNS-300
RNS-P10-WRNS-300
サイズ(約幅x奥行x高さcm)29.0×18.0x27.0cm24.8×14.6×31.2cm
重さ約3.2kg
(付属品含む)
約2.7kg
(付属品含む)
定格消費電力310W330W

改良ということで、デザインが変わりサイズや重さも変わってきます。

清水タンク容量はRNS-P10-Wが大幅UP!

アイリスオーヤマ RNS-P10-W 清水タンク
アイリスプラザより RNS-P10-W
アイリスオーヤマ RNS-300 清水タンク
アイリスプラザより RNS-300
RNS-P10-WRNS-300
清水タンク容量約1.1L約0.3L

まずは清水タンクの位置が変わりました。

位置が変わったことでRNS-P10-Wは約1.1Lと大幅にUPしました。水の追加の手間が無くなりました。

RNS-300はハンドルに付いています。容量は約0.3Lと小さめです。

RNS-P10-Wは約1.2mと長くなった

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10-W
RNS-P10-WRNS-300
ホース長さ約1.2m約1.0m

ホース長さがRNS-P10-Wは長くなりました。RNS-300と約20cmの差でわずかと思いがちですが、20cm長くなると十分使いやすくなります。

RNS-P10-Wはハンドツールが2種

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10-W
アイリスオーヤマ RNS-300
アイリスプラザより RNS-300
RNS-P10-WRNS-300
付属品ハンドツール2種
(ブラシ付きヘッド、T型ヘッド)
ホルダー
ハンドツール
バキュームホース
ホルダー
ホースフック
コードフック2個

RNS-P10-Wはハンドツールがブラシ付きヘッドとT型ヘッドで付け替えできます。

RNS-P10-WのT型ヘッド

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10-W

T型ヘッドは吸口が細くなって、狭い場所まで届くようになりました。

ソファのすき間はブラシ付きヘッドは入らないので、T型ツールでキレイにできます。

散水方法の違い

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10-W
アイリスオーヤマ RNS-300
アイリスプラザ RNS-300

レビューの意見で改良されました。

RNS-300のトリガー式は指に力を入れるため、何度も操作していると疲れてきます。

RNS-P10-Wのボタン式はハンドルを握ったと同時に押せるので、力の入れ具合が楽になりました。

広い範囲を掃除する時には何度も操作するので、ボタン式がおすすめです。

清水タンク位置の違い

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10-W
アイリスオーヤマ RNS-300
アイリスプラザより RNS-300

レビューの意見から改良されました。

清水タンク位置が大きく変わりました。

TNS-300はハンドル部分についています。ハンドルに荷重が掛かることと、容量が少ないがデメリットでした。

RNS-P10-Wは本体につきました。そのため大幅に容量が増えて約1.1Lです。ハンドルも軽くなったので、ものすごくいい改良ですね!

タンク仕様の違い

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10-W

清水タンクの仕様が大きく改良されました。こちらもレビューの意見からです。

RNS-P10-Wは清水タンクは取り外しができて、注ぎ口は約2.6cmで大きくなって注ぎやすくなりました。

RNS-P10-Wは運転音の低減

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10-W

運転音の明確な表記はないですが、RNS-300からRNS-P10-Wでは約10dBの運転音が小さくなっています。

収納の仕様・コンパクトになった

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10-W
アイリスオーヤマ RNS-300
アイリスプラザより RNS-300

どちらも「コンパクト」ですが、RNS-P10-Wの方がホースがぴったり本体に巻き付いて、コンパクト感が増しました。

RNS-P10-Wは本体にコードフックがついていますが、RNS-300はコードフックが外れるようになっています。

比較表まとめ

違いは赤太字にしています。

RNS-P10-WRNS-300
サイズ(幅x奥行x高さcm)29.0×18.0x27.0cm24.8×14.6×31.2cm
重さ約3.2kg
(付属品含む)
約2.7kg
(付属品含む)
コード長さ約3m約3m
電源AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
定格消費電力310W330W
吸込仕事率30W30W
回収タンク有効容量0.5L0.5L
清水タンク容量1.1L0.3L
ホース長さ直径30mmx1.2m直径29mmx1.0m
お湯使用温度約40°℃まで約40°℃まで
付属品ハンドツール2種
(ブラシ付きヘッド、T型ヘッド)

ホルダー
ハンドツール
バキュームホース
ホルダー
ホースフック
コードフック2個
その他清水タンクは本体
トリガーを握ると自動で散水
T型ヘッド
広口タンク
運転音を低減

清水タンク・回収タンク・ハンドツール水洗い可
コンパクト収納
コード収納フック
清水タンクはハンドル部分
噴出レバーを引いて水を吹き付ける
洗浄ブラシ付き
タンク・ハンドル・バキュームホース水洗い可

RNS-P10-W、RNS-300の価格

RNS-P10-WRNS-300
アイリスプラザ14,980円8,980円
Amazon13,290円8,700円
楽天市場13,290円8,240円
Yahoo!ショッピング13,160円8,160円

※2021年10月31日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

RNS-P10-Wは機能改良で価格がぐんと上がります。価格は上がりますが、使い勝手や機能もぐんと上がっていますので、・・・悩ましいですね。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

リンサークリーナー RNS-P10-W ホワイト

リンサークリーナー RNS-300

\通販サイトでの購入はこちら/

改良版のリンサークリーナーRNS-P10-Wはこちら▼

1代目リンサークリーナーのRNS-300はこちら▼

RNS-P10-W、RNS-300の口コミ

次は口コミをみていきましょう。

RNS-P10-Wの口コミ

42件 4.2

使用して4年目のソファーを洗いたくて購入。音は結構大きいので、昼間に使った方が良いと思います。使用後の水は本当に茶色になり、汚れが落ちている感じがしました。終わった後は少し湿っているので、布団乾燥機をかけました。子供がご飯をこぼして汚れたカーペットの拭き掃除にも使っています。

アイリスプラザ

早速使ってみました。夫のタバコ部屋のドアのすぐ下のカーペットが、ヤニで黄ばんでしまっていてそこにブォーっと。落ちました!買って良かった。期待通りです!不満な所は、コードが巻き取り式だともっと良かった。ジャバラホースが硬い。毎日使う物ではなく、汚れが酷いなって時にしか使わないので、使う都度水抜きしたり洗ったりのお手入れをする事になりそうです。そのお手入れの手数が多い事が不満かな。

アイリスプラザ

長年の愛犬の粗相を拭き取ってはいましたが、汚れと臭いが取れきれなくて困っていましたが、リンサークリーナーを掃除したらスッキリ綺麗に臭いも汚れも取れました。買って良かったです。

アイリスプラザ

室内犬(ボーダーコリー・メス・9歳)のために購入しました。試験的にカーペットのクリーニングを試みました。カーペットから吸収された水はホコリ等が溶け込んで汚れたいました。ただし吸水(クリーニング)後のカーペットの手触りが想像以上に多くの水を含んでいるのか気になりました。

アイリスプラザ

RNS-300の口コミ

168件 4.1

テレビ番組でも、評判ですが、ホントに面白い程落ちます。車のシートを洗いましたが、真っ黒の水が出て、子供達とゲラゲラ笑いながら、楽しみました。音は、かなりなるので、時間帯や場所はご注意下さい。

アイリスプラザ

汚れが落ちるのには満足しましたが、カーペットがビショビショになってしまいます。使用時の音がおおきくてビックリしました。洗浄ブラシの消耗もはやいです。

アイリスプラザ

ペットが粗相したカーペットの汚れの跡に使おうと購入。確かに汚れが落ちるが、音がめちゃめちゃうるさい!新聞を巻いて少しは…。スプレーするのに手が疲れる。少し高いが改良品にすれば良かった。

アイリスプラザ

長年使用しているカーペットに使用してみました。汚れが簡単に汚水タンクに,あまりの汚れに驚くほど綺麗になります。全体を綺麗にするのには、時間がかかります。使用時の音が大きいので何時でもとは、言えないのが残念です。車のシ-トも綺麗になりました。

アイリスプラザ

車内清掃とリビング絨毯を掃除したくて購入しました。幼い子供がいるので食べこぼしや汗など見た目の汚れ+臭いが気になっていましたが、こちらを使用して軽減されました。音が大きいことと、もう少しお湯の使用可能温度をあげてもらえると掃除効果が上がりそうかなと思います。

アイリスプラザ

口コミのまとめ

キレイに汚れが取れる!というので高評価を得ています。

気になる意見としては

  • 汚れを取ったあとは湿っている
  • 古い汚れは落ちない
  • 音が大きい

などがありました。

水を染み込ませて、吸引力の力でその水と汚れを吸い取っていきますが、すべてを吸い取るわけではなく、掃除した後は湿っています。掃除した後は乾かすことが必須です。

レビューの中でがふとん乾燥機を使って乾かすという良いアイデアもありました。アイリスオーヤマ商品を上手に使っていますね!

RNS-300は音が大きいという意見はチラホラありました。音が気になる人は明るい時間帯に掃除しましょう。

そんな音が大きいというレビューの多かったRNS-300の後継機種のRNS-P10-Wは運転音が低減されていますが、それでも音が大きいという意見がありました。

どちらを買うにしても音が大きいことは覚悟しておいた方がいいかも。

おすすめはどっち?

おすすめはRNS-P10-Wです。

握ると散水できるハンドルはラクですね。清水タンクの容量も大きいのがいいですね。

ブラシ付きヘッドとT型ヘッドもうまく使い分けると、楽に作業できそう。

どちらも汚れが落ちるので、性能の心配はないです。

作業のしやすさを考えて購入を検討してください。

家電レンタルで試してみるのもアリ、短期間だけ使うのもアリ

リンサークリーナーを使ってみたい。

1回だけ使ってみたい。

そんな時は家電レンタルして使ってみるのもいいですね。

使ってみてわかることがたくさんあります。

使うのが1回だけでいい場合もあります。

購入もいいですが、レンタルも考えてみてください。

→ カメラ、家電、ガジェットのレンタル【Rentio】

RNS-P10-Wは3泊4日6,980円~、RNS-300は3泊4日5,980円~レンタルできます。

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

洗えないソファやじゅうたんをキレイにできるのが魅力的ね

くじらの長老
くじらの長老

リンサークリーナーでキレイにした後は忘れずに乾かすんじゃぞぃ

リンサークリーナーは水分を全て吸う切ることはできません。

なので、リンサークリーナーを使った後は乾かす事が大事です。そのまま乾かすと水分がシミになるかもしれません。

そんな時はふとん乾燥機カラリエが便利です。

ふとん乾燥機の温風で素早く乾かします。ふとん乾燥もパリッと気持ちいいです。

ふとん乾燥機はこちらの記事で紹介しています↓

FK-D1、FK-C3の違いを比較!デザイン重視と機能重視はどっちがおすすめ?ふとん乾燥機カラリエ シングルノズル
【シングルノズル】アイリスオーヤマのふとん乾燥機 FK-D1、FK-C3の違いをまとめています。違いは時間設定、あたため予約モードの有無、フラップの仕様、衣類乾燥かくつ乾燥か、カラー・デザインなどです。機能も大きく違うのでチェック!
FK-WH1、KFK-401の違いや口コミを調査! ふとん乾燥機カラリエ ハイパワー ツインノズル
【ハイパワー・ツインノズル】アイリスオーヤマのふとん乾燥機のFK-WH1、KFK-401の違いをまとめています。違いはカラーとアロマ対応です。
FK-H1、KFK-301の違いを比較!ふとん乾燥機カラリエ ハイパワー シングルノズル
【ハイパワー・シングルノズル】アイリスオーヤマのふとん乾燥機FK-H1、KFK-301の特徴の違いをまとめています。違いはアロマ機能とまくら乾燥袋の有無、カラーです。
FK-W1、KFK-W1-WPの違いを比較!ツインノズル 口コミや別売品を調査!
【ツインノズル】アイリスオーヤマのふとん乾燥機 カラリエ ツインノズルのFK-W1、KFK-W1-WPの違いをまとめています。違いはアロマ機能の有無です。
ふとん乾燥機カラリエ FK-C3、FK-C2、KFK-C2-WP、ITFK-C2の特徴の違い
【シングルノズル】アイリスオーヤマのふとん乾燥機カラリエ FK-C3、FK-C2、KFK-C2-WP、ITFK-C2の特徴の違いを紹介しています。販売終了している品番があるので、悩んでいる方は早めの購入をおすすめします。

リンサークリーナー、ふとん乾燥機を検討してみてください。