RNS-P10とRNS-300の違いを比較!おすすめはどっち?リンサークリーナー アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ RNS-P10-W RNS-300リンサークリーナー
くじらこ
くじらこ

リンサークリーナーのRNS-P10とRNS-300ってどう違うの?

デザインからして全然違うけど、機能の違いを知りたい

くじらの長老
くじらの長老

初期に発売された2機種じゃな

水タンク容量やハンドル、RNS-P10は自動散水ができるなどたくさんあるんじゃぞぃ

この記事ではアイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-P10とRNS-300の違いを比較しています。

RNS-300は2019年発売で、RNS-P10は改良されて2021年に発売しました。

違いというより、改良点といっていいかもしれませんね。

RNS-P10とRNS-300は

  • 満水タンク容量
  • ホース長さ
  • RNS-P10はブラシ付きヘッド・T型ヘッド、RNS-300はハンドツールが付属
  • 散水方法の仕様
  • 清水タンク位置
  • タンク仕様
  • 運転音の低減
  • 収納、コンパクトフック
  • サイズ
  • 重さ
  • 定格消費電力

たくさんの違いがあります。

RNS-P10は

満水タンク容量が大きいので水の補充の手間が減ります。

すき間や狭い場所でも使えるT字ヘッドが付属していて

フックを握ると楽に散水(自動散水)できるようになりました。

RNS-300は

本体がコンパクトで

ちょっとした汚れを落とすのに便利。

RNS-300の改良したのがRNS-P10です。

おすすめはNS-P10です。

ブラシ付きヘッドとT型ヘッドで使い分けできるし、ハンドルの握るだけで散水もラクです。

でもちょこっとした汚れを落とす程度で使うなら、RNS-300でもいいですよ。

極論を言えば、家電をレンタルして必要な時だけ使うのもアリ。

人によっての使用頻度は異なるので、どういう風な汚れを落とすのに使うかをよく考えてくださいね。

\改良版のリンサークリーナーRNS-P10はこちら/

水タンク容量が大きくてハンドルを握るだけの自動散水で、楽ちん仕様♪

\1代目リンサークリーナーのRNS-300はこちら/

汚れた時にちょこっと使いできるコンパクト仕様♪

RNS-P10とRNS-300の違いを比較

RNS-P10とRNS-300の違いをくわしくみていきましょう。

  • 満水タンク容量
  • ホース長さ
  • RNS-P10はブラシ付きヘッド・T型ヘッド、RNS-300はハンドツールが付属
  • 散水方法の仕様
  • 清水タンク位置
  • タンク仕様
  • 運転音の低減
  • 収納、コンパクトフック
  • サイズ
  • 重さ
  • 定格消費電力
  • 価格

たくさんありますね。順にみていきましょう。

違い①満水タンク容量はRNS-P10が大幅UP!

清水タンクの位置が変わりました。

アイリスオーヤマ RNS-P10-W 清水タンク
アイリスプラザより RNS-P10

位置が変わったことでRNS-P10は約1.0Lと大幅にUP。水の追加の手間が減りました。

アイリスオーヤマ RNS-300 清水タンク
アイリスプラザより RNS-300

RNS-300はハンドルに付いています。容量は約0.3Lと小さめです。汚れた時にちょこっと使いなら、約0.3Lの容量でも十分ですね。

違い②RNS-P10は約1.2mとホースが長くなった

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10
RNS-P10RNS-300
ホース長さ約1.2m約1.0m

RNS-P10はホース長さが約1.2mと約0.2mほど長くなりました。

20cm長くなるとソファなど大きな家具で広い範囲をキレイにでき、車のシートなどでは奥まで届くようになりました。

違い③RNS-P10はハンドツールが2種付属して、掃除の幅が広がった

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10

RNS-P10はハンドツールがブラシ付きヘッドとT型ヘッドで付け替えできます。

アイリスオーヤマ RNS-300
アイリスプラザより RNS-300

RNS-300はタンク付きのハンドツール1つです。

RNS-P10のT型ヘッドはすきま掃除に使える

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10

T型ヘッドは吸口が細くなって、狭い場所まで届くようになりました。

ソファのすき間はブラシ付きヘッドは入らないので、T型ツールでキレイにできます。

違い④RNS-P10は自動散水、RNS-300はトリガー式散水

レビューの意見で改良されました。

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10

RNS-P10のボタン式はハンドルを握ったと同時に押せるので、力の入れ具合が楽になりました。

広い範囲を掃除する時には何度も操作するので、ボタン式がおすすめです。

アイリスオーヤマ RNS-300
アイリスプラザ RNS-300

RNS-300のトリガー式は指に力を入れるため、何度も操作していると疲れてきます。

違い⑤清水タンク位置の違い

レビューの意見から改良されました。

清水タンク位置が大きく変わりました。

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10

RNS-P10は本体につきました。そのため大幅に容量が増えて約1.0Lです。ハンドルも軽くなったので、ものすごくいい改良ですね!

アイリスオーヤマ RNS-300
アイリスプラザより RNS-300

TNS-300はハンドル部分についています。ハンドルに荷重が掛かることと、容量が少ないのがデメリットですが、水の減り方が一目でわかりやすいです。

違い⑥タンク仕様の違い

清水タンクの仕様が大きく改良されました。こちらもレビューの意見からです。

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10

RNS-P10は清水タンクは取り外しができて、注ぎ口は約2.6cmで大きくなって注ぎやすくなりました。

違い⑦RNS-P10は運転音が低減

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10

運転音の明確な表記はないですが、RNS-300からRNS-P10では約10dBの運転音が小さくなっています。

違い⑧RNS-P10は収納の仕様・コンパクトになった

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10

どちらも「コンパクト」ですが、RNS-P10の方がホースがぴったり本体に巻き付いて、コンパクト感が増しました。

アイリスオーヤマ RNS-300
アイリスプラザより RNS-300

RNS-P10は本体にコードフックがついていますが、RNS-300はコードフックが外れるようになっています。

違い⑨RNS-P10とRNS-300のサイズ・重さ・定格消費電力の基本スペックの違い

RNS-P10RNS-300
サイズ(約幅x奥行x高さcm)29.0×18.0x27.0cm24.8×14.6×31.2cm
重さ約3.2kg
(付属品含む)
約2.7kg
(付属品含む)
定格消費電力310W330W

改良ということで、デザインが変わりサイズや重さも変わってきます。

RNS-P10は大きくて重たくなりましたが、機能性がぐんと向上しました。

違い⑩RNS-P10とRNS-300の価格の違い

RNS-P10RNS-300
アイリスプラザ14,980円8,980円
Amazon12,531円7,981円
楽天市場12,529円7,980円
Yahoo!ショッピング12,532円7,320円

※2022年4月21日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。なお調査時にセール価格の場合があります。

こちらから最新価格をチェックしてみてください♪

\機能性がよいRNS-P10/
\最新価格をチェック!/

→ アイリスプラザで最新価格をみる

→ Amazonで最新価格をみる

→ 楽天市場で最新価格をみる

→ Yahoo!ショッピングで最新価格をみる

\ちょこっと使いにRNS-300/
\最新価格をチェック!/

→ アイリスプラザで最新価格をみる

→ Amazonで最新価格をみる

→ 楽天市場で最新価格をみる

→ Yahoo!ショッピングで最新価格をみる

RNS-P10とRNS-300のおすすめはどっち?

ではどちらがおすすめでしょうか。悩んだら購入の際の参考にしてください。

RNS-P10はこんな人におすすめ

  • 満水タンクの容量は多い方がいい
  • ホースは長い方がいい
  • ソファなど大きな家具をキレイにしたい
  • 車のシートをキレイにしたい
  • 自動散水で楽に水を散水したい
  • 広い範囲をキレイにしたい
  • ハンドルはコンパクトで動きやすい方がいい(清水タンクは本体にある)
  • ソファの狭いすき間をT型ハンドルでキレイにしたい
  • 運転音は静かな方がいい
\改良版のリンサークリーナーRNS-P10はこちら/

水タンク容量が大きくてハンドルを握るだけの自動散水で、楽ちん仕様♪

RNS-300はこんな人におすすめ

  • 予算をおさえたい
  • 汚れた時にちょこっと使いしたい
  • せまい範囲をキレイにしたい
  • 水の散水は自分で調整したい
  • ちょこっと使いなのでハンドルは1つでいい
  • コンパクトがいい
\1代目リンサークリーナーのRNS-300はこちら/

汚れた時にちょこっと使いできるコンパクト仕様♪

RNS-P10とRNS-300の共通の特長

ここからはRNS-P10とRNS-300の共通の特長を紹介します。

  • 布製品を水だけでキレイにできる
  • ガンコな汚れは約40℃までのお湯で落とす
  • コンパクト&軽量で持ち運び楽ちんで手軽に掃除できる
  • 使い方は簡単

特長①布製品を水だけでキレイにできる

アイリスオーヤマ RNS-300 水だけで汚れを落とす
アイリスプラザより RNS-300

リンサークリーナーは

布に水を含ませ吸い込むことで汚れを落とします。

ソファやじゅうたんなど洗えない布製品を洗剤を使わずにキレイにします。

今まで汚れて諦めていた汚れを落とせるようになるので、話題になりテレビでも紹介されてよく売れていますね。

特長②ガンコな汚れは約40℃までのお湯で落とす

アイリスオーヤマ RNS-P10 お湯で落とす
アイリスプラザより RNS-P10

ガンコな汚れは約40℃までのお湯を使って落とすことができます。

お湯を使うと水で落ちなかった汚れが落ちることもあります。

さらにガンコな汚れは重曹やクエン酸などの洗浄剤も使用できます。

リンサークリーナー専用の洗浄液もあります。

強アルカリ電解水で高い洗浄力です。除菌&消臭効果もあり、気になる汚れに試してみてください。

特長③コンパクト&軽量で持ち運び楽ちんで手軽に掃除できる

アイリスオーヤマ RNS-300
アイリスプラザより RNS-300

RNS-300は約2.7kg、RNS-P10は約3.2kgと軽量でコンパクトサイズなので、持ち運びも収納もラクラクです。

車内なども持ち運べて、シートをキレイにできますね。

特長④使い方は簡単

リンサークリーナーの使い方は簡単です。

  1. 清水タンクに水を入れる
  2. 電源を入れて、レバー(又はトリガー)を引いて水を吹き付ける
  3. ハンドツールを押し当てて引く
  4. 湿っていればサーキュレーターやふとん乾燥機などで乾かす

水を入れて吹き付けて、吸うだけです。簡単ですね。

掃除が終わったら、湿っていないか確認して、濡れていれば乾燥させます。湿ったままにしておくとカビなどの発生につながるので、最後は必ず乾かしてくださいね。

RNS-P10とRNS-300を使う時の注意点

リンサークリーナーを使う時の注意点があります。

  • リンサークリーナーを掃除した部分は湿っているので乾燥させること!

水を布に染み込ませて汚れを取っていきます。ハンドルで丹念に水を吸っても布の水分をすべて取ることはできません。

リンサークリーナーで掃除した後はサーキュレーターや乾燥機、除湿機などで湿った部分を完全乾かす必要があります。

水分を含んだまま放置しておくとカビが発生する恐れもあります。

サーキュレーターや扇風機で風を送って乾かすといいですよ。

→ サーキュレーターの紹介記事はこちら

→ 扇風機の紹介記事はこちら

ふとん乾燥機で集中的に乾燥させるのもいいですよ。

→ ふとん乾燥機の紹介記事はこちら

RNS-P10とRNS-300のスペック表

違いは赤太字にしています。

RNS-P10RNS-300
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
29.0×18.0x27.0cm24.8×14.6×31.2cm
重さ約3.2kg
(付属品含む)
約2.7kg
(付属品含む)
コード長さ約3m約3m
電源AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
定格消費電力310W330W
吸込仕事率30W30W
回収タンク有効容量0.5L0.5L
清水タンク容量1.0L0.3L
ホース長さ直径30mmx1.2m直径29mmx1.0m
お湯使用温度約40°℃まで約40°℃まで
付属品ハンドツール2種
(ブラシ付きヘッド、T型ヘッド)

ホルダー
ハンドツール
バキュームホース
ホルダー
ホースフック
コードフック2個
その他清水タンクは本体
トリガーを握ると自動で散水
T型ヘッド
広口タンク
運転音を低減

清水タンク・回収タンク・ハンドツール水洗い可
コンパクト収納
コード収納フック
清水タンクはハンドル部分
噴出レバーを引いて水を吹き付ける
洗浄ブラシ付き
タンク・ハンドル・バキュームホース水洗い可

アイリスオーヤマ 取扱説明書検索 リンサークリーナー

楽天市場 みんなのレビュー RNS-P10 RNS-300

\改良版のリンサークリーナーRNS-P10はこちら/

水タンク容量が大きくてハンドルを握るだけの自動散水で、楽ちん仕様♪

\1代目リンサークリーナーのRNS-300はこちら/

汚れた時にちょこっと使いできるコンパクト仕様♪

家電レンタルで試してみるのもアリ、短期間だけ使うのもアリ

リンサークリーナーを使ってみたい。

1回だけ使ってみたい。

そんな時は家電レンタルして使ってみるのもいいですね。

使ってみてわかることがたくさんあります。

使うのが1回だけでいい場合もあります。

購入もいいですが、レンタルも考えてみてください。

→ カメラ、家電、ガジェットのレンタル【Rentio】

RNS-P10は3泊4日6,980円~、RNS-300は3泊4日5,980円~レンタルできます。

RNS-P10とRNS-300の違いを比較!おすすめはどっち?リンサークリーナー アイリスオーヤマのまとめ

くじらこ
くじらこ

いろんな広い場所をキレイにするならRNS-P10なのよね

ちょこっと汚れた部分だけを掃除したいならRNS-300が便利ね

くじらの長老
くじらの長老

リンサークリーナーでキレイにした後は忘れずに乾かすんじゃぞぃ

広い範囲を楽にキレイにしたい時はRNS-P10がおすすめ。ハンドルを握ると散水するので腕が疲れにくいです。タンク容量も大きいので水を補充する手間が減ります。

汚れた部分をちょこっと掃除したい時はRNS-300がおすすめ。キレイにしたい部分に水を含ませキレイにします。コンパクトなので持ち運びや収納に便利です。

それぞれの使い方が違うので、どこを掃除するのかを確認して選んでください。