アイリスオーヤマのリンサークリーナー全機種比較まとめ

リンサークリーナー 全比較選び方

この記事ではアイリスオーヤマのリンサークリーナーの全機種の選び方や特長をまとめています。

ソファやイスの座面などの布面の汚れを落とすリンサークリーナーは検索するとほぼアイリスオーヤマばかり。独占状態ですね。

だから売れている・・・わけではありません。機能や性能が十分だからこそ売れています。

アイリスオーヤマのリンサークリーナーは

  • RNS-P10
  • RNSK-P10
  • RNS-300
  • RNSK-300
  • RNS-B400D
  • RNSK-B400D

6機種あります。シンプルにP10シリーズ・300シリーズ・400シリーズに分けるとわかりやすいです。

ざっくり分けると

  • P10シリーズ→広い範囲をキレイにしたい、車のシートをキレイにしたい、ソファなどのすき間も掃除したい
  • 300シリーズ→ちょっと汚れた部分をキレイにしたい、ペットの粗相を掃除したい
  • 400シリーズ→コードレスで電源のない場所で使いたい、短時間の掃除に向いている

使い方によって選び方が大きく変わります。

次に

  • 付属のハンドツール
  • 運転音
  • コードレス式かコード式か

この3つをチェックしておけば、あなたに合ったリンサークリーナーを選ぶことができます。

詳しくは本文の「リンサークリーナーの選び方」で紹介します^^

選び方の他にも全機種比較やよくある質問もまとめていますので、ぜひ読んでみてください。

アイリスオーヤマのリンサークリーナーの比較一覧表

アイリスオーヤマのリンサークリーナー6機種を比較表でまとめました。

品番サイズ
(幅x奥行x高cm)
質量コード長さ吸込仕事率回収タンク
有効容量
清水タンク
容量
ホース長さヘッド付属品発売年
RNS-P1029x18x27cm約3.2kg約3m30W約0.4L約1.1L直径30mmx1.2mブラシ付きヘッド
T型ヘッド
自動散水
ハンドツール2種
ホルダー
2021年2月
RNSK-P1029x18x27cm約3.2kg約5m30W約0.4L約1.1L直径30mmx1.2mブラシ付きヘッド
T型ヘッド
自動散水
ハンドツール2種
ホルダー
2021年9月
RNS-30024.8×14.6×31.2cm約2.7kg約3m約0.5L約0.3L直径29mmx1mハンドツール
レバーを引く
ハンドツール
バキュームホース
ホルダー
ホースフック
コードフック2ヶ
2019年11月
RNSK-30024.8×14.6×31.2cm約2.7kg約3m約0.5L約0.3L直径29mmx1.5mハンドツール
レバーを引く
ハンドツール
バキュームホース
ホルダー
ホースフック
コードフック2ヶ
2021年9月
RNS-B400D23.3×21.3×27.7cm約2.4kgコードレス20W約0.4L約0.4L直径19mmx960cmハンドツール(噴射2種)
レバーを引く
ハンドツール
バキュームホース
清掃ブラシ
バッテリー
充電アダプター
2022年11月
RNSK-B400D23.3×21.3×27.7cm約2.4kgコードレス20W約0.4L約0.4L直径19mmx960cmハンドツール(噴射2種)
レバーを引く
ハンドツール
バキュームホース
清掃ブラシ
バッテリー
充電アダプター
2022年11月

6機種を比較すると、それぞれが少しずつ違うので選びにくいです。P10シリーズで比較、300シリーズで比較、400シリーズで比較と絞っていくといいですね。

アイリスオーヤマのリンサークリーナーの選び方

比較一覧表では選びにくいと思います。ここからはポイントを絞って比較する選び方を紹介します。

順番通りでなくてもあなたが重要な条件だと思う項目からチェックしていくと、最終的に選ぶべき機種が見つかります。

ポイント①掃除したい範囲、場所を確認する

アイリスオーヤマのリンサークリーナーはP10シリーズと300シリーズと400シリーズに分けることができます。

  • P10シリーズ→広い範囲をキレイにしたい、車のシートをキレイにしたい、ソファなどのすき間も掃除したい
  • 300シリーズ→ちょっと汚れた部分をキレイにしたい、ペットの粗相を掃除したい
  • 400シリーズ→コードレスで電源のない場所で使いたい、短時間の掃除に向いている

P10シリーズは清水タンク容量が大きく、ハンドツールが2種付属していることから、広い場所やすき間やピンポイントなどいろいろな場所を掃除できるようになっています。

またハンドツールがスッキリしているので、車内など狭い場所も掃除しやすいです。

300シリーズは清水タンクが小さめでハンドツールに位置しているので、ちょこっと使いに便利です。狭い場所は清水タンクがジャマになるので不向きです。

アイリスオーヤマ RNSK-B400D コードレス
アイリスプラザより RNSK-B400D

400シリーズはコードレスなので電源のない場所や届かない場所で使えます。ただし使用時間がバッテリー1ヶにつき約10分なので短時間の掃除しかできません。

広範囲・複雑な形状の掃除は時間がかかるので向きません。

それぞれの特長があるので

  • どのくらいの範囲(広範囲・小さな範囲)
  • どのくらい時間で(長時間・短時間)
  • どんな場所(平らな広い場所・壁際やすき間の狭い場所)

掃除をするのかの確認が必要です。

くじらこ
くじらこ

そんな、これから未来でどんな場所を掃除するかわからないわ

長く使いたい意見もあります。

範囲も場所も特定せずに、いろんな状況で使いたい時はP10シリーズを選んでおくと対応できます。

ポイント②付属のハンドツールで選ぶ

P10シリーズと300シリーズでは付属のハンドツールが違います。

RNS-P10とRNSK-P10のハンドツール

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10

P10シリーズではブラシ付きヘッドとT型ヘッドの2種類が付属しています。

  • ブラシ付きヘッド:広い面に使う
  • T型ヘッド:ソファのすき間、壁際などの直角な隅、ピンポイントに使う
アイリスオーヤマ RNSK-P10
アイリスプラザより RNSK-P10

ブラシ付きヘッドでは届かない部分などにT型ヘッドを使うと隅々までキレイに掃除できます。

アイリスオーヤマ RNS-P10-W
アイリスプラザより RNS-P10

P10シリーズのヘッドはトリガーを握ると自動散水します。広い場所の掃除での手の負担が軽くなります。掃除はできるだけ楽な方が楽しいですから。

RNS-300とRNSK-300のハンドツール

アイリスオーヤマ RNS-300 ハンドツール
アイリスプラザより RNS-300

RNS-300のハンドツールは1種類のみです。清水タンクがハンドツールにあります。ハンドツールごと洗えるので片付けがラクです。

300シリーズのハンドツールでは散水は手動です。トリガーを引いて汚れた部分に水を吹き付けます。

吹き付ける水を自分で調整できますね。

RNS-B400DとRNSK-B400Dのハンドツール

RNS-B400DとRNSK-B400Dはコードレスを検討する時にハンドツールもチェックしてください。

アイリスオーヤマ RNSK-B400D ハンドルの噴射
アイリスプラザより RNSK-B400D

RNS-B400DとRNSK-B400Dの付属ハンドツールは1種類のみです。

噴射口にあるノズルを回して、直射と霧吹きの2種類の噴射ができます。ブラシ付きで広い範囲を掃除するのに向いています。清水タンクがハンドツールにあるため、狭い場所には不向きです。

ポイント③運転音をチェック

P10シリーズは300シリーズより音が約10dB静かです。

アイリスオーヤマ RNSK-P10 運転音
アイリスプラザより RNSK-P10

リンサークリーナーは水分を吸うので大きな音がします。

それは仕方ありません。ではどのくらいの音かというと・・・こちらの動画をみてください。

※音量注意!

動画で使用しているのはRNS-P10です。

約10dB低減したRNS-P10がこのくらいの音なので、300シリーズはもっと音が大きくなります。

約10dBは約3倍の音の大きさの差があります。

ペットが音で怖がったり、ご近所さんへの騒音の配慮を考えると静かな方がいいですよね。音についても忘れずに確認してください。

運転音が一番おさえられているのがRNS-B400DとRNSK-B400Dです。

明確な騒音値は表記がありませんが、初代機RNS-300に比べて運転音が約23dB低減。RNS-P10は約10dB低減なので、コードレスの400シリーズはさらに運転音がおさえられています。

RNS-P10とRNSK-P10とRNS-300とRNSK-300の違いを比較

コード式のRNS-P10とRNSK-P10とRNS-300とRNSK-300の違いをまとめました。

  • 回収タンク・満水(清水)タンク容量
  • ハンドツールの違い
  • 運転音
  • ホースの長さ
  • サイズ・重さ・コード長さ・消費電力

比較一覧表ではわかりにくかった違いをチェックしていきましょう。

違い①回収タンク・満水(清水)タンク容量の違い

回収タンクは汚れた水を溜めておくタンクです。

満水タンクは吹き付ける水を溜めておくタンクで清水タンクと呼ぶこともあります。

回収タンクと満水タンクはそれぞれの機種で容量が違います。

RNS-P10
RNSK-P10
RNS-300
RNSK-300
回収タンク約0.4L約0.5L
満水タンク約1.1L約0.3L

P10シリーズが満水タンクが大きく1L以上の容量があります。広い範囲を掃除する時は水の追加回数が少なくて済みます。

300シリーズは満水タンクがハンドツールにあるので約0.3Lと小さめです。トリガーで引いて水を吹き付けるためにハンドツールにあります。

違い②ハンドツールの違い

P10シリーズはブラシ付きヘッドとT型ヘッドが付属。

300シリーズはブラシ付きヘッドのみ付属です。

詳しくは選び方の「ポイント②付属のハンドツールで選ぶ」を読んでください。

違い③運転音の違い

運転音についても「ポイント③運転音でチェック」を読んでください。

P10シリーズが300シリーズよりも約10dB静かになりました。音の大きさは3倍にもなるので、環境などを含めて選んでください。

違い④ホースの長さの違い

ホースの長さが機種により違います。

RNS-P10
RNSK-P10
RNS-300RNSK-300
直径30mmx1.2m直径29mmx1m直径29mmx1.5m

P10シリーズと300シリーズではホースの太さも違いますね。

アイリスオーヤマ RNSK-300 ホース長さ
アイリスプラザより RNSK-300

RNS-300から改良されたRNSK-300は1.5mと長くなり、動きやすくなりました。

違い⑤サイズ・重さ・コード長さ・消費電力の違い

RNS-P10RNSK-P10RNS-300RNSK-300
サイズ(幅x奥行x高さcm)29x18x27cm29x18x27cm24.8×14.6×31.2cm24.8×14.6×31.2cm
重さ約3.2kg約3.2kg約2.7kg約2.9kg
コード長さ約3m約5m約3m約3m
消費電力310W310W330W330W

サイズや重さなどそれぞれ違いますが、チェックしておきたいのがRNSK-P10のみコード長さが約5mと長いです。

コードが長いと車のシートを掃除する時など延長コードを使わずに掃除できますね。

アイリスオーヤマのリンサークリーナーのおすすめはどれ?

選び方や違いがわかったところで6機種のおすすめポイントをまとめてみました。

RNS-P10はこんな人におすすめ

  • 広範囲をキレイにしたい
  • ソファのすき間や壁際など狭い場所を掃除したい
  • 車のシートなどをキレイにしたい
  • ハンドツールは2種類あるほうがいい
  • 自動散水で指の負担をおさえたい
  • 運転音をおさえたい
  • 予算を少しでもおさえたい
\最新価格のチェックや購入はこちら/

RNSK-P10はこんな人におすすめ

  • 広範囲をキレイにしたい
  • ソファのすき間や壁際など狭い場所を掃除したい
  • 車のシートなどをキレイにしたい
  • ハンドツールは2種類あるほうがいい
  • 自動散水で指の負担をおさえたい
  • 運転音をおさえたい
  • 電源コードは約5mと長い方がいい
  • 予算を少しでもおさえたい
\最新価格のチェックや購入はこちら/

RNS-300はこんな人におすすめ

  • ちょこっと使い
  • せまい範囲をキレイにしたい
  • 食べこぼしやペットの粗相などを掃除したい
  • ハンドツールはブラシ付きヘッドの1つだけでいい
  • 予算を最優先したい
\最新価格のチェックや購入はこちら/

RNSK-300はこんな人におすすめ

  • ちょこっと使い
  • せまい範囲をキレイにしたい
  • 食べこぼしやペットの粗相などを掃除したい
  • ハンドツールはブラシ付きヘッドの1つだけでいい
  • 約1.5mのホースで動きやすい方がいい
  • 予算をおさえたい
\最新価格のチェックや購入はこちら/

RNS-B400Dはこんな人におすすめ

  • ちょこっと使い
  • せまい範囲をキレイにしたい
  • 食べこぼしやペットの粗相などを掃除したい
  • ハンドツールはブラシ付きヘッドの1つだけでいい
  • 電源のない場所で使いたい
  • コードレスがいい
  • 使用時間は10分以内
\最新価格のチェックや購入はこちら/

RNSK-B400Dはこんな人におすすめ

  • ちょこっと使い
  • せまい範囲をキレイにしたい
  • 食べこぼしやペットの粗相などを掃除したい
  • ハンドツールはブラシ付きヘッドの1つだけでいい
  • 電源のない場所で使いたい
  • コードレスがいい
  • 使用時間は20分以内(バッテリー2個使用)
\最新価格のチェックや購入はこちら/

アイリスオーヤマのリンサークリーナーの共通のよくある質問

ここからはリンサークリーナーのよくある質問をまとめました。

汚れが落ちない!洗剤を使ってもいい?

長い時間経過している汚れは落ちない又は跡が残ることがあります。

アイリスオーヤマ RNS-P10 お湯で落とす
アイリスプラザより RNS-P10

約40℃までのお湯が使えるので、まずはお湯で汚れが落ちるか試してみてください。

それでも落ちにくい場合はリンサークリーナー専用の洗浄液や洗剤があります。

リンサークリーナー専用洗浄液RNSE-460

pH13.2の強アルカリ電解水でタンパク質汚れ・皮脂汚れに強いです。

\購入はこちら/

消臭+除菌もできるので、清潔にできます♪

リンサークリーナー専用洗剤RNSS-300K

リンサークリーナー専用洗剤 RNSS-300K
アイリスプラザより RNSS-300K

油汚れに特化した洗剤なので、ケチャップのシミや化粧品の汚れなどを落とします。

リンサークリーナーは泡立ちに弱いので、RNSS-300Kは泡立ちしにくい仕様です。

\購入はこちら/

消臭効果もあります。