RNSK-P10とRNS-P10の違いを徹底解説!リンサークリーナーのおすすめはどっち?

アイリスオーヤマ RNSK-P10 RNS-P10 リンサークリーナー
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事ではアイリスオーヤマのリンサークリーナーRNSK-P10とRNS-P10の違いを比較しています。

  • RNSK-P10:2021年9月発売
  • RNS-P10:2021年2月発売

半年ほどの差での発売です。

RNSK-P10とRNS-P10の違いは

  • RNSK-P10は電源コード長さが約5mと長くなった
  • RNSK-P10は回収タンク有効容量が約0.4Lと小さくなった
  • RNSK-P10は清水タンク容量が約1.1Lと大きくなった
  • 重さの違い
  • 価格の違い

5つあります。

RNSK-P10は

電源コードが約5mと長く、広い範囲持ち運ぶことができます。

回収タンク容量は約0.4L、清水タンク容量は約1.1Lと大きいです。

RNS-P10は

電源コードが約3mと、RNSK-P10よりは短めです。

回収タンク容量が約0.5L、清水タンク容量は約1.0Lです。

先に発売しているので価格が安いです。

電源コードが約5mもあれば延長コードなしで届く範囲が広がります。

RNSK-P10は広範囲で掃除する人におすすめです。

本文では

  • RNSK-P10とRNS-P10の違い
  • RNSK-P10とRNS-P10のおすすめはどっち?
  • RNSK-P10とRNS-P10の口コミ評判
  • RNSK-P10とRNS-P10の共通の特長やスペック

をわかりやすく紹介しています。価格も調査しましたので参考になれば幸いです^^

\初期モデルの比較はこちら!/
人気はRNS-300ですが、RNS-P10の使い勝手は◎!
\コードレスのリンサークリーナーはこちら!/
コードレスだからどこでも使えます。使用時間は短め。
\リンサークリーナー全比較はこちら!/
全モデルの中からあなたに合ったモデルを探そう

RNSK-P10とRNS-P10の違いを比較

ここからはRNSK-P10、RNS-P10の違いをくわしくみていきましょう。

  • RNSK-P10は電源コード長さが約5mと長くなった
  • RNSK-P10は回収タンク有効容量が約0.4Lと小さくなった
  • RNSK-P10は清水タンク容量が約1.1Lと大きくなった
  • 重さの違い
  • 価格の違い

電源コード長さはRNSK-P10は約5m、RNS-P10は約3m

RNSK-P10は口コミの声から改良されて、電源コード長さが約5mになりました。

5mあれば延長コードなしで使える範囲が広がります。

室内で使うのなら、約3mの長さでも届きます。広い部屋、広いお庭で使うなら延長コードを使ってください。

RNSK-P10は回収タンク有効容量が約0.4Lと小さくなった

RNSK-P10:約0.4L

RNS-P10:約0.5L

回収タンクは布に染み込んだ水を吸った水を溜めるタンクです。

RNSK-P10が約0.1Lほど小さめです。

RNSK-P10は清水タンク容量が約1.1Lと大きくなった

RNSK-P10:約1.1L

RNS-P10:約1.0L

清水タンク容量はキレイな水を入れる容量です。

RNSK-P10が約0.1Lほど多く入ります。

重さの違い

RNSK-P10:約3.3kg

RNS-P10:約3.2kg

電源コードの長さなどで、RNSK-P10が約0.1kg重たくなっています。

大きな差ではないので気にしなくていいかも。

RNSK-P10とRNS-P10の価格の違い

※2023年6月2日現在の価格です。価格は変動しますので購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

調査時に在庫が無いなどで価格がわからない時は表記していませんが、購入時に在庫があるかもしれませんでご確認ください。

RNSK-P10の価格

アイリスプラザ:27,400円

Amazon:15,711円前後

楽天市場:15,879円前後

Yahoo!ショッピング:15,042円前後

2023年に入ってから、1万後半台を推移しています。

↓最新価格はこちらチェック↓

RNS-P10の価格

アイリスプラザ:18,240円

Amazon:14,294円前後

楽天市場:14,400円前後

Yahoo!ショッピング:14,280円前後

2023年に入ってから、波がありますが微上昇傾向です。こまめにチェックして安くなったタイミングで購入してくださいね。

↓最新価格はこちらチェック↓

リンサークリーナーの音は大きい?うるさい?

リンサークリーナーの音はどのくらいでしょうか。

音に関してはこちらの記事「RNS-P10とRNS-300の違いを比較!口コミやおすすめも調査 リンサークリーナー」にまとめています。

RNSK-P10とRNS-P10はどちらがおすすめ?

ではどちらがおすすめでしょうか。購入の際の参考にしてください。

RNSK-P10はこんな人におすすめ

  • 車のシートなどを掃除する
  • 屋外で使用する
  • 大きなラグやじゅうたんを掃除する

タンクが大きくなったのでより広い場所を掃除したいあなたにおすすめです。

RNS-P10はこんな人におすすめ

  • 予算優先で選びたい
  • 狭い範囲を掃除する
  • 延長コードを使って長さ調整を自分でする

価格差は縮まってきていますが、RNS-P10が少しだけ安いです。予算重視で選びたいあなたにおすすめです。

RNSK-P10とRNS-P10の口コミ評判

次はRNSK-P10とRNS-P10の口コミ評判を紹介します。

RNSK-P10の口コミ評判

  • 掃除後に乾くのが遅いです・・・。

水で濡らしてその水分を吸引するので、水分は布に残ります。乾かさずに放置しておくとカビが発生するので、サーキュレーターや乾燥機などで乾かすといいですね。

  • 備え付けのカーペットの汚れが1回で取れました!
  • ペットが汚した時に、汚れがひどい時はお湯(適温)で汚れもニオイもキレイに落ちます。

ペットの粗相をキレイにするために購入する方が多いです。リンサークリーナーで掃除するとキレイになるので満足度が高いです。

RNS-P10の口コミ評判

  • キレイになるけど、じゅうたん全体をキレイにするには大変。
  • 掃除した場所が濡れているので、乾かす必要がある。

広い場所を掃除することを想定しているP10シリーズですが、それでもカーペットやじゅうたんなどの大きな場所は大変です。少しずつ掃除する、体力のある元気な時に掃除するなど工夫するといいですね。

  • 音が大きいと思うけど、吸い取った汚れを見ると許容範囲かなと思います。
  • 自家用車のシートを洗浄後は車内のイヤなニオイが無くなり快適になりました。
  • 絨毯を掃除したら泥水のような汚れが。赤ちゃんがこんな所でハイハイしていたとは。
  • 猫に汚されてしまった汚れ・ニオイがかなり取れます。
  • 諦めていたカーペットの汚れがキレイになり大満足です。

音が大きいデメリットがありますが、それを上回るきれいな仕上がりになります。音が気になる時は昼間などに掃除するといいですね。

吸った水分はかなり汚れていて、汚れが取れていると実感があるので高評価で満足度も高いですね。

RNSK-P10とRNS-P10の共通の特長

ここからはRNSK-P10とRNS-P10の共通の機能と特長を紹介します。

水だけでソファやじゅうたんなどの洗えない布製品の汚れを落とす

リンサークリーナーは水だけで布製品の汚れを落とすクリーナーです。

ソファやじゅうたんなど洗えない布製品を手軽に水だけで汚れを落とします。

洗剤などを使わないので赤ちゃんやペットにも安心安全です。

レバーを握って自動散水で楽々

RNSK-P10とRNS-P10はヘッドのトリガーを握ると自動で散水します。

握っている間は水が出続けるので、何度もトリガーを引く必要がないので指の負担がかなり軽減します。

大きな汚れやよく水をしみ込ませたい時などにはラクですね。

ブラシ付きヘッドとT型ヘッドの2種類のヘッドでいろいろな場所を細かく掃除

RNSK-P10とRNS-P10には2種類のヘッドが付属してます。

  • ブラシ付きヘッド
  • T型ヘッド

2種類のブラシで掃除しにくい場所などもキレイにできます。

ブラシ付きヘッドは主に平らな面をキレイにします。

ブラシ付きなので汚れやゴミをかき出して吸い込みます。広い平らな面向きです。

T型ヘッドはすき間や細い部分をキレイにします。

ソファのすき間やじゅうたんの端など、狭い場所をキレイにできるのがT型ヘッドです。

先が細いのですき間に入りやすいです。

狭い場所ほど汚れがたまったり、特に汚れたりしています。T型ヘッドがあれば隅々までキレイにできますね。

大きな回収タンクと清水タンク

RNSK-P10とRNSK-P10は回収タンクと清水タンクが大きいのがメリットです。

本体サイズが大きくなりますが、水の回収や追加の手間がぐんと減ります。

注ぎ口も広くなったので、回収タンクでは捨てやすいく、清水タンクでは水を入れやすくなりました。

取り外しもできるのでお手入れもしやすいです。

ガンコな汚れは約40℃までのお湯で落とす

水で落ちないガンコな汚れは約40℃までのお湯で落とすことができます。

もし約40℃のお湯でも落ちない汚れはリンサークリーナー用の洗浄液があります。

\購入はこちら/

強アルカリ電解水なので高い洗浄力があります。

汚れを落とすだけでなく除菌や消臭効果もあり、成分は水100%なので安心です。

ガンコな汚れは洗剤で落とします。

油汚れに特化した洗剤なので、ケチャップのシミや化粧品の汚れなどを落とします。

リンサークリーナーは泡立ちに弱いので、RNSS-300Kは泡立ちしにくい仕様です。

使い方はカンタン

リンサークリーナーの使い方はカンタンです。

  1. 清水タンクに水を入れる
  2. 電源を入れて、レバー(又はトリガー)を引いて水を吹き付ける
  3. ハンドツールを押し当てて引く
  4. 湿っていればサーキュレーターやふとん乾燥機などで乾かす

水を入れて吹き付けて、吸うだけです。簡単ですね。

掃除が終わったら、湿っていないか確認して、濡れていれば乾燥させます。湿ったままにしておくとカビなどの発生につながるので、最後は必ず乾かしてくださいね。

サーキュレーターやふとん乾燥機はこのブログでも紹介しています。参考にしてください。

コンパクト&軽量で持ち運びがラク

重さは約3kgほどで軽量です。持ち手もあるので持ち運びやすく、家中や車のシートなどいろいろな場所で掃除できます。

使い終わったあとはホースを本体にクルッと巻いてコンパクト収納。

リンサークリーナーは毎日使うものではないでしょうから、コンパクト収納できるのは◎。

RNSK-P10とRNS-P10のスペック表

サイズ(約幅x奥行x高さcm)29x18x27cm
電源AC100V 50/60Hz
定格消費電力310W
吸込仕事率30W
ホース長さ直径30mmx長さ1.2m
お湯使用温度約40℃まで
付属品ブラシ付きヘッド
T型ヘッド
ホルダー
その他レバー握ると自動散水
タンクは広口で取り外しできる
運転音はRNS-300より約10dB静かになった
背面にコードフックあり

アイリスオーヤマ 取扱説明書 リンサークリーナー

\RNSK-P10はこちら/

電源コードが約5mと長い♪

\RNS-P10はこちら/

電源コード約3mで少し短め♪予算をおさえたい方に♪

RNSK-P10とRNS-P10の違いを比較!おすすめは?リンサークリーナー アイリスオーヤマのまとめ

タンクの容量についての口コミはありませんでした。使っていて問題はないのでしょう。

電源コードが長いと、コンセントの抜き差しの手間も省けます。

\初期モデルの比較はこちら!/
人気はRNS-300ですが、RNS-P10の使い勝手は◎!
\コードレスのリンサークリーナーはこちら!/
コードレスだからどこでも使えます。使用時間は短め。
\リンサークリーナー全比較はこちら!/
全モデルの中からあなたに合ったモデルを探そう
タイトルとURLをコピーしました