SBD-200PとSBD-T1Pの違いを比較 充電式スティッククリーナー

アイリスオーヤマ SBD-200P SBD-T1Pスティッククリーナー

この記事はアイリスオーヤマの充電式スティッククリーナーのSBD-200PとSBD-T1Pの違いを比較しています。

コードレス式+紙パック式のスティッククリーナーが発売しました。

コードレススティッククリーナーはサイクロン式が多く、ホコリアレルギーを持っている人は中々探すのが大変な紙パック式スティッククリーナー。

充電ドッグにゴミを集めてまとめて捨てるスティッククリーナーはPanasonicやsharkから発売していますが、お値段が・・・と手が出せないでいる人には朗報ですね!

アイリスオーヤマはコードレス式+紙パック式+軽いと3つのメリットがあるスティッククリーナーがそろっています。

紙パック式(アイリスオーヤマでは使い捨てダストバック)スティッククリーナーの最新モデルはSBD-200PとSBD-T1Pの2モデル。

このSBD-200PとSBD-T1Pの違いは

  • 静電モップの有無
  • 付属ノズルの数の違い
  • カラーの違い
  • 価格の違い

4点です。

SBD-T1Pは静電モップが付属しています。床を掃除しながら、気になった棚の上のホコリなどを同時に掃除できます。またブラシノズルも付属しているので凹凸のあるサッシやゴミの取れにくい場所も掃除できます。

静電モップが必要ないならSBD-200Pです。本体+すき間ノズルでミニマムセット。

どちらも置くだけで充電できるスタンドが付属しているので、すっきり収納できます。

違いは本文でくわしくまとめています。価格も調査しましたので参考になれば幸いです^^

\SBD-200Pはこちら/

本体+ブラシノズルのミニマムセット。予算をおさえられます。カラーはホワイト。

\SBD-T1Pはこちら/

静電モップ+ケース+モップクリーンシステムの充電スタンド、ブラシノズルが付属。カラーはグレー。

SBD-200PとSBD-T1Pの違いを比較

SBD-200PとSBD-T1Pの違いをくわしくみていきましょう。

  • 静電モップの有無
  • 付属ノズルの数の違い
  • カラーの違い
  • 価格の違い

違いは4点です。

①SBD-T1Pは静電モップが付属

SBD-T1Pは静電モップが付属しています。

アイリスオーヤマ SBD-T1P 静電モップ
アイリスプラザより SBD-T1P

スティッククリーナーで床の掃除しながら、気になった棚の上などのホコリを同時にふき取って掃除できます。何度も部屋の往復をすることなく、手早く掃除できるので時短&ラクアイテムとして人気です。

ホコリの付いた静電モップはモップクリーンシステム搭載の充電スタンドで取り除くことができます。

くじらこ
くじらこ

掃除が終わった後のお手入れもラクなのよ!

②付属ノズルの数の違い

SBD-200PSBD-T1P
ブラシ付きすき間ノズルすき間ノズル
ブラシノズル

付属ノズルが違います。

SBD-200Pの付属ノズル

アイリスオーヤマ SBD-200P ノズル
アイリスプラザより SBD-200P

SBD-200Pはすき間ノズルとブラシノズルの切り替えのできる「ブラシ付きすき間ノズル」です。

1つになっているので、切り替えがラクです。

SBD-T1Pの付属ノズル

アイリスオーヤマ SBD-T1P ノズル
アイリスプラザより SBD-T1P

SBD-T1Pはすき間ノズルとブラシノズルの2つが付属。

ブラシノズルはサッシなどオウトツのある場所や取れにくいゴミやホコリがある場所を掃除できます。

ブラシノズルのブラシ部分が大きいので掃除しやすいです。

③カラーの違い

カラーが違うので、見分けが付けやすいです。

SBD-200Pのカラー

アイリスオーヤマ SBD-200P カラー
アイリスプラザより SBD-200P

SBD-200Pはホワイトです。清潔感がありますね。

SBD-T1Pのカラー

アイリスオーヤマ SBD-T1P カラー
アイリスプラザより SBD-T1P

SBD-T1Pのカラーはグレーです。

SBD-200PとSBD-T1Pの価格の比較

SBD-T1Pは静電モップやモップクリーンシステム搭載の充電スタンド付属なので価格が高くなります。

SBD-200Pの価格

アイリスプラザ:30,580円

Amazon:24,600円前後

楽天市場:30,580円前後

Yahoo!ショッピング:30,580円前後

発売したばかりなので価格は横並びです。

↓最新価格はこちらチェック↓

SBD-T1Pの価格

アイリスプラザ:38,280円

Amazon:38,280円前後

楽天市場:38,280円前後

Yahoo!ショッピング:38,280円前後

発売したばかりなので価格は横並びです。

↓最新価格はこちらチェック↓

SBD-200PとSBD-T1Pの共通の特長

ここからはSBD-200PとSBD-T1Pの共通の特長を紹介します。

コードレス式+紙パック式のスティッククリーナー!

スティッククリーナーでは紙パック式は少数派です。その中でも比較的豊富に添えろっているのがアイリスオーヤマです。

本体が約1.5kgと軽い!

アイリスオーヤマ SBD-200P 軽い
アイリスプラザより SBD-200P

本体質量は約1.5kg!

1.5kg以下は軽く、以上は重たく感じます。ちょうど1.5kgで誰にでも使いやすい重さです。

力の弱い高齢者や女性でも扱える適度な重さです。

銀イオン加工の紙パックで防菌抗菌

アイリスオーヤマ SBD-200P 紙パック
アイリスプラザより SBD-200P

銀イオン加工をした紙パックは防菌抗菌仕様です。アイリスオーヤマ独自のダストバックで1袋25枚入りで500円程度で安価で手に入ります。家電量販店やホームセンターなどでも販売しているので、安心して使えます。

くじらこ
くじらこ

私もアイリスオーヤマの紙パック式スティッククリーナーIC-SLDC7を使っているけど、排気のニオイは全然気にならないわ

ゴミが多ければ1週間に1回程度の交換、毎日掃除してキレイな状態だと2週間以上もつこともあります。

廃棄もカンタンでホコリが舞うのもごく少量。ホコリアレルギーを持っていても安心して使えます。

DCBLモーター搭載+自走式ヘッドでパワフル吸引

アイリスオーヤマ SBD-T1P モーター
アイリスプラザより SBD-T1P

DCBLモーター搭載なのでパワフルにゴミを吸っていきます。

アイリスオーヤマ SBD-T1P ヘッド
アイリスプラザより SBD-T1P

自走式パワーヘッドはブラシでゴミをかき出しつつ、前へ進む力があるので軽く掃除できます。

回転ブラシ搭載で、フローリングやカーペット、ラグ、たたみなど色々な床面の掃除に対応しています。

ホコリ感知センサー搭載

アイリスオーヤマ SBD-200P ホコリ感知センサー
アイリスプラザより SBD-200P

ホコリ感知センサーでゴミの有無がわかるので、汚れている場所は念入りに掃除できます。

掃除残しが減りますよ。

置くだけで充電できて、いつでも快適に使える

アイリスオーヤマ SBD-200P 置くだけ充電
アイリスプラザより SBD-200P

スタンドにセットするだけで充電開始するので、いつでも掃除をしたい時に取り出して直ぐに掃除できます。

デザイン性も高いので、部屋に置いてもOK。気が付いたら掃除ができるので、部屋のキレイを保てます。

着脱式バッテリーで交換もラクラク

アイリスオーヤマ SBD-200P バッテリー
アイリスプラザより SBD-200P

着脱式バッテリーは2個持っていると、連続して使用できます。

バッテリー寿命時の交換もラクにできます。

SBD-200PとSBD-T1Pのスペック表

SBD-200PSBD-T1P
集じん容積0.3L0.3L
充電温度5~35℃5~35℃
連続使用時間標準 約15分
ターボ 約8分
自動 約22分*
セーブ 約40分*
*使用状態により異なります
標準 約15分
ターボ 約8分
自動 約22分*
セーブ 約40分*
*使用状態により異なります
バッテリーリチウムイオン2次電池リチウムイオン2次電池
バッテリー容量1900mAh1900mAh
バッテリー寿命繰り返し充電約1000回繰り返し充電約1000回
定格電圧DC10.8V 50/60HzDC10.8V 50/60Hz
充電電源(充電アダプター)
入力
出力

AC100V-240V 50/60Hz
DC13.7V 0.5A

AC100V-240V 50/60Hz
DC13.7V 0.5A
充電時間約4時間
※室温・使用時間などにより
充電時間が長くなることがあります
約4時間
※室温・使用時間などにより
充電時間が長くなることがあります
商品サイズ■フロアヘッド・延長パイプ・バッテリー含む
幅23.5x奥行20.5x高さ102.0cm
■充電スタンド設置時(アタッチメント含まず)
幅25.5x奥行20.5x高さ106.0cm
■フロアヘッド・延長パイプ・バッテリー含む
幅23.5x奥行20.5x高さ102.0cm
■充電スタンド設置時(アタッチメント含まず)
幅26x奥行21x高さ109.5cm
商品質量■本体のみ 約0.9kg
■フロアヘッド・延長パイプ・バッテリー含む 約1.5kg
■充電スタンド(アタッチメント含まず) 約0.6kg
■本体のみ 約0.9kg
■フロアヘッド・延長パイプ・バッテリー含む 約1.5kg
■充電スタンド(アタッチメント含まず) 約0.8kg
付属品充電アダプター
充電スタンド
すき間ノズル
使い捨てダストパックx25枚入り(1枚セット済)
充電アダプター
充電スタンド
すき間ノズル
使い捨てダストパックx25枚入り(1枚セット済)
ブラシノズル
静電モップ
モップ帯電ケース
カラー-W ホワイト-H グレー
モーターDCBLモーターDCBLモーター
ヘッド自走式パワーヘッド自走式パワーヘッド
ほこり感知センサー
バッテリー着脱式着脱式
\SBD-200Pはこちら/

本体+ブラシノズルのミニマムセット。予算をおさえられます。カラーはホワイト。

\SBD-T1Pはこちら/

静電モップ+ケース+モップクリーンシステムの充電スタンド、ブラシノズルが付属。カラーはグレー。

SBD-200PとSBD-T1Pの違いを比較 充電式スティッククリーナーのまとめ

SBD-200PとSBD-T1Pは極細軽量スティッククリーナーのデザインを引き継ぎつつ、DCBLモーターや自走式ヘッドとレベルアップして、強力に吸引しストレスなく掃除できるように進化しました。

フローリングやラグ、カーペットなどいろんな床に対応しているので、1台で家中を掃除できますね。

着脱式バッテリーは交換もラクにできるので、2個持ちして長く使うことも可能です。

SBD-200Pは床を掃除するのが中心のミニマムセット。

SBD-T1Pは床を掃除しつつ、静電モップで棚の上のホコリなども同時に掃除できます。

くじらこ
くじらこ

静電モップが必要かがポイント!