OF318とOF318Hの違いを比較 大容量のオフィスシュレッダー アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ OF318 OF318H シュレッダー
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事はアイリスオーヤマのオフィスシュレッダーのOF318とOF318Hの違いを比較しています。

オフィスや家庭で必要なシュレッダー。

アイリスオーヤマのOF318シリーズには、OF318とOF318Hの2種類があります。では、これらのシュレッダーにはどのような違いがあるのでしょうか?

OF318とOF318Hの違いは

  • ダストボックス容量の違い
  • サイズ・重さ・定格消費電力の違い
  • カラーの違い
  • 価格の違い

などがあります。OF318HはOF318の後継モデルになります。

ダストボックス容量がOF318は51LでA4コピー用紙1200枚分、OF318Hは70LでA4コピー用紙1650枚分です。

紙からデータに移行する中で書類をたくさん細断したい時はOF318Hがおすすめです。一度に大量の細断くずをためておけます。

本文ではさらにくわしく

  • OF318HはOF318の違い
  • OF318HはOF318の価格
  • OF318HはOF318をおすすめしたいあなた
  • OF318HはOF318の共通の特長

をまとめています。参考にして購入していただければ幸いです^^

大きい容量のシュレッダーはこちらにもあります。

OF318とOF318Hの違いを比較

OF318とOF318Hの違いをくわしくみていきますね。

  • ダストボックス容量の違い
  • サイズ・重さ・定格消費電力の違い
  • カラーの違い
  • 価格の違い

違いは4点です。

くじらこ
くじらこ

ダストボックスの容量がポイントね

①ダストボックス容量の違い

アイリスオーヤマ OF318 ダストボックス容量
アイリスプラザより OF318

OF318はダストボックス容量が約51Lです。ゴミ袋をかぶせられるのでゴミ捨てもラクですね。

アイリスオーヤマ OF318H ダストボックス容量
アイリスプラザより OF318H

OF318Hのダストボックス容量は約70Lと大幅にアップしました。

A4コピー用紙は1650枚、A3コピー用紙は約800枚溜められる容量です。

ゴミ捨て回数を減らしたい、たくさんの紙を細断するならOF318Hがおすすめです。

②サイズ・重さ・定格消費電力の違い

OF318OF318H
サイズ幅51x奥行43×81高さcm幅51x奥行43x高さ96cm
質量約42kg約49.5kg
定格消費電力50Hz 390W
60Hz 450W
50Hz 450W
60Hz 500W

ダストボックス容量が大きくなったOF318Hは本体サイズが大きくなり重たくなっています。消費電力も上がりました。

シュレッダーは長時間使い続けるものではないので、消費電力が高くなっても電気代の差は少ないです。

③カラーの違い

OF318とOF318Hはデザインは同じですが、カラーが違います。

OF318のカラー

アイリスオーヤマ OF318 カラー
アイリスプラザより OF318

OF318は本体がグレーです。操作パネルは濃いグレーです。

OF318Hのカラー

アイリスオーヤマ OF318H カラー
アイリスプラザより OF318H

OF318Hは本体がホワイトで、操作パネルが濃いグレーです。

OF318のグレーとOF318Hのホワイトは事務所になじむカラーですね。

OF318とOF318Hの価格の違い

※2022年2月27日現在の価格です。価格は変動しますので購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

調査時に在庫がない場合は価格を表示していません。購入時にご確認お願いします。

OF318の価格

アイリスプラザ:118,800円

Amazon:-円前後

楽天市場:94,380円前後

Yahoo!ショッピング:89,800円前後

2022年7月頃から値上がりして、現在の価格に落ち着いています。

↓最新価格はこちらチェック↓

OF318Hの価格

アイリスプラザ:140,800円

Amazon:-円前後

楽天市場:98,800円前後

Yahoo!ショッピング:115,000円前後

2022年7月頃から値上がりして、現在の価格に落ち着いています。

↓最新価格はこちらチェック↓

OF318とOF318Hのおすすめはどっち?

それぞれのおすすめをまとめてみました。

OF318がおすすめなあなた

  • 予算をおさえたい
  • ダストボックス容量は51Lがいい

51LはA4コピー用紙1200枚程度、A3コピー用紙600枚程度の容量です。

OF318Hがおすすめなあなた

  • ダストボックスが大容量のシュレッダーがほしい

70LはA4コピー用紙1650枚程度、A3コピー用紙800枚程度の容量です。

ゴミを捨てる回数を減らしたいなら大容量のOF318Hがおすすめです。

OF318とOF318Hの共通の特長

ここからはOF318とOF318Hの共通の特長を紹介します。

イオン発生装置付きで静電気をおさえる

アイリスオーヤマ OF318H イオン発生装置
アイリスプラザより OF318H

シュレッダーって静電気でイラっとしたことありませんか?

特に冬は乾燥しているせいか細断くずが手についたりして、ゴミ捨ての際にストレスがたまることもあります。

OF318とOF318Hはイオン発生装置が搭載しているので、静電気の発生をおさえます。

ビニール袋にまとわりついたり、手についたりのストレスが無くなりますよ。

A4コピー用紙18枚の細断ができる

アイリスオーヤマ OF318H 細断サイズ
アイリスプラザより OF318H

A4サイズのコピー用紙なら最大18枚、A3なら最大12枚の細断ができます。

CDやDVD、カードの細断もできます。書類をとじているホッチキス針も気にせず細断できるので、サッと処理できます。

キャスター付きで移動がラクラク

アイリスオーヤマ OF318H キャスター
アイリスプラザより OF318H

40kg以上ある重たい本体なので、キャスター付きです。移動して飛び散った細断くずを掃除するのもカンタンです。模様替えの際の移動もラクラクできます。

安心の安全設計

アイリスオーヤマ OF318H 安全機能
アイリスプラザより OF318H
アイリスオーヤマ OF318H 安全機能
アイリスプラザより OF318H
  • 緊急停止機能:パネルに触れると緊急停止。
  • 扉マグネットスイッチ:扉を開けると自動電源OFF。
  • オートオフ機能:5分使わないと自動電源OFF。
  • 過熱保護機能:モーターの熱が上がりすぎると自動でストップ。
  • オートリバース機能:紙詰まりが起こると逆回転し紙を吐き出す。
  • 過電流保護機能:紙づまり等で回路に大きな電流が流れた場合、電源を自動的に遮断し、回路やモーターを破損から守る。

たくさんの安全機能があり、万が一の事故を防ぎます。

くじらこ
くじらこ

ダストボックスにゴミ袋をセットできたり、キャスター付きで移動できたりと使いやすいがたくさん!

OF318とOF318Hのスペック表

OF318OF318H
商品サイズ幅51x奥行43×81高さcm幅51x奥行43x高さ96cm
質量約42kg約49.5kg
コード長さ約2m約2m
カラーグレーホワイト
定格細断枚数A4コピー用紙 15枚
カード 1枚
CD・DVD 1枚
ステープラの針10号以内
A4コピー用紙 15枚
カード 1枚
CD・DVD 1枚
ステープラの針10号以内
定格消費電力50Hz 390W
60Hz 450W
50Hz 450W
60Hz 500W
定格時間30分30分
カットサイズクロスカット
3.9x28mm
クロスカット
3.9x28mm
最大細断枚数
A4
(縦入れ細断時)
50Hz 18枚
60Hz 15枚
(縦入れ細断時)
50Hz 18枚
60Hz 15枚
細断速度50Hz 2.4m/分
60Hz 2.8m/分
50Hz 2.4m/分
60Hz 2.8m/分
投入幅302mm302mm
投入厚3.5mm3.5mm
ダストボックス容量51L
(A4コピー用紙1200枚)
70L
(Aコピー用紙1650枚)
安全装置扉マグネットスイッチ
サーマルプロテクター
オートストップ回路
緊急停止スイッチ
オートリバース機能
扉マグネットスイッチ
サーマルプロテクター
オートストップ回路
緊急停止スイッチ
オートリバース機能
イオン発生装置
その他ごみ袋取り付け可能
キャスター付き
ごみ袋取り付け可能
キャスター付き
\OF318はこちら/

ダストボックス容量51LでAコピー用紙1200枚分!

\OF318Hはこちら/

ダストボックス容量70LでA4コピー用紙1650枚分!

OF318とOF318Hの違いとは?オフィスシュレッダーのまとめ

OF318とOF318Hはダストボックス容量が違いました。

OF318Hは70Lと大容量です。OF318は51Lと少し小さめ。

ダストボックスが大きい方がゴミ捨ての回数の手間が減らせます。細断する書類が多ければOF318Hがおすすめです。

大きい容量のシュレッダーはこちらにもあります。

シュレッダー
スポンサーリンク
アイリスプラザ

家電やペット用品、収納用品など多種多様にそろっています。
ホームセンターに行くように、購入できます。

くじらこをフォローする
管理人
くじらこ

家電が大好き。
家電を買う時に迷わないように、日々家電の知識を仕入れています。
後悔しないように。
あなたにも知識をおすそわけ。

くじらこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました