アイリスオーヤマ 高機能スティッククリーナー IC-SLDCP12の特徴

アイリスオーヤマ IC-SLDCP12 スティッククリーナー
くじらこ
くじらこ

新しく発売されたIC-SLDCP12は極細軽量スティッククリーナーじゃないのね!

くじらの長老
くじらの長老

「高機能」と商品名に付くことから何かあるのかのぅ

「IC-SLDC・・・」という品番は極細軽量スティッククリーナーです。

しかし、発売されたIC-SLDCP12は「高機能スティッククリーナー」。

IC-SLDCP12はIC-SLDCP5の後継機種となります。改良して発売されたIC-SLDCP12はどのように変わったのかみていきましょう。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマのスティッククリーナーのラインナップ

まずはアイリスオーヤマのスティッククリーナーの一覧をみていきましょう。

  • 高機能スティッククリーナー リニューアルモップスタンド付きIC-SLDCP12
  • サイクロン式スティッククリーナー IC-SLDCP10
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC11
  • スティッククリーナー i10 IC-SLDCP9
  • スティッククリーナー i10 KIC-SLDCP9
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDCP6M
  • キャニスティッククリーナー KIC-CSP5
  • キャニスティッククリーナー IC-CSP5
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SBA6
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC8
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC7
  • 極細軽量スティッククリーナー スリム IC-SB4-WPG
  • 極細軽量スティッククリーナー KIC-SLDCP6
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDCP6
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDCP5
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-S2-S
  • 極細軽量スティッククリーナー ラクティ IC-SDC2
  • 極細軽量スティッククリーナー スリム IC-SB1-S
  • サイクロンスティッククリーナー IC-S55E-S
  • 3WAYスティッククリーナー IC-S55KF
  • パワーヘッドスティッククリーナー IC-SM1-R
  • サイクロンスティッククリーナー ESC-55K-R

現在アイリスプラザでは全22機種を販売しています(2020年5月現在)。

※【プラザセレクト】スティッククリーナー PC-SL01は除きます。

極細軽量スティッククリーナーの多くは「IC-SLDC」の文字が含まれていますが、この半年-1年以内の発売のスティッククリーナーではこの法則が当てはまらなくなってきています。

理由はおそらく機能が向上してきているから極細軽量スティッククリーナーの商品名におさまり切れなくなってきているのだろうと、個人的には予想しています。

さて、高機能スティッククリーナー IC-SLDCP12はどんな機能なのかみていきましょう。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

IC-SLDCP12の仕様と特徴

アイリスオーヤマ IC-SLDCP12
サイズ(幅x奥行x高さcm)
(本体のみ)
25.5×19.0x103.9cm
重さ(本体のみ)約1.7kg
コード長さ
集じん方式
集じん容量
紙パック式
約0.3L
吸込仕事率
バッテリー充電可能回数
充電時間
約500回
約3時間
ヘッド自走式パワーヘッド
運転モード
運転時間
標準 約20分
ターボ 約8分
自動 約30分
その他機能ほこり感知センサー
静電モップ付き
静電モップクリーンシステム(スタンド)
付属品充電アダプター
充電スタンド
すき間ノズル
静電モップ
モップ帯電ケース
ダストパックケース
使い捨てダストパックx25枚
カラーシルバー
発売年2020年
アイリスオーヤマ IC-SLDCP12

アイリスプラザ のIC-SLDCP12のページでも記載されてる通り、IC-SLDCP12はIC-SLDCP5の後継機種となります。

アイリスプラザのページでは4つのポイントが挙げられています。

  • 自走式パワーヘッド搭載
  • ハンドルの持ちやすさ・強度UP
  • 静電モップが固定できる
  • ダストパックケース追加

IC-SLDCP5は極細軽量スティッククリーナーの中ではダントツ人気のスティッククリーナーです。

これらの中にはレビューの意見から改善されたポイントもありました。

IC-SLDCP12の特徴がIC-SLDCP5からの進化したポイントをくわしく次の章で説明します。

IC-SLDCP12がIC-SLDCP5より進化したポイント

アイリスプラザ のIC-SLDCP12のページでは以下の4つのポイントでIC-SLDCP5から進化した部分を紹介していました。

  • 自走式パワーヘッド搭載
  • ハンドルの持ちやすさ・強度UP
  • 静電モップが固定できる
  • ダストパックケース追加

ここからは進化したポイントをさらに詳しく紹介していきます。

進化したことにより機能が大幅に向上しました。

Point1 自走式パワーヘッドの搭載

アイリスオーヤマ IC-SLDCP12

IC-SLDCP12 自走式パワーヘッド

アイリスオーヤマ IC-SLDCP5

IC-SLDCP5 サイクロンストリーム+パワーブラシ

(画像はクリックすると拡大します)

大きな違いはIC-SLDCP12は自走式パワーヘッド、IC-SLDCP5はサイクロンストリーム+パワーブラシということです。

両機種ともに「パワー」と付いていますが、全く違う別物です。

IC-SLDCP12の自走式パワーヘッドはブラシが回転し、ゴミを掻き出すと同時に前へ進む力があります。

IC-SLDCP5のヘッドはブラシが付いていますが、縦型のサイクロンの吸い込む力又は床に触れてブラシが回転します。

ブラシが回転するのとしないとでは、スティッククリーナーを持つ力が違ってきます。自走式パワーヘッドは軽く前へ進ん力があるので、持っていない(大げさ)ような軽さです。

パワーヘッドはブラシが周りの力で回転するので、前へ進まないので人の力で前へ進めることになります。

IC-SLDCP12はより軽く掃除できるようになりました。

IC-SLDCP12のヘッドの機能もより向上しました。

アイリスオーヤマ IC-SLDCP12
アイリスオーヤマ IC-SLDCP12

(画像はクリックすると拡大します/IC-SLDCP12より)

IC-SLDCP12のブラシの仕様もゴミがより取れるように改良され、ヘッド幅も3cm大きくなりました。

リビングなどの広い部屋を掃除する時はヘッドが小さいとこまめに動かしていましたが、幅が大きくなると動かす動作もかなり楽になりますね。

IC-SLDCP12は自走式パワーヘッドになっただけでなく、

  • 回転ブラシが太くなった
  • 回転ブラシのブラシの本数が増えた
  • ヘッドの横幅が大きくなった

とたくさんの改良点があります。

Point2 ハンドルの持ちやすさ・強度UP

アイリスオーヤマ IC-SLDCP12

IC-SLDCP12

アイリスオーヤマ IC-SLDCP5

IC-SLDCP5

(画像はクリックすると拡大します)

IC-SLDCP5はスティック状でしたが、IC-SLDCP12は角度が付き手首の負担も軽くなりました。

他にもスティック部分の強度がUPしました。

Point3 静電モップが固定できる

アイリスオーヤマ IC-SLDCP12

(画像はクリックすると拡大します/IC-SLDCP12より)

IC-SLDCP5にも本体に帯電モップケースがついていましたが、引っ掛けで静電モップを留めているだけでした。

スティッククリーナーを動かしていると、引っ掛けているだけでは外れることもありわずらわしいですよね。

IC-SLDCP12ではマグネットで固定することで、帯電ケースに収納している静電モップが動かず、掃除をしていても動くことがありません。

Point4 ダストパックケースが追加

アイリスオーヤマ IC-SLDCP12

(画像はクリックすると拡大します/IC-SLDCP12より)

これは他のスティッククリーナーにも当てはまることで、ダストパックを保管しておく場所に困ることです。

スティッククリーナーのそばに置いておきたいけど、袋のまま横に放置していることないですか。

くじらこ
くじらこ

・・・わ・・・私は袋のままスティッククリーナーを収納している横に置いているわ・・・

毎日ダストパックを取り替えるわけではないので、長期間予備を置いておく状況になります。そんな時には収納ケースがあれば収納場所がすっきりします。

4つのポイントをさらに掘り下げて説明しましたが、進化したポイントを以下にまとめてみました。

  • 自走式パワーヘッド搭載
  • ヘッド内の回転ブラシが太くなった
  • ヘッド内の回転ブラシのブラシ数が増えた
  • ヘッドの横幅が23.3cm→25.5cmと約2cm大きくなった
  • ハンドルの持ちやすさ・強度UP
  • ハンドルに角度が付いた
  • ハンドルが太くなった
  • 静電モップがマグネットで固定できるようなった
  • ダストパックケースがスタンドに付いた

というような進化となりました。

ポイントの4つは少し端折はしょりすぎでは?

進化した部分はたくさんありましたね!

極細軽量スティッククリーナー IC-SLDCP5の詳しい情報はこちら。

アイリスオーヤマの掃除機の機能の説明やラインナップはこちら。

IC-SLDCP12の価格

さて仕様と機能をみてきて、気になるのは価格です。進化した分お高くなるのでしょうか。

アイリスプラザ
(税抜価格)
24,800円
Amazon25,800円
楽天市場27,280円
Yahoo!ショッピング27,280円

※2020年6月18日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

発売したばかりなので、まだまだ通販サイトは価格が高め。【アイリスオーヤマ公式オンラインショップ】アイリスプラザ でポイントなど使って購入した方がお得にお買い物できます。

\通販サイトでの購入はこちら/

購入前に知っておきたいIC-SLDCP12の消耗品・交換部品について

ちょっと待ってください。購入前に購入後に必要な消耗品・交換部品を少しだけ紹介します。

IC-SLDCP12には購入後にも必要な消耗品・交換部品があります。

商品名品番価格(アイリスプラザ/税抜価格)
別売りバッテリーCBL18156,980円
別売りモップCHM03-W797円
使い捨てダストパック(25枚)FDPAG1414397円

アイリスオーヤマ CBL1815

別売りバッテリー CBL1815

充電回数約500回(環境等により変わります)ほどなので、毎日充電すると1~2年ほどで交換時期になります。

  • 使用時間が短くなった
  • 吸込みが弱くなった

などの変化が現れたらバッテリーの交換時期かもしれません。そんな時はバッテリーを購入して交換してください。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/


アイリスオーヤマ CHM03-W

別売りモップ CHM03-W

モップも使っていくと摩耗してきます。

  • モップの毛が減ってきた
  • ホコリが取れなくなった

などの変化が現れたら、モップを交換しましょう。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/


アイリスオーヤマ FDPAG1414

使い捨てダストパック(25枚) FDPAG1414

基本的に2週間に1回は交換してください。またはゴミが溜まったら交換してください。

長い間使い続けたり、ゴミが溜まると吸引力が落ちます。こまめに取り換えたいですね。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

\通販サイトでの購入はこちら/

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

約1.7kgで重たくなったから「極細軽量スティッククリーナー」って名乗れなくなったのかしら?

くじらの長老
くじらの長老

それでも十分軽いスティッククリーナーじゃぞぃ

「極細軽量」に収まらない高機能なスティッククリーナーに進化したんじゃぞぃ

自走式パワーヘッドで本体が軽くなるので、掃除が楽になります。

コードレス型は気が付いた時に気軽に掃除できるのが魅力。楽に効率よく掃除して、日常生活をさわやかに過ごしましょう!

検討してみてください。

吸引力のあるスティッククリーナーはこちら。

極細軽量スティッククリーナーで手軽に掃除したいならこちら。