SCD-180とSCD-181PとSCD-R1Pの違いを比較 充電式サイクロンスティッククリーナー

アイリスオーヤマ SCD-180 SCD-181P SCD-R1Pスティッククリーナー

この記事はアイリスオーヤマの充電式スティッククリーナーのSCD-180とSCD-181PとSCD-R1Pの違いを比較しています。

120シリーズと似ていますが、運転モードが標準とターボと2つだけで、付属品数やヘッドの種類が豊富なのが180シリーズです。

安価で購入できるサイクロン式スティッククリーナーで、予算を重視したいならチェックしてみてください。

SCD-180とSCD-181PとSCD-R1Pの違いは

  • ヘッドの違い
  • 付属品の違い
  • カラーの違い
  • サイズ・重さの違い
  • 価格の違い

5点です。

SCD-180は薄型ヘッドです。薄型ヘッドは回転ブラシがないので、ラグやじゅうたんには不向きです。フローリングなどの平らな床面の掃除向きです。

SCD-181Pは自走式軽量パワーヘッドで色々な床面の掃除ができます。

SCD-R1Pは自走式軽量パワーヘッドで、静電モップも付属。床を掃除しながら静電モップで棚のホコリなども平行して掃除できます。

一般の家庭ではフローリング、ラグ、じゅうたん、畳など色々な素材の床を掃除することが多いのですよね。

SCD-180の薄型ヘッドは毛足の長いじゅうたんなどに絡まった髪の毛やペットの毛、ゴミなどを吸い取るのは不向きで、吸い取れなくてストレスになります。

ヘッドがシンプルな構造なので、価格が3モデルの中で一番安いです。価格が魅力的ですが、掃除する場所は確認して購入してください。

本文で違いをくわしくまとめています。価格も調査していますので参考になれば幸いです^^

\SCD-180はこちら/

薄型ヘッド。フローリングやタイルなど平らな面向きです

\SCD-181Pはこちら/

自走式軽量パワーヘッド。ラグやじゅうたんなどを掃除するなら回転ブラシがある方がゴミをかき取って掃除します

ホワイト▼

ブラック▼

\SCD-R1Pはこちら/

自走式軽量パワーヘッド。様々な床面に対応。静電モップと充電スタンドが付属。

SCD-180とSCD-181PとSCD-R1Pの違いを比較

SCD-180とSCD-181PとSCD-R1Pの違いをくわしくみていきましょう。

  • ヘッドの違い
  • 付属品の違い
  • カラーの違い
  • サイズ・重さの違い
  • 価格の違い

違いは5点です。

①ヘッドの違い

ヘッドの違いで快適に掃除できる床面が変わってきます。

SCD-180のヘッド

アイリスオーヤマ SCD-180-W ヘッド
アイリスプラザより SCD-180

SCD-180は薄型ヘッドです。

回転ブラシがないので、ヘッド自体が軽くてお手入れも簡単です。

吸い込むだけなのでフローリングやタイルなどに向いています。

ラグやじゅうたんなど毛のある床面はゴミや紙が繊維に絡まると取れないのでストレスになります。

たたみは粉のゴミが入り込むと取れにくいです。

SCD-181Pのヘッド

アイリスオーヤマ SCD-181P SCD-180-W ヘッド
アイリスプラザより SCD-181P

SCD-181Pは自走式軽量パワーヘッドです。

ブラシが回転して前へ進むので、軽く感じます。

ラグやじゅうたんなど毛足のある床面もブラシでゴミやホコリを取って吸います。リビングなどでラグなどを敷いていて掃除するならパワーヘッドのSCD-181Pを選んでください。

SCD-R1Pのヘッド

アイリスオーヤマ SCD-R1P ヘッド

SCD-R1Pは自走式軽量パワーヘッドです。

SCD-181Pと同じで、前へスイスイ進むので掃除がラクにできます。回転ブラシでゴミをかき出すのでラグやじゅうたん、畳もキレイになります。

②付属品の違い

付属品が多いと掃除できる場所も増えてきます。

SCD-180の付属品

アイリスオーヤマ SCD-180 ノズル
アイリスプラザより SCD-180

SCD-180の付属品はすき間ノズルです。ブラシを回転させてブラシノズル2WAY仕様です。

SCD-181Pの付属品

アイリスオーヤマ SCD-181P ノズル
アイリスプラザより SCD-181P

SCD-181Pもすき間のずつとブラシノズルの2WAY仕様のアタッチメントが付属しています。

SCD-R1Pの付属品

アイリスオーヤマ SCD-R1P 静電モップ
アイリスプラザより SCD-R1P

SCD-R1Pの付属品は

  • 充電スタンド
  • 静電モップ
  • モップ帯電ケース
  • すき間ノズル

静電モップが付属しているので、床掃除しながら棚などのホコリも掃除できます。

アイリスオーヤマ SCD-R1P スタンド
アイリスプラザより SCD-R1P

充電スタンドも付属しているので、すっきり収納できます。置くだけで充電が始まり、使いたい時にサッと取り出して掃除もできますね。

コードレスなので片手で持って、すぐに掃除ができるのが一番のメリットです。

③カラーの違い

ホワイトとブラックのモノトーンカラーだけですが、それぞれのラインナップが違うので注意です。

SCD-180のカラー

アイリスオーヤマ SCD-180-W カラー
アイリスプラザより SCD-180

SCD-180はホワイトのみです。

ホワイトは清潔感があって、どんな部屋にもありますね。

SCD-181Pのカラー

アイリスオーヤマ SCD-181P カラー
アイリスプラザより SCD-181P

SCD-181Pはホワイトとブラックの2色あります。

ブラックはかっこいいですね。ホワイトは清潔感があります。

SCD-R1Pのカラー

アイリスオーヤマ SCD-RP カラー
アイリスプラザより SCD-R1P

SCD-R1Pはブラックのみです。

④サイズと重さの違い

SCD-180幅23.5x奥行25.5x高さ101.8cm
SCD-181P幅22.4x奥行24.5x高さ104.5cm
SCD-R1P幅22.4x奥行24.5x高さ104.5cm
※フロアヘッド・延長パイプ含む
本体のみフロアヘッド・延長パイプ・バッテリー含む充電スタンド
SCD-180約1.0kg約1.4kg
SCD-181P約1.0kg約1.5kg
SCD-R1P約1.0kg約1.5kg約0.6kg

ヘッドが違うので、サイズや重さが違います。

パワーヘッドのSCD-181PとSCD-R1Pが約100gほど重たいです。大きな差ではないので気にしなくていい違いです。

SCD-180とSCD-181PとSCD-R1Pの価格の違い

※2022年7月2日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

SCD-180の価格

アイリスプラザ:16,570円

Amazon:14,000円~

楽天市場:14,010円~

Yahoo!ショッピング:12,800円~

発売時から数千円ほど価格が下がっています。全体的に価格は下降傾向ですので、チェックしつつ購入してください。

SCD-180がおすすめなあなた
  • フローリングやタイル、階段、廊下などの掃除をしたい
  • 軽さを重視したい
↓最新価格チェックや購入はこちらから↓

SCD-181Pの価格

アイリスプラザ:16,800円

Amazon:13,800円~

楽天市場:16,080円~

Yahoo!ショッピング:14,800円~

自走式軽量パワーヘッド搭載ですが、SCD-180と価格差が少ないです。2022年9月頃から価格が横ばい状態で底値に近付いていると予想。

SCD-181Pがおすすめなあなた
  • ラグやじゅうたん、たたみを掃除したい
  • いろんな床面がある
  • 将来ラグやじゅうたんなど購入する予定がある
  • スティッククリーナー本体の重さを気にせずに掃除したい
↓最新価格チェックや購入はこちらから↓

ホワイト▼

ブラック▼

SCD-R1Pの価格

■SCD-R1Pの価格

アイリスプラザ:30,550円

Amazon:19,240円~

楽天市場:19,800円~

Yahoo!ショッピング:19,737円~

2022年に入り価格が下がったあと、横ばい状態の価格です。細かい変動はありますのでこまめにチェックしつつ購入してください。

SCD-R1Pがおすすめなあなた
  • ラグやじゅうたん、たたみを掃除したい
  • いろんな床面がある
  • 将来ラグやじゅうたんなど購入する予定がある
  • 充電スタンドがほしい
  • 静電モップで棚のホコリの掃除をしたい
  • いつでも充電満タンで掃除したい
↓最新価格チェックや購入はこちらから↓

SCD-180とSCD-181PとSCD-R1Pの共通の特長

ここからはSCD-180とSCD-181PとSCD-R1Pの共通の特長を紹介していきます。

スリムで軽い!

アイリスオーヤマ SCD-181P 軽い
アイリスプラザより SCD-181P

SCD-181Pは約1.5kg、SCD-180は約1.4kgと軽い!

特にSCD-181Pはサイクロン式+パワーヘッドで約1.5kgは最軽量クラスになります。

くじらこ
くじらこ

くじらこのこだわりとして、2kgを超えると重たく感じるの

スティッククリーナーは軽いほうがいいわよ

スティッククリーナーは「重たい」と感じると掃除がメンドウになってきます。

スティッククリーナーを購入する理由は楽して掃除するためです。

スティッククリーナーは「軽い」というだけで掃除が楽しくなるので、重さは要チェックです。

管理人くじらこはIC-SLDC7を使っていますが、軽くて掃除が楽ちんです。楽ちんだから毎日掃除します。結果部屋がキレイに保てるのでメリットしかありません。

遠心分離サイクロンで吸引力が持続する

SCD-181PとSCD-180は遠心分離サイクロンです。

アイリスオーヤマ SCD-181P 遠心分離サイクロン
アイリスプラザより SCD-181P

サイクロン式のメリットは

  • 吸引力が持続する
  • 消耗品コストがおさえられる
  • ゴミ捨てが簡単

があります。

毎日ゴミ捨てしお手入れしておくと吸引力が続きます。紙パック式はゴミが溜まってくると吸引力が落ちてきます。

ダストボックスにゴミを溜めないように、フィルターにゴミがつまらないようにしておけば吸引力は強いままです。

また紙パックのような消耗品コストがおさえられるのもお財布にウレシイです。

準HEPAフィルターで排気もキレイ

SCD-181PとSCD-180は準HEPAフィルター使用で排気がキレイです。

アイリスオーヤマ SCD-181P フィルター
アイリスプラザより SCD-181P

廃棄される空気は準HEPAフィルターを通って排気するのでキレイです。

ここでチェックですが、消耗品コストがおさえられますがフィルターは交換が必要です。

交換フィルターはどこで購入するの?

サイクロンスティッククリーナー用フィルターCFTS72

フィルターは水洗いできるので、ひんぱんに交換する必要はないですが

  • フィルターが破けた
  • 吸い込みが悪くなった(フィルターにゴミが詰まっている)
  • 排気がにおう

など気になりだしたら交換してください。

アイリスオーヤマ公通販サイト
\こちらから購入できます/

アイリスプラザだと価格変動なしに購入できます。

スティッククリーナーとハンディクリーナーの2WAYで使える

アイリスオーヤマ SCD-181P 2WAY
アイリスプラザより SCD-181P

延長パイプやヘッドを付け替えるとスティッククリーナー、ハンディクリーナーとして使えます。

付け替えはボタンを押して引き抜くだけなのですごく簡単です。

掃除したい場所でスティックやハンディに変えるとストレス減で楽に掃除できます。

着脱式バッテリーで2ヶ使いの連続使用が可能

SCD-181PとSCD-180は着脱式バッテリーです。

アイリスオーヤマ SCD-181P 着脱式バッテリー
アイリスプラザより SCD-181P

簡単に着脱できるので、2ヶ持ちも可能です。

予備のバッテリーを持っておくと、1ヶ目のバッテリーがなくなった時にすぐに2ヶ目に付け替え続けて掃除できます。

バッテリーの寿命になった時も購入するだけなので簡単です。

バッテリーの購入はこちら

クリーナー用バッテリーCBL10820繰り返し充電約1000回

2ヶ持ちすると付け替えて連続して掃除できるので便利!

アイリスオーヤマ公式通販サイト
\購入はこちらから/

お手入れは簡単で水洗いもできる

アイリスオーヤマ SCD-181P お手入れ
アイリスプラザよりSCD-181P

ダストボックスにゴミが溜まれば、外して簡単にゴミ捨てできます。

分解も簡単なので、フィルターやダストボックスのお手入れも簡単です。

アイリスオーヤマ SCD-181P お手入れ
アイリスプラザより SCD-181P

ダストカップ、フィルター部分の構造はシンプルです。取り外しも簡単にでき、水洗いできます。

こまめにお手入れすることで吸引力が持続します。

別売りアタッチメントで掃除の幅が広がる

SCD-181PとSCD-180の付属ノズルはすき間ノズルのみでシンプル。

アイリスオーヤマ SCD-181P ノズル
アイリスプラザより SCD-181P

付属のすき間ノズルはブラシも付いているので、すき間のゴミもキレイに取れます。

家中掃除したいなら、別売りのヘッドやノズルがそろっています。

別売り品の購入はこちらから

別売隙間ノズルCSNL29アイリスプラザで購入
別売毛ブラシノズルCKB29アイリスプラザで購入
別売布団ヘッドCFH29アイリスプラザで購入
別売ミニノーマルヘッドCNH29アイリスプラザで購入
別売フレキシブルホース 全2種パイプ径29mm
パイプ径31mm
アイリスプラザで購入
別売アタッチメントツールセット
(高機能・上重心)
MTS29アイリスプラザで購入

アイリスプラザがそろっています。通販サイトではそろっていなかったり、価格が変動するので確認してください。

SCD-180とSCD-181PとSCD-R1Pのスペック表

集じん容積ゴミすてラインまで:0.15L
最大容量:0.3L
充電温度5~35℃
連続使用時間(※満充電・バッテリー初期温度:20℃)
■標準 ブラシ回転切:約27分
    ブラシ回転入:約20分
■ターボ 約10分
バッテリーリチウムイオン2次電池
バッテリー容量1900mAh
バッテリー寿命繰り返し充電約1000回
定格電圧DC10.8V
充電電源
(充電アダプター)
入力:AC100-240V 50/60Hz
出力:DC13.7V 0.5A
充電時間約4時間
付属品充電アダプター
すき間ノズル
お手入れブラシ
その他遠心分離サイクロン
準HEPAフィルター搭載
着脱式バッテリー
立て掛け収納(滑り止めゴム付き)
発売年2022年
\SCD-180はこちら/

薄型ヘッド。フローリングやタイルなど平らな面向きです

\SCD-181Pはこちら/

自走式軽量パワーヘッド。ラグやじゅうたんなどを掃除するなら回転ブラシがある方がゴミをかき取って掃除します

ホワイト▼

ブラック▼

\SCD-R1Pはこちら/

自走式軽量パワーヘッド。様々な床面に対応。静電モップと充電スタンドが付属。

SCD-180とSCD-181PとSCD-R1Pの違いを比較 充電式サイクロンスティッククリーナーのまとめ

着脱式バッテリーや別売り品で自分で選べる自由度が魅力的です。

床の種類は確認してから選んで下さい。

パワーヘッドのSCD-181PとSCD-R1Pはどんな床にも対応しています。薄型ヘッドのSCD-180はフローリングなど平らな面に対応です。

選び方を間違うと使いにくくなります。