アイリスオーヤマ デスクヒーター DEH-45-T、デスクパネルヒーター PH-TSA-Hの特徴の違い

アイリスオーヤマ DEH-45-T PH-TSA-H ヒーター
くじらこ
くじらこ

冬にブログ更新ってツライわ・・・!

足元がめちゃくちゃ寒い!

くじらの長老
くじらの長老

くじらこやぃ

椅子に座っている時に暖かいデスクヒーターがあるぞぃ

ブログ執筆に限らず、机に座って勉強、ダイニングテーブルに座って食事・・・など椅子に座る生活が増えました。

デスクやダイニングテーブルなどで椅子に座っていると足元はどんどん冷えてきます。特に冷え性の人はツライですね。

冷えを解消するためにファンヒーターやストーブなどを使いますが、ファンヒーターは温風でほこりで舞い上がったり、乾燥したりで嫌う人もいます。

ストーブは狭い場所に置けなかったり、燃えやすいものを近づけないように注意が必要です。

ファンヒーターやストーブのようなデメリットがなく、暖まれるのがデスクヒーターです。

今日はアイリスオーヤマのデスクヒーターDEH-45-T、デスクパネルヒーターPH-TSA-Hを紹介します。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマのデスクヒーターのラインナップ

アイリスオーヤマにはデスクヒーターが2種類あります。

  • デスクヒーター DEH-45-T
  • デスクパネルヒーター PH-TSA-H

デスクヒーターとデスクパネルヒーターですが、どのように違うのかみていきましょう。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

デスクヒーター DEH-45-T、デスクパネルヒーター PH-TSA-Hの仕様

アイリスオーヤマ DEH-45-T PH-TSA-H
DEH-45-TPH-TSA-H
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
(本体)46.0×35.0x8.0cm
(フリースカバー)50.0×40.0x37.0cm
(広げた時)105.0×48.0cm
(使用時)45.0×30.0x48.0cm
重さ(本体) 約880g/取付金具含む
(フリースカバー) 約180g
約1.7kg
コード長さ約1.8m約1.5m
電源AC100V
50/60Hz
AC100V
50/60Hz
消費電力90W160W
発熱体コードヒーター
タイマー3時間自動オフタイマー6時間自動オフタイマー
安全装置抵抗付き温度ヒューズ温度ヒューズ
材質(本体)ABS樹脂、アルミ複合シート、不織布(フェルト)
(フリーズカバー)ポリエステル100%
(取付金具)スチール
(本体)ポリエステル100%
電気代の目安-(表記なし)約4.3円/1時間あたり
※電力料金目安単価27円/kWh(税込)で計算
温度調節
標準表面温度
入/切のみ
強 約55℃
弱 約40℃
※無段階調節
その他機能
付属品
カラーグレー・ブラウングレー
発売年2015年2019年

仕様からわかる違いは

  • サイズ・重さ・デザイン・コード長さ
  • 使い方(設置場所)・暖まる部分
  • 消費電力・電気代
  • 不動オフタイマー
  • 温度調節

などがありました。違いのポイントは使い方にあります。

詳しくは特徴の違いで説明します。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

DEH-45-T、PH-TSA-Hの特徴の違い

仕様から以下の違いがわかりました。

  • サイズ・重さ・デザイン・コード長さ
  • 使い方(設置場所)・暖まる部分
  • 消費電力・電気代
  • 自動オフタイマー
  • 温度調節

同じカテゴリーのパネルヒーターでも、使い方・暖まり方に違いがあります。

選択を間違うと、寒い冬になりそうです。

サイズ・重さ・デザイン・コード長さの違い

アイリスオーヤマ DEH-45-T PH-TSA-H

(画像はクリックすると拡大します)

DEH-45-TPH-TSA-H
サイズ(本体)46.0×35.0x8.0cm
(フリースカバー)50.0×40.0x37.0cm
(広げた時)105.0×48.0cm
(使用時)45.0×30.0x48.0cm
重さ(本体) 約880g/取付金具含む
(フリースカバー) 約180g
約1.7kg
コード長さ約1.8m約1.5m

デスクヒーターとデスクパネルヒーターはヒーターですが、暖まる部分が違うためデザインが全く異なってきます。

サイズ・重さが違ってきます。

PH-TSA-Hは持ち運びができるのであればコード長さがもう少し長めに欲しかったですね。

使い方(設置場所)・暖まる部分の違い

アイリスオーヤマ DEH-45-T

DEH-45-T

アイリスオーヤマ PH-TSA-H

PH-TSA-H

(画像はクリックすると拡大します)

DEH-45-TPH-TSA-H
設置場所デスク天板裏床に立てて置く
暖まる部分主に太ももあたり主に足先~すねあたり

足を暖めるといっても、太ももと足先では暖かさの感じ方が全く違います。

管理人くじらこの意見としては、足先の方が冷えやすいのでデスクパネルヒーターの方がデスクで作業している間の暖まりやすさが上かもしれません。

ただデスクパネルヒーターは置いているだけなので倒れやすさがあります。

デスクヒーターはデスク天板裏に固定しているので、邪魔になりにくいです。

DEH-45-TPH-TSA-H
メリット固定している足先が暖かい
持ち運びできる
デメリット足先が冷える
持ち運びできない
倒れやすい

デスク以外でもリビングでも使いたいなど持ち運ぶなどであればデスクパネルヒーターがいいですね。

DEH-45-Tは足先が冷えるのなら、フリースカバーを長めに作り直すなど一工夫すれば格段と違ってきますね。

消費電力・電気代の違い

アイリスオーヤマ PH-TSA-H

(画像はクリックすると拡大します/PH-TSA-Hより)

DEH-45-TPH-TSA-H
消費電力90W160W

電気料金は消費電力と使用時間で計算できます。

運転モード・消費電力1時間使用8時間使用1日8時間30日使用
DEH-45-T・90W2.43円19.44円583.2円
PH-TSA-H・160W4.32円34.56円1036.8円

1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。

地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

DEH-45-T、PH-TSA-Hでは倍ほどの電気代の違いがでてきました。

けれど、毎日8時間使用しても1000円程度なので、思ったより高くならないので安心です。

自動オフタイマーの違い

アイリスオーヤマ PH-TSA-H

(画像はクリックすると拡大します/PH-TSA-Hより)

DEH-45-TPH-TSA-H
自動オフタイマーの時間3時間6時間

DEH-45-T、PH-TSA-H両機種ともに自動オフタイマーはありますが、運転が切れる時間が違います。

切り忘れても自動で運転停止するので安心です。

温度調節の違い

アイリスオーヤマ PH-TSA-H

(画像はクリックすると拡大します/PH-TSA-Hより)

DEH-45-TPH-TSA-H
温度調節
標準表面温度
(入/切のみ)強 約55℃
弱 約40℃
※無段階調節

PH-TSA-Hは温度調節ができます。自分の好みの温度に設定できるので快適に過ごせます。

DEH-45-Tは電源の入/切のみになります。

DEH-45-T、PH-TSA-Hの口コミ

ここで、DEH-45-T、PH-TSA-Hを購入した人の口コミをみてみましょう。

DEH-45-Tのレビュー 39件 4.2

●普通のこたつをリビングに出したいのですが、場所をとるし、散らかるしでも、東北地方なので寒い。という事で、リビングのテーブルに一人用のこちらのヒーターを購入しました。暖かくて、とっても快適です。もっとはやく購入しておけば良かったです。

●磁石で簡単に取り付けられますが、その分落ちやすいです。フリースカバーに足などが引っかかって落ちるとか、イスをしまうときに背もたれが当たって落ちるとかです。そこに気を付ければ何もしていないのに落ちるといったことはありません。フリースカバーは天面が薄いネットになっていて、ネット部分をヒーターパネルと机に挟むようになっています。カバーが斜めになってネット部ではなくフリース部が磁石部に来ると付きが弱くなります。パネル側面にマジックテープなりくっつけて改良しようかと思います。温度はちょうどいい塩梅です。しかし構造上、足先は温まりません。足先は別の対策が必要です。

●フリーの長さが足らなかったので、自分で少し継ぎ足して使ってます!

●電圧が低くて場所を取らないヒーターが無いものかと探していたところ、ピッタリのものが見つかりました。早速使ってみると暖かい!デスク引き出しの下に付けるタイプなので、膝が熱くなる事もありますが、まめにオンオフで解消。出入りの多い事務所などでは足首辺りが冷えますので、気になるかたは足首辺りの冷え対策も必要。私は手が冷えるので膝に手を乗せると手も暖まるので満足です。ちなみに、取り付けた引き出しを中心に徐々に机自体が暖まります。

アイリスプラザ

こたつのように使いたければDEH-45-Tを選ぶ人が多いでしょう。また会社のデスクに取り付けている人も多かったです。

デスクに貼り付けるので、事務所などで使う金属製のデスクでは徐々に熱が伝わって暖かくなります。そのため、デスクの中にチョコやアメなどのお菓子を入れている人は注意。

少し使い勝手の悪さもあります。

DEH-45-Tはデスクに金具を取り付け本体のヒーターの磁石の力でフリースをはさみ固定することになります。

アイリスオーヤマ DEH-45-T

そのため、フリースがズレたり引っかかったりすると外れやすくなります。立ち上がりや座る時に気を付けなけばいけません。

そして、太もも辺りは暖かいですが、足元はフリーズやヒーターの暖かさが届かないので対策が必要となります。

足先が冷える人はデスクヒーターよりデスクパネルヒーターを選ぶ方をおすすめします。

次にPH-TSA-Hの口コミをみてみましょう。

PH-TSA-Hのレビュー 23件 4.0

●電源コードが短いので、使用場所は限られますが、思っていたよりも暖かいです。猫のベッドの近くにおいてもよさそうです。

●毛布やブランケットなどで囲わないと暖かく無い。

●まだ、中レベルでしか使っていませんがオフィスの机下でとてもあたたかいですじんわりと暖かさが広がっています足元が暖かいと全身が心地よいです靴下用のカイロが不要になりました。

●机の下にファンヒーター的な物を置いていたけど、断然こちらの方が暖かいすぐに温まっていいです。

●ペットの為に購入しました。夜寝る前にゲージの前にセットして朝まで温かいのでとても良いです。静かでじんわり温かいので気持ち良さそうにしてます。温度調整もできるのでこれから春先まで使えそう!

アイリスプラザ

デスクパネルヒーターは立てることができる、移動できるというメリットからペットの暖房器具に使用している人も多いです。ヒーターやストーブは火の用心が心配ですが、パネルヒーターなら心配が減ります。

人によっては暖まりが足らず暖まらないと感じる人もいます。そのためパネルヒーターにブランケットなどを掛け囲うように使用している人もいます。

とても冷え性の人や寒い地域なら暖まりが弱いと感じるかもしれません。

口コミからわかったメリット
  • DEH-45-Tは冷えた手を暖めることができる
  • DEH-45-Tは机も暖かくなる(デメリットになることもある)
  • PH-TSA-Hはペットの暖房器具として使える
口コミからわかったデメリット
  • DEH-45-Tは机も暖まるので溶けるお菓子などは置けない
  • DEH-45-Tは足先が冷える
  • PH-TSA-Hは暖かさを感じにくい人もいる
  • PH-TSA-Hは電源コードが短い

それぞれの機種にメリット・デメリットがあるので十分理解して検討してください。

DEH-45-T、PH-TSA-Hの価格

最後に価格をみていきましょう。

DEH-45-TPH-TSA-H
アイリスプラザ
(税抜価格)
6,980円5,982円
Amazon5,650円8,820円
楽天市場5,680円8,980円
Yahoo!ショッピング5,680円8,980円

※2021年1月5日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

調べた時期が悪かったのですが、アイリスプラザでPH-TSA-Hが在庫切れになり、それに連動して通販サイトで値上がりしています。

購入前に価格をチェックして、価格が下がってから購入した方がよさそうです。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/
\通販サイトでの購入はこちら/

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

これで安心してデスク作業や勉強ができるわ!

くじらの長老
くじらの長老

部屋に籠っておらず、大海原を旅するのもよいもんじゃぞぃ

危険はあるがのぅ

寒い冬のデスク作業はデスクヒーター、デスクパネルヒーターで快適に過ごしてみませんか?

足元を暖めるだけで、作業がぐんと進むようになりますよ。検討してみてください。