DEH-45-TとPH-TSA-Hの違いを比較!デスクヒーター&デスクパネルヒーターのおすすめはどっち?

アイリスオーヤマ DEH-45-T PH-TSA-Hヒーター

この記事はデスクヒーターDEH-45-TとデスクパネルヒーターPH-TSA-Hの違いを比較しています。

勉強やデスクワーク時の足元の冷えを解消するにはファンヒーターやストーブ以外にパネルヒーターがあります。

パネルヒーターのメリットは電気代がおさえられます。ファンヒーターの風が苦手な人にもおすすめ。

アイリスオーヤマのパネルヒーターは2種類あります。

  • デスクヒーター DEH-45-T
  • デスクパネルヒーター PH-TSA-H

DEH-45-TとPH-TSA-Hの違いは

  • 使い方・暖まる部分・設置場所
  • 温度調節
  • タイマー
  • 消費電力と電気代
  • サイズ・重さ・デザイン・コード長さ
  • 価格

使い方が違いますが、温度調節やタイマーも違うので、チェックしておくといいですね。

本文で違いをくわしくまとめています。電気代や本体価格も調査しましたので参考にしてください^^

\DEH-45-Tはこちら/

デスクに取り付けて太ももを暖める♪固定タイプ

\PH-TSA-Hはこちら/

置いて足元を暖める♪持ち運びできるタイプ

デスクヒーターDEH-45-TとデスクパネルヒーターPH-TSA-Hの違いを比較

デスクヒーターDEH-45-TとデスクパネルヒーターPH-TSA-Hの違いをくわしくみていきましょう。

DEH-45-TとPH-TSA-Hは

  • 使い方(設置場所)・暖まる部分

が違うので使う人を選びます。

機能の違いは以下になります。

  • 温度調節
  • 自動オフタイマー
  • 消費電力・電気代
  • サイズ・重さ・デザイン・コード長さ

快適さも大きく違ってくるので、どのくらいデスクで座って作業するかもチェックしておきましょう。

①使い方(設置場所)・暖まる部分の違い

足を暖めるといっても、太ももと足先では暖かさの感じ方が全く違います。

アイリスオーヤマ DEH-45-T
アイリスプラザより DEH-45-T

デスクヒーターはデスク天板裏に固定しているので、邪魔になりにくいです。

アイリスオーヤマ PH-TSA-H
アイリスプラザより PH-TSA-H

デスクパネルヒーターは置いているだけなので倒れやすさがあります。

個人的な意見としては、足先の方が冷えやすいのでデスクパネルヒーターの方が座って作業している間の暖まりやすさが上かもしれません。

デスクヒーター
DEH-45-T
デスクパネルヒーター
PH-TSA-H
設置場所デスク天板裏床に立てて置く
暖まる部分主に太ももあたり主に足先~すねあたり

どちらもメリット・デメリットがあります。

デスクヒーター
DEH-45-T
デスクパネルヒーター
PH-TSA-H
メリット固定している足先が暖かい
持ち運びできる
デメリット足先が冷える
持ち運びできない
倒れやすい

デスク以外でもリビングでも使いたいなど持ち運ぶなどであればデスクパネルヒーターがいいですね。

DEH-45-Tは足先が冷えるのなら、長めのフリースカバーを使うなど工夫すれば格段と違ってきますね。

②PH-TSA-Hには温度調節があり快適

アイリスオーヤマ PH-TSA-H
デスクヒーター
DEH-45-T
デスクパネルヒーター
PH-TSA-H
温度調節
標準表面温度
(入/切のみ)強 約55℃
弱 約40℃
※無段階調節

PH-TSA-Hは温度調節ができます。寒い時は温度を高めに、肌寒い程度なら低めの温度で・・・と気温によっても快適さが変わってくるので温度調節ができるのがいいですね。

DEH-45-Tは電源の入/切のみになります。

③自動オフタイマーの違い

アイリスオーヤマ PH-TSA-H
アイリスプラザより PH-TSA-H
デスクヒーター
DEH-45-T
デスクパネルヒーター
PH-TSA-H
自動オフタイマーの時間3時間6時間

DEH-45-TとPH-TSA-Hは自動オフタイマーはありますが、運転が切れる時間が違います。

切り忘れても自動で運転停止するので安心です。

④消費電力・電気代の違い

デスクヒーターDEH-45-TとデスクパネルヒーターPH-TSA-Hは消費電力が違うので電気代も違ってきます。

電気料金は消費電力と使用時間で計算します。

運転モード・消費電力1時間使用8時間使用1日8時間30日使用
DEH-45-T・90W2.43円19.44円583.2円
PH-TSA-H・160W4.32円34.56円1036.8円

※1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

DEH-45-TとPH-TSA-Hでは倍ほどの電気代の違いがでてきました。

電気代の高くなったPH-TSA-Hでも毎日8時間使用しても1000円程度なので、セラミックファンヒーターや電気ストーブに比べるとかなり安いです。

電気代を気にせず使えますね。

⑤サイズ・重さ・デザイン・コード長さの違い

デスクヒーター
DEH-45-T
デスクパネルヒーター
PH-TSA-H
サイズ(本体)46.0×35.0x8.0cm
(フリースカバー)50.0×40.0x37.0cm
(広げた時)105.0×48.0cm
(使用時)45.0×30.0x48.0cm
重さ(本体) 約880g/取付金具含む
(フリースカバー) 約180g
約1.7kg
コード長さ約1.8m約1.5m

デスクヒーターとデスクパネルヒーターはヒーターですが、暖まる部分が違うためデザインが全く異なってきます。

サイズ・重さが違ってきます。

PH-TSA-Hは持ち運びができるのであればコード長さがもう少し長めに欲しかったなぁと個人的には思います。

DEH-45-TとPH-TSA-Hの比較一覧表

デスクヒーター
DEH-45-T
デスクパネルヒーター
PH-TSA-H
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
(本体)46.0×35.0x8.0cm
(フリースカバー)50.0×40.0x37.0cm
(広げた時)105.0×48.0cm
(使用時)45.0×30.0x48.0cm
重さ(本体) 約880g/取付金具含む
(フリースカバー) 約180g
約1.7kg
コード長さ約1.8m約1.5m
電源AC100V
50/60Hz
AC100V
50/60Hz
消費電力90W160W
発熱体コードヒーター
タイマー3時間自動オフタイマー6時間自動オフタイマー
安全装置抵抗付き温度ヒューズ温度ヒューズ
材質(本体)ABS樹脂、アルミ複合シート、不織布(フェルト)
(フリーズカバー)ポリエステル100%
(取付金具)スチール
(本体)ポリエステル100%
電気代の目安-(表記なし)約4.3円/1時間あたり
※電力料金目安単価27円/kWh(税込)で計算
温度調節
標準表面温度
入/切のみ
強 約55℃
弱 約40℃
※無段階調節
その他機能
付属品
カラーグレー・ブラウングレー
発売年2015年2019年

DEH-45-TとPH-TSA-Hの価格の違い

DEH-45-TとPH-TSA-Hは設置場所や使い方にそれぞれの特長がありましたが、価格の差は少ないです。

※2022年10月31日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

DEH-45-Tの価格

アイリスプラザ:8,260円

Amazon:5,500円前後

楽天市場:6,000円前後

Yahoo!ショッピング:7,000円前後

比較的値下がりは少なく6000~7000円くらいを推移しています。寒くなり始めると売れてくるので価格が上がる傾向。

PH-TSA-Hの価格

アイリスプラザ:8,600円

Amazon:6,780円前後

楽天市場:7,000円前後

Yahoo!ショッピング:8,000円前後

2022年10月からは値上がりの波が来て価格が少し上がりました。こまめにチェックしてください。

DEH-45-TとPH-TSA-Hのおすすめはどっち?

DEH-45-TとPH-TSA-Hはそれぞれ特長のある暖房器具です。

使い方や設置場所をよく確認して購入しなければ、有効に機能を発揮できません。

DEH-45-Tをおすすめなあなた

  • デスクに固定して使いたい
  • 太もも付近を暖めつつ、冷えた手も暖めたい
  • 足元にはファンヒーターがあるから太もも付近を暖めたい
  • 固定する場所があり、ペット用として使いたい

PH-TSA-Hをおすすめなあなた

  • 足先を暖めたい
  • 持ち運んで使いたい
  • ペットの暖房として使いたい

寒さは足先が特に感じるのでPH-TSA-Hが人気です。ひざ掛けと併用して使うとさらに暖まります。

足元より手先を暖めたい時はDEH-45-Tが暖まります。