PDH-1200TD1とJCH-12TD4の違いを比較!電気代も調査 人感センサー付きセラミックファンヒーター アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ PDH-1200TD1 JCH-12TD4ヒーター
くじらこ
くじらこ

PDH-1200TD1とJCH-12TD4ってデザインがほとんど同じよね!

くじらの長老
くじらの長老

間違えやすいぞぃ

PDH-1200TD1とJCH-12TD4は発売年が違って、運転モードが違うんじゃ

PDH-1200TD1とJCH-12TD4は品番が似ていなくて、デザインがウリふたつです。

この2機種の違いは

  • 運転モード
  • 発売年

2つあります。

PDH-1200TD1は

運転モードは標準・節電の2モード

発売年は2018年です。

JCH-12TD4は

運転モードはターボ・標準・静音の3モード

発売年は2019年です。

運転モードが多いと暖かさを適温に合わせやすいのでJCH-12TD4がおすすめです。

\運転モードが2つのPDH-1200TD1はこちら/

ホワイト▼

ピンク▼

ブルー▼

\運転モードが3つあるJCH-12TD4はこちら/

ホワイト▼

ピンク▼

ヒーターの機能、ラインナップや比較記事一覧はこちら↓

こちらの記事でも比較しています↓

PDH-1200TD1とJCH-12TD4の違いは2ヶ

ここからはPDH-1200TD1とJCH-12TD4の違いをくわしくみていきましょう。

PDH-1200TD1は2つ、JCH-12TD4は3つの運転モード搭載

アイリスオーヤマ PDH-1200TD1 操作パネル
アイリスプラザより PDH-1200TD1

PDH-1200TD1の運転モードは標準・節電モードの2つです。

アイリスオーヤマ JCH-12TD4 操作パネル
アイリスプラザより JCH-12TD4

JCH-12TD4の運転モードはターボ・標準・静音モードの3つです。

モード横にW数が表示されているのが親切。

W数がわかると、使用時間と計算して電気代がわかってきます。

PDH-1200TD1とJCH-12TD4の電気代はどのくらい?

冬家電の気になる電気代を調べてみました。

PDH-1200TD1は最大消費電力のみ公開されていました。

標準モードが最大消費電力です。

節電モードは消費電力をおさえながら部屋を暖めます(取扱説明書記載)。

PDH-1200TD11時間使用8時間使用1日8時間30日使用
標準 1200W32.4円259.2円7,776円

JCH-12TD4は各モードの消費電力ごとに計算しています。

JCH-12TD41時間使用8時間使用1日8時間30日使用
ターボ 1200W32.4円259.2円7,776円
標準 1000W27円216円6,480円
静音 600W16.2円129.6円3,888円

1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。

地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

1000W以上になると電気代も上がってきます。部屋が暖まってきたら節電や静音モードにするなど工夫すれば、電気代をおさえられます。

PDH-1200TD1とJCH-12TD4の発売年の違い

PDH-1200TD1JCH-12TD4
2018年2019年

発売はPDH-1200TD1が1年前になります。

モードの数や消費電力の表示など改良されているのがJCH-12TD4というのがわかります。

PDH-1200TD1とJCH-12TD4の価格の違い

PDH-1200TD1JCH-12TD4
アイリスプラザ9,878円8,778円
Amazon5,750円6,570円
楽天市場7,480円6,800円
Yahoo!ショッピング6,980円6,980円

※2021年11月29日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

PDH-1200TD1は在庫が不安定なので価格差が少し出てきています。

運転モードが3つあるJCH-12TD4が機能的にも価格的にも安定しています。

PDH-1200TD1とJCH-12TD4の共通のスペック

商品サイズ(約幅x奥行x高さcm)26.0×13.5×38.5cm
質量約2.5kg
電源コード長さ1.8m
電源AC100V 50/60Hz
安全機能チャイルドロック
転倒時自動OFF機能
自動電源OFF機能
温度ヒューズ制御
電流ヒューズ制御
温度センサー
カラー-P ピンク
-W ホワイト
-A ブルー

暖房の適用床面積(目安)

断熱材木造住宅コンクリート住宅
なし3畳(4.9m2)4.5畳(6.9m2)
50mm6畳(8.6m2)8畳(12.9m2)

目安表示値の基準値(1m2あたりの必要W数)

断熱材木造住宅コンクリート住宅
なし244W174W
50mm140W93W

PDH-1200TD1とJCH-12TD4のデメリットはある?

  • 温風範囲は1m前後
  • 電気代が高い

2機種とも「大風量」ですが、温風が届くのは1m前後です。温風が届く範囲で暖まるのがいいですね。

寒い時には強いモードを使い、そのまま使い続けると電気代がどんどん上がっていきます。こまめに運転モードを変更して電気代をおさえたいです。

コンパクトで大風量をうまく使っていきたいですね。

PDH-1200TD1とJCH-12TD4のおすすめはどっち?

今回はおすすめしたい人を分けるのではなく、JCH-12TD4をおすすめした方がいいと個人的に思います。

JCH-12TD4は運転モードが3つあり、W数もわかっているので電気代も計算しやすいです。

3つの運転モードで暖かさを調整するのも細かくできます。

JCH-12TD4は価格も比較的に安定していて、発売年もPDH-1200TD1に比べ新しいです。

個人的におすすめしましたが、お好きな機種を選んでくださいね。

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

見ためが同じなのはややこしいわね

くじらの長老
くじらの長老

運転モードが違うのがおおきいぞぃ

間違わぬようにするんじゃぞぃ

運転モードは快適さに関係してきます。

間違えないように検討してみてください。

\運転モードが2つのPDH-1200TD1はこちら/

ホワイト▼

ピンク▼

ブルー▼

\運転モードが3つあるJCH-12TD4はこちら/

ホワイト▼

ピンク▼

ヒーターの機能、ラインナップや比較記事一覧はこちら↓

こちらの記事でも比較しています↓