DCE-6515とIJC-H65の違いを比較!おすすめはどっち?衣類乾燥除湿機

アイリスオーヤマ DCE-6515 IJC-H65除湿機
くじらこ
くじらこ

コンプレッサー式で除湿能力が6.5L/日で同じDCE-6515とIJC-H65ってどう違うのかな?

くじらの長老
くじらの長老

湿度設定の有無やタンク容量、スイング調整や切り忘れ防止機能や連続排水などかなり多くの違いがあるんじゃ

自分に必要な機能を見極めんといかんぞぃ

この記事ではアイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機のDCE-6515とIJC-H65の違いを比較しています。

DCE-6515とIJC-H65の違いは

  • 運転モード
  • タンク容量
  • 湿度設定の有無
  • お知らせランプの違い
  • スイングの調整
  • 切り忘れ防止機能の有無
  • 連続排水の有無
  • 定格消費電力と電気代
  • サイズ
  • 重さ
  • カラー・デザイン
  • 価格

たくさんありますね。自分に必要な機能をチェックして選びましょう。

DCE-6515は

運転モードがありません。

タンク容量は約1.8Lと少し小さめで、満水になると自動停止します。

湿度設定が40・50・60%・連続でできるので自分に合った湿度を選ぶことができます。

スイングは手動で2段階のみ調整できます。

価格はIJC-H65より安いです。

IJC-H65は

衣類乾燥・自動・標準・弱の運転モードがあります。

タンク容量は約2.5Lと大きめで満水になると自動停止します。

連続排水もできるのでメンドウなタンクの水捨ても楽ちんです。

湿度設定はありませんが、自動モードで快適な55%に調整してくれます。

スイングは上下は広角・上方向・下方向を設定できます。90°の自動で設定できますが、手動でも調整可能です。

切り忘れ防止機能があり安心です。

運転モードがあったり、スイングが自動で動いたりとIJC-H65が多機能です。

予算を優先したいならDCE-6515がおすすめです。

\DCE-6515はこちら/

湿度設定ができ、価格が安い♪

\IJC-H65はこちら/

運転モードがあり、スイングも自動!切り忘れ防止機能や連続排水もできて多機能♪

DCE-6515とIJC-H65の違いを比較

ここからはDCE-6515とIJC-H65の違いをくわしくみていきましょう。

  • 運転モード
  • タンク容量
  • 湿度設定の有無
  • お知らせランプの違い
  • スイングの調整
  • 切り忘れ防止機能の有無
  • 連続排水の有無
  • 定格消費電力と電気代
  • サイズ
  • 重さ
  • カラー・デザイン
  • 価格

違い①IJC-H65は運転モードがある

IJC-H65は運転モードが衣類乾燥・自動・弱のモードがあります。

アイリスオーヤマ IJC-H65
アイリスプラザより IJC-H65

衣類乾燥モードは部屋干しの洗濯物を乾かすモードです。

アイリスオーヤマ IJC-H65
アイリスプラザより IJC-H65

自動モードは湿度55%に自動調整で除湿するモードです。エアコンは必要ないけどジメジメする時期に使うといいですね。

アイリスオーヤマ IJC-H65
アイリスプラザより IJC-H65

弱モードは音をおさえるモードです。

運転もーどがあると、季節や場所など自分の好みに応じて設定できるのでストレスが減りますね。

DCE-6515は運転モードの切り替えはありません。運転の入/切のみです。

違い②DCE-6515は約1.8L、IJC-H65は約2.5Lのタンク容量

アイリスオーヤマ IJC-H65
アイリスプラザより IJC-H65

IJC-H65が約2.5Lとタンク容量が大きいです。

タンク容量が大きいと排水の手間が減ります。

アイリスオーヤマ DCE-6515
アイリスプラザより DCE-6515

DCE-6515は約1.8Lのタンク容量です。

容量はIJC-H65より小さいですが、その分軽いので排水しやすいです。

違い③DCE-6515は湿度設定ができる

アイリスオーヤマ DCE-6515
アイリスプラザより DCE-6515

DCE-6515には湿度設定があります。人が快適と感じる湿度(40・50・60%)の設定ができます。

40・50・60%と連続の4つから設定できるので、季節やジメジメな感じから自分好みに設定できて快適に過ごせます。

違い④DCE-6515には満水/霜取り、IHC-H65は満水/タンクなしのお知らせランプがある

DCE-6515IJC-H65
満水
霜取り
満水/タンクなし

DCE-6515は霜取りがあります。

霜取りは本体内部に霜が発生した時に自動で霜取りをしてくれる機能です。除湿中に霜取りが開始するとファンが回り、終了すると除湿運転が再開します。

お知らせランプの「霜取り」が点灯したら霜取り中です。

どちらもタンクが満水になるとお知らせしてくれます。排水のタイミングがわかりやすいです。

違い⑤IJC-H65は自動スイングあり、DCE-6515は手動で設定

IJC-H65は上下のスイングが自動です。

アイリスオーヤマ IJC-H65 スイング
アイリスプラザより IJC-H65

干している衣類全体に風がいきわたるのでキレイに乾きますね。

アイリスオーヤマ IJC-H65 スイング
アイリスプラザより IJC-H65

好みの角度を手動で固定することもできます。自動と手動のどちらでも設定できるので、除湿したい場所や向きなどを狙って乾燥させることができます。

アイリスオーヤマ DCE-6515 スイング
アイリスプラザより DCE-6515

DCE-6515は手動で2段階の風向きを設定できます。1方向のみの送風になるので、特に除湿したい場所や衣類を干している場所を狙って調整します。

IJC-H65の自動スイングは全体に送風できるので安心感がありますね。

違い⑥IJC-H65は切忘れ防止機能がある

アイリスオーヤマ IJC-H65
アイリスプラザより IJC-H65

IHC-H65には切り忘れ防止機能があります。運転開始の12時間後に自動で停止します。

ついうっかり切タイマーを忘れても12時間後には運転停止するので安心ですね。

違い⑦IJC-H65は連続排水ができる

アイリスオーヤマ IJC-H65
アイリスプラザより IJC-H65

IJC-H65は連続排水ができます。

市販の内径15mmのホースを購入し取り付けて、排水溝まで伸ばせば連続排水ができます。水タンクの排水の手間がなくなります。

水タンクの排水のメンドウ、ついうっかり排水を忘れて除湿機が運転停止していることが多々あるのなら、連続排水にしておくとストレスがたまりませんね。

違い⑧定格消費電力と電気代の違い

定格消費電力が違います。

IJC-H65が少し消費電力が高め。消費電力と使用時間で電気代は変わってきます。

DCE-6515IJC-H65
50Hz
60Hz
155W
175W
162W
184W
1時間使用4.18円
4.72円
4.37円
4.97円
8時間使用33.48円
37.8円
34.99円
39.74円
1日8時間30日使用1,004.4円
1,134円
1,049.76円
1,192.32円

1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。

地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

1日8時間を30日使っても1000円程度です。思ったより電気代が安くて安心です。

違い⑨サイズの違い

DCE-6515:幅29.0x奥行19.0x高さ47.7cm

IJC-H65:幅31.9x奥行20.4x高さ53.5cm

全体的にIJC-H65が少しだけ大きめです。

違い⑩重さの違い

DCE-6515:約9.3kg

IJC-H65:約9.7kg

どちらも9kg以上あり重たいです。

力の弱い高齢者やお子さんが持ち運ぶ際は最新の注意が必要です。

違い⑪カラー・デザインの違い

アイリスオーヤマ DCE-6515
アイリスプラザより DCE-6515

DCE-6515のカラーはホワイトです。

デザインは四角いデザインですっきりまとまっていますね。

アイリスオーヤマ IJC-H65 デザイン カラー
アイリスプラザより IJC-H65

IJC-H65は本体の基本色はホワイトですが、持ち手やサイドにブルーのラインがあります。涼し気で除湿機なイメージですね。

大きな固定の持て手があり、全体的に丸みのあるデザインです。

違い⑫DCE-6515とIJC-H65の価格の違い

DCE-6515IJC-H65
アイリスプラザ19,800円23,200円
Amazon17,078円16,800円
楽天市場15,800円16,800円
Yahoo!ショッピング15,800円16,800円

※2022年5月8日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。なお調査時にセール価格の場合があります。

こちらから最新価格をチェックしてみてください♪

\DCE-6515/
\最新価格をチェック!/

→ アイリスプラザで最新価格をみる

→ Amazonで最新価格をみる

→ 楽天市場で最新価格をみる

→ Yahoo!ショッピングで最新価格をみる

\IJC-H65/
\最新価格をチェック!/

→ アイリスプラザで最新価格をみる

→ Amazonで最新価格をみる

→ 楽天市場で最新価格をみる

→ Yahoo!ショッピングで最新価格をみる

IJC-H65が価格が高いですが1000円くらいの差なので、自分に合う便利な方を選ぶといいですね。

機能的にはIJC-H65がスイングが自動、切り忘れ防止機能、連続排水ができるなど高機能で使いやすさがいいです。

1000円程度の価格差ならIJC-H65で便利に使うのがいいかな。

DCE-6515とIJC-H65のおすすめはどっち?

ではどちらがおすすめでしょうか。機能に違いがたくさんあり悩むと思います。購入の際の参考にしてください。

DCE-6515はこんな人におすすめ

  • シンプルな機能がいい
  • 好みの湿度設定(40・50・60%・連続)をしたい
  • スイングは手動で設定したい
  • 水タンクは小さめで軽く持ち運んで排水したい
\DCE-6515はこちら/

湿度設定ができ、価格が安い♪

IJC-H65はこんな人におすすめ

  • 運転モードで衣類乾燥・自動・弱モードを状況によって設定したい
  • スイングは自動で広く送風したい
  • 切り忘れ防止機能があると安心する
  • 連続排水で排水の手間を省きたい
  • 水タンクは大きい方がいい
\IJC-H65はこちら/

運転モードがあり、スイングも自動!切り忘れ防止機能や連続排水もできて多機能♪

コンプレッサー式・デシカント式の除湿方法の違い

ここで除湿方式について説明しておきますね。

除湿機で除湿する方法として

  • コンプレッサー式
  • デシカント式

2種類あります。

アイリスオーヤマ 除湿方法
アイリスプラザより 除湿方法

DCE-6515とIJC-H65はコンプレッサー式です。

梅雨・夏に使っても部屋の温度が上がりにくい除湿方式です。しかし寒い時期には能力を発揮できないので冬に使うなら注意です。

もし1年中使う予定なら「ハイブリット式」がおすすめ。暑い時期に強いコンプレッサー式と寒い時期に強いデシカント式のいいとこ取りをした除湿方式で1年中除湿能力があります。

しかし残念ながらアイリスオーヤマでは2022年5月現在「ハイブリット方式の除湿機」は取り扱っていません。コンプレッサー式かデシカント式のどちらかになります。

ハイブリット式除湿機を検討するなら他メーカーを探すしかありません。

DCE-6515とIJC-H65の共通の特長

ここからはDCE-6515とIJC-H65の共通の特長を紹介します。

  • 最大約6.5L/日の除湿能力
  • 切タイマー付きで切り忘れなしで安心
  • ハンドル付きで持ち運びが簡単

特長①最大約6.5L/日の除湿能力

アイリスオーヤマ IJC-H65 除湿能力
アイリスプラザより IJC-H65

50Hz:約5.5L/日

60Hz:約6.5L/日

地域によって除湿能力が違いますが、最大で1日で約6.5L分を除湿します。

500mlが約13本分ですが、2Lのペットボトルでは3本くらいです。

パワフルに除湿するので、衣類乾燥もおまかせです。

特長②切タイマー付きで切り忘れなしで安心

アイリスオーヤマ IJC-H65 切タイマー
アイリスプラザより IJC-H65

※切り忘れ防止機能はIJC-H65のみ

切タイマーは2・4・8時間の設定ができます。

衣類乾燥の時やお出かけの際に除湿しておきたい時など設定しておくと切り忘れることがないので安心です。

特長③ハンドル付きで持ち運びが簡単

ハンドルがついているので持ち運びはカンタンにできます。

アイリスオーヤマ DCE-6515 ハンドル
アイリスプラザより DCE-6515

DCE-6515は本体上部にあるのでハンドルを立てて持ち運びます。

ハンドルを使わない時は収納できるのですっきりな見た目です。

アイリスオーヤマ IJC-H65 デザイン カラー
アイリスプラザより IJC-H65

IHC-H65は大きなハンドルです。固定されていて太いので安定感があって安心して持ち運べます。

DCE-6515とIJC-H65の比較スペック表

DCE-6515IJC-H65
除湿方法コンプレッサー式コンプレッサー式
サイズ幅29x奥行19x高さ47.7cm幅31.9x奥行20.4x高さ53.5cm
重さ約9.3kg約9.7kg
コード長さ1.8m1.8m
電源AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
定格消費電力50Hz 155W
60Hz 175W
50Hz 162W
60Hz 184W
定格除湿能力50Hz 約5.5L/日
60Hz 約6.5L/日
50Hz 約5.5L/日
60Hz 約6.5L/日
除湿可能面積の目安
 木造
 プレハブ
 鉄筋
50Hz / 60Hz
7畳(12m2) / 8畳(13m2)
11畳(18m2) / 12畳(20m2)
14畳(23m2) / 16畳(26m2)
50Hz / 60Hz
7畳(12m2) / 8畳(13m2)
11畳(18m2) / 12畳(20m2)
14畳(23m2) / 16畳(26m2)
タンク容量約1.8L 自動停止約2.5L 自動停止
湿度設定40・50・60%・連続
タイマー2・4・8時間2・4・8時間
お知らせランプ満水
霜取り
満水/タンクなし
スイング手動
角度調整 2段階
自動 90°(広角・上方向・下方向)
手動可能
モード衣類乾燥
自動
標準
その他電気代 約4.7円/1時間
水位窓付き
ハンドル付き
電気代 約5円/1時間
切忘れ防止機能
連続排水(市販ホース内径15mm)

ハンドル付き
水位窓付き
カラーホワイトブルー
発売年2016年2018年

アイリスオーヤマ 取扱説明書 除湿機

\DCE-6515はこちら/

湿度設定ができ、価格が安い♪

\IJC-H65はこちら/

運転モードがあり、スイングも自動!切り忘れ防止機能や連続排水もできて多機能♪

DCE-6515とIJC-H65の違いを比較!おすすめはどっち?衣類乾燥除湿機 アイリスオーヤマのまとめ

くじらこ
くじらこ

IJC-H65の方が機能がたくさんあるから便利よね

くじらの長老
くじらの長老

運転モードが選べるのと切り忘れ防止機能がIJC-H65は魅力的じゃのぅ

運転モード、自動スイング、切り忘れ防止機能、連続排水など便利機能がたくさんあるIJC-H65は安心して除湿できます。

DCE-6515は運転モードはありませんが、湿度設定が40・50・60%・連続から選ぶことができるので好みの湿度で快適にできます。

価格差は1000円程度なので、どちらが自分に合うのか検討してみてください。