衣類乾燥除湿機 DCE-6515とIJC-H65の特徴の違い

アイリスオーヤマ DCE-6515 IJC-H65 除湿機
DCE-6515(左) IJC-H65(右)
くじらこ
くじらこ

衣類乾燥除湿機ってたくさんあるわね!

どれを選んだらわからないわ!

くじらの長老
くじらの長老

落ち着きなさい

一つ一つよく見ていけばわかるから

除湿機にもいろいろな種類が増えました。

  • 除湿機
  • 衣類乾燥除湿機
  • 空気清浄機能付き除湿機
  • サーキュレーター衣類乾燥除湿機

基本的に除湿機は洗濯物を乾かすために使うことが多いです。

最近はエアコンに除湿モードがあるので、わざわざ除湿機を使う必要がないんですよね。

しかし洗濯物を部屋干しする時は別です。洗濯物は部屋干しする時もありますが、浴室や脱衣所に干すこともあります。または日によって洗濯物を干す部屋を変えることもあります。

そんな時はエアコンを使えません。

除湿機のメリットは移動ができること、狭い場所でも使えることです。

除湿機から出る送風で洗濯物を乾かすことができます。

アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機の中でも人気なのがDCE-6515、IJC-H65です。

一言で言うと、DCE-6515の後継機種がIJC-H65です。

今回は違いを明確にすることでDCE-6515から新しいIJC-H65はどのように改良されたかをみていきます。

アイリスオーヤマの除湿機のラインナップ

冒頭でも触れましたが、アイリスオーヤマの除湿機は種類が豊富です。

  • 除湿機 5.6L IJC-J56
  • 除湿機 5.6L KIJC-J56 ベージュ
  • デシカント式除湿機 8L IJD-K80
  • 衣類乾燥除湿機 DCE-6515
  • 衣類乾燥除湿機 IJC-H65 KIJC-H652
  • 衣類乾燥除湿機 IJD-H20 全2色
  • 衣類乾燥除湿機 DDB-20
  • 衣類乾燥除湿機 IJC-H140
  • 空気清浄機能付除湿機 DCE-120
  • 空気清浄機付除湿機 16L IJCP-J160-W
  • サーキュレーター衣類乾燥除湿機 IJD-I50 全2色
  • サーキュレーター付き除湿機 5L KIJDC-L50 ホワイト
  • サーキュレーター衣類乾燥除湿機8L IJDC-K80
  • サーキュレーター付き除湿機 8L KIJDC-K80

2021年7月現在、アイリスプラザ より(プラザセレクトを除く)。

時期的に1年のうちの前半(1~6月)くらいがラインナップが多めです。売り切れも出てくるので、早めの購入をおすすめします。

衣類乾燥除湿機の中で人気なのがDCE-6515です。DCE-6515は5年前に発売されて、今でも売れ続けています。

その人気機種の後継がIJC-H65です。

それではどのような違いがあるのかみてきましょう。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

DCE-6515、IJC-H65の仕様

アイリスオーヤマ DCE-6515 IJC-H65
衣類乾燥除湿機 DCE-6515(左) IJC-H65(右)
DCE-6515IJC-H65
除湿方法コンプレッサー式コンプレッサー式
サイズ幅29x奥行19x高さ47.7cm幅31.9x奥行20.4x高さ53.5cm
重さ約9.3kg約9.7kg
コード長さ1.8m1.8m
電源AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
定格消費電力50Hz 155W
60Hz 175W
50Hz 162W
60Hz 184W
定格除湿能力50Hz 約5.5L/日
60Hz 約6.5L/日
50Hz 約5.5L/日
60Hz 約6.5L/日
除湿可能面積の目安
 木造
 プレハブ
 鉄筋
50Hz / 60Hz
7畳(12m2) / 8畳(13m2)
11畳(18m2) / 12畳(20m2)
14畳(23m2) / 16畳(26m2)
50Hz / 60Hz
7畳(12m2) / 8畳(13m2)
11畳(18m2) / 12畳(20m2)
14畳(23m2) / 16畳(26m2)
タンク容量約1.8L約2.5L 満水になると自動停止
湿度設定40・50・60%・連続
タイマー2・4・8時間2・4・8時間
お知らせランプ満水
霜取り
満水/タンクなし
スイング手動
角度調整 2段階
自動 90°(広角・上方向・下方向)
手動可能
モード衣類乾燥
自動
標準
その他電気代 約4.7円/1時間
水位窓付き
ハンドル付き
電気代 約5円/1時間
切忘れ防止機能
連続排水(市販ホース内径15mm)
ハンドル付き
水位窓付き
カラーホワイトIJC-H65 ブルー
KIJC-H652 シャンパンゴールド
発売年2016年2018年

仕様から

  • サイズ・重さ・カラー・デザイン
  • 定格消費電力
  • タンク容量
  • 湿度設定
  • モード
  • お知らせランプ
  • スイング
  • 電気代
  • 切忘れ防止機能の有無
  • 連続排水の有無

たくさんの違いがありました。多くの改良がされたということですね。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

コンプレッサー式・デシカント式の除湿方法の違い

除湿機で除湿する方法として

  • コンプレッサー式
  • デシカント式

2つあります。

アイリスオーヤマ 除湿方法
除湿方法

アイリスプラザの除湿機のトップページにとてもわかりやすい画像の説明がありました。

DCE-6515、IJC-H65はコンプレッサー式です。梅雨・夏に使っても部屋の温度が上がりにくい除湿方式です。

DCE-6515、IJC-H65の特徴の違い

仕様から以下の違いがわかりました。

  • サイズ・重さ・カラー・デザイン
  • 定格消費電力
  • タンク容量
  • 湿度設定
  • モード
  • お知らせランプ
  • スイング
  • 電気代
  • 切忘れ防止機能の有無
  • 連続排水の有無

こちらの記事でアイリスオーヤマの除湿機の機能の説明をしています。

サイズ・重さ・カラー・デザインの違い

アイリスオーヤマ DCE-6515 IJC-H65
DCE-6515(左) IJC-H65(右)
DCE-6515IJC-H65
サイズ(約幅x奥行x高さcm)29.0×19.0x47.7cm31.9×20.4×53.5cm
重さ約9.3kg約9.7kg
カラーホワイトIJC-H65 ブルー
KIJC-H652 シャンパンゴールド

デザインが違うのでサイズ、重さが違います。

チェックしておきたいのが重さです。どちらも9kgを超える重さです。ハンドル付きで持ちやすくしていますが、9kg以上もあるとさすがに重たいです。

頻繁に移動して使う予定なら、重さの確認を必ずしてください。

基本的に除湿機は重たいです。

定格消費電力の違い

DCE-6515IJC-H65
50Hz 155W
60Hz 175W
50Hz 162W
60Hz 184W

定格消費電力が違います。消費電力は電気代に関わってきます。

電気代については特徴の違いのあとに説明します。

タンク容量の違い

アイリスオーヤマ DCE-6515
DCE-6515
アイリスオーヤマ IJC-H65
IJC-H65
DCE-6515IJC-H65
約1.8L約2.5L
満水になると自動停止

IJC-H65haタンクが大きく、フタも付いています。タンクが満水になるとお知らせランプが光るので、排水のタイミングがわかりやすいです。

湿度設定の違い

アイリスオーヤマ DCE-6515
DCE-6515
DCE-6515IJC-H65
40・50・60%・連続

DCE-6515には湿度設定があります。人が快適と感じる湿度(40~60%)の設定ができます。

IJC-H650には湿度設定機能がありません。後継機種で機能が無くなっている?

いいえ。除湿設定はなくなりましたが、代わりのモード設定が追加されています。

モードの有無の違い

アイリスオーヤマ IJC-H65
IJC-H65
アイリスオーヤマ IJC-H65
IJC-H65
アイリスオーヤマ IJC-H65
IJC-H65

(画像はクリックすると拡大します)

DCE-6515IJC-H65
衣類乾燥
自動
標準

除湿機を使う場面は色々あります。

気温は低いのにジメジメして湿気を取り除きたい時など洗濯物を乾かす以外にの用途があります。そんな時に自動や標準、弱モードを使えば快適に過ごせますね。

お知らせランプの違い

DCE-6515IJC-H65
満水
霜取り
満水/タンクなし

DCE-6515にはお知らせランプに霜取りがあります。

スイングの違い

アイリスオーヤマ DCE-6515
DCE-6515
アイリスオーヤマ DCE-6515
DCE-6515
アイリスオーヤマ IJC-H65
IJC-H65
アイリスオーヤマ IJC-H65
IJC-H65

(画像はクリックすると拡大します)

DCE-6515IJC-H65
手動
角度調整 2段階
自動 
90°(広角・上方向・下方向)
手動可能

DCE-6515は手動で、IJC-H65は自動でスイングを設定できます。

IJC-H65は自動で送風口の風向きを設定できるので、洗濯物に均一に風があたり乾きやすくなっています。

電気代の違い

アイリスオーヤマ DCE-6515
DCE-6515
アイリスオーヤマ IJC-H65
IJC-H65

(画像はクリックすると拡大します)

DCE-6515IJC-H65
1時間あたり 約4.7円1時間あたり 約5円

1円以下のわずかな差ですが、1時間あたりの電気代が違います。

チリと積もれば山となるので、細かいですが大事です。

電気代については特徴に違いの後にもう少し詳しく説明します。

切忘れ防止機能の有無の違い

アイリスオーヤマ IJC-H65
IJC-H65
DCE-6515IJC-H65
切忘れ防止機能
運転開始12時間後に自動停止

便利なのが切忘れ防止機能です。

忘れそうなら切タイマーをしておけばいいのですが、ついうっかりがあります。そんな時に切忘れ防止機能で12時間後に自動停止するので安心です。

DCE-6515にはありません。IJC-H65についています。

連続排水の有無の違い

アイリスオーヤマ IJC-H65
IJC-H65
DCE-6515IJC-H65
連続排水
市販ホース内径15mm

IJC-H65は連続排水ができます。

タンクの水捨てがメンドウなら連続販推ができる除湿機をおすすめします。

DCE-6515は連続排水はできません。

違いが多かったので表にまとめておきます。

DCE-6515IJC-H65
サイズ(約幅x奥行x高さcm)29.0×19.0x47.7cm31.9×20.4×53.5cm
重さ約9.3kg約9.7kg
カラーホワイトIJC-H65 ブルー
KIJC-H652 シャンパンゴールド
定格消費電力50Hz 155W
60Hz 175W
50Hz 162W
50Hz 184W
水タンク容量約1.8L約2.5L
フラップ(ルーバー)手動で2段階自動
90°(広角・上方向・下方向)
モード衣類乾燥・自動・標準・弱
湿度設定40・50・50%・連続
連続排水
お知らせランプ霜取りランプ
満水ランプ
満水ランプ・音
切り忘れ防止機能
12時間後に停止

DCE-6515→IJC-H65と改良されたのですが、めちゃくちゃ使いやすくなっていますね。

管理人くじらこはモードと切忘れ防止機能がめちゃくちゃありがたい機能と思います。

DCE-6515、IJC-H65の電気代はどのくらい?

次に電気代をみていきましょう。

電気料金は消費電力と使用時間で計算できます。

消費電力
50Hz
60Hz
1時間使用8時間使用1日8時間30日使用
DCE-6515155W
175W
4.18円
4.72円
33.48円
37.8円
1004.4円
1134円
IJC-H65162W
184W
4.37円
4.97円
34.99円
39.74円
1049.76円
1192.32円

1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。

地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

消費電力が高くはないので、1か月毎日使っても1000円ほど。毎日のお洗濯も安心です。

DCE-6515、IJC-H65のレビュー

機能がわかったので次はレビューや口コミをみてみましょう。

DCE-6515のレビュー 225件

4.4

●除湿機をつけるとカラッとしますねあるのとないのでは全然違うもっと早く買えばよかったです

●除湿機が壊れて購入しました。乾燥&除湿効果に感動してます。ただタンクが小さく、すぐいっぱいになるのが残念です。

●エアコンと浴室乾燥で乗り切ろうかとも考えましたが、あるとやっぱり便利です。思っていたより重かったです。音は気になるほどではありません。

● 8畳程度の部屋で使用しています。自分とテレビの間で稼働させていても、音はそんなに気になりません。(とっても気になるドラマの時は音量を2上げる程度)。

● 室内干しの洗濯物が、カラッと乾いて快適です。

● 子供の体操服(やや厚め)でも直に風を当てるようにすれば昼過ぎには乾いてます。

アイリスプラザ

IJC-H65のレビュー 63件

4.3

●この時期にエアコンを止めて送風運転になったとき、部屋の湿度が80%までいってしまったため、思い切って除湿機購入しました。冬は使わないのでコンプレッサー式で…と思い2万を切るこちらを選びました。初めてなのでこんなものか~という感じですが、音は通常運転で最大風力のサーキュレーターくらい。弱はもう少し静かですが、やはり不規則なモーター音は気になります。室温は26℃の部屋が28℃になるくらいですが、湿度が減ると驚くほど暑さが気にならなくなるのでサーキュレーターかけておけば気になりません。除湿が目的なので個人的には満足です!ただ同じ部屋に置いて眠るのは無理かな~

●この時期の部屋干しでも洗濯物が全く臭くならず、部屋全体もサラサラで感動です!買って良かった。

●弱で1日動かしていても結構水が溜まります。モーター音が多少気になりますが、別室に居れば問題ないです。

● 雨天でもしっかり乾きます。部屋干しの強い見方。

● 風の出方はいい感じで満足してます。洗濯物も想像より早く乾くのと部屋もそんなに暑くならないのがいいです。干してても部屋もカラッとしていますし、水の貯まりを見るとパワーすごいと感じます。

● 吸湿は凄いです。1日2度タンクの水を取りかえる程です。意外に重い為、持ち手が付いていて便利です。

アイリスプラザ

部屋干しでからりと乾くので満足している方が多いです。

反対に、がっかりした点は

  • 本体が重い
  • タンクが小さい
  • モーター音が気になる

などの意見がありました。タンクが小さいと感じるのは、その分除湿しているからです。それだけ湿気が多くて除湿しているんですね。

これを良しととるか、小さいと取るかは個人の感覚で変わってきます。

除湿機本体が重たいので、移動させて使うなら要確認してください。

IJC-H65のレビューにちらほらあったのが、「モーター音が気になる」でした。運転音についてはIJC-H65の商品説明下に「通常運転:約50dbくらい」とありました。

うーん、50dBはちょっと大きいかな。50dBは静かな事務所くらいの音らしいですが、気になる人は気になる。就寝時はもっと気になる。

IJC-H65は音について気になる人はよく検討してください。

DCE-6515とIJC-H65の価格

最後に価格をみていきましょう。

DCE-6515IJC-H65
アイリスプラザ17,800円18,800円
Amazon17,622円13,900円
楽天市場15,800円13,800円
Yahoo!ショッピング15,458円13,800円

※2021年7月14日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

発売年数の長いDCE-6515が価格が上です。機能はDCE-6515はIJC-H65に比べてシンプルです。

シンプルな方が使いやすくて人気・・・ということでしょうか。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/
\通販サイトでの購入はこちら/

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

価格に差があってもなくても

IJC-H65の方が機能がたくさんあるから便利よ

くじらの長老
くじらの長老

除湿して部屋を快適に保つのが第一の目的じゃ

快適さの妥協をしてはならんぞぃ

DCE-6515からIJC-H65になって、大幅に機能が詰め込まれ快適度がぐんと上がりました。

価格よりも機能が大事です。後悔しないように検討してください。

こちらの記事でも紹介しています。

コンプレッサー式除湿機は他にもあります。

サーキュレーター衣類乾燥除湿機はこちら。人気です。