アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 DCE-6515とIJC-H65の特徴の違いと価格

アイリス DCE-6515 IJC-H65 除湿機
くじらこ
くじらこ

衣類乾燥除湿機ってたくさんあるわね!

どれを選んだらわからないわ!

くじらの長老
くじらの長老

落ち着きなさい

一つ一つよく見ていけばわかるから

アイリスオーヤマの除湿機は現在10機種あります(頭文字Kの品番を除く)。

その中で衣類乾燥除湿機は8機種あり、さらに分けるとサーキュレーターがついている機種は2機種。衣類乾燥除湿機という商品名では6機種あります。

アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機一覧
  • 衣類乾燥除湿機 IJC-H65
  • 衣類乾燥除湿機 IJC-H140
  • 衣類乾燥除湿機 DCE-6515
  • 衣類乾燥除湿機 DCF-80
  • 衣類乾燥除湿機 DDB-20
  • 衣類乾燥除湿機 IJD-H20

青字がコンプレッサー式緑字がデシカント式です。

こうやって分けていくと、少しずつ種類が違うことがわかってきます。

さらにコンプレッサー式の4機種の中のDCE-6515の後継機種がIJC-H65です。

今回はDCE-6515からIJC-H65がどのように改良されたのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 DCE-6515とIJC-H65の仕様の違い

アイリス DCE-6515 IJC-H65
DCE-6515IJC-H65
サイズ幅29x奥行19x高さ47.7cm幅31.9x奥行20.4x高さ53.5cm
重さ約9.3kg約9.7kg
コード長さ1.8m1.8m

画像では左がDCE-6515、右がIJC-H65となっています。

DCE-6515 → IJC-H65と新しくリニューアルされました。デザインが全く違って一新されています。

デザインが変わったので、サイズも若干変わっていますが、大きな差はありません。重さもIJC-H65が0.4kgほど重くなっています。

DCE-6515IJC-H65
除湿能力50Hz 5.5L/日
60Hz 6.5L/日
50Hz 5.5L/日
60Hz 6.5L/日

除湿能力に変わりありません。地域によって除湿能力が変わるのでご注意ください。

DCE-6515IJC-H65
適用床面積木造 7畳(12㎡)
プレハブ 11畳(18㎡)
鉄筋コンクリート 14畳(23㎡)
木造 7畳(12㎡)
プレハブ 11畳(18㎡)
鉄筋コンクリート 14畳(23㎡)

使用できる床面積も変わりありません。建物の構造により除湿できる広さが変わってくるので確認してください。

DCE-6515IJC-H65
切タイマー2・4・8時間2・4・8時間

切タイマーは同じ2・4・8時間設定です。つっけぱなしの心配がなくなります。

\詳細・購入はこちらから!/

DCE-6515とIJC-H65の特徴の違い

さて、リニューアルされてどのくらい変わったのでしょうか。

アイリス IJC-H65 リニューアル

結論から書くと、かなり機能が増えました。増えた機能をピックアップしてみました。

IJC-H65の増えた機能
  • 水タンク容量が大きくなった
  • ルーバーが自動で動く
  • 除湿設定モード
  • 湿度設定
  • 連続排水が可能
  • お知らせランプ
  • 切り忘れ防止機能

増えた機能だけを書いてもわかりにくいですね。一つずつ説明していきましょう。

IJC-H65は水タンクが大きくなった

アイリス IJC-H65 水タンク
DCE-6515IJC-H65
1.8L
(満水で自動停止)
2.5L
(満水で自動停止)

DCE-6515は幅29x奥行19x高さ47.7cmに対してIJC-H65は幅31.9x奥行20.4x高さ53.5cmで若干IJC-H65の方がサイズが大きくなっていますが、水タンクの容量がぐんと大きくなりました。

DCE-6515は1.8Lに対して、IJC-H65は2.5Lです。0.7Lは500mlのペットボトル以上の容量が増えたということなので、排水の手間も楽になります。

IJC-H65はフラップ(ルーバー)が自動で動くようになった

アイリス IJC-H65 ルーバー

DCE-6515ではフラップ(ルーバー)は手動での調整でした。

しかし、リニューアルされたIJC-H65では自動でフラップが動き、風が広範囲にいきわたるようになりました。

一定の風の向きは洗濯物を乾かす時には乾きムラができますが、フラップ(ルーバー)が動くことで全体に行きわたり、乾きムラの軽減になります。

IJC-H65は除湿設定のモードが追加

アイリス IJC-H65 除湿モード

快適に使える大きな特徴が除湿設定がIJC-H65には追加されました。

DCE-6515IJC-H65
衣類乾燥・自動・標準・弱

DCE-6515には除湿設定はありません。モードがない代わりに、湿度設定があります。

DCE-6515

IJC-H65

DCE-6515の湿度設定では40・50・60%・連続の4段階に設定できます。

IJC-H65は自動モードとなり、55%の湿度に保たれます。

IJC-H65は連続排水ができる

アイリス IJC-H65 連続排水

水タンクの排水が手間と思う方は連続排水のできる機種がおすすめです。市販ホースを組み込み、浴室などに水を直接排水します。

洗面所など浴室近くで使用するなら排水手間も省けてラクチンです。

IJC-H65はお知らせランプ・切り忘れ防止機能がついている

DCE-6515

アイリス DCE-6515 パネル

IJC-H65

アイリス IJC-H65 パネル

DCE-6515には霜取りランプ・満水ランプがついています。

IJC-H65は満水なると音とランプで知らせてくれます。また切り忘れ防止機能で12時間になると運転停止します。

最後に特徴の違いをまとめておきます。

DCE-6515IJC-H65
水タンク容量約1.8L約2.5L
フラップ(ルーバー)手動で2段階自動
除湿設定モード衣類乾燥・自動・標準・弱
湿度設定40・50・50%・連続自動(55%)
連続排水
お知らせランプ霜取りランプ
満水ランプ
満水ランプ・音
切り忘れ防止機能
12時間後に停止

こちらの記事で除湿機の機能の説明をしています。

DCE-6515とIJC-H65のそれぞれのレビュー

機能がわかったので次はレビューや口コミをみてみましょう。

DCE-6515のレビュー 56件 ★4.16

● 8畳程度の部屋で使用しています。自分とテレビの間で稼働させていても、音はそんなに気になりません。(とっても気になるドラマの時は音量を2上げる程度)。

● 室内干しの洗濯物が、カラッと乾いて快適です。

● 子供の体操服(やや厚め)でも直に風を当てるようにすれば昼過ぎには乾いてます。

アイリスプラザ

IJC-H65のレビュー 13件 ★3.85

● 雨天でもしっかり乾きます。部屋干しの強い見方。

● 風の出方はいい感じで満足してます。洗濯物も想像より早く乾くのと部屋もそんなに暑くならないのがいいです。干してても部屋もカラッとしていますし、水の貯まりを見るとパワーすごいと感じます。

● 吸湿は凄いです。1日2度タンクの水を取りかえる程です。意外に重い為、持ち手が付いていて便利です。

アイリスプラザ

部屋干しでからりと乾くので満足している方が多いです。

反対に、がっかりした点は

  • 本体が重い
  • タンクが小さい

などの意見がありました。タンクが小さいと感じるのは、その分除湿しているからです。それだけ湿気が多くて除湿しているんですね。

これを良しととるか、小さいと取るかは個人の感覚で変わってきます。

本体が重いことは、商品説明にもあるのでよく理解しておかなければいけません。除湿機は基本的に1部屋ほどの機能を持っている機種は10kg以上になります。

DCE-6515とIJC-H65の価格

DCE-6515をリニューアルしたのがIJC-H65ですが、価格はどのくらい違ってくるのでしょうか。

DCE-6515IJC-H65
アイリスプラザ(税抜)17,800円17,800円
Amazon12,780円17,780円
楽天市場12,800円19,224円
Yahoo!ショッピング11,980円16,632円

※2019年6月21日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

なんと、アイリスプラザでは同価格です。セールなどキャンペーンがある時は価格に変動あるので、確認することをおすすめします。

くじらこ
くじらこ

アイリスプラザではどーんと価格が下がる時があるから

こまめにチェックしてみて!

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングはDCE-6515の方がIJC-H65より安く、お買い得となっています。

価格だけで判断はせず、必要な機能がある機種をきちんと見極めてください。5000円ほどの差で安い方を妥協して選んで購入すると、後悔するかもしれません。

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

価格に差があってもなくても

IJC-H65の方が機能がたくさんあるから便利よ

くじらの長老
くじらの長老

除湿して部屋を快適に保つのが第一の目的じゃ

快適さの妥協をしてはならんぞぃ

DCE-6515からIJC-H65になって、大幅に機能が詰め込まれ快適度がぐんと上がりました。

価格よりも機能が大事です。後悔しないように検討してください。

こちらの記事でもIJC-H65を紹介しています。