VC-CLS12とVC-CLS11の違いを比較!トルネオ スティッククリーナー 東芝

東芝 VC-CLS12とVC-CLS11 違い スティッククリーナー
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事は東芝のスティッククリーナー トルネオのVC-CLS12とVC-CLS11の違いを比較しています。

東芝のスティッククリーナーには「トルネオV」と「トルネオ」があります。

トルネオVはフィルターレスサイクロンで、トルネオはサイクロン式です。いわゆるフィルターを使った従来のサイクロン式です。

サイクロン式のトルネオの中でも、機能をおさえて価格を重視したモデルはVC-CLS12です。

VC-CLS12は2023年9月に新発売し、2022年モデルのVC-CLS11は型落ちとなりました。

VC-CLS12とVC-CLS11の違いは

  • 床見極めセンサーの有無:VC-CLS12に新搭載
  • カラーの違い:VC-CLS12はストームグレー、VC-CLS11はシャイニーシルバー
  • ヘッドの表記の違い:VC-CLS12は「からみレス自走ブラシ」、VC-CLS11は「からみレス軽量ブラシ」
  • 価格の違い

4点です。

大きく違うのは「床見極めセンサー」です。2023年モデルVC-CLS12から新搭載です。

日本の住宅はフローリングやじゅうたん、畳など色々な床面がありますが、床見極めセンサーは床の種類によりブラシの回転数を変えて、よりキレイに掃除します。

本文では

  • VC-CLS12とVC-CLS11の違い
  • VC-CLS12とVC-CLS11のおすすめはどっち?
  • VC-CLS12とVC-CLS11の口コミ評判

をわかりやすく紹介しています。価格も調査しましたので参考になれば幸いです^^

\購入はこちら/
▼2023年モデルのVC-CLS12▼
床見極めセンサー新搭載!

ストームグレー▼

▼2022年モデルのVC-CLS11▼
在庫が少なくなってきています

シャイニーシルバー▼

VC-CLS12とVC-CLS11の違いを比較

VC-CLS12とVC-CLS11の違いをくわしくみていきましょう。

  • 床見極めセンサーの有無:VC-CLS12に新搭載
  • カラーの違い:VC-CLS12はストームグレー、VC-CLS11はシャイニーシルバー
  • ヘッドの表記の違い:VC-CLS12は「からみレス自走ブラシ」、VC-CLS11は「からみレス軽量ブラシ」
  • 価格の違い:VC-CLS12の方がお得

違いは4点です。

違いを確認してから、価格をチェックしますね。

床見極めセンサーの有無:VC-CLS12に新搭載

VC-CLS12には新たに床見極めセンサーが搭載されています。

床見極めセンサーは、床面の種類に合わせてブラシの回転を制御することができるため、フローリングやじゅうたんなど、さまざまな床の上でもしっかりとゴミを取り除くことができます。

床の種類に合わせてブラシを適切に制御することで、より効率的に掃除することができます。

カラーの違い:VC-CLS12はストームグレー、VC-CLS11はシャイニーシルバー

VC-CLS12のストームグレーは、落ち着いた雰囲気ですね。

操作パネル部分もグレーになり統一感があります。

VC-CLS11は、操作パネル部分がシャイニーシルバーでアクセントになっていますね。

どちらも似た色合いで、大きくは違いません。

ヘッドの表記の違い:VC-CLS12は「からみレス自走ブラシ」、VC-CLS11は「からみレス軽量ブラシ」

VC-CLS12では「からみレス自走ブラシ」と表示されており、VC-CLS11では「からみレス軽量ブラシ」と表示されています。

どちらのモデルも、「からみレス」という機能は同じですが、表記が異なるだけです。

ブラシが自走することで、操作がスムーズです。

VC-CLS12とVC-CLS11の価格の違い

※2023年12月10日現在の価格です。価格は変動しますので購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

調査時に在庫が無いなどで価格がわからない時は表記していませんが、購入時に在庫があるかもしれませんでご確認ください。

VC-CLS12の価格

Amazon:-円前後

楽天市場:25,800円前後

Yahoo!ショッピング:26,200円前後

発売時44,000円ほどでしたが、2万円台まで下がってきています。

買いやすい価格帯になってます。

↓最新価格はこちらチェック↓

ストームグレー▼

VC-CLS11の価格

Amazon:27,800円前後

楽天市場:29,280円前後

Yahoo!ショッピング:24,800円前後

2万円台を推移していますが、在庫がすくなくなってきているので、価格が高騰する気配があります。

2023年モデルVC-CLS12と価格に差が無くなってきているので、VC-CLS12を購入をする方をおすすめします。

↓最新価格はこちらチェック↓

シャイニーシルバー▼

VC-CLS12はいろんな素材の床面を掃除したい人におすすめ

  • 2023年モデルがほしい!
  • 床見極めセンサーで、フローリングやじゅうたん、畳など色々な床面をキレイに掃除したい

価格をおさえつつ、色んな床面を掃除したいあなたにおすすめです。

VC-CLS11はおすすめしない

  • シャイニーシルバーのカラーがほしい

価格が高騰しはじめているので、おすすめはしません。

価格差が少ない2023年モデルVC-CLS12がおすすめです。

VC-CLS12とVC-CLS11の口コミ評判は?

ここからはVC-CLS12とVC-CLS11の口コミ評判をみていきましょう。

VC-CLS12は発売して日が浅いので口コミがは少なかったです。今回はVC-CLS11の口コミ評判をまとめました。

  • スタンドが付属していないのが残念。

トルネオシリーズではVC-CLS12とVC-CLS11のみスタンドが付属していません。

スタンドを買い足すか、安定のいい場所に収納する必要があります。

  • ダイソンよりも軽さと音の静かさにびっくりしました。
  • びっくりするほど綿埃が取れます。
  • 動物の毛をよく吸うし、ゴミが溜まればランプが点灯して運転を停止してくれるから便利。
  • ヘッドが小さくて小回りがきいて、掃除がしやすい。
  • 軽いので、ちょっとしたゴミでも掃除するようになりました。
  • 基本的におまかせモードで掃除しますが、弱モードでも問題なく吸います。

軽さと吸引力の満足の口コミが多かったです。メインというよりサブで使っていたり、軽さを最優先に選んでいる人が多かったです。

まとめ:「床見極めセンサー」搭載VC-CLS12がでおすすめ

この記事では東芝のスティッククリーナー トルネオのVC-CLS12とVC-CLS11の違いを紹介しました。

最後のポイントをまとめておきますね。

VC-CLS12とVC-CLS11の違い
  • 床見極めセンサーの有無:VC-CLS12に新搭載
  • カラーの違い:VC-CLS12はストームグレー、VC-CLS11はシャイニーシルバー
  • ヘッドの表記の違い:VC-CLS12は「からみレス自走ブラシ」、VC-CLS11は「からみレス軽量ブラシ」だけど、機能は同じ
  • 価格の違い:価格差が少なくなってきていて、2023年モデルVCCLS12の方がお得

VC-CLS12とVC-CLS11は比較的違いは少ないです。

価格差も縮まって2023年モデルVC-CLS12の方がお買い得な時期に入ってきています。

VC-CLS12とVC-CLS11の共通の特長は

VC-CLS12とVC-CLS11の共通の特長
  • 約1.2kgと軽く、扱いやすい
  • 「からみレスブラシ」でごみや髪の毛やペットの毛がからまりにくく、お手入れがしやすい
  • らくわざフリーグリップとスイング連動で、ヘッドの取り回しがしやすい
  • ゴミを圧縮して廃棄するので、ゴミ捨てしやすい
  • ダストカップやフィルターは水洗いができ、清潔を保てる

軽くてお手入れがしやすいので、サブ機とサッと手軽に使うスティッククリーナーとして重宝します。

あなたの生活がより快適になることができるように、この記事でお手伝いができたら光栄です^^

スティッククリーナー
スポンサーリンク
Shark

スリムで扱いやすいスティッククリーナー。
ハンディクリーナーも人気です。

レイコップ

ふとんクリーナーだけでなく
スティッククリーナーやカーペットクリーナー
サーキュレーターなど家電がそろっています。

くじらこをフォローする
管理人
くじらこ

家電が大好き。
家電を買う時に迷わないように、日々家電の知識を仕入れています。
後悔しないように。
あなたにも知識をおすそわけ。

くじらこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました