SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tの違いを比較!おすすめはどっち?充電式スティッククリーナー アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ SCD-L1P-B SCD-P1P-Tスティッククリーナー
くじらこ
くじらこ

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tってどんな機能でどういう風に違うのかな?

くじらの長老
くじらの長老

まずSCD-P1P-Tは2in1のスタイルじゃな

ハンディが本体みたいなもんじゃぞぃ

違いは運転モードや付属ノズルや吸引方式などたくさん違うじゃぞぃ

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tをそれぞれ商品名に言い換えると

  • SCD-L1P-B充電式サイクロンスティッククリーナー
  • SCD-P1P-T充電式スティッククリーナー Handy in Stick

SCD-L1P-Bはサイクロン式の本体に延長パイプを付けてスティッククリーナーとして使います。

SCD-P1P-Tはハンディ本体があり、スティッククリーナーを取り付けます。

本体が違い、吸引方式も違ってきます。

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tの違いは

  • ハンディ&スティックの仕様の違い
  • サイクロン式かその他吸引方式か
  • 運転モードと連続使用時間
  • ほこり感知センサーの有無
  • 付属ノズルの多さ
  • サイズ
  • 重さ
  • カラー
  • 価格

たくさんあります。

充電式サイクロンスティッククリーナーのSCD-L1P-Bは

サイクロン式でゴミを吸引。

本体・延長パイプ・ヘッド・バッテリー含む重さが約1.4kgと軽いです。

運転モードは標準・ターボ・自動・セーブの4つ。標準モードで約15分の使用時間です。

付属品は静電モップ、すき間ノズル、ブラシノズルの他にミニヘッド、フレキシブルホース、布団用ヘッドがあり、ソファやふとん、車内など幅広く掃除できます。

充電式スティッククリーナーのSCD-P1P-Tは

吸引方式についての記述はありません。ダストボックスの中ではゴミが回転することはなく溜まります。

スティック状態にすると約1.6kgです。ハンディ状態では約0.7kgと軽いです。

運転モードは標準とターボの2つです。標準モードで約20分の連続使用時間です。

付属品は静電モップ、すき間ノズル、ブラシノズルのみです。別売でアタッチメントパーツを購入できます。

SCD-L1P-Bはノズルがそろっているので、家中を掃除できます。運転モードが4つあるのも使いやすいです。

SCD-P1P-Tはハンディで使うことが多い人向けです。ハンディクリーナーをサッと取り出し手軽に掃除したい時に使うのが便利です。

\サイクロン式のSCD-L1P-Bはこちら/

運転モードが4つ、付属ノズルが豊富で家中掃除がしやすい♪

\2in1のSCD-P1P-Tはこちら/

ハンディとスティックの切り替えが簡単♪

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tの違いを比較

ここからはSCD-L1P-BとSCD-P1P-Tの違いをくわしくみていきましょう。

  • ハンディ&スティックの仕様の違い
  • サイクロン式かその他吸引方式かの違い
  • 運転モードと連続使用時間
  • ほこり感知センサーの有無
  • 付属ノズルの多さ
  • サイズ
  • 重さ
  • カラー
  • 価格

違いはたくさんありましt。一つずつみていきましょう。

違い①ハンディとスティックの仕様の違い

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tでは使い方が違います。

アイリスオーヤマ SCD-L1P-B
アイリスプラザより SCD-L1P-B

SCD-L1P-Bはモーターがある本体は手元にある上重心です。

延長パイプやヘッドを抜き差ししてスティックとハンディを使い分けます。

延長パイプ部分に静電モップを収納するモップ帯電ケースが付いています。必要な時に取り出すことが可能です。

アイリスオーヤマ SCD-P1P-T ハンディとスティック
アイリスプラザより SCD-P1P-T

SCD-P1P-Tはモーターはハンディにあって、ハンディを取り外して使います。

ハンディはワンタッチで取り外しできるので簡単です。

本体が下にある下重心です。

静電モップは本体には収納できないので、充電スタンドにモップケースがあります。

上重心と下重心のメリット・デメリットは

上重心下重心
メリットすき間やソファ・ベッド下など掃除しやすい
モップ帯電ケースが延長パイプに取り付けできる
重心が下なので軽く感じる
デメリット手元に本体があるので、重さが手首に伝わるすき間やソファ・ベッド下はある程度の幅が必要
モップは充電スタンドに収納する

掃除する場所によって不向きがあるので、掃除する場所を確認してください。

違い②吸引方式の違い

SCD-L1P-Bは遠心分離サイクロンです。

アイリスオーヤマ SCD-L1P-B サイクロン式
アイリスプラザより SCD-L1P-B

遠心分離サイクロンは吸い込んだゴミをダストボックスの中で回転した空気で分けられます。

こまめなお手入れをすることで吸引力が持続します。

SCD-L1P-Bの動画ありました。吸引力はこんな感じ。

回転ブラシもあるし、吸引力もあります。

アイリスオーヤマ SCD-P1P-T 吸引力
アイリスプラザより SCD-P1P-T

SCD-P1P-Tの吸引方式は記載されていません。サイクロン式ではありません。

真空度を極限まで高めたパワーヘッドが強力にゴミを吸うので、サイクロン式でなくてもキレイに掃除できます。

違い③運転モードと連続使用時間の違い

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tの運転モードと連続使用時間が違います。

SCD-L1P-BSCD-P1P-T
スティック/ハンディ
標準約15分約20分/約23分
ターボ約8分約12分/約13分
自動
※使用状態によって異なります
約22分
セーブ
※使用状態によって異なります
約40分

SCD-L1P-Bは自動やセーブモードなど消費をおさえるモードがあります。

SCD-P1P-Tは標準とターボの2つのみです。スティックとハンディでは使用時間がハンディが長く使えます。

くじらこ
くじらこ

私はIC-SLDC7を持っているけど、自動モードで掃除するとずっとターボの吸引力で掃除するからすぐにバッテリーがなくなるし、音もうるさいから「標準モード」で掃除しているわ

自動モードは便利そうですがほこり感知センサーの感度が良すぎて、ずっと赤いランプがついてターボ吸引になります。良すぎるものも問題です。笑。

でも自動やセーブモードは操作の切り替えをしなくていいので使うには便利です。

連続使用時間の長さはそれほど気にしなくてもいいです。

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tは着脱式バッテリーで2ヶ持ちしていれば差し替えて連続して使えるからです。

標準、ターボモードのみでも困ることはないので、モードで悩むよりハンディ/スティックの仕様の違いや付属品で悩む方をおすすめします。

違い④SCD-L1P-Bはほこり感知センサーがついている

SCD-L1P-Bはほこり感知センサーがついています。

アイリスオーヤマ SCD-L1P-B ほこり感知センサー
アイリスプラザより SCD-L1P-B

ゴミが少ないと緑、ゴミが多いと赤のランプが付きます。

ダストボックス部分で光るのでわかりやすいです。見えにくいホコリなどがある目安になるのであると便利ですよ。赤く光るとより掃除するようになりますよ。

違い⑤SCD-L1P-Bは付属ノズルが豊富

SCD-L1P-Bは付属ノズルが豊富にそろっています。

アイリスオーヤマ SCD-L1P-B 付属ノズル
アイリスプラザより SCD-L1P-B

SCD-L1P-Bには

  • すき間ノズル
  • ミニヘッド
  • ブラシノズル
  • フレキシブルホース
  • 布団用ヘッド

が付属しています。

ホコリや花粉アレルギーを持っているなら布団用ヘッドで毎日掃除すると症状が軽減します(くじらこ談)。

くじらこ
くじらこ

アレルギー症状は寝ている時の吸い込みでひどくなることもあるから、毎日使う布団をキレイにするとかなりラクになったわ

ふとんクリーナーは家電が増えるし、お金もかかるし・・・というなら付属の布団用ノズルでキレイにするといいですよ。

SCD-P1P-Tは

  • すき間ノズル
  • ブラシノズル

が付属しています。

アイリスオーヤマ SCD-P1P-T 付属ノズル
アイリスプラザより SCD-P1P-T

別売のアタッチメントがあるので、必要であれば買い足すことができます。

別売り品は後で紹介します。

違い⑥サイズの違い

デザインが違うので、サイズが違ってきます。

SCD-L1P-BSCD-P1P-T
■フロアヘッド・延長パイプ含む
(静電モップ・モップ帯電ケース含まず)
幅22.4x奥行23.5x高さ103.5cm
■スティック状態
幅22.4x奥行16.7x高さ104.5cm
■ハンディ状態
幅6.3x奥行6.8x高さ48.1cm
■充電スタンド設置時
(アタッチメント含まず)
幅25.7x奥行23.2x高さ109.2cm
■充電スタンドセット時
(静電モップ・モッ帯電ケース・アタッチメント含まず)
幅23.4x奥行22.1x高さ109.5cm

SCD-P1P-Tがすっきりした形状なので、スティック状態の奥行サイズが細いですね。

違い⑦重さの違い

アイリスオーヤマ SCD-L1P-B 重さ
アイリスプラザより SCD-L1P-B

SCD-L1P-Bは

  • 本体のみ 約0.9kg
  • フロアヘッド、延長パイプ、バッテリー含む(モップ帯電ケース) 約1.4kg
  • 充電スタンド 約0.7kg

スティッククリーナーの約1.4kgは軽量クラスです。

アイリスオーヤマ SCD-P1P-T 重さ
アイリスプラザより SCD-P1P-T

SCD-P1P-Tは

  • スティック状態 約1.6kg
  • ハンディ状態 約(バッテリー含む) 約0.7kg
  • 充電スタンド 約0.7kg

スティッククリーナーの約1.6kgも軽いです。下重心で重さが床へ逃げるので約1.6kgの重さは感じにくいです。

違い⑧カラーの違い

アイリスオーヤマ SCD-L1P-B カラー

SCD-L1P-Bのカラーはブラックです。

基本カラーはブラックですが、前面はパール系のカラーでデザインされています。

アイリスオーヤマ SCD-P1P-T ハンディとスティック
アイリスプラザより SCD-P1P-T

SCD-P1P-Tはブラウンメタリックです。

本体は濃いブラウンで前面はメタリックになっています。

違い⑨SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tの価格の違い

SCD-L1P-BSCD-P1P-T
アイリスプラザ39,100円32,800円
Amazon
楽天市場39,100円32,780円
Yahoo!ショッピング31,040円31,848円

※2022年3月31日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

SCD-L1P-Bが価格が高いです。運転モードや付属ノズルの多さで掃除の幅や使いやすさポイントが高いです。

こちらから最新価格をチェックしてみてください♪

\SCD-L1P-B/
\最新価格をチェック!/

→ アイリスプラザで最新価格をみる

→ Amazonで最新価格をみる

→ 楽天市場で最新価格をみる

→ Yahoo!ショッピングで最新価格をみる

\SCD-P1P-T/
\最新価格をチェック!/

→ アイリスプラザで最新価格をみる

→ Amazonで最新価格をみる

→ 楽天市場で最新価格をみる

→ Yahoo!ショッピングで最新価格をみる

注意!SCD-P1P-Tは2種類ある?!

SCD-P1P-Tの本体+セット部品の組み合わせで品番が多く存在します。

ややこしいのでまとめてみました。

品番・品名付属品
SCD-P1P-T※今回紹介している品番
静電モップ・モップ帯電ケース
すき間ノズル・ブラシノズル
充電スタンド・充電アダプター
SCD-160P-Tすき間ノズル・ブラシノズル
充電スタンド・充電アダプター
SCD-160P-Tすき間ノズル・ブラシノズル
充電スタンド・充電アダプター
予備バッテリー付き
SCD-160P-Tすき間ノズル・ブラシノズル
充電スタンド・充電アダプター
予備バッテリー+急速充電器付き
(品番なし)
ハンディinスティッククリーナー
アタッチメントセット
静電モップ・モップ帯電ケース
すき間ノズル・ブラシノズル
ミニヘッド、布団用ノズル
フレキシブルホース
充電スタンド・充電アダプター

(品番なし)
ハンディinスティッククリーナー
アタッチメントセット
すき間ノズル・ブラシノズル
ミニヘッド、布団用ノズル
フレキシブルホース
充電スタンド・充電アダプター

【アイリスオーヤマ公式オンラインショップ】アイリスプラザでセットを確認しました。品番・品名はアイリスプラザへリンクしているので確認してみるといいですよ。

同じ品番で付属品が違うので間違えないように!

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tはどちらがおすすめ?

ではどちらがおすすめしょうか。

まとめてみたので参考にしてください。

SCD-L1P-Bはこんな人におすすめ

  • 主にスティッククリーナーとして使う
  • 運転モードは自動やセーブがあるほうがいい
  • バッテリーの消費をできるだけおさえたい
  • ノズルはたくさんある方がいい
  • 布団用ノズルで毎日ふとんをキレイにしたい
  • ホコリや花粉アレルギーを持っているので布団を掃除したい
  • 棚のすき間、ソファやベッドの下など狭いすき間を掃除したい
  • ほこり感知センサーでゴミのある場所を念入りに掃除したい

SCD-P1P-Tはこんな人におすすめ

  • どちらかというとハンディクリーナーとしてもけっこう使うと思う
  • ノズルはあまり使わない
  • 必要なノズルだけ買い足したい
  • 本体はすっきりスリムなデザインが好み
  • 下重心のスティッククリーナーがいい

家中を念入りに掃除したいならSCD-L1P-Bがおすすめです。

ハンディクリーナーとしてよく使うならSCD-P1P-Tがおすすめです。

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tの共通の特徴

ここからはSCD-L1P-BとSCD-P1P-Tの共通の特徴を紹介します。

  • 軽い!
  • 静電モップで棚のホコリなどを平行掃除で時短
  • 自走式軽量パワーヘッドで前へ進んで楽々
  • 準HEPAフィルターで排気がキレイ
  • 置くだけで充電できるスタンド
  • 着脱式バッテリーで連続運転可能(2ヶ持ちの場合)&交換が楽ちん

それでは順にみていきましょう。

特徴①軽い!スティッククリーナーが軽いと掃除が楽しい!

アイリスオーヤマ SCD-L1P-B 重さ
アイリスプラザより SCD-L1P-B

どちらもスティッククリーナー時の重さはSCD-L1P-Bは約1.4kg、SCD-P1P-Tは約1.6kg!

軽いです。パワーヘッドで1.5kg以下だと最軽量クラスです。

くじらの長老
くじらの長老

軽いと掃除がラクになり、楽しくなるんじゃ

するとこまめに掃除するようになって部屋がキレイになるんじゃぞぃ

部屋を掃除するためにスティッククリーナーを購入するので、重たくて掃除がメンドウになるのはダメですよね。

掃除が楽しくなって、部屋がキレイになるのが正解です。

だからスティッククリーナーが軽いのは正義なのです。

特徴②静電モップで棚のホコリなどを平行掃除で時短

アイリスオーヤマ SCD-P1P-T 静電モップ
アイリスプラザより SCD-P1P-T

静電モップはアイリスオーヤマ独自の掃除方法です。

片手にスティッククリーナー、片手に静電モップを持って掃除をすると部屋をぐるりを1度回るだけで済むので時短&手間が省けます。

特徴③自走式軽量パワーヘッドで前へ進んで楽々

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tは自走式軽量パワーヘッドです。

アイリスオーヤマ SCD-P1P-T ヘッド
アイリスプラザより SCD-P1P-T

ブラシが回転するので、前へ軽く進みます。ブラシはゴミを取る、前へ進むの2つの機能を持っています。

掃除がメンドウなのは、掃除機本体が重い、ヘッドを上下させてスムーズに動かないから「シンドイ」「メンドウ」と感じます。

軽くて前へ進むので、気持ちよく掃除できます。

特徴④準HEPAフィルターで排気がキレイ

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tは準HEPAフィルター搭載です。

アイリスオーヤマ SCD-P1P-T 吸引力
アイリスプラザより SCD-P1P-T

0.3μm以上の粒子を99.5%以上捕集するので、排気はキレイで安心です。

特徴⑤置くだけで充電できるスタンド

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tは置くだけ充電スタンドが付属しています。

アイリスオーヤマ SCD-L1P-B 充電スタンド
アイリスプラザより SCD-L1P-B

置くだけで充電できるので、コネクタを差し込む手間はありません。

ノズルなどの付属品も一緒に収納できるのですっきりです。

特徴⑥着脱式バッテリーで連続運転可能(2ヶ持ちの場合)&交換が楽ちん

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tは着脱式バッテリーです。

アイリスオーヤマ SCD-L1P-B バッテリー
アイリスプラザより SCD-L1P-B

フタをスライドしてバッテリーを取り出すだけなので、交換が簡単です。

アイリスオーヤマ SCD-P1P-T バッテリー
アイリスプラザより SCD-P1P-T

着脱式バッテリーの場合、2ヶ目を購入しておくと、バッテリー切れの時に入れ替えるだけで連続して掃除できます。

さらに、バッテリーの寿命時の交換も楽ちんです。

SCD-P1P-Tの場合は予備バッテリーや急速充電器が付属しているセットもあるので、そちらを検討するのもいいですね。

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tの消耗品や別売品の販売店

別売品のノズルなどを購入すると快適に掃除ができます。

フィルターのみ違うので必ず確認して購入してください。

SCD-L1P-Bのフィルターはこちら↓

フィルターセットCFTS72アイリスプラザで購入

SCD-P1P-Tのフィルターはこちら↓

排気フィルターCFT55アイリスプラザで購入

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tの共通の消耗品や別売品

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tのバッテリーやノズルは共通です。

予備として2ヶ目を一緒に購入どうぞ♪

バッテリー急速充電器は約1.5時間で充電できます♪

静電モップも消耗品です

すき間ノズルはこちら

布団ヘッドはこちら

ミニヘッドはこちら

フレキシブルホースはこちら

SCD-L1P-BとSCD-P1P-Tの違いを比較!おすすめはどっち?充電式スティッククリーナー アイリスオーヤマのまとめ

くじらこ
くじらこ

ぞれぞれ特徴が違うから、自分に合う方を選ばなきゃいけないわね

くじらの長老
くじらの長老

アイリスオーヤマのスティッククリーナーはちと商品が増えすぎて、どれがどれだかわかりにくくなってきたぞぃ

SCD-P1P-Tは品番が同じだったり、品番が無かったりと少しわかりにくいです。

付属品を細かくチェックして、自分に合うセットを選んで下さい。

SCD-L1P-Bは付属品が多く、運転モードも4つあり、状態や環境にあった使い方ができます。

SCD-P1P-Tはハンディで使うことが多いなら、使い勝手がいいです。使っていて後から付属ノズルが必要なら買い足せます。初めから必要と分かっていれば他のセットを選ぶことができます。

どちらも着脱式バッテリーなのも魅力的です。すぐに交換ができるのは手間もストレスもありません。

検討してみてください。