KI-RX75とKI-PX75の違いを比較!シャープ加湿空気清浄機

SHARP KI-RX75 KI-PX75 違い 空気清浄機
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事はシャープの加湿空気清浄機ハイグレードモデルKI-RX75とKI-PX75の違いを比較しています。

KI-RX75は2022年9月発売の新モデル、KI-PX75は2022年1月発売した旧モデルで型落ちとなりました。

新モデルKI-RX75と旧モデルKI-PX75の違いは

  • 価格の違い

1点のみ。機能は同じです。

機能は同じで、発売日の違いのみなので新旧モデルを気にしないのなら、型落ちしてお買い得になったKI-PX75がおすすめです!

本文ではKI-RX75とKI-PX75の違いの他に

  • KI-RX75とKI-PX75のおすすめは?
  • KI-RX75とKI-PX75の口コミ評判は?
  • KI-RX75とKI-PX75の特長

をわかりやすくまとめています。口コミやフィルターもまとめていますので参考になれば幸いです^^

シャープの加湿空気清浄機プレミアムモデルも紹介します。

KI-RX75とKI-PX75の違いを比較

ここからはKI-RX75とKI-PX75の違いをくわしくみていきましょう。

KI-RX75とKI-PX75の違いが価格のみでした。

2022年9月発売新モデルKI-RX75の価格

Amazon-円前後
楽天市場73,180円前後
Yahoo!ショッピング71,900円前後

2023年に入ってから7~8万円台を推移しています。数万ほど値下がりしてきていますが、まだ下がる予想をしています。

最新価格はこちらからチェック↓

ホワイト系▼

ブラウン系▼

2022年1月発売モデルKI-PX75の価格

Amazon56,800円前後
楽天市場56,800円前後
Yahoo!ショッピング56,800円前後

5万円台を推移しています。タイミングが悪ければ値上がりしていることもありますので、購入時にチェックしてくださいね。

最新価格はこちらからチェック↓

ホワイト系▼

ブラウン系▼

KI-RX75とKI-PX75の口コミ評判は?

KI-PX75の口コミ評判をみていきますね。KI-RX75は発売して間もないので口コミはまだありません。KI-RX75とKI-PX75は機能が同じなので参考になると思います。

シャープの空気清浄機は評判がよく、悪い口コミを見つけるのがたいへんなくらいです。

KI-PX75の悪い口コミ評判

  • タンク容量が小さい

乾燥している時期はどんどんと加湿するので、タンク容量が小さく感じてしまうかもしれません。でもそれだけ加湿しているってことですよね。

KI-PX75の良い口コミ評判

口コミでは高評価が多く満足度も高かったです。

プレフィルターのお掃除機能で楽ちん

  • 自動でプレフィルターの掃除をしてくれるのでラク!
  • プレフィルターのお手入れの手間が減ってウレシイ

プレフィルターは大きめのホコリやゴミが溜まりやすい場所。そのためこまめなお手入れが必要となりますが、本体が自動でしてくれるので手間が減りますね。手間が減るとストレスも減ります。

おしゃべり機能がたのしい

  • かわいい声でお知らせしてくれるのはロボットみたいでいやされる
  • おしゃべり機能はこどもが楽しんでいる

声でおしらせしてくれる機能は想像以上に便利です。本体が何をしているかがわかると、部屋をキレイにしてくれているなと感じるから。

ニオイがきれいになくなった

  • ペットのニオイがなくなって満足
  • 息子の部屋が臭くて購入したけど、設置したその日から効果あり。臭わなくなった。
  • ハウスダストアレルギーの症状が改善されました

ペットや体臭などすぐに臭わなくなり効果を実感されている方が多かったです。

KI-RX75とKI-PX75のおすすめは?

KI-RX75とKI-PX75は発売日が比較的近く、機能も同じです。基本的にどちらを選んでもいいですね。

予算を優先したいならKI-PX75は価格が下がっているのでおすすめです。

KI-RX75とKI-PX75の共通の特長

ここからはKI-RX75とKI-PX75の共通の特長を紹介します。

プラズマクラスターNEXT搭載

プラズマクラスターNEXTは、自然界に存在するイオンをはるかに上回る高濃度のイオンを放出することができます。

1cm³あたり50,000個以上のイオンが空気中に存在するため、空気中のリスクに立ち向かいます。

この機能は、空気の浄化力を高めるだけでなく、新しい効果も実証されています。

さらに、イオン濃度が高くなるほど、効果も上がります。

このため、プラズマクラスターNEXTは、家庭内の様々な空気リスクに対処することができます。

例えば、花粉症やアレルギーの方には、プラズマクラスターNEXTが有効です。

高濃度のイオンが空気中に漂っているため、花粉やダニ、カビなどのアレルゲンを効果的に取り除くことができます。

また、加湿機能があるため、乾燥した空気も改善され、アレルギー症状の緩和につながるでしょう。

さらに、プラズマクラスターNEXTは、ウイルスや菌、ニオイなども効果的に除去します。

これにより、家庭内の空気が清潔に保たれ、使用者の健康や快適性が向上すると想像できます。

スピード循環気流でパワフルな清浄

シャープのKI-RX75とKI-PX75は、空気清浄機の中でも特にパワフルな性能が魅力です。その秘密は、スピード循環気流にあります。

3方向気流制御ルーバーにより、広いリビングにもイオンを効率よく届けることができます。

また、コアンダ効果を応用した気流で、遠くのホコリもしっかり引き寄せます。さらに、背面全体でパワフルに吸引することができます

このようなスピード循環気流により、空気中の微粒子や花粉、ホコリなどの汚れた空気を短時間でパワフルに吸い込むことができます。

それによって、使用者の未来が良くなるポイントとして、空気中の汚染物質が減少し、アレルギーや風邪の症状が改善されることが期待されます。

また、このスピード循環気流によって、空気中の湿度も均一に保たれるため、乾燥肌や乾燥した喉・鼻の症状も改善されるかもしれません。

おまかせ運転で効率化

おまかせ運転は空気中の汚れの程度に合わせて、自動的に気流を切り替えて効率的に浄化することができます。

また、3方向制御ルーバーによって、空気の流れを自動的に調整するため、操作が簡単で快適な空間を維持することができます。

この機能を使えば、使用者は手間をかけることなく、空気の浄化効果を最大限に発揮することができます。さらに、自動的に気流を切り替えるため、省エネにも貢献することができます。

飛沫粒子モード搭載

KI-RX75とKI-PX75加湿空気清浄機には、飛沫粒子モードが搭載されています。

このモードは、直接天井面を狙い、循環気流に乗せてウイルス飛沫粒子を効率よく捕集することができるように設計されています。

特に、この機能は冬場の乾燥した室内で活躍します。この機能があることで、ウイルスの拡散や感染リスクを低減することができます。

3つのフィルターでニオイやホコリをキャッチ

シャープのKI-RX75とKI-PX75は、3つのフィルターによってニオイやホコリをキャッチすることができます。

0.3µmの微小な粒子を99.97%以上集じんできる静電HEPAフィルターは、10年間交換不要で目詰まりしにくいのが特徴。

また、汗臭などを吸着するダブル脱臭フィルターの交換目安は約10年。

さらに、抗菌・防カビホコリブロックプレフィルターは、目の細かいフィルターで内部に侵入するホコリを大幅に低減し、集じん性能の低下を抑えます。

これら3つのフィルターによって、部屋の空気を清浄に保ち、快適な環境を作ることができます。

独自構造で大容量の加湿を実現

シャープのKI-RX75とKI-PX75は、加湿機能が特長の空気清浄機です。

独自の加湿構造により、大容量の加湿を実現しています。

これにより、乾燥した空気による喉や肌の不快感を軽減し、快適なうるおい空間を実現することができます。

また、クラウドに接続することで、センサー情報をもとに在室/不在を判別する機能があります。

お部屋に人がいない時は、無駄な加湿を抑制することができるため、給水回数を最大1/2削減することができます。これにより、手間と時間の節約に繋がります。

加湿機能を持った空気清浄機は、乾燥した季節には必需品です。

シャープのKI-RX75とKI-PX75は、独自の構造により、大容量の加湿を実現し、快適な空間を作り出します。

また、省エネ機能も充実しており、給水回数を最大1/2削減することができるため、経済的にも優れています。

COCORO AIR搭載

KI-RX75とKI-PX75の加湿空気清浄機には、COCORO AIRというスマート機能が搭載されています。

この機能を使うと、スマートフォンと空気清浄機を無線LANで接続することができ、クラウドのAIにつながります。

AIは、使用状況や空気情報を蓄積して分析し、ご家庭に合わせて空気清浄機を賢く成長させます。

例えば、「おやすみ運転」のセットや風量の調整は、AIが自動で行ってくれるため、快適な空気環境を手軽に実現できます。

この機能を使うことで、加湿空気清浄機の運転がよりスマートになり、快適な空気環境を手軽に作り出すことができます。

空気の汚れを見える化

KI-RX75とKI-PX75は空気の汚れを見える化する機能を搭載しています。

PM2.5やその他微小な粒子の濃度を、独自のアルゴリズムで判別し、色で分かりやすく表示してくれます。

そのため、キレイになっていく空気の状態を簡単に確認できます。

これにより、家族の健康にも配慮し、いつでも快適な空気環境を維持できます。

また、機器内部でしっかりとフィルターされた空気が出てくるため、家の中にいるときは外気よりもキレイな空気を呼吸することができます。

空気中の汚れを気にせず、家事や育児に集中できるのは、主婦にとってはうれしいポイントですね。

5つのセンサー

KI-RX75とKI-PX75は、5つのセンサーを搭載しています。

高感度のホコリセンサーは、大きな花粉だけでなく、0.5µmの微小な粒子まで検知することができます。

また、ニオイ、湿度、温度、明るさのセンサーも搭載されており、空気の状態を細かく測定します。

これにより、空気中の汚れや湿度の状態を正確に把握し、自動的に運転モードを切り替えることができます。

例えば、湿度が高い場合は加湿を自動的に調整し、ニオイが気になる場合は、自動的に消臭モードに切り替えます。

KI-RX75とKI-PX75の仕様表

浄化方式「プラズマクラスターNEXT」
空中浄化&フィルター浄化
プラズマクラスター
適用床面積(目安)
約18畳(約30m2)
加湿方式気化式
加湿能力最大900mL/h
水タンク容量約3.2L
待機時間消費電力約1.2W
外形寸法幅39.5x奥行30.5x高さ65.0cm
質量約13kg
コード長さ約1.8m
カラー-T ブラウン系
-W ホワイト系
フィルター静電HEPAフィルター
ダブル脱臭フィルター
抗菌・防カビホコリブロックプレフィルター
センサーホコリ、ニオイ、湿度、温度、照度
モニターPM2.5濃度デジタル表示(目安)
キレイモニター
デジタル濃度、湿度、電気代

空気清浄

清浄時間約8畳/約9分
空気清浄
適用床面積(目安)
~34畳(約56m2)
モード静音
風量(m3/分)7.55.11.5
消費電力(W)80396.6(6.0)
1時間あたりの電気代(円)約2.2約1.1約0.18(約0.16)
運転音(dB)524720

加湿空気清浄

清浄時間約8畳/約11分
空気清浄
適用床面積(目安)
~27畳(約45m2)
加湿
適用床面積(目安)
プレハブ洋室 ~25畳(約41m2)
木造和室 ~15畳(約25m2)
モード静音
風量(m3/分)5.95.11.5
消費電力(W)52447.7(7.1)
1時間あたりの電気代(円)約1.4約1.2約0.21(約0.19)
運転音(dB)484721
加湿量(ml/h)900760260
\購入はこちら/

2022年9月発売モデルKI-RX75。

  • 新モデルがいい

最新モデルがほしいあなたにおすすめです。

ホワイト系▼

ブラウン系▼

2022年1月モデルKI-PX75。

  • 新旧モデルは気にしない
  • 予算をおさえたいので価格は安い方がいい

予算をおさえたいあなたにおすすめです。

ホワイト系▼

ブラウン系▼

KI-RX75とKI-PX75のフィルターや交換部品は?

購入前に消耗品をチェックしておくのをおすすめします。

KI-RX75とKI-PX75はフィルターの他にもAg+イオンカートリッジ、プラズマクラスター発生ユニット、使い捨て加湿フィルターがあります。

それぞれの品番や交換時期は「シャープの空気清浄機の消耗品や交換部品」でまとめています。

KI-RX75とKI-PX75の違いを比較!シャープ加湿空気清浄機のまとめ

この記事ではKI-RX75とKI-PX75の違いを紹介しました。最後にポイントをまとめておきますね。

KI-RX75とKI-PX75の違い
  • 前モデルKI-PX75の方が価格が安い

機能は同じです。価格が違うので、安いKI-PX75を選ぶ方がお得ですね。

KI-RX75とKI-PX75の共通の特長は

KI-RX75とKI-PX75の共通の特長
  • プラズマクラスターNEXT搭載
  • スピード循環気流でパワフルな空気清浄
  • おまかせ運転で効率よく空気清浄
  • 飛沫粒子モード搭載でウイルス飛沫粒子を効率よく捕集
  • 大容量の加湿で潤う
  • COCORO Air搭載でAIで便利に
  • 空気の汚れが見える
  • 感度の高い5つのセンサー

プレミアムモデルとそん色のない高機能で空気をキレイにし、快適に過ごすことができます。

あなたの生活が幸せで楽しくなるように、この記事が参考になれば幸いです^^

タイトルとURLをコピーしました