SCD-L2PとSCD-C12BPの違いを比較!アイリスオーヤマの充電式サイクロンスティッククリーナー

アイリスオーヤマ SCD-L2PとSCD-C12BP 違い スティッククリーナー
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事ではアイリスオーヤマの充電式サイクロンスティッククリーナーのSCD-L2PとSCD-C12PBの違いを比較をしています。

アイリスオーヤマから、SCD-L2PとSCD-C12BPの2つの充電式サイクロンスティッククリーナーが2023年3月に発売されました。

結論から書くと、SCD-L2PとSCD-C12BPは

  • SCD-C12BPはヘッドライトがついていて、ゴミやホコリや見えやすい
  • カラーの違い
  • 価格の違い

3点です。ヘッドライトの有無以外の機能は同じです。

SCD-L2Pの方が価格は安く、コスパに優れています。

SCD-C12BPはヘッドライトがついているため、ゴミやホコリが見えやすく、細かい場所の掃除に向いています。

ちらの商品もスリム&約1.5kgの軽量設計で、使いやすく、持ち運びに便利です。また、DCブラシレスモーター採用により強力な吸引力があり、掃除力もバツグンです。

本文では

  • SCD-L2PとSCD-C12BPの違い
  • SCD-L2PとSCD-C12BPはどちらがおすすめ

をわかりやすく紹介しています。最後まで読んでいただければ、どちらを選べばいいのかや特長がわかるので購入の検討の手助けになると思います^^

\購入はこちら/

標準モデルのSCD-L2P。

  • 予算をおさえたい
  • ヘッドライトはいらない
  • 本体カラーがホワイトの家電がほしい

予算をおさえたいあなたにおすすめです。

上位モデルのSCD-C12BP。

  • ほこりやゴミが落ちてないくらいキレイに掃除したい
  • ハウスダストアレルギーで、隅々までキレイに掃除したい
  • ヘッドライトでホコリを掃除して気分スッキリになりたい

よりキレイに掃除したいあなたにおすすめです。


人気の充電式サイクロンスティッククリーナー180シリーズはこちらの記事で紹介しています。

SCD-L2PとSCD-C12BPの違いを比較

ここからはSCD-L2PとSCD-C12BPの違いをくわしくみていきますね。

  • SCD-C12BPはヘッドライトがついていて、ゴミやホコリや見えやすい
  • カラーの違い
  • 価格の違い

違いは3点です。機能や本体の違いをみてから、価格をチェックします。

ヘッドライトの有無


SCD-C12BPにはヘッドライトが付いていて、ライトでホコリを照らし見逃さないというメリットがあります。

SCD-C12BPは見落としがちな暗い場所の掃除に向いています。ヘッドライトがあることで、掃除中に光を当ててホコリの量を確認でき、掃除のし忘れを防ぐこともできます。

よりキレイに掃除ができる、ホコリを見逃さないのがSCD-C12BPです。

カラーの違い


SCD-L2Pはホワイトで清潔感があります。家の中のインテリアにも合わせやすく、目立ちにくいというメリットがあります。しかし汚れが目立ちやすいというデメリットがあります。


SCD-C12BPはグレーで目立ちにくい汚れもしっかり見つけやすいです。スタイリッシュでおしゃれなデザインも魅力的ですね。インテリアに合わせるのが難しいというデメリットもあります。

部屋のインテリアに合わせて選べるというのも良いポイントですね。

SCD-L2PとSCD-C12BPの価格の違い

SCD-L2Pはヘッドライトが付いていて、見えにくいホコリやゴミを見つけやすくよりキレイに掃除できます。

その他の基本的な機能は同じです。

※2023年3月19日現在の価格です。価格は変動しますので購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

SCD-L2Pの価格

アイリスプラザ:35,200円

Amazon:-円前後

楽天市場:34,800円前後

Yahoo!ショッピング:27,800円前後

調査時点でAmazonでの販売は確認できませんでした。入荷ありますので、購入時に確認してみてください。

↓最新価格はこちらチェック↓

SCD-C12BPの価格

アイリスプラザ:45,280円

Amazon:-円前後

楽天市場:44,800円前後

Yahoo!ショッピング:44,800円前後

調査時点でAmazonでの販売は確認できませんでした。入荷ありますので、購入時に確認してみてください。

↓最新価格はこちらチェック↓

SCD-L2Pは予算をおさえたいあなたにおすすめ

  • 標準モデルがいい
  • 予算をおさえたい
  • ヘッドライトはいらない
  • 本体カラーがホワイトの家電がほしい

ヘッドライトの必要がなく、予算をおさえたいあなたにおすすめです。

SCD-C12BPはヘッドライトでゴミがよく見える方がいいあなたにおすすめ

  • ほこりやゴミが落ちてないくらいキレイに掃除したい
  • ハウスダストアレルギーで、隅々までキレイに掃除したい
  • ヘッドライトでホコリを掃除して気分スッキリになりたい

ヘッドライトでホコリやゴミが見えやすいので、吸い残しがありません。よりキレイに掃除したいあなたにおすすめです。

SCD-L2PとSCD-C12BPの違いを徹底比較!アイリスオーヤマの充電式サイクロンスティッククリーナーのまとめ

この記事ではSCD-L2PとSCD-C12BPの違いを紹介しました。最後にポイントをまとめておきますね。

SCD-L2PとSCD-C12BPの違い
  • SCD-C12BPはヘッドライトがついていて、ゴミやホコリや見えやすい
  • SCD-L2Pはホワイト、SCD-C12BPはグレーのカラー展開
  • 価格はSCD-L2Pの方が安い

ヘッドライトの有無で、どちらが自分に合うのかを検討すれば答えが出てきます。ヘッドライトは暗い場所の方がよくホコリが見えます。暗い場所、せまい場所まで掃除できるのでスッキリです。

SCD-L2PとSCD-C12BPの共通の特長のポイントは

SCD-L2PとSCD-C12BPの共通の特長
  • 静電モップが付属しているので、棚の掃除もできる
  • 準HEPAフィルターで排気もキレイ
  • 着脱式バッテリーで2個目を持っていると連続して使用可能
  • ほこり感知センサーで見えないホコリを感知、汚れている場所を念入りに掃除できる
  • 充電スタンドに置くだけで充電できる

よりキレイに掃除できる、家事がラクになる機能がたくさんです。

あなたの部屋がキレイになれるように、この記事が参考になれば幸いです^^

スティッククリーナー
スポンサーリンク
アイリスプラザ

家電やペット用品、収納用品など多種多様にそろっています。
ホームセンターに行くように、購入できます。

Shark

スリムで扱いやすいスティッククリーナー。
ハンディクリーナーも人気です。

レイコップ

ふとんクリーナーだけでなく
スティッククリーナーやカーペットクリーナー
サーキュレーターなど家電がそろっています。

くじらこをフォローする
管理人
くじらこ

家電が大好き。
家電を買う時に迷わないように、日々家電の知識を仕入れています。
後悔しないように。
あなたにも知識をおすそわけ。

くじらこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました