SCD-122PとSCD-123PとSCD-L3Pの違いを比較!サイクロン式コードレススティッククリーナー アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ SCD-122P SCD-123P SCD-L3P 違い スティッククリーナー
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

この記事はアイリスオーヤマのサイクロン式コードレススティッククリーナーMagiCaleenaのSCD-122PとSCD-123PとSCD-L3Pの違いを比較しています。

サイクロン式のスティッククリーナーの種類が多い!

SCD-120シリーズでは

  • SCD-122P
  • SCD-122PM
  • SCD-123P
  • SCD-L3P

と数多くあります。

SCD-121以下のシリーズはこちらの記事で比較紹介しています。

SCD-122PとSCD-122PMは静電モップが付属の有無です。

SCD-122PMには静電モップが付属しています。語尾に「M(モップ)」と付いているので、わかりやすいです。

この記事ではSCD-122P(SCD-122PM)とします。

ということで、SCD-122PとSCD-123PとSCD-L3Pの機能の違いをみていきますね。

  • 連続使用時間とモードの違い:SCD-123PとSCD-L3Pが長い
  • 付属品の違い:SCD-123PとSCD-L3Pには静電モップ付属
  • 持ち手形状の違い:SCD-123PとSCD-L3Pは丸い形状
  • モーターの違い:SCD-123PとSCD-L3Pは高性能モーター搭載
  • サイズと重さの違い
  • カラーの違い
  • 価格の違い

7点です。

SCD-122PとSCD-123P/SCD-L3Pは本体が違います。

SCD-123PとSCD-L3PはMagiCAleenaシリーズで、丸い形状の持ち手で高性能モーター搭載です。

SCD-122P(SCD-123PM)は持ち手形状が角ばっているので、見分けやすいです。

本文では

  • SCD-122PとSCD-123PとSCD-L3Pの違い
  • SCD-122PとSCD-123PとSCD-L3Pのおすすめはどちら?
  • SCD-122PとSCD-123PとSCD-L3Pの口コミ評判

をわかりやすくまとめていますので、参考になれば幸いです^^

▼SCD-122P▼
本体+充電スタンド付属。カラーはホワイト。DCブラシレスモーター搭載。
▼SCD-122PM▼
本体+充電スタンド+静電モップ付属。カラーはホワイト。DCブラシレスモーター。
▼MagiCaleenaのSCD-123P▼
本体+静電モップ+排気フィルター+充電スタンド付属。高性能モーター搭載。カラーはグレーとグレージュ。

グレージュ▼

グレー▼

▼MagiCaleenaのSCD-L3P▼
本体+充電スタンド+マルチパワーヘッド+静電モップ付属。高性能モーター搭載。カラーはグレージュ。

SCD-122PとSCD-123PとSCD-L3Pの違いを比較

SCD-122PとSCD-123PとSCD-L3Pの違いをくわしくみていきましょう。

  • 連続使用時間とモードの違い:SCD-123PとSCD-L3Pが長い
  • 付属品の違い:SCD-123PとSCD-L3Pには静電モップ付属
  • 持ち手形状の違い:SCD-123PとSCD-L3Pは丸い形状
  • モーターの違い:SCD-123PとSCD-L3Pは高性能モーター搭載
  • サイズと重さの違い
  • カラーの違い
  • 価格の違い

違いは7点です。

SCD-123PとSCD-L3PはMagiCaleenaシリーズで、本体が違います。その点を頭に入れて、違いを見ていくとわかりやすくなります。

連続使用時間とモードの違い:SCD-123PとSCD-L3Pが長い

SCD-122P
(SCD-122PM)
SCD-123P
SCD-L3P
標準 約15分
ターボ 約8分
自動 約22分
セーブ 約40分
標準 約17分
ターボ 約8分
自動 約8~40分

大きく違うのが「自動モード」です。

SCD-122P(SCD-122PM)は「セーブモード」があり、最大約40分連続使用できます。「自動モード」もありますが、床面や汚れ具合により変わってきますが、約22分程度の時間使用できます。

SCD-123PとSCD-L3Pは「自動モード」で約8~40分使えます。

最大使用時間は変わりませんが、選ぶモードや操作が違ってきます。

SCD-122P(SCD-122PM)の「自動⇔セーブ」を切り換えるより、SCD-123PとSCD-L3Pの自動モードのみを使用する方がラクで、操作の手間も少ないです。

付属品の違い:SCD-123PとSCD-L3Pには静電モップ付属

SCD-122PSCD-122PMSCD-123PSCD-L3P
充電スタンド
すき間ノズル
クリーニングブラシ
充電スタンド
すき間ノズル
クリーニングブラシ
静電モップ
モップ帯電ケース
充電スタンド
すき間ノズル
クリーニングブラシ
静電モップ
モップ帯電ケース
排気フィルター(予備)
充電スタンド
すき間ノズル
クリーニングブラシ
静電モップ
モップ帯電ケース
排気フィルター(予備)
マルチパワーヘッド

付属品の数はSCD-122P<SCD-122PM<SCD-123P<SCD-L3Pの順です。

SCD-L3Pに付属しているマルチパワーヘッドはふとんやソファなどの布モノに使えるヘッドです。ふとんクリーナーとしても使いたいならSCD-L3Pがおすすめです。

持ち手形状の違い:SCD-123PとSCD-L3Pは丸い形状


SCD-122PとSCD-122PMの持ち手は角ばっています。


SCD-123PとSCDL3Pは持ち手部分は丸みを帯びていて、どの角度でも持ちやすくなっています。

モーターの違い:SCD-123PとSCD-L3Pは高性能モーター搭載

SCD-122P
(SCD-122PM)
SCD-123P
SCD-L3P
DCブラシレスモーター高性能モーター

SCD-122PとSCD-122PM、SCD-123PとSCDL3Pではモーターが違います。

高性能モーターは小型で強力な吸引を実現したモーターです。

サイズと重さの違い

SCD-122P
(SCD-122PM)
SCD-123P
SCD-L3P
製品サイズ(スティック)23.5x25x103.5cm24×17.5×96.5cm
製品質量スティック 約1.5kg
ハンディ 約0.9kg
スティック 約1.1kg
ハンディ 約0.64kg

SCD-123PとSCD-L3Pは小さく軽いです。

スティックにしても約1.1kgと子供でも扱えるくらいの軽さです。

カラーの違い


SCD-122PとSCD-122PMはホワイトです。


SCD-123Pはグレージュとグレーの2色です。

SCD-L3Pはグレージュのみです。

SCD-122PとSCD-123PとSCD-L3Pの価格の違い

※2024年6月23日現在の価格です。価格は変動しますので購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

調査時に在庫が無いなどで価格がわからない時は表記していませんが、購入時に在庫があるかもしれませんでご確認ください。

SCD-122Pの価格

17000~18000円台を推移しています。

↓最新価格はこちらチェック↓

SCD-122PMの価格

18000~20000円ほどの価格帯です。

↓最新価格はこちらチェック↓

SCD-123Pの価格

17000~20000円ほどの価格を推移しています。

↓最新価格はこちらチェック↓

グレージュ▼

グレー▼

SCD-L3Pの価格

価格が安定してなくて、上下差が激しいです。購入時は価格を確認してください。

↓最新価格はこちらチェック↓

グレージュ▼

SCD-122Pは床掃除のみをする、予算をおさえたい人におすすめ

  • 予算を優先して選びたい
  • 主に床掃除のみをする
  • 静電モップは必要ない

床掃除のみをするあなたにおすすめです。

SCD-122PMは予算をおさえたいけど、静電モップで掃除したい人におすすめ

  • 予算を優先して選びたい
  • 静電モップで棚の掃除をしたい

静電モップで掃除したいあなたにおすすめです。

SCD-123Pは静電モップが必要、本体が軽い方がいい人におすすめ

  • 静電モップで棚を掃除したい
  • 排気フィルターが付属しているとうれしい
  • グレージュとグレーのどちらかのカラーがほしい
  • 本体が軽い方がいい
  • 腕の力が弱い人(子供や高齢者、女性)が使う

本体が軽いので子供や高齢者の腕の力でも負担をおさえて掃除できます。軽さ重視のあなたにおすすめです。

SCD-L3Pはマルチパワーヘッドでふとんやソファを掃除したい、本体が軽い方がいい人におすすめ

  • マルチパワーヘッドでふとんやソファなどの布モノを掃除したい
  • 本体の重さ重視!軽い方がいい!
  • 子供や高齢者が使うので軽い方がいい
  • 静電モップで棚などのホコリが溜まりやすい場所を掃除したい
  • 排気フィルターが付属しているとうれしい

マルチパワーヘッドでふとんやソファなどの布モノを掃除したいあなたにおすすめです。

SCD-122PとSCD-123PとSCD-L3Pの口コミ評判

ここからSCD-122PとSCD-123PとSCD-L3Pの口コミ評判をみていきましょう。

SCD-122PとSCD-122PMとSCD-123PとSCD-L3Pで分けてまとめています。

SCD-122PとSCD-122PMの口コミ評判

  • スタンドの安定がよくない。
  • 重たい。

スティックスクーナーとしての重さは約1.5kgで、重たいと軽いの重さを感じるちょうど境界あたりで、意見が分かれています。

ここら辺は個人の感想なので、実物を持ってみないとわからないですね。

くじらこ
くじらこ

私はアイリスオーヤマの約1.4kgのスティッククリーナーを使っていますが、軽く感じます

スタンドに立て掛けても安定が悪く倒れるという意見がいくつもありました。

これからのアイリスオーヤマの改良に期待したいですね。

  • ライトでゴミが見えやすい!
  • よく吸うし、ゴミが見えるのもいい。
  • 軽いです!掃除が億劫でなくなりました。
  • スタンドに立てるだけで充電の手間がなくウレシイです。
  • 小1の子供が掃除してくれるようになりました。
  • 鉱物タイプの猫のトイレの砂ですがちゃんと吸います。

軽さと吸引力の良さで高評価が多かったです。

猫の砂を吸うくらいなので、ある程度吸引力がありますね。

SCD-123PとSCD-L3Pの口コミ評判

  • コード式より吸引力が弱く、強モードで使っています。
  • バッテリーが交換式でないから残念。
  • 充電スタンドに置く時に倒れやすい。

キャニスタークリーナーと比べれば、スティッククリーナーは吸引力が弱いです。吸引力を求めるならコード式キャニスタークリーナーをおすすめします。

SCD-123PとSCD-L3Pのバッテリーは交換時、販売店かアイリスコールでバッテリー交換依頼をします。ちょっと手間ですが、数年に1回程度と思うと気にならないですよね。

SCD-120シリーズはスタンドに置くと倒れやすい口コミが多々あります。

  • 吸引力があり、じゅうたんのゴミを吸ってくれます。
  • 薄いラグがついてこないので、掃除しやすい。
  • 手軽にサッと取り出せて掃除できる。
  • 子供でも操作がラクにできます。
  • 暗い場所でもライトがあるのでホコリが良く見えて掃除できる。

吸引力や子供でも扱える軽さで口コミの評判いいです。

SCD-122Pよりも口コミ件数が多く、MagiCaleenaが売れていることが分かりました。

まとめ:MagiCaleenaが人気!吸引力も軽さも良し!

この記事ではアイリスオーヤマのサイクロン式コードレススティッククリーナーMagiCaleenaのSCD-122PとSCD-123PとSCD-L3Pの違いを紹介しました。

最後にポイントをまとめます。

SCD-122PとSCD-123PとSCD-L3Pの違い
  • 連続使用時間とモードの違い:SCD-123PとSCD-L3Pが長い
  • 付属品の違い:SCD-123PとSCD-L3Pには静電モップ付属
  • 持ち手形状の違い:SCD-123PとSCD-L3Pは丸い形状
  • モーターの違い:SCD-123PとSCD-L3Pは高性能モーター搭載
  • サイズと重さの違い
  • カラーの違い
  • 価格の違い

MagiCaleenaのSCD-123PとSCD-L3Pの方が売れています。口コミの評判いいことから、SCD-123PとSCD-L3Pがおすすめ。

約1.1kgの重さは数少ない軽さです。軽いと掃除をするハードルが下がって、部屋もキレイになり、いいことづくめです。

あなたの生活がより快適になることができるように、この記事でお手伝いができたら光栄です^^

スティッククリーナー
スポンサーリンク
アイリスプラザ

家電やペット用品、収納用品など多種多様にそろっています。
ホームセンターに行くように、購入できます。

Shark

スリムで扱いやすいスティッククリーナー。
ハンディクリーナーも人気です。

レイコップ

ふとんクリーナーだけでなく
スティッククリーナーやカーペットクリーナー
サーキュレーターなど家電がそろっています。

くじらこをフォローする
管理人
くじらこ

家電が大好き。
家電を買う時に迷わないように、日々家電の知識を仕入れています。
後悔しないように。
あなたにも知識をおすそわけ。

くじらこをフォローする
タイトルとURLをコピーしました