アイリスオーヤマ 充電式スティッククリーナー JCL108、JCL18の特徴の違い

アイリスオーヤマ JCL108 JCL18 スティッククリーナー
くじらこ
くじらこ

あれ?JCL108、JCL18のスティッククリーナーってどこかで見たことあるような・・・

くじらの長老
くじらの長老

正真正銘のアイリスオーヤマのスティッククリーナーじゃぞぃ

2020年のアイリスオーヤマのスティッククリーナーは色々な変革があります。

今回紹介するスティッククリーナーもその一つです。

新しいスティッククリーナーは電動工具とバッテリーが兼用できる仕様となっています。

それではアイリスオーヤマの充電式スティッククリーナー JCL108、JCL18を紹介します。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマのスティッククリーナーのラインナップ

まずはアイリスオーヤマのスティッククリーナーの一覧をみてください。

  • 充電式サイクロンスティッククリーナー モップ・マルチツール付き SDC-M1P
  • 充電式サイクロンスティッククリーナー SDC-141P
  • 充電式サイクロンスティッククリーナー SDC-131P
  • 充電式サイクロンスティッククリーナー SDC-130P
  • 極細軽量スティッククリーナー モップ・マルチツール付き SBD-E4P
  • 極細軽量スティッククリーナー モップ・マルチツール付き SBD-F2P
  • 充電式スティッククリーナー JCL108
  • 充電式スティッククリーナー JCL18
  • 高機能スティッククリーナー リニューアルモップスタンド付きIC-SLDCP12
  • サイクロン式スティッククリーナー IC-SLDCP10
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC11
  • スティッククリーナー i10 IC-SLDCP9
  • スティッククリーナー i10 KIC-SLDCP9
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDCP6M
  • キャニスティッククリーナー KIC-CSP5
  • キャニスティッククリーナー IC-CSP5
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SBA6
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC8
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC7
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDCP6
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDCP5
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-S2-S
  • 極細軽量スティッククリーナー ラクティ IC-SDC2
  • サイクロンスティッククリーナー IC-S55E-S
  • 3WAYスティッククリーナー IC-S55KF
  • パワーヘッドスティッククリーナー IC-SM1-R

2020年10月現在、たくさんあります。

電動工具のバッテリーと兼用できる機種はこちらの2機種です。

  • 充電式スティッククリーナー JCL108
  • 充電式スティッククリーナー JCL18

品番もデザインも似ています。どこが違うのかみていきましょう。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

JCL108、JCL18の仕様

アイリスオーヤマ JCL108 JCL18
JCL108JCL18
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
21.8×16.2×101.5cm21.8×16.2×101.5cm
重さ
(本体のみ)
約1.4kg
約1.1kg
約1.6kg
約1.3kg
コード長さ
集じん方法
集じん容量
紙パック式
約0.3L
紙パック式
約0.3L
連続使用時間弱 約25分
中 約15分
強 約10分
弱 約50分
中 約30分
強 約14分
バッテリー
 定格電圧
 容量
 充電可能回数
 使用温度/充電時
 充電時間
リチウムイオン2次電池
DC10.8V
1500mAh
繰り返し 約500回
0~35℃/5~35℃
約60分
リチウムイオン2次電池
DC18V
2000mAh
繰り返し 約500回
0~35℃/5~35℃
約60分
吸込仕事率40W
その他機能アイリスオーヤマの電動工具と共通バッテリー
バッテリーは簡単に装着
アイリスオーヤマの電動工具と共通バッテリー
バッテリーは簡単に装着
充電池残量確認機能
付属品使い捨てダストパックx10枚
隙間ノズル
ノズルホルダー
ホース
小型ブラシ
バッテリー
充電器
ACアダプター
使い捨てダストパックx10枚
隙間ノズル
ノズルホルダー
ホース
小型ブラシ
バッテリー
充電器
ACアダプター
カラー
発売年2020年2020年

仕様からわかる違いは

  • 重さ
  • 連続使用時間
  • バッテリー仕様
  • 吸込仕事率の表記の有無
  • 充電池残量確認機能の有無

がありました。デザインが同じでも、機能には差がありました。

詳しくは特徴の違いで説明します。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/

JCL108、JCL18の特徴の違い

仕様から以下の違いがわかりました。

  • 重さ
  • 連続使用時間
  • バッテリー仕様
  • 吸込仕事率の表記の有無
  • 充電池残量確認機能の有無

使い勝手に影響する違いです。違いをよく理解して購入を決めてください。

重さの違い

アイリスオーヤマ JCL108 JCL18
JCL108JCL18
重さ
本体のみ
約1.4kg
約1.1kg
約1.6kg
約1.3kg

サイズはまったく同じですが、重さが少し違います。JCL18の方が約200g重たいです。

連続使用時間の違い

アイリスオーヤマ JCL18

(画像はクリックすると拡大します/JCL18より)

JCL108JCL18
連続使用時間弱 約25分
中 約15分
強 約10分
弱 約50分
中 約30分
強 約14分

連続使用時間が違います。

使用時間の差は2倍違います。広い部屋を掃除したり、長い時間使う予定ならJCL18を選んでください。

バッテリーの仕様の違い

連続使用時間に大きく差があるのがバッテリーの仕様の違いにあります。

アイリスオーヤマ JCL108

JCL108

アイリスオーヤマ JCL18

JCL18

(画像はクリックすると拡大します)

JCL108JCL18
バッテリー
 定格電圧
 容量
リチウムイオン2次電池
DC10.8V
1500mAh
リチウムイオン2次電池
DC18V
2000mAh

※バッテリーは違う仕様のみ抜粋しています。

電圧と容量が大きく違います。数値が大きい方がよくゴミを吸い長く使えます。

吸込仕事率の表記の有無の違い

アイリスオーヤマ JCL18

(画像はクリックすると拡大します/JCL18より)

JCL108JCL18
吸込仕事率
(表記なし)
40W
(強モード使用時)

吸込仕事率というのは簡単に言うと、掃除機の吸い込む力を表した数値です。数値が大きくなるほど、吸い込む力が大きいということです。

吸込仕事率の表記に義務はないので、メーカーや機種により表記の有無が出てきます。

よくいえば、吸込仕事率の表記があれば、クリーナーの性能に自信があるということになるかな。

今回はJCL18は吸込仕事率の表記があり、40Wとなっています。これはコードレスのスティッククリーナーでは標準レベルの吸込みです。

JCL108は表記がないので、40Wより吸込みが低いことがわかりますね。

充電池残量確認機能の有無の違い

アイリスオーヤマ JCL18

(画像はクリックすると拡大します/JCL18より)

JCL18のみ、バッテリーの残量が確認できる機能があります。

確認する時にボタンを押すので、ずっと表示しているより無駄な電力がかからないので省エネですね。

デザインが同じでも、機能に大きな差がありますね。

  • 重さの違い
  • 連続使用時間の違い
  • バッテリー仕様の違い
  • 吸込仕事率の表記の有無
  • 充電池残量確認機能の有無

機能的にはJCL18が上です。

ちょこっと掃除に使いたい時にはJCL108でも十分ですね。

気を付けておきたいのが、ノーマルヘッドなので回転ブラシが付いていません。床や平らな面を掃除するのに向いています。

ラグやじゅうたんなど細かいゴミが入りやすい床面では回転ブラシのあるクリーナーをおすすめします。

JCL108、JCL18の特徴の価格

仕様、特徴の違いがわかったところで、気になる価格をみていきましょう。

JCL108JCL18
アイリスプラザ
(税抜価格)
10,800円16,800円
Amazon11,800円16,900円
楽天市場11,880円17,110円
Yahoo!ショッピング11,880円18,480円

※2020月10日25現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

機能が高く多い分JCL18の方が価格も高くなっています。アイリスオーヤマの電動工具と兼用で使えるので、DIYと一緒に、ハンディクリーナーのように手軽に使うには丁度良いですね。

アイリスプラザへいきます
\詳細・購入はこちらから/
\通販サイトでの購入はこちら/

まとめのつぶやき

くじらこ
くじらこ

DIYする人にはとっても便利なスティッククリーナーね!

くじらの長老
くじらの長老

工具とスティッククリーナーとたくさんバッテリーを使うなら容量の大きいJCL18の方が使い勝手はいいぞぃ

まずは持っているアイリスオーヤマの電動工具、バッテリーを確認してください。

そして、持っているバッテリーに合わせて買うのが、コストでは◎。

まだ電動工具も持っていなければ、バッテリーの持ちのいいJCL18を購入しておくと便利ですね。

検討してみてください。