IAP-A35とIBP-A35の違いを比較 空気清浄機

アイリスオーヤマ IAP-A35 IBP-A35空気清浄機

この記事はアイリスオーヤマの空気清浄機IAP-A35とIBP-A35の違いを比較しています。

IAP-A35とIBP-A35は約14~16畳のリビングなど広い部屋に使えます。

約10畳までの個室に対応しているのがIAP-A25とIBP-A25です。こちらの記事で比較紹介しています↓

IAP-A35とIBP-A35の違いは

  • 適用床面積と空気清浄目安の違い
  • 運転モードの違い
  • ホコリセンサーの有無
  • 消費電力・風量・運転音の違い
  • カラーの違い
  • 価格の違い

6点ありました。

IAP-A35の運転モードは弱・中・強・おやすみの4つです。おやすみモードはおやすみモード表示と電源以外は消灯し、約22dBの静音でゆっくり静かに眠れます。

IAP-A35は本体天面がブラックです。

IBP-A35の運転モードは弱・中・強・自動モードの4つです。自動モードはおまかせで空気清浄するので操作の手間がなくなります。

ホコリセンサー搭載で青・黄・赤で空気の汚れ具合を遠くからでも確認できます。

IBP-A35は本体天面がホワイトです。

違いがたくさんあるので、本文でくわしくまとめています。価格も調査していますので参考になれば幸いです^^

\IAP-A35はこちら/

おやすみモード搭載。予算をおさえたいならこちら。

\IBP-A35はこちら/

自動モードで操作が楽ちん。ホコリセンサー搭載。

IAP-A35とIBP-A35の違いを比較

IAP-A35-WとIBP-A35-Wの違いをくわしくみていきましょう。

  • 適用床面積と空気清浄目安の違い
  • 運転モードの違い
  • ホコリセンサーの有無
  • 消費電力・風量・運転音の違い
  • 操作ボタンの違い
  • カラーの違い
  • 価格の違い

違いは6点です。

①適用床面積・空気清浄の目安の表示の違い

IAP-A35IBP-A35
適用床面積26㎡ 16畳(50Hz) 26㎡ 16畳
(60Hz) 23㎡ 14畳
空気清浄 目安8畳 約17分(50Hz) 8畳 約17分
(60Hz) 8畳 約19分

ほとんど同じですが、IBP-A35を60Hz地域で使う時には確認が必要です。

適用床面積は2畳ほど小さく、空気清浄目安の時間は2分ほどかかります。若干能力が下がります。

部屋の広さは余裕をもって使ってください。

②運転モードの違い

運転モードが違ってくるので、使う場面が多い方で選ぶといいです。

IAP-A35の運転モード

アイリスオーヤマ IAP-A35 おやすみモード
アイリスプラザより IAP-A35

IAP-A35はおやすみモードがあります。

おやすみモードはおやすみモード表示と電源ボタン以外を消灯します。天面の2つのボタン以外が消えるので就寝時でも明るさが気になりません。

IBP-A35の運転モード

アイリスオーヤマ IBP-A35-W 風量
アイリスプラザより IBP-A35

IBP-A35は自動モードがあります。

自動モードは自動で風量を調整してくれるので、操作不要でラクですね。

③IBP-A35にはホコリセンサー機能がある

アイリスオーヤマ IBP-A35-W
アイリスプラザより IBP-A35

IBP-A35にホコリセンサーが付いています。

LEDライトの色分けで表示するので、離れていても空気がどのくらいキレイなのかわかります。

④消費電力・風量・運転音の違い

IAP-A35IBP-A35
消費電力(50/60Hz)強(最大):37/46W
おやすみ(最小):6/7W
強:38/48W
弱:6/7W
風量(50/60Hz)強(最大):3.5/4.3㎥/分
おやすみ(最小):0.9/1.0㎥/分
強:3.3/2.7㎥/分
弱:0.8/0.7㎥/分
運転音(50/60Hz)強(最大):50/49dB
おやすみ(最小):22/22dB
強:52/50dB
弱:20/21dB

消費電力・風量・運転音がそれぞれ違います。

IAP-A35とIBP-A35の電気代はどのくらい?

消費電力はわずかな差ですが、金額にするとどのくらいちがうのか調べてみました。

電気料金は消費電力と使用時間で計算できます。

IAP-A35
強モード
IBP-A35
強モード
50Hz
60Hz
37W
46W
38W
48W
1時間使用1円
1.24円
1.03円
1.3円
24時間使用23.98円
29.81円
24.62円
31.1円
1日24時間
30日使用
719.28円
894.24円
738.72円
933.12円

※1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

数十円程度ですが、IBP-A35が1か月の電気代は高くなります。

⑤フィルター掃除・消灯モードお知らせランプの違い

IAP-A35はフィルターの掃除の時期になるとお知らせしてくれます。

アイリスオーヤマ IAP-A35-W お掃除お知らせ
アイリスプラザより IAP-A35

集じん脱臭フィルターはホコリやゴミが溜まると吸い込みが悪くなるので、こまめにお手入れすることが大事です。

つい忘れがちなお手入れもお知らせランプがあるとこまめにできますね。

IBP-A35には消灯モード機能があります。

アイリスオーヤマ IBP-A35-W 消灯モード
アイリスプラザより IBP-A35-W

就寝時など暗くしたい時は消灯モードにしておくと気になりません。

⑥カラーの違い

どちらも本体はホワイトですが、天面のカラーが違います。

アイリスオーヤマ IAP-A35-W カラー
アイリスプラザより IAP-A35

IAP-A35は天面はブラックです。

アイリスオーヤマ IBP-A35-W カラー
アイリスプラザより IBP-A35

IBP-A35は天面がホワイトです。

天面を見れば見分けやすいですね。

IAP-A35とIBP-A35の価格の違い

※2023年1月18日現在の価格です。価格は変動しますので購入時に再度ご確認ください。調査時点でセール価格の場合があります。

IAP-A35の価格

アイリスプラザ:14,080円

Amazon:9,990円前後

楽天市場:11,980円前後

Yahoo!ショッピング:12,030円前後

2022年夏ごろから少しずつ価格が上がってきています。これからの値上げの波で上昇していくと個人的には予想しています。

↓最新価格はこちらチェック↓

IBP-A35の価格

アイリスプラザ:22,919円

Amazon:-円前後

楽天市場:12,145円前後

Yahoo!ショッピング:11,816円前後

全体的には価格が下がってきています。タイミングで価格が急上昇することもあるのでこまめにチェックしておくことをおすすめします。

↓最新価格はこちらチェック↓

IAP-A35とIBP-A35の共通の特長

ここからはIAP-A35とIBP-A35の共通の特長を紹介します。

デザインがおしゃれでコンパクト

アイリスオーヤマ IBP-A35-W デザイン
アイリスプラザより IBP-A35

筒形のデザインでおしゃれです。コンパクトなサイズなので、部屋においてもジャマになりません。

LEDライトが空間を演出!

本体の下部がLEDライトで光ります。

アイリスオーヤマ IBP-A35-W LEDライト
アイリスプラザより IBP-A35

やさしいLEDの光は空間をおしゃれに演出します。青いLEDライトは心が落ち着くようなきれいなカラーです。

切タイマーで切り忘れの心配はなし

アイリスオーヤマ IAP-A35 切タイマー
アイリスプラザより IAP-A35

切タイマーをセットしておけば切り忘れる心配はありません。

高性能なフィルターで花粉やホコリを除去

アイリスオーヤマ IAP-A35-W 集じんフィルター
アイリスプラザより IAP-A35

花粉やPM2.5、0.3μmの微細な粒子も99.7%以上除去します。

花粉の時期には強い味方です。

チャイルドロックで安心

アイリスオーヤマ IAP-A35 チャイルドロック
アイリスプラザより IAP-A35

チャイルドロック機能が付いているので、小さなお子さんがいても安心です。

IAP-A35とIBP-A35の交換フィルターの購入は?

交換フィルターは破けたり、ニオイが気になったり、ゴミが詰まって清浄機能が落ちたら、目安時期に関係なく交換します。

IAP-A35の交換フィルター

交換目安は約1年に1回。

IBP-A35の交換フィルター

交換目安は約1年に1回。

IAP-A35とIBP-A35のスペック表

違いは赤太字で表しています。

IAP-A35-WIBP-A35-W
サイズ
(幅x奥行x高さcm)
23.8×23.8×41.0cm23.8×23.8×41.0cm
重さ約3.3kg約3.3kg
コード長さ1.8m1.8m
電源AC100V 50/60HzAC100V 50/60Hz
消費電力(50/60Hz)強(最大):37/46W
おやすみ(最小):6/7W
強:38/48W
弱:6/7W
風量(50/60Hz)強(最大):3.5/4.3㎥/分
おやすみ(最小):0.9/1.0㎥/分
強:3.3/2.7㎥/分
弱:0.8/0.7㎥/分
運転音(50/60Hz)強(最大):50/49dB
おやすみ(最小):22/22dB
強:52/50dB
弱:20/21dB
適用床面積26㎡ 16畳(50Hz)26㎡ 16畳
(60Hz)23㎡ 14畳
空気清浄 目安8畳 約17分(50Hz)8畳 約17分
(60Hz)8畳 約19分
風量


おやすみ



自動
ホコリセンサー赤・黄・青のLEDライトで表示
切タイマー1・2・4・8時間1・2・4・8時間
安全装置チャイルドロックチャイルドロック
その他機能フィルター掃除ランプ
LEDライト
消灯モード(ライト切/入り)
LEDライト
付属品
カラーホワイト
天面:ブラック
ホワイト
天面:ホワイト
発売年2020年2020年
\IAP-A35はこちら/

おやすみモード搭載で就寝時には減灯して運転音をおさえます。

\IBP-A35はこちら/

自動モード搭載でおまかせ運転。ほこりセンサー搭載で空気のキレイ化がわかりやすい。

IAP-A35とIBP-A35の違いを比較 空気清浄機のまとめ

IAP-A35はシンプルな機能で操作をこまめに切り替えできる人におすすめです。フィルター掃除サインでお知らせしてくれるので、キレイを保てます。

IAP-A35はシンプルな機能で価格がおさえられているので人気です。

IBP-A35は自動モードとホコリセンサーで快適な空間を自動で保ってくれます。消灯モード+静音モードで減灯し運転音もおさえて、ストレスなくゆっくり眠れます。

適用床面積は14~16畳ほどの広さで使えるのでリビングで使うのもいいですね。本体は約3.3kgと軽くコンパクトです。リビングで使い、就寝時には寝室に持ち運んで使うこともできます。

色々な場所で使えるのでIAP-A25とIBP-A25で悩むなら一つ大きい適用床面積のIAP-A35とIBP-A35がおすすめです。

約10畳までの個室に対応しているのがIAP-A25とIBP-A25です。こちらの記事で比較紹介しています↓